ドラマル

『ゆるキャン△』5話のネタバレ感想!高ボッチ高原からの景色が絶景テロ!夜景シーンは再現ならず

2020年2月7日に放送されたドラマ『ゆるキャン△』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、高ボッチ高原に着いたリンは、スープパスタを作ったりソロキャンを満喫する!
その頃、パインウッドキャンプ場に着いたなでしこらは、煮込みカレーを作りはじめる…。

関連記事

ドラマ『ゆるキャン△』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ゆるキャン△』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Amazonプライム・ビデオ」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ゆるキャン△』5話のあらすじネタバレ

野クル(野外活動サークル)の3人は、『ほったらかし温泉』の富士山を望む『こっちの湯』を堪能します。
キャンプ場までは残り1km、キャンプ場のチェックインはお昼過ぎで、まだ余裕がありました。

一方、志摩リン(福原遥)は、山頂まで残り9km、『高ボッチ高原』の入口に辿り着きます。
温泉に入ると言っていた各務原なでしこ(大原優乃)を思い出し、リンも温泉に入る気満々、ヤマハのスクーター・ビーノを飛ばします。

温泉から出た3人は、温玉揚げの誘惑に負けてしまいます。

リンは高ボッチ高原に着きましたが、ただただ草原が広がるだけで何もなく、早々に温泉を目指します。

暖かい休憩所で温玉揚げを食べ、なでしこたちはつい横になってしまいます。

『崖ノ湯温泉』まで残り6km、リンは気合を入れ直します。
頭は温泉で一杯、しかし『薬師平茜宿』はメンテナンスのため臨時休業だったのです。

落ち込むリンは美しい景色で癒やされようとしましたが、曇っていて何も見えません。
せっかく来たので、高ボッチの山頂に登ると、松本市に諏訪湖、富士山まで一望する前評判通りの絶景に感動するのでした。
温泉は明日入ることにし、リンは念願のキャンプめしに頭を切り替えます。

リンはテントを設営(現在、高ボッチ高原でのキャンプは禁止)、『はじめてのアウトドアめし』を見ながらコッヘル1つで出来るスープパスタを作ります。

予め切ったベーコンに玉ねぎ、シメジ、そしてアスパラガスを炒め、水150cc を加え沸騰させ、パスタを2つ折りにして投入します。
パスタがお湯を吸ったところで、牛乳200ccを加え、最後に黒胡椒とパセリを散らし完成です。

初めてのまともなキャンプめし、リンは写真を撮りまくります。
ひと口啜ると美味過ぎて、あっという間に食べ終わりました。

スマホの着信音が鳴り、なでしこが目覚めます。
リンの作ったスープパスタの写真が届き、美味しそうと眺めていると、ふと我に返ります。
既に16時を過ぎていたのです。

『PINE WOODキャンプ場』に着いた3人は、遅れたことを管理人に謝罪します。

景色の良い場所を見つけテントを設営。
なでしこが鍋を取り出し、煮込みカレーを作ります。
じゃがいも、人参、オクラ、そして豚肉、予め切って素揚げした具材をルーで煮込むだけの簡単レシピです。
カレーと高を括っていた部長・大垣千明(田辺桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)は、その美味さに、なでしこに平伏すのでした。

なでしこは隠し味に、とんこつラーメンのスープの素を使っていました。
ラーメンの翌日、余ったスープの素を使い変身カレーをよく作っていたのです。
千明の家は肉じゃが、あおいの家はおでんをカレーに変身させていました。

その夜、なでしこ、千明、そしてあおいは、1つのテントでそれぞれ冬用シュラフに入り川の字で寝ます。
しかし、あまりの狭さに千明が不満を漏らし、じゃんけんで1人がテントを移ることになり、なでしこが負けました。

テントでひとり寝るなでしこは、リンにメッセージを送ります。
すると、リンから直ぐに返信が届き、ふたりは他愛もない遣り取りを暫く続けます。

「こっちは星空と夜景がすごいよ」
メッセージが届くと、なでしこはリンを待たせ隣のテントを覗きます。
千明とあおいは既に寝ていて、なでしこは恐怖に耐えながらひとり夜道を歩き、絶景スポットの夜景を撮影、リンに送ります。
リンもテントを出て夜景を撮影、お返しするのでした。

40代男性

スポンサーリンク

『ゆるキャン△』5話のネタバレ感想

のらゆき

富士山を挟み山梨県側と長野県側から望む夜景を見ていると、空に浮かんで双方を見ているようなフワフワした感じとなり、不思議な感覚に襲われました。

リンがテントを張った『高ボッチ高原』は、かつては野営地が整備されキャンプが出来きましたが、現在は禁止されています。
野営地を管理していた『高ボッチ山荘』が、全焼したことが原因のようです。

キャンプは駄目でも、リンの見た夜景は見ることが出来ます。
諏訪湖は映画『君の名は』の『糸守湖』のモデルとも言われ、ファンが多く訪れているようです。

同じ日にリンが見た長野県側の夜景となでしこが見た山梨県側の夜景を見るのは大変でしょうが、日を別けてでも双方の夜景を味わってみたいです。

高ボッチ高原からの景色が絶景テロ!夜景シーンは再現ならず

リンが凄く寒そうでしたが、高ボッチ高原からの景色が絶景すぎて、羨ましい気持ちになる回でしたね。

でも、なでしことの夜景シーンはアニメ再現ならず悔やむ声も!
切れ目入っちゃうからボツになったのかな?

それにしても、高ボッチ高原からの富士山は幻想的ですね。
テレビ越しですが、美しい景色が見れ、いい気分で眠れそうです。

『ゆるキャン△』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『ゆるキャン△』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

新しいキャンプアイテム・コンパクト焚き火グリルを手に入れたリン(福原遥)は、なでしこ(大原優乃)の提案で焼肉キャンプを行うことに。なでしこの姉・桜(柳ゆり菜)の車でキャンプ場まで送ってもらうことになり、途中のスーパーでお肉を買い込んだリンとなでしこ。
今回のキャンプ場は、知る人ぞ知る本栖湖の北西に位置するカルデラ湖で、江戸時代には「富士八海」のひとつに数えられた紅葉の名所・四尾連湖。木々に囲まれた美しいキャンプ場だが、ここにはある恐ろしい言い伝えがあるという…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/yurucamp/story/