ドラマル

『絶対正義』3話のネタバレ感想!高規範子(山口紗弥加)の娘が万引き!その時の範子の行動が絶対正義すぎる

2019年2月16日に放送されたドラマ『絶対正義』3話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

3話では、万引きした娘にまで正義を振りかざす高規範子(山口紗弥加)に、由美子(美村里江)がついに牙をむく!
はたして、範子は自分の正義を改めることができるのだろうか?

関連記事

『絶対正義』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『絶対正義』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『絶対正義』3話の感想※ネタバレあり

50代男性

ゆのじ

絶対正義の人、高規範子(山口紗弥加)は間違ったことを許しません。今は、三波理穂(片瀬那奈)とその夫ウィリアムス(厚切りジェイソン)の経営するインターナショナルスクールに職員として勤務しています。そこでも徹底的に正義を振り撒きます。理穂は、夫に範子のやりすぎを訴えますが、夫は範子の味方です。スクールには、時々、今村和樹(桜井ユキ)が副校長でもある里穂を訪ねて、やって来ます。彼女は、ノンフィクションライターで、刊行されたばかりの『ヤミに蠢く金』は、賞取りレースにノミネートされています。

また、西山由美子(美村里江)は、子どもを抱えパート仕事に追われています。そんな由美子が、範子の娘、11歳の律子と道端で出会います。そして、由美子の見ている前で化粧品を万引きします。現場に出向いた範子は、娘を警察に突き出してくれと言います。範子にとって、最も優先すべきは正義です。範子の正義は凶器となって、娘にも容赦ありません。とりあえず、被害者側の店舗オーナーに律子は許されますが、母として娘には然るべき対応をということになります。何をしたのかは、明かされてません。

範子は職場(里穂夫婦の学校)に休暇届を出します。周囲では、やはり、娘の万引きがショックだったのかと思われましたが、実は、賞取りにノミネートされた和樹の作品内容の真偽を確認していたのでした。その検証の為に、休暇を取っていたのでした。そして、和樹の取材方法に誤りを発見。詐欺罪の恐れありと和樹を責めます。念願の賞を受賞できそうな場面なのに、正義の刃が和樹に向れられます。

それに前後して、由美子の息子が失踪します。夫が連れ去ったのです。夫には息子を返すつもりはありません。連れ戻したりしたら直ぐに誘拐として訴え出ると言います。法的には、どうしようもありません。これも、範子の仕掛けた正義の刃です。

もう一人、子役タレントから女優になっている石森麗華(田中みな実)は、妻子ある男性と不倫関係です。不倫相手に、何か欲しいモノがあるかと尋ねられ「(今の妻との)離婚届け」と返答する麗華。今回のラストシーンでは、範子が麗華を、本間真奈美の病室に秘かに導きます。真奈美は麗華の不倫相手の妻です。麗華が真奈美の生命維持装置を外すかのような動きを見せます。果たして、これも範子の正義の体現なのでしょうか。

正義が縦横無尽に振り撒かれ、大変に忙しい思いをさせられます。

40代女性

くじら

高規範子(山口紗弥加)の娘の律子がわざと万引き、母親への当てつけのように見えました。それでも自分の娘でさえも容赦なく警察に突き出し、法律通りに裁こうとする範子の絶対正義っぷりは徹底していてすごすぎました。友人からいっせいに責められ「あなたは間違っている」とはっきり言われて、ちょっと動揺したかと思ったけど、それも気のせいだったかも。すぐに反論して自分の意見に絶対の自信を持っている彼女はすごかった!
範子が友人たちの前から姿を消して、その時に結局彼女の正しさを再認識して彼女のことを心配していたのは、やっぱり友達なんだなあと感じるシーンでした。
でもすぐに彼女の正義に嫌気をさすこととなり、きっとこれの繰り返しでバッサリ関係を切れないんだと考えさせられました。

20代女性

あやみ

娘が万引きしたと聞いて、警察に連れて行くと言いだすんだろうなとは予想していたけど、未遂なのにあそこまでするなんて、高規範子(山口紗弥加)に恐怖を感じた…。
きっと律子(石母田美里)は、お母さんが自分と正義のどちらを選ぶのか試したかったんだろうな?
なんのためらいもなく正義を選ぶお母さんにかなりショックだったはず…。
今回ばかりは我慢ならないとばかりに、美里(美村里江)が、「あなたは間違っている!」と叫んだ時は、ついに言った!!!と、ドキドキしました。
思いやりとか、正義よりも大切なものはあるとみんなは範子(山口紗弥加)に伝えたけど、本人はどう捉えたのか…。
「娘にはしかる対応をした」と言っていたけれど、どんなことをしたのかとても気になります。

