ドラマル

『警視庁ゼロ係 SEASON4』5話のネタバレ感想!前川刑事部長が黒幕?神沼と繋がっているのは誰?

2019年8月16日に放送されたドラマ『警視庁ゼロ係 SEASON4』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、警察署長・広瀬昌平が殺される事件発生!
現場に残されたダイイングメッセージの謎とは…。

関連記事

『警視庁ゼロ係 SEASON4』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『警視庁ゼロ係 SEASON4』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『警視庁ゼロ係 SEASON4』5話のあらすじネタバレ

また神沼洋(中野裕太)よるものと思われる殺人がまた起き、今回は裁判官でしたが神沼との接点はないことがわかりました。
『特命係』の前川俊也(吉田栄作)小早川冬彦(小泉孝太郎)寺田寅三(松下由樹)小田島龍美(斉藤由貴)の中で小田島は相変わらず無差別殺人と主張しているのですが、小早川はなぜ都内で殺人を続けているのかと疑問を持っていました。

杉並中央署「なんでも相談室」通称ゼロ係のメンバーは、杉並南署の署長・広瀬昌平(中田春介)や民児党の葛城健三(阿南健治)が登壇する防犯イベントに参加します。
その夜、イベントに参加していた広瀬が自宅前で何者かに殺害されてしまいます。現場には漢字の『井』に見えるダイイングメッセージが残っていました。

小早川と寺田は、さっそく昨日一緒だった葛城を訪ねて事情を聞くと、夕食をした後広瀬はタクシーで帰宅し、葛城は事務所で秘書の三沢誠二と次の議会の打ち合わせをしていたと話します。
葛城と広瀬は大学の先輩、後輩で同じチェスサークルに所属していました。
ダイイングメッセージとして残されていた『井』の写真を見せて、名前に『井』のつく人に心当たりがないかを訊ねましたが、心当たりはないと答え、広瀬が5年前に逮捕した男が、最近出所して困っていると言っていたと話しました。

5年前に広瀬の指揮で逮捕した半グレグループ『杉並連合』のリーダー・井藤大樹(山口翔悟)の自動車の中から凶器が見つかり容疑者として確保されるのですが、小早川は出所したばかりなことと、自動車の中に凶器を置きっぱなしだったことに違和感を覚えます。
半グレと警察の敵という小早川の言葉に、寺田が暴力団の『桐元組』だと答え、横山建夫(片岡鶴太郎)の話で、昨年広瀬の指揮で『桐元組』の組長を恐喝で逮捕していることがわかり、『桐元組』が広瀬を殺し、その罪を『杉並連合』になすりつけたという筋書きが浮上します。

小早川と寺田は『桐元組』を訪ね、若頭の山田竜二(的場浩司)に『鉄砲玉』はいないか、名前に『井』のつく人はいないかと聞くのですがはぐらかされます。
しかし、小早川はテーブルに湯呑みがそこにいた人数よりひとり分多くあったことから、もうひとりいたことに気づき、そこに置いてあった『DEEP』という店の名前の入ったライターのことも覚えて帰ります。
そこには『桐元組』の『鉄砲玉』の井上寛太が隠れていて、山田にしばらく海外にでも行ってくるようにと言われます。

そんな中、ゼロ係にオネエたちが相談に訪れ、仲間のゴンザレスことたかゆきが自動車に飛び込んで自殺し、たかゆきの父がお世話になった人たちを集めてお別れ会をやると言ってるので、たかゆきの本当の姿を知らない父にバレないように、たかゆきの知り合いのふりをして参加して欲しいとのことでした。
会には横山、本条靖子(安達祐実)桜庭勇作(木下隆行)太田文平(戸塚純貴)が参加するのですが、たかゆきの父は本当の姿をすでに知っていて、死んだのは冷たく突き放した自分のせいだと考えていました。

広瀬が殺害された捜査本部では、容疑者だった井藤にはアリバイがあったことがわかり、小早川と寺田が持ち込んできた『桐元組』の井上の線を調べることになりました。
小早川と寺田がキャバクラの『DEEP』を調べると、店のNo.1のMAMIが2週間休んでいることからMAMIの住居に向かうと、井上がいて逃走中に拳銃を発砲してきたため井上も撃たれてしまい死亡してしまいました。
捜査本部はMAMIのマンションから血痕のついた衣類が発見されたことから、被疑者死亡で送検することになり解散になりました。

