ドラマル

『警視庁ゼロ係 SEASON4』3話のネタバレ感想!プロゴルファー・竹財のカッコ良さが光る!

2019年8月2日に放送されたドラマ『警視庁ゼロ係 SEASON4』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、容疑者それぞれにアリバイがある生き埋め事件発生!
冬彦らは鉄壁のアリバイを崩すことが出来るのか…。

関連記事

『警視庁ゼロ係 SEASON4』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『警視庁ゼロ係 SEASON4』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ひかりTV」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『警視庁ゼロ係 SEASON4』3話のあらすじネタバレ

小早川冬彦(小泉孝太郎)寺田寅三(松下由樹)小田島龍美(斉藤由貴)の『特命係』は、前川俊也(吉田栄作)と、さらに殺人を犯して逃走して行方不明のままの神沼洋(中野裕太)死刑囚の件を話し合っていました。
事件発生から5時間経った現状を、小田島はすでに東京を離れていると分析しますが、冬彦はむしろ近くにいるのではないかと考察します。

杉並中央署「なんでも相談室」通称ゼロ係に、芸人の永野(本人)が路チュースキャンダル記事の掲載を阻止してほしいと相談に来ました。
小早川と寺田が『週間ゴシップ』の仕事をしているフリーライターの福永明文(村本明久)に会うため、取材に訪れているという女優・青島千晶(杉本彩)のパーティーへ行きます。
福永は青島とトラブルを抱えているようですが、小早川と寺田の依頼に「あんなどうでもいい記事載せませんよ。もっとでかいネタを持っている」とあっさり掲載を否定しました。
ところが翌日、福永は小早川たちと会ったホテル『GRAND RITZ HOTEL』のバスローブで覆われ、手足をバスローブの紐で縛られた状態で埋められた遺体となって発見されました。

警視庁捜査一課13係の『いまいち』こと今川兵馬(宮川一朗太)警部補と小林優太(栗山航)が現場に臨場し、頭部に鈍器で殴られた痕があることから、今川は殺害され埋められたと推測するのですが、小早川が傷は致命傷ではないと現下に否定すると、小早川フリークの杉並中央署鑑識課青山進主任と野沢友和は、口と鼻に土が入っていた状況から生き埋めだと話します。
さらに遺留品の状況からただの生き埋めではないと小早川はつぶやきます。
また、遺体と一緒に出版社『東藝社』のボールペンが埋まっていました。

福永の車はホテルの駐車場に置きっぱなしになっていて、防犯カメラの映像によると、福永がホテルを出るところも、怪しい人物も映っていませんでした。
ホテルの中を小早川たちが捜索すると、司会者専用の控え室から血痕と凶器であるガラス製の置き時計の破片が発見され、福永が襲われた場所が特定されます。
事件を検証すると、襲われてから死亡するまでに空白の4時間があることが判明します。

福永に怨恨のある容疑者として、事件当日の午後、福永からスキャンダル記事を雑誌に掲載するというメールを送られた、青島とプロゴルファーの梶原健介(竹財輝之助)小説家の中谷恭一(金山一彦)がパーティに出席していました。
しかし3人にはアリバイがありました。

小早川は、福永の遺留品を調べて、福永のカメラの中にSDカードがなかったことから、誰かが抜き取っていると推測していて、この行方も探しています。
また遺留品の中にメイドカフェのポイントがかなり貯まったポイントカードもありました。

小早川と寺田は東藝社の根元宏編集長を訪ねてSDカードの行方を尋ね、福永の言っていた『でかいネタ』の心当たりも聞くのですが、『女が。。。』ということは聞いていたようですが、詳細は知らないようで福永はここ2週間ほど編集部には顔を出していなかったようです。
また殺害現場に落ちていた東藝社のボールペンを根元も持っていて、小早川はそのペンをもらいます。

小早川と寺田が、容疑者3人のアリバイを確認していると、ホテルのボイラー室から新たな血痕が発見されます。
しかし、それぞれの容疑者のアリバイはあり、さらに被害者の傷痕から犯人は左利きだということもわかったのですが、容疑者はいずれも右利きだということもわかっていました。

そんな時、不審な車が浮上してきたので追跡すると、なんと芸人永野が不倫がバレないように使っていた車で、犯行とは関係ないものでした。

一方ゼロ係に、野球が下手でいじめられている子供に野球を教えて欲しいと相談が持ち込まれ、太田文平(戸塚純貴)と桜庭勇作(木下隆行)が母親が美人であったこともあり名乗りをあげます。
しかしなかなか上達しない子供に、桜庭が左打ちの秘策を授けると、これがみごとに的中して見違えるように上達しました。
元々左利きだったのに、みんなが右で打っていたので右打ちを真似していたようです。

