ドラマル

『ゆるキャン△』1話のネタバレ感想!原作の再現度が高いと実写版も概ね好評!

2020年1月10日に放送されたドラマ『ゆるキャン△』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、リンと各務原なでしこが本栖湖の浩庵キャンプ場で出会う!
二人で焚き火を囲みながら他愛もない会話をしていると、目の前に富士山の絶景が…。

関連記事

ドラマ『ゆるキャン△』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ゆるキャン△』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Amazonプライム・ビデオ」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『ゆるキャン△』1話のあらすじネタバレ

山梨県南巨摩郡。
玄関を出た女子高生・志摩リン(福原遥)は、キャンプ道具満載のミニベロ(小さな自転車)で本栖湖の『浩庵キャンプ場』を目指します。
本栖湖に抜ける甲州いろは坂(国道300号線)を登り、富士山を見ると今日は雲がかかっていました。

キャンプ場受付事務所の手前にある公衆トイレ前のベンチに、同じ年頃の女の子(大原優乃)が寝ていることにリンは気づきます。
女の子が風邪を引くと思いつつ通り過ぎ、受付を済ませます。
リンが事務所を出ると、飼い主を待つ柴犬に出会い心奪われます。

湖畔にテントを設営、リンはバーナーとコッヘルをテーブルに並べます。
コッヘルで沸かした湯をマグカップに注ぎ、コーンスープを作ります。
ひと口飲み終え吐く息が白くなる中、『超古代文明Xの謎』を読み始めます。
すると、チワワ・ちくわを散歩する斉藤恵那(志田彩良)からメッセージが届きます。
リンはあまりの寒さに、恵那に弱音を吐くのでした。

気温5度。
使い捨てカイロは思ったほど効かず、かと言って焚き火は面倒でした。
煙臭く肌は乾燥し、その上、火の粉が飛び散り服に穴が開くこともあります。
しかし、風に吹き晒され、リンは焚き火をすることにします。

リンは火種となる松ぼっくりを集めます。
松ぼっくりはマッチ1本で簡単に火がつく天然の着火剤で、特に開いたものが乾燥していてよく燃えるのでした。
次に薪となる枝を集めます。
枝も乾燥したものが良く、湿っていると火がつかなかったり、爆ぜたりします。
薪は1束300から600円しますが、中には利用料を払うと使い放題のキャンプ場もありました。
太めの枝を、リンは鉈で適当なサイズに割ります。
薪を集め終えたリンが水を汲みに行くと、女の子がまだ居ました。
しかも、少し移動していたのです。
地べたで寝る女の子を見て、よく寝られるものだと思います。

松ぼっくりに火をつけ、その上に小枝を乗せ火を育てます。
面倒なことは色々ありますが、焚き火の暖かさに勝てないと思うリンでした。

日が暮れ、辺りはすっかり暗くなっていました。
リンはトイレに向かいます。
トイレから出たリンは、ふと思い出しランタンでベンチを照らしましたが、女の子の姿はありません。
戻ろうと振り向くと、ミニベロを支え泣きながら女の子が立っていたのです。
声を掛けられ驚いたリンは、ダッシュで逃げ出すのでした。

焚き火に当たりながら、リンは女の子から事情を聞きます。
今日、山梨に引っ越して来た女の子は、ミニベロで富士山を見に来ました。
疲れて横になっていると、すっかり夜になっていたのです。

リンの提案で家に連絡することにした女の子がスマホを取り出すと、何故かトランプでした。
すると、女の子のお腹が鳴り、リンは『カップヌードル カレー』を振る舞うことにします。
スマホを貸すことにしたのですが、女の子は家の番号もスマホの番号も覚えていなかったのです。
カップヌードルが出来るのを待つ間、誰かとキャンプするというのは、こんな感じなのかと思うソロキャンパーのリンなのでした。

女の子がカップヌードルを啜る姿を見て、リンは美味しそうに食べる子だと思います。
女の子は南部町から本栖湖に富士山を見に来ましたが、雲が覆い見えませんでした。
リンは「あれ」と指を指します。
女の子が振り返ると、月に照らされた富士山が見えたのです。
女の子は立ち上がり、その絶景に感動するのでした。

