ドラマル

2019年3月3日

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』7話のネタバレ感想!泣けるゾンビドラマ誕生!妹はいずこに?

2019年3月2日に放送されたドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』7話のネタバレ感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、あのどうでもいい感じに生きていた、ユーチューバーの尾崎乏しい(川島潤哉)がゾンビに噛まれて、人生を熱く語る。

正ちゃんこと広野正一(山口祥行)のカッコいい姿には、本当に泣いてしまう!

関連記事

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』7話のあらすじネタバレ

ゾンビたちから逃れるために倉庫で暮らしていたみずほ(石橋奈津美)たちだったが、食料も減り、状況を打破することのできない苛立ちも募りはじめていた。

そんな中、東京の大学を受験したいと言い続けていた、みずほの妹薫(片山友希)の姿が見えなくなり、心配したみずほの父光男(岩松 了)が倉庫の扉を開けると大勢のゾンビが侵入してきた。

慌てて逃げるみずほたちだったが、父光男がゾンビに噛まれてしまう。
噛まれた父を連れ美佐江(瀧内公美)と逃げたみずほは、ピザ屋に辿り着いた。
ピザ屋にあったパソコンを開くと、政府が今回のゾンビ騒動をもみ消そうとしていて、町を爆撃しようとしていることがわかる。

美佐江は小池(大東駿介)の車に乗って町を出て、世論に訴えて爆撃を阻止しようと言い出す。
ゾンビ化する父を残し、みずほと美佐江は必死の思いで車に乗り込んだ。ほっとしたその瞬間、後部座席にいた小池が美佐江に噛みついた。

美佐江は、噛まれた痛みに耐えながら「家に帰りたい」と言う。
美佐江の家にたどり着いたみずほは、激しい孤独感をかんじる。
その時物音が聞こえ、緊張するみずほ。そこに現れたのは、柚木(土村 芳)と夢(根本真陽)の二人だった。
しかし、柚木の手にはゾンビに噛まれたあとがくっきりとのこっていた。

スポンサーリンク

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』7話のネタバレ感想

50代女性

akoa

周りのみんなが、どんどんゾンビになっていき、追い詰められていく様子はつらいです。
しかし、登場人物の内面がはっきりと見えてきます。ゾンビが来てから、人生見つめなおしてます。
何にも考えずにいる柚木だと思っていたが、柚木は柚木になりに考え、熱い思いもあったことがわかった。正一(山口祥行)が、ゾンビに噛まれた状況で柚木と夢の二人を守る姿はカッコよかった。柚木にいままで一度も言ったことのない「愛してる」のセリフは、心に残った。

40代女性

minshi

ゾンビから逃げながらも楽しく共同生活を送っていた日々も終わり、結局次々とゾンビ化してしまったのは、悲しかったしむなしくなりました。それでも要所要所に笑える部分があるからこのドラマが好き!

小池みずほ(石橋菜津美)と近藤美佐江(滝内公美)はみずほの旦那、小池智明(大東駿介)をめぐって微妙な関係だったけど、町をゾンビから救うために行動をおこそうと一緒に立ち上がる姿がよかったです。

美佐江がゾンビの智明にかまれた時には、小池のことを思いっきり殴って旦那より友達の美佐江を守ろうとするみずほの姿が頼もしかったです。

みずほの消えた妹増田薫(片山友希)の行方が気になっているので、もしかしたら彼女が最終回で救世主となるのでは?と期待しています。

30代女性

わか

安全だと思っていた集荷場にゾンビがなだれ込んでる所から今回は始まりました。スナックに逃げ込んでゾンビに噛まれてしまった広野が男らしく2人を守り柚木に好きだと言うところ、とても素敵でした!それに対する柚木の涙も。このシーンはどのドラマのラブシーンよりもキュンキュンしてジーンとしました!

そして、尾崎の最後の動画。死ぬ間際にみんなに伝えたい事。彼にはもっともっと伝えていってほしかったぁ。美佐江が動画を持って封鎖してる所を突っ切ろうという考えをみずほに伝えるシーンは熱がありすぎて笑えてきましたが、美佐江のことを好きになれるシーンだなぁと思いました。

車に乗り込み後ろから小池先輩が現れた時は声を上げてしまいましたが、シェアハウスに着いたあと柚木が噛まれていたことを知った時も声を上げてしまいました!

次が最終回なんて、もっと見たいような結末が早く知りたいような!

7話で最も話題になった出来事

泣けるゾンビドラマ誕生!妹はいずこに?

とうとう小池みずほ(石橋菜津美)、松田夢(根本真陽)、妹・増田薫(片山友希)、謎のピザ屋(阿部亮平)の残り4人になってしまいましたね。ネットでは、妹・薫はどこにいったんだ?と話題になっています。

今回は、スッポン将軍でゾンビ化が解けるんじゃ?って思いましたよね。でもそんな安易な展開ではなかったですね。増田光男(岩松了)は、お花持ってお母さんのもとへむかっていました(泣)。来週が最終回、本当に予測不能です。

空を見上げるみずほ、本当に国から爆撃されてしまうのか?ピザ屋のバイクにのるみずほはどこに向かうのか?本当に来週が楽しみです。また、ゾンビドラマなのに涙を流す展開が待っていそうですね。

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』8話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

うようよと徘徊する大量のゾンビから、シェアハウスに避難してきたみずほ(石橋菜津美)と美佐江(瀧内久美)と柚木(土村芳)。3人は1か月前に買っておいた美佐江のカッピカピの誕生日ケーキをつまみながら、それぞれ言いたい放題、思い思いに語り出す。ゾンビのこと、自分のこと、未来のこと。それはまるでゾンビが襲来する前の、いつものありふれた日常のようでいて、前とは少し違う日常だった。壊れた世界の中で、たくましく生き抜く3人のアラサー女子は、それぞれ、ある決意を抱いていた…。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/zombie/html_zombie_story.html