また、メイドカフェで働いている女性が、指名がもらえないのでどうしたらよいかという相談でゼロ係にやって来ます。
この相談には横山建夫(片岡鶴太郎)が物真似を伝授します。

居酒屋『春吉』には、主題歌『旋律の迷宮』を歌っているKEYTALKが客として来店していました。
そこで小早川と寺田が思案していると、店主の国仲春吉(加藤茶)が、娘の国仲遥(加藤綾菜)のアイデアだと言って、天ぷらとハンバーグと麻婆豆腐をミックスした丼を提供して、グチャグチャに混ぜて食べるように言いますが、不味いものが混ざってとてつもなく不味くなってしまっていました。

野球少年と春吉の特製どんぶりからヒントを得て、小早川は真犯人がわかってしまいました。

さっそく容疑者3人を呼び出して謎解きを始めます。
一人ひとりを見ているとアリバイがあっても、3人一緒になると犯人になり得ることを話します。

3人は一緒に福永と話をしていて、その内容に激昂した梶原が凶器で殴ったことを指摘します。犯人は左利きだと言われていて、梶原は右利きだとされていたのですが、それはゴルフに限ったことで、本来は左利きだということがわかりました。

控え室からボイラー室に福永を運んだのは青島でした。衣装替えのタイミングで清掃員の服に着替えてカートに乗せて運びました。

生き埋めにした場所に穴を掘ったのは梶原でした。アリバイを明確にするためにドアマンに時間を聞いた後、ホームセンターでスコップを購入して生き埋め現場に向かったものでした。

ホテル内での犯行隠しを画策して、福永を生き埋め現場に運んだのは、小説を書く際にホテルを取材して動線などに詳しい中谷でした。

証拠は、青島が服を着替えた場所に落ちていたイヤリング、梶原がスコップを購入した控え、凶器のスコップは中谷の小説『復讐の償い』に書かれているように自宅に埋められていたことでした。

しかし、犯行はこれで終わっていませんでした。
3人から取り返したSDカードには永野の写真が入っていなくて、小早川はまだ別のSDカードが存在するとにらみます。

そこに横山に物真似を伝授された女性がお礼に現れ、勤めるメイドカフェ『いろは』が福永がたくさんポイントを貯めていたところだと判明します。
さっそく小早川と寺田が行き、預かっているものとして出されたキープボトルにバックアップのSDカードが隠されていました。

そのSDカードの中身に写っていたのは、東藝社の根元編集長が、政治家のスキャンダルをもみ消すために金を受け取っている写真でした。
この写真を奪うために福永を見張っていた根元は、3人の犯行を目撃して埋められた福永を掘り起こし、SDカードを手に入れるとまた福永を埋めてしまったようです。
現場に落ちていたボールペンは最近作られたもので、2週間ほど編集室を訪れていない福永の持ち物ではないことは明らかでした。

そんな折、神沼がホテルに潜伏していると情報が入り、小田島が向かいますが逃げられた後でした。
そして、屋上でミニトマトを栽培している小早川の前にも神沼は現れ、首を切りつけて逃げます。

『警視庁ゼロ係 SEASON4』3話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

目の前の小さな現象だけにフォーカスしていると真実を見誤ることがあります。
木を見て森を見ず。という言葉もありますが、一点に絞って見た後には全体を俯瞰してみることも大切ですね。

また、俯瞰しても一点に絞っても、見える状態にだけ囚われては、これまた真実は見えてきません。
感性を研ぎ澄まして、目に見えない部分を感じ取っていくことの大切さにも気づかせてもらえました。

ものの見方、感じ取り方の非常に重要なことを、いつもいくつも教えてもらえている気がします。

プロゴルファー・竹財のカッコ良さが光る!

整った顔に視聴者から「カッコいい」という声が放送中から呟かれました。

プロゴルファー・梶原健介役を演じた竹財輝之助さんは、39歳なんですね。ゴルフスイングがカッコ良かったです。冬彦のスイングは…。

『警視庁ゼロ係 SEASON4』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『警視庁ゼロ係 SEASON4』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署「なんでも相談室」、通称ゼロ係の寅三(松下由樹)に、捜査一課への異動の打診が来る。喜ぶ寅三だが、冬彦(小泉孝太郎)のことを心配し即答できない。そんな中、人気お笑いコンビの1人が舞台中に相方からツッコまれたところで死亡する事件が続く。急に相方を失って落ち込む様子を見た寅三は、残していくゼロ係の仲間たちの姿に重ねて、さらに心が揺れるが…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/zerogakari4/story/