しかし、井上が犯人だとなると『井』のダイイングメッセージが、なぜ後3画の『上』を描かなかったのかと小早川は疑問を持ちます。
そんな時に、桜庭がテレビ局に撮影された動画に、井上がたかゆきをひいた自動車と同じ色の自動車に乗っている姿が映されていて、もし井上がひき逃げをしていたとしたら広瀬の殺害は不可能になることから、小早川と寺田は再捜査を要請しますが、小田島は難色を示します。

たかゆきの荷物を川に入って探していた本条、桜庭、太田がバッグや携帯を見つけ、携帯の中に残っていた動画からたかゆきは自殺したのではなく事故で亡くなったことが明らかになり、父は救われました。

そして、その動画の中にひき逃げした井上の顔がはっきりと映っていて、広瀬の殺人が井上でないことがはっきりします。
真犯人は、広瀬を殺し『杉並連合』と『桐元組』をはめて最も得をする人物と考えられ、2度の誤認逮捕に二の足を踏む小田島でしたが、前川の指示で再捜査されることになります。
また、小早川は暴力団の取り締まりが厳しい中、『桐元組』には安定した資金があったこと、『杉並連合』の振り込め詐欺の被害者がみんなお金を持っている高齢者ばかりだったことが気になっていました。

小早川は、居酒屋『春吉』の店主・国仲春吉(加藤茶)の新作の『ばくだん丼』の説明書の『※』の記号からヒントを得て、代議士の葛城を調べ、地上げで『桐元組』を使い、振り込め詐欺で『杉並連合』を使っていたこと、そして証拠を握られた広瀬の殺人に秘書の三沢を使ったことを明らかにしました。

広瀬のダイイングメッセージは、漢字の『井』ではなく記号のシャープ『#』で、チェスのチェックメイトの意味で犯人である葛城へのメッセージでした。
広瀬が葛城に自首を促していたことも明らかになり、自首を促すメッセージでした。

『特命係』の中では、相変わらず小田島の無差別殺人説と小早川の殺す相手を選んでいるという説で分かれて衝突していたのですが、小田島の表情に微笑みが浮かんでいます。
そして神沼は誰かと電話で話していて、次の獲物を授かっていました。

スポンサーリンク

『警視庁ゼロ係 SEASON4』5話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

どんなに巧妙に嘘で固めていっても、その嘘は真実を着実に積み重ねていかれることで必ずいつか破綻していきます。

また自然界では、不自然なストレスを抱え込むことで自らの寿命を縮めたり、心身の健康を損なってしまい快適な生活を送れなくなってしまいます。

嘘を重ねていくことは、たとえ自覚がなくても必ず不自然なストレスを蓄積していくものです。
できるだけ嘘のない自然界での生活にしていくこと。これはとても大切なことですね。

今回のドラマでは、嘘の破綻をまざまざと感じさせてもらえました。

前川刑事部長が黒幕?神沼と繋がっているのは誰?

吸血鬼という名の異名を持つサイコパス・神沼洋(中野裕太)が、何やら誰かから依頼されて殺人を行っていることが判明しました。

そこで、黒幕として、「必ず、裁かれるべきだ…」と、罪人に対して神沼と同じ思考を持っていそうな前川刑事部長(吉田栄作)が予想されています。

また、たつみんこと小田島龍美(斉藤由貴)も、意味不明な不敵な笑みを浮かべていたので怪しまれていますが、おそらくこちらはミスリードでしょう。

前川刑事部長のことを、いい人・いい上司と冬彦(小泉孝太郎)がいっていたのも、伏線ではと思います。今後の展開が楽しみですね。

『警視庁ゼロ係 SEASON4』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『警視庁ゼロ係 SEASON4』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署「なんでも相談室」、通称ゼロ係に「遊んでいる子供がうるさい」と苦情の電話が入り、冬彦(小泉孝太郎)らが現場に向かうが子供の姿はない。その頃、ゼロ係に田崎新太郎(大和田伸也)が現れて横山(片岡鶴太郎)と靖子(安達祐実)を人質に立て籠り、署内に爆弾を仕掛けていた。田崎はネット中継で、自殺したとされる孫の死の真相を知りたいと語るが、衝撃的な情報が次々と寄せられ…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/zerogakari4/story/