ドラマル

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』8話(最終回)のネタバレ感想!明日は3月11日!結末はどうなる?

2019年3月9日に放送されたドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』8話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

最終回、町は爆撃されるのか、気になる結末は?
主人公・小池みずほ(石橋菜津美)は生きる意味を見出せるのだろうか?
そして、NHKがゾンみつを通して届けたかったこととは…

関連記事

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ゾンみつ』8話(最終回)のあらすじネタバレ

ゾンビになりかけの君島柚木(土村芳)と近藤美佐江(瀧内公美)の2人と、小池みずほ(石橋菜津美)がシェアハウスで1ヶ月前にみずほが用意した美佐江の誕生日ケーキを囲んでいた。
カビの生えたケーキを柚木と美佐江はほおばり、久しぶりに3人の時間を楽しんでいた。
一方、車で一人逃げだしていたみずほの妹の薫(片山友希)だが、ガソリンが無くなりゾンビに囲まれてしまう。そこを謎のピザ屋(阿部亮平)に助けられ、シェアハウスに合流、みずほは薫をビンタするも、無事でよかったと思いっきり抱きしめる。

政府が町を爆撃しようとするのを阻止するため、薫が代表してピザ屋とともに町の外に出ることを決心し、みずほは「いってらっしゃい」と妹を元気づけ送り出す。柚木と美佐江は自分が完全にゾンビになってしまう前に、松田夢(根本真陽)とみずほにお別れを告げます。みずほは「私たちの最後はここじゃないと信じているよ、またね」と言い、柚木と美佐江は自らゾンビがうようよしている家の外へ出ていった。

町の境界線には銃を持った警備隊がバリケードを作っていたが、そこにゾンビの神田くん(渡辺大知)が現れ警備隊の気を引きます。そのおかげで薫とピザ屋は無事に町の外へと脱出、町は爆撃されることはなかった。

だが町は1年が過ぎても立ち入り禁止区域となっていた。町の外へ避難できた夢は元気に学校に通い、将来は医者になってみんなを救うと宣言、みずほや薫も自分の夢に向かって前向きに生活している。

みずほは体験した話を書いてみないかと勧められるも「まだ終わっていないんです。終わっていないことは書けません。小さい希望があって、それを必死に大切に今を生きています。明日のために」と力強く言い切ります。

その最後の場面ではみんながパイナップルを食べ、テレビからは製薬会社の研究施設で火災があったというニュースが流れる。それはゾンビが発生した時と同じ状況で、不穏な空気を残したままドラマは終了します。

スポンサーリンク

『ゾンみつ』8話(最終回)のネタバレ感想

40代女性

青い鳥

ゾンビになっても増田光男(岩松了)と増田陽子(原日出子)夫婦や君島柚木(土村芳)と広野正一(山口祥行)カップルのように恋しい人と寄り添ったり、神田くん(渡辺大知)や尾崎乏しい(川島潤哉)みたいに自分の夢を全うしようとしたりする姿は、不思議と素敵で感動的に見えました。

謎のピザ屋(阿部亮平)が思っていたよりとてもイイやつで、尾崎乏しいのことを親友と呼んでいたのもよかった!

ラストは小池みずほ(石橋菜津美)が生きることに前向きになっていて希望が見えたけど、またまたゾンビの気配がする不吉な終わり方!でもこういうの嫌いじゃないです。

50代女性

akoa

とうとう最終回と思っていたが、これが終わりではなく始まりなんだとわかりました。

人生に投げやりで、いつ死んでもいいとおもっていた主人公のみずほは、ありえない現実を目の前にしたとき生きる意味を考えることができた。

ものの見方、感じ方、考え方を変えてみることで見えてくる真実があるのだと思いました。
テーマとしてはいささか重いのですが、個性豊かな登場人物が面白くて、愛おしく感じてしまいました。

コンビニ店員の神田くん、ゾンビ姿なのに可愛い。

8話(最終回)で最も話題になった出来事

明日は3月11日!結末はどうなる?

最終回、福島原発事故とその後の復興状況をなぞらえたようなストーリー展開がネットで話題を集めましたね。

みずほの「まだ終わっていないんです」という台詞は、明日の3.11(福島原発)のことを忘れてはいけない!と言っているように感じました。

最終回をこの日に迎えたことには意味があったんですね。

そして、みずほは「小さい希望があって、それを必死に大切に今を生きています。明日のために」と続けました。

生きることに意味を持てなかった主人公。
遂に命の大切さに気づき生きる意味を見つけ出したのですね。

まとめ

最終回は本当に涙・笑いありながら、考えさせられる内容でしたね。

それにしても、ケーキのろうそくを前に、
柚木と美佐江の目が光ったのはなんだったんでしょうね?怖すぎです。

ゾンみつは脚本・演出・役者と三方よしの稀有なドラマでした。
凄くいい作品!感動をありがとうNHK!

最後に一言、「当面、パイナップルは食べれそうにありません…」
パイナップル業者にNHK怒られるんじゃないかな?