女の子は姉(柳ゆり菜)に頭を押さえられ、強制的に頭を下げさせられます。
女の子が姉の電話番号を思い出し、車・ラシーン(日産)で迎えに来たのです。
女の子を助手席に押し込むと、姉はリンに感謝し車を出します。
突然車が止まり、女の子はリンにレジ袋を渡します。
女の子の要望で、リンは連絡先を交換します。
「今度一緒にキャンプやろうね」
そう言い残し、女の子は車に戻ります。
車が去り、リンがレジ袋を覗くとたくさんのキウイが入っていました。
変な奴だったと思いつつ、リンはメッセージを送ります。
「志摩リンです」
「各務原なでしこです!!!」

本栖高校・野外活動サークルの部室。
野外活動サークルの部員・犬山あおい(箭内夢菜)は部室に置きべんし、部長・大垣千明(田辺桃子)に怒られます。
そんな中、リンは『はじめてのアウトドアめし』を読みながら廊下を歩いていたのです。
コッヘル1つで出来る山ナポリタンのページを開いていました。
今度作って見ようかと思ったリンは、ふと美味しそうにカップヌードルを食べるなでしこを思い出し立ち止まります。
キャンプに誘った方が良いのか迷いつつ、再び本を読みながら歩き出します。
すると、小走りに職員室を探すなでしこと擦れ違いましたが、リンもなでしこも気づきません。
なでしこはリンが通う本栖高校に転校して来たのでした。

『ゆるキャン△』1話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

アメリカとイランの緊張状態が続く中、アメリカ大統領・トランプが声明を発表。
トランプが登場する前、軍の高官が現れホッと一安心しました。
戦争するなら高官は会見場に現れませんから。

一触即発の危機が回避された翌日、タイトル通りゆるっとした実写版『ゆるキャン△』が始まりました。
リン役の福原遥となでしこ役の大原優乃が、そのゆるさを見事に演じています。
再現度は見た目によく使われますが、見た目はともかく、ゆるさの再現度は完璧です。
中東情勢を考えると、ちょっと不謹慎かもしれませんが、ドラマを観ていて日本って平和だなと改めて実感できました。

アニメ版ではリンとなでしこがスイスイとミニベロで登る甲州いろは坂。
一部のユーチューバーやブロガーは、その過酷さを実証していました。
実写版となるとリアリティを追求したのか、リンは大変そうにしていました。

そんな、ゆるキャンですが、現在レバノンに逃亡中のカルロス・ゴーンと浅からぬ因縁があります。
なでしこの姉の車はブルーの日産ラシーン、原作やアニメ版同様カスタム仕様でまんま登場です。

何かときな臭い幕開けを迎えた2020年、五輪イヤーでもあります。
ゆるキャンのように、ゆるっと平和な年であって欲しいものです。

原作の再現度が高いと実写版も概ね好評!

アニメ版に引き続いての実写版も好評のようで、「細かい演出が忠実」「再現度が高い」と原作ファンからも満足の声があがっています。

特に、各キャラに対する満足の声が多いですね。
志摩リン(福原遥)や各務原なでしこ(大原優乃)だけでなく、なでしこの姉・桜(柳ゆり菜)も似てると話題になっています。

原作もアニメ版も見ていないドラマル編集長としては、1話では、主人公の志摩リンが、キャンプの基礎知識を説明してくれるところが良かったですね。

前クールの『ひとりキャンプで食って寝る』では、キャンプ知識の説明はほぼなかったし、今一つキャンプの魅力を感じきれずのめりこめなかった。
原作もアニメ版もヒットしている『ゆるキャン△』に期待大ですね。

『ゆるキャン△』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『ゆるキャン△』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ソロキャンプが趣味の女子高生リン(福原遥)は、高校の図書室で友人の斉藤(志田彩良)といると、浩庵キャンプ場で出会ったなでしこ(大原優乃)の姿を目撃する。なでしこは、リンと出会ったことでキャンプに興味を持ち、転校して早々高校の「野外活動サークル」(通称「野クル」)に入っていた。
「野クル」部員の大垣(田辺桃子)と犬山(箭内夢菜)は、なでしこを連れ校庭でテントを組み立てていたが、テントのポールを折ってしまう。その光景を見ていたリンは…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/yurucamp/story/