ドラマル

2019年3月2日

『ゾンみつ』6話のネタバレ感想!税金の還付を弾丸で求める無邪気なボヘミアンは誰?

2019年2月23日に放送されたドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』6話のネタバレを含む感想と放送後のTwitterでの反応をお伝えします。

6話では、尾崎乏しい(川島潤哉)が、ゾンビが来たから人生見つめ直しちゃう回。
そして、税金の還付を弾丸で求める無邪気なボヘミアンことピザ屋のお兄さん(阿部亮平)と乏しいとの間に奇妙な友情が芽生える?

関連記事

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』6話のあらすじネタバレ

街の人たちがゾンビ化し始めてから1ヵ月が経ち、コンビニエンスストアに立てこもっているみずほたちもだんだん生活に慣れてきた。

ゾンビを先頭に立ててその後ろに付き、まるで獅子舞の「中の人」のように連なって歩くと、他のゾンビたちが寄ってこないのだ。それを利用して活動範囲を広げ、スナックのママとも連絡が付いた。
そこで柚木の彼氏:広野正一はママから拳銃を借りた。

更に行動範囲を広げて広野が勤めている宅配業者の倉庫へ引っ越し、生活の拠点を移すことにした。コンビニの商品だけでなく宅配の商品まで窃盗して生きていくことに慣れてしまったのだった。

その頃、コンビニ組と全く接点を持たず別行動をしている引きこもりYou tuberと強面のピザ宅配人のコンビは、ゾンビ発生の理由を探して『国の秘密施設』を探りに行く。そこでゾンビ発生時期とほぼ同じ時期に謎の爆発事故が起きていたことをピザ宅配人が思い出し、ゾンビ発生との関連を疑いだしたのだ。
すると防護服を着て機関銃を持った「政府の人間」と思われる人物が現れて、引きこもりYou tuberと強面のピザ宅配人は銃を突きつけられてしまう。
引きこもりYou tuberは強面のピザ宅配人と連携し、「政府の人間」から銃を奪ってゾンビの謎を聞き出そうとする。

一方主人公たちが獅子舞作戦でコンビニから食料調達を行っている頃、今まで繋がっていたインターネットが遮断され、引きこもりYou tuberが撮影した動画も外の世界へ流れなくなる。
すると今までゾンビ化しながらもゾンビ前の人格を失わず、主人公たちに従っていたゾンビ(コンビニ店員の神田くんとみずほの元夫)たちも制御不能になった。遂には神田くんが今まで仲良しだった広野正一の娘、松田夢を襲うようになったのだ。

仕方なく二人を倉庫の外へ出すことにしたみずほ達。その後獅子舞の先頭役としてゾンビになりたてのゾンビを探すか、自分たちの中から一人ゾンビを作り出すかで協議が始まる。

それぞれが自分の都合を優先して話す中、ゾンビになると立候補したのはみずほだった。

するとそれまで大学へ合格して町を出て、東京へ行くための受験勉強に打ち込んでいたみずほの妹薫が、夜のうちに広野がスナックのママから借りた拳銃を持ち、車に乗って移動してしまった。

朝になって薫の失踪に気づき、不用意に倉庫の扉を開けた父親のせいで、外に居たゾンビたちが倉庫へと侵入してしまう…

スポンサーリンク

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』6話のネタバレ感想

50代女性

yuki

初めは『NHKがゾンビなんて不謹慎な…!』と思ったのですが、今や日本のテレビで最もエッジが効いているのはNHKでした。

ゾンビになった人間の気持ち悪い動きはちょっとやり過ぎているくらい振り切っています。何しろコンビニのおでんに吐しゃ物が飛ぶくらいです。私の年代ではありえません。でもNHKは変わりました!放送コードとか大丈夫かなと思うくらいです。

そして、そんなグロテスクなゾンビが街中をうようよしている中、主人公の夫(離婚の話し合い中)と親友がじつは不倫関係だったことが明らかになり、そんな内容の話を関係者一同が真剣に話し合うんですよ。サッシ一枚隔ててゾンビがうようよしている中、よく目が泳いだり笑ったりしないよね、っていうくらいの演者の集中力、凄いです。

そして毎回必ず数カ所は心に刺さる会話があるんです。今回はいつも空気が読めなくてふわふわしてる柚木が子供が産めない事、でもゾンビに囲まれた状況下で子供が欲しいと思ってしまう事。

前回はゾンビになってしまったみずほのお母さんが、ゾンビになりつつある意識の中お父さんに必死で自分の想いを伝えるシーン…平和な日常では気付かないし言えないことを、非日常のなかに身を置くと考えてしまうものなのですね。そのセリフが心に刺さります。グロテスクで笑っちゃうくらい変なのにしみじみする不思議なドラマです。一体どう決着をつけるのか楽しみです。

40代女性

かんじ

ゾンビの神田くん(渡辺大知)を一生懸命にかばう増田光男(岩松了)が切なくて、複雑な気持ちになりました。結局、ゾンビと別れることにしたけれど、その別れの場面がとても悲しくて、ゾンビドラマでこんなにウルウルするとは思いませんでした。
町中がゾンビであふれた状況になって初めて家族の大切さとか優しさを感じることになるとは、皮肉だな~!
まさに、ゾンビが来たからこそ人生見つめ直すのかもしれないと考えさせられました。

6話のTwitterでの感想

Twitterでの感想まとめ

  • ピザ屋と尾崎の友情がいい感じ
  • ラストがまったく見えない
  • お父さんなんでドア開けちゃったよー

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

朝、集荷場で皆が目覚めると、車の鍵と銃がなくなり、薫(片山友希)の姿も消えていた。そんな時、集荷場に大量になだれ込んでくるゾンビたち。柚木 (土村芳)と広野(山口祥平)はスナックに逃げ、みずほ(石橋菜津美)と美佐江(瀧内公美)はピザ屋の店内に逃げ込むが、そこであるものを発見する。一方、ユーチューバーの尾崎(川島潤哉)とピザ屋(阿部亮平)は施設のある森の中で、防護服の男を木に縛りつけ身動きを封じることに成功したが、男の口からとんでもない事実を聞かされるのだった…。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/zombie/html_zombie_story_07.html