ドラマル

『ゆるキャン△』4話のネタバレ感想!福原遥のボルシチの食べっぷりに孤独のグルメを想起!

2020年1月30日に放送されたドラマ『ゆるキャン△』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、なでしこが加わり、三人となった野クルが冬キャンをすることに!
一方のリンは、なでしこに霧ヶ峰にいることを伝えるため、ライブカメラのURLを送る…。

関連記事

ドラマ『ゆるキャン△』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ゆるキャン△』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Amazonプライム・ビデオ」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ゆるキャン△』4話のあらすじネタバレ

ついに野クル(野外活動サークル)が初キャンプ、冬キャンプの準備を始めます。
必要なキャンプ道具をリストアップ、問題はシュラフで野クルは夏用しか持っていなかったのです。

その頃、図書室では、斉藤恵那(志田彩良)がお団子ヘアーをアレンジしたクマヘアーその2に、志摩リン(福原遥)の髪型をセットします。

リンは心配する母親をよそに、キャンプ道具を満載したヤマハのスクーター・ビーノで長野を目指します。

野クルは山梨市駅に集合、各務原なでしこ(大原優乃)は電車を乗り間違え遅れて来ました。
部長・大垣千明(田辺桃子)は冬用シュラフを買い、テントも買い足したのです。
キャンプ場までは約4km、徒歩で50分ほど掛かります。

その頃、リンは茅野市の辺りまで来ていました。

『笛吹川フルーツ公園』まで残り600m、疲れきった千明と犬山あおい(箭内夢菜)は元気ななでしこに呆れるのでした。

やっとの思いで入口広場に辿り着き一休みしていた千明とあおい、スイーツが食べられると聞き、なでしこを置いて猛ダッシュします。

リンは目的地まで残り40km、霧ヶ峰・コロボックルヒュッテで休憩。
薪ストーブの傍の席に座り、少し早いお昼を食べることにします。
メニューを開きボルシチ(パンとドリンクセット)が1,350円もすることに、リンは一瞬怯みます。
『ふもとっぱらキャンプ場』では2千円の薪代をケチりましたが、今のリンは違ったのです。
バイト代が入ったばかりでした。
ボルシチをセットで頼み、ドリンクはキャラメルミルクコーヒーにします。

野クルの3人はカフェでスイーツをそれぞれ頼み、回しながらシェアします。
スイーツを食べ終わり、なでしことあおいは動きたくなくなります。
キャンプ場まで残り1.7km、温泉の方が近く3人は欲望に従い温泉を目指します。

「フルーツ公園に来たよ!」
リンのもとに、野クルの3ショット写真と共に、なでしこからメッセージが届きます。

「志摩さーん」
ボルシチが出来上がり名前を呼ばれます。
ひと口食べ、その美味しさに感激、ボルシチの写真をなでしこに送ります。
お土産を何にしようかと考え、美味しそうに食べるなでしこの顔が思い浮かび、食べるものに決めます。

野クルの3人は『ほったらかし温泉』に着き、休憩所に入ります。
千明とあおいは寝転び、なでしこはテーブルに寄りかかるのでした。

「ここにいるよ」
霧ヶ峰ライブカメラのアドレスと共に、なでしこにメッセージが届きます。
リンが映り、なでしこが絶叫、千明とあおいが飛び起きます。
ライブカメラに向かい手を振るリンを見て、なでしこと千明がスマホに向かい小さく手を振ります。

なでしこから返信がなく、リンは手を振り続けながら見えているのか一抹の不安を覚えるのでした。

スポンサーリンク

『ゆるキャン△』4話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

やっと来たといった感じです。
一体何をしているのか分からなかった野クル。
狭いながらも部室まで与えて貰い、ぶっちゃけ学校側がサークルとはいえ、よく認めたなと思います。

そんな野クルが校庭から飛び出し、ついに初キャンプです。
その若さが羨ましい、よく重い荷物を持って4km近くも歩くものです。
特になでしこのあのハイテンションは、一体どこから来るのか。

それにしても、リンはスクーターも自費なのでしょうか、新車でヤマハのビーノを買えば20万円ほどします。
日本のスクーターにしては珍しく可愛い色があり、リンの愛車の淡いブルーの他、イエローなんかもあり可愛いです。
ビーノはリンに似合っています。

50ccのスクーターとはいえ、当然、今までより足も延せます。
なんだかんだで、リンとなでしこは仲良しです。
ふたりの繋がりで、これからのリンと野クルのコラボが楽しみです。

福原遥のボルシチの食べっぷりに孤独のグルメを想起!

ビーノに乗り、目的地へソロキャン旅中の志摩リン(福原遥)。
途中寄ったカフェ・コロボックルヒュッテで、リンが美味しそうにボルシチを食べる姿が飯テロでしたね。

ボルシチを食べながら独白する姿は、まるで孤独のグルメ!
福原遥さんいい食べっぷりでした。

キャンプといえば「キャンプでカレー」。
次回は、なでしこたちが、大自然の中で食べるカレーで、深夜に悩ましい飯テロを見せてくれそうですね。

『ゆるキャン△』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『ゆるキャン△』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

リン(福原遥)と「野外活動サークル」(通称「野クル」)メンバーは、それぞれの冬キャンを楽しんでいた。高ボッチ高原に辿り着いたリン。松本市や諏訪湖、富士山までも一望できる山頂に行ったり、キャンプサイトでスープパスタを作ったりソロキャンを満喫する。
その頃、ほったらかし温泉で湯上り後、名物の温玉揚げを食べてそのまま休憩所で寝てしまった野クル。夕方まで寝ていた野クルは、急いでパインウッドキャンプ場へ!無事に着いた一同は、設営にとりかかる。そしてなでしこ(大原優乃)は、煮込みカレーを作りはじめる…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/yurucamp/story/