50代男性

濱本哲治

高規範子(山口紗弥加)は、自分の信じる法に則った行動を貫くことが正義だと考えているのですが、学生時代から友だちの中で軋轢を生んでいます。
一時的には良い方向に向かうこともあるのですが、結局はみんな頭痛のタネになっています。

そんな中、範子の子どもの律子が西山由美子(美村里江)の目の前で万引きをしようとして由美子に止められます。
店に呼び出された範子は律子を警察に突き出そうとしますが、由美子、理穂・ウィリアムズ(片瀬那奈)今村和樹(桜井ユキ)が爆発して「範子の正義は凶器だ。」「範子は間違っている。」と言ってしまいます。この気持ちもわかりますが、範子はいっこうに懲りていません。

真の正義とは何かを考えさせられますね。

スポンサーリンク

『絶対正義』3話のTwitterrでの感想・反応まとめ

友達が間違ったら、ちゃんと正しい道に導いてあげるのが使命というのが範子の決め台詞。範子の行き過ぎた正義に追いつめられてゆく友人たち。ひとりひとりが範子に対して殺意を抱くことになる原因を丁寧に描きます。それは分かりますが、少々、その他の部分での設定が雑です。特に、由美子の息子が夫に連れ去られる直前、ランドセルを放り出し壁投げするという設定は不自然です。ランドセルが残されているのも不自然です。

『絶対正義』3話のTwitterrでの声をまとめると、次のような感想を持った人が多いことがわかりました。

  • 矢沢先生の家にいるセクシーな女性は何者
  • 山口紗弥加の演技に良くも悪くも魅了される
  • 範子の夫の行方が気になる
  • 範子が娘・律子をどうしたのかが気になる
  • 田中みな実の演技が好評!

『絶対正義』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『絶対正義』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 範子(山口紗弥加)の行き過ぎた正義に追いつめられ、息子を連れて児童相談所に相談に行った由美子(美村里江)は、和樹(桜井ユキ)から弁護士を紹介してもらい離婚調停の準備を始めていた。麗香(田中みな実)は、範子に知られてしまった不倫相手との記事は事務所にもみ消してもらったものの、落ち着かない日々を過ごしている。理穂(片瀬那奈)は、会社の経理を頼んだ範子のあまりの杓子定規ぶりが社内で軋轢を生んでいることを心配する一方、夫・ジョーイ(厚切りジェイソン)との不妊治療がうまくいかないことに悩んでいた。

 そんな折、由美子は範子の娘・律子がコンビニで万引きをしようとしている所に居合わせる。律子は、母への反発から、範子を試そうとしていた。店から連絡を受け、範子は理穂、和樹と一緒に店へと向かう。

 法に背くことは誰であろうが許さない範子は、自分の娘を警察に突き出そうとする。「自分の子供だろうと関係ない。この世で最も優先すべきものは、正義よ」と言う範子に対し、思わず由美子らは「人を追いつめるのが正義なの?違うでしょ?」と範子を糾弾してしまう。押し黙ったままその場を去る範子だったが……。

 そんな中、和樹の著書がノンフィクションの最高峰・竹下賞にノミネートされることになった。そして、その吉報と同じタイミングで範子は理穂の会社に休暇届を出していた。いぶかしがる和樹たちだったが、範子が休暇を取ったのにはあるとんでもない理由があった…。

出典:http://ddr.tokai-tv.com/zettaiseigi/story/

『絶対正義』のキャスト一覧

  • 高規範子(たかきのりこ)/演:山口紗弥加
  • 西山由美子(にしやまゆみこ)/演:美村里江
  • 理穂・ウィリアムズ/演:片瀬那奈
  • 今村和樹(いまむらかずき)/演:桜井ユキ
  • 石森麗香(いしもりれいか)/演:田中みな実
  • 高校時代の範子)/演:白石聖
  • 高校時代の由美子)/演:桜田ひより
  • 高校時代の理穂)/演:小野莉奈
  • 高校時代の和樹)/演:小向なる
  • 高校時代の麗香)/演:飯田祐真
  • 西山雅彦(にしやままさひこ)/演:忍成修吾
  • 本間亮治(ほんまりょうじ)/演:神尾佑
  • 矢沢剛志(やざわたけし)/演:水橋研二
  • ジョーイ・ウィリアムズ)/演:厚切りジェイソン