ドラマル

『ゆるキャン△』9話のネタバレ感想!再現度が話題の大垣千晶の回!

2020年3月6日に放送されたドラマ『ゆるキャン△』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、なでしこの自宅に大垣(田辺桃子)がほうとうを持ってやってくる!
一方、リンはなでしこのナビで温泉に着き、温泉と食事を済ませると寝入ってしまい…。

関連記事

ドラマ『ゆるキャン△』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ゆるキャン△』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Amazonプライム・ビデオ」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ゆるキャン△』9話のあらすじネタバレ

各務原なでしこ(大原優乃)とふたりでキャンプに行くはずが、なでしこが風邪でダウン。
キャンプ地を変更し、志摩リン(福原遥)はソロで長野へキャンプに向かい、今、諏訪湖の南にある杖突峠に居ました。
リンは杖突峠からの絶景をスマホで自撮り、なでしこに送ります。

リンとのキャンプ気分を味わいたいなでしこは、リンにナビを申し出ます。
初めは断ったリンでしたが、なでしこの気持ちを汲みナビを任せ、そして伊那・駒ヶ根の観光スポットを探して貰います。

なでしこは『伊那きのこ王国』と『千畳敷カール』、そして駒ヶ根の『光前寺』を勧めます。
きのこ王国はきのこ採りときのこ料理が楽しめる観光農園、千畳敷カールは景色がよく色々な動物も居ました。
そして、光前寺にはリンが好きなわんこ(犬)が祀られていたのです。

途中、なでしこの見舞いに来た野クル(野外活動サークル)の部長・大垣千明(田辺桃子)も加わり、ナビはふたり体制になります。
リンは何故か千明が苦手なのでした。

浜松から越してまだ食べたことがないなでしこのために、千明は山梨名物・ほうとうを見舞いに持参。
甘え上手のなでしこに煽てられ、千明は郷土料理のほうとうを作ることになったのです。

リンは光前寺に立ち寄り、祀られているわんこを探します。
見つかったわんこの像は、厳つい系でした。
祀られているのは霊犬早太郎、遠い昔、静岡のとある村からヒールな化け猿退治をオファーされ、遥々信州から倒しに行ったベビーフェイスわんこです。
静岡では悉平太郎の名で親しまれていました。

同じ頃、千明は何故かなでしこの家族全員分のほうとうを作ることになり、しかも生粋の梨っ子が作る本場のほうとう、一流ホテルのシェフも認めた至高のほうとうと、どんどんハードルが上がっていったのです。
ところが、千明は食べたことはあっても作ったことはなく、ネットでレシピを検索するのでした。

リンは赤糸を引くとおみくじが出る『早太郎みくじ』に心奪われます。
値段が500円もするため写真だけ撮り立ち去るつもりでいましたが、後ろ髪を引かれ、結局、買ってしまったのでした。

千明の作ったほうとうは、なでしこの家族に好評で、姉・桜(柳ゆり菜)がレシピを教わろうとするほどでした。
千明はホッと一安心します。

リンはなでしこに勧められた『こまくさの湯』で、雪の積もるアルプスを望む露天風呂を満喫、食堂でミニソースカツ丼を堪能します。
入浴料は食事付きで1100円と、とてもリーズナブルでした。
駒ヶ根のソースカツ丼は大きなカツが売りでしたが、リンはミニサイズが手頃で丁度良いと感じるのでした。

リンから送られて来たミニソースカツ丼の写真を見て、なでしこが食べたくなっていた頃、斉藤恵那(志田彩良)から千明にメッセージが届きます。
先日、誘ったクリキャン(クリスマスキャンプ)の返事で、恵那はキャンプに行くことにしたのです。
なでしこは、クリキャンにリンも誘うことを提案します。

食事を終えたリンは、本格的に動きたくなくなり、ついつい寝てしまい夢を見ます。
なでしこに似た村人が早太郎を連れ、磐田に化け猿退治に向かうところでした。
リンが目を覚ますと、時刻は既に17時を過ぎていたのです。
こまくさの湯からキャンプ場までは1時間半も掛かり、リンは慌てて食堂を後にします。

千明はリンを誘う前になでしことキャンプ場を選ぶことにしましたが、なかなか選べず迷っていました。

一方、リンはヤマハのスクーター・ビーノ(VINO)で爆走、辺りはすっかり暗くなっていました。
先を急ぐリンでしたが、再び通行止めに阻まれるのでした。

スポンサーリンク

『ゆるキャン△』9話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

ソロキャンが頻繁にマスコミに取り上げられるようになり、流行っているのが実感出来るようになってきました。
テレビに扱われるようになると、昨今ラグビーでも話題になった所謂にわかが増え、このあたりがソロキャンの流行のピークかなとも思います。

ソロキャンを扱ったものは、漫画やドラマ、そしてYouTubeなど様々ありますが、中でもゆるキャンは冬キャンプへの貢献度が高いのではないでしょうか。
ぶっちゃけキャンプといえば夏というイメージが非常に強かったですが、それを一変させてくれました。

冬キャンプの醍醐味の1つに、空気の澄んだ冬でしか見られない美しい絶景があります。
その美しさは、漫画原作よりアニメ、アニメより実写が、より伝わります。
今回の『こまくさの湯』の露天風呂に浸かるリンからのアルプスは、本当に綺麗でした。

再現度が話題の大垣千晶の回!

9話はなでしこ宅に田辺桃子さん扮する大垣千晶が来訪。その再現度の高さを改めて見せつけてくれました。

大垣の中の人・田辺桃子さんですが、画像検索すると驚愕。この人がこうなるかと目を疑います。
振り切った表情が見事ですよね?

大垣に対して、中には「頑張り過ぎ」なんて声もありますが、「本人だな」「最高すぎる」と賞賛する声が圧倒的に多い!
とりあえず、9話のMVPは大垣で間違いないでしょうね。

『ゆるキャン△』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『ゆるキャン△』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

長野県の陣馬形山キャンプ場へ向かう道中、またしても通行止めに遭遇するリン(福原遥)。しかし、大垣(田辺桃子)のおかげで無事にキャンプ場にたどり着いたリンは、急いでテント設営を済ませる。展望台から伊那の夜景を眺めた後、リンは夕食の準備にとりかかる。
本日の夕食は、ホットサンドメーカーの両面にバターを塗って、肉まんをプレスした“焼き肉まん”。ほうじ茶と一緒に肉まんを堪能していたところ、大垣から電話が。野クルのクリスマスキャンプへのお誘いだったが、リンの回答は…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/yurucamp/story/