ドラマル

『エール』第20週あらすじネタバレ!裕一と藤丸の支えが久志を救う!

2020年10月26日から放送された朝ドラ『エール』第20週のネタバレを含む96話~100話のあらすじと感想を、放送後にSNSで注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

第20週では、智彦が貿易会社辞めて再びラーメン屋に戻り、ケンと一緒に住むことに!
一方、裕一と鉄男は、藤丸に案内されて、久志と再会するが…。

関連記事

朝ドラ『エール』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『エール』第20週(96話~100話)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『エール』第20週のあらすじネタバレ

第96話:新たな一歩

関内智彦(奥野瑛太)が貿易会社で働き始めて1か月が経ちました。
社内での智彦の評判は上々で、松川(木原勝利)は智彦を誘ってよかったと実感。そんな松川に、なぜ自分に声を掛けたのか?と智彦が尋ねると、「士官学校の同期がラーメン屋台で働いてるなんて恥ずかしいから」という返答が。
松川に見下されていたと知った智彦は、家でヤケ酒を煽ります。
吟(松井玲奈)は「あなたの誇りは軍人であることじゃない。人のために命を燃やせるのがあなたの誇り。だから、貿易会社でもラーメン屋でも、その生き方ができる方を選んでください」と言って、智彦のわだかまりを解消させてあげました。

翌日、智彦は松川へ退職願を提出し、闇市のラーメン屋に戻って店主の天野弘(山中崇)に「もう一度雇ってください!」と土下座して頼み込みました。
天野は無言で智彦を受け入れ、以前のように厳しく指導。智彦はめきめきと上達し、天野が代々木に店を構える際には、屋台は智彦が引き継ぐことになりました。

これを機に、智彦は、今も闇市で暮らしている戦災孤児のケン(子役・浅川大治)に「うちに住み込みでラーメン屋を手伝わないか」と声をかけます。
ケンは「一人がいい」と強がってみせますが、吟もそう望んでいるからと説得。
ケンは智彦たちと一緒に住むことになりました。

一方その頃。
戦時中にビルマで出会った新聞記者・大倉憲三(片桐仁)が古山裕一(窪田正孝)を訪ね、「全国高等学校野球選手権大会」の曲作りを依頼。
裕一は喜んで引き受けました。

ベルトーマス羽生(広岡由里子)のもとでレッスンを受けている音(二階堂ふみ)は、プッチーニ作曲のオペラ「ラ・ボエーム」のオーディションを勧められ、受けることに。

戦争から3年経った今、皆それぞれの道をみつけ、前に進み始めていました。

第97話:落ちぶれた久志

ある日、コロンブスレコードの社内で久しぶりに藤丸(井上希美)と再会する裕一と村野鉄男(中村蒼)。
藤丸は「会わせたい人がいる」と、二人をあばら家に案内します。
そこには落ちぶれた姿の佐藤久志(山崎育三郎)がいました。

戦時中、福島に帰った久志は歌手として積極的に慰問に回っていたのですが、戦後の農地改革で土地や屋敷を二束三文で買い叩かれ、収入がなくなり、父・弥一(日向丈)も亡くなり、歌をやめてしまいました。
東京に戻ってからは、酒と博打に溺れる日々。
そんな荒れ果ててしまった久志を偶然見つけた藤丸は、心配して食事の差し入れなど時々面倒を見にきていました。
しかし、自暴自棄になってしまった久志は、藤丸の厚意も受け付けず荒(すさ)む一方。
もう自分だけではどうすることもできないと感じた藤丸は、裕一たちに助けを求めたのでした。

裕一たちは藤丸に感謝し、以降、裕一や鉄男も久志を立ち直らせるべく、足繁く久志のもとへ通いました。
けれどまったく久志は聞く耳を持たず、厄介払いされる日々が続きました。

そんな中、全国高等学校野球選手権大会の公募歌詞選考会のため、裕一は大阪へ。
裕一は「栄冠は君に輝く」と題した歌詞を推挙します。
その歌詞は、勝ち負けではなく精一杯頑張ってる人たち全てに向けた温かいまなざしを感じさせるもので、他の選考委員もこれを評価したのでした。

かくして「栄冠は君に輝く」に曲をつけることに。
裕一は、その歌が流れることになる甲子園のマウンドに立たせてもらいました。すると瞬く間にメロディが湧き出てきて、一気に書き上げたのでした。

「栄冠は君に輝く」は、久志が歌手として前を向くきっかけにもなるだろうと、裕一は久志に歌ってもらうよう頼みに行きます。
しかしまたしても、追い返されてしまうのでした。

第98話:父への恩返しのはずが…

ある日、音が歌のレッスンから帰ると、華(古川琴音)が見知らぬ青年と一緒にいました。
青年の名は竹中渉(伊藤あさひ)。
隣の学校に通う高校球児で、友達の紹介で出会ったという。華の頬を染めて恥じらう様子をみて、渉に想いを寄せていることを察する音でした。

翌朝、門を叩く音に目覚める裕一たち。
訪問者は藤丸でした。姿を消してしまった久志を捜しているという。
姿をくらます直前、「酒をやめないと死ぬぞ」と麻雀仲間の犬井(津田健次郎)に忠告された際、「べつに構わない。この世に未練なんてない…」と零していたことが藤丸は気になっており、まさか死のうとしているんじゃないかと心配します。
それを聞いた裕一たちも青ざめ、鉄男にも声をかけ、皆で捜しに出ることに。
しかし、一向に見つかりません。

しばらくした後、ふと、久志の父の一周忌が近いことに気付きます。
そこで、裕一はすぐさま福島へ。
案の定、久志は福島の実家にいました。
そこは以前の豪勢な家ではなく、引越したばかりの質素な家でした。
久志は裕一に、歌をやめてしまった理由を明かします。
父の通夜のとき、親族たちが「久志君が戦争の歌なんて歌ってたから『戦犯みたいなもんだ』と周りから随分悪口を言われて…だから心労がたたったんだろう」と話しているのを耳にしたという。
久志は歌手として活躍できるようになって、何でも自分の好きにさせてくれた父に、ようやく恩返しができるようになったと信じていました。それが逆に苦しめていたのだと知り、愕然としたという。
そして、この先どうやって生きていけばいいのかわからなくなったと呟く久志。
裕一は、かける言葉が見つかりませんでした。

第99話:夜更けの街

一周忌を終えた後、東京に戻ってきた久志と裕一。

裕一は池田二郎(北村有起哉)に久志のことを相談します。
そこで池田は久志に会いに行くことに。
久志とともに時間を過ごしたことで、「夜更けの街」という歌詞を書き上げます。それはまるで今の久志の状況を綴ったかのような、荒んだ男の哀愁が漂う歌詞でした。
裕一はそれに曲をつけ、久志に歌ってほしいと依頼。
久志は歌うことを承諾しました。

レコーディング当日。
遅れてやってきた久志は、曲の歌い出しになってもなかなか声が出ないというアクシデントがありながらも、藤丸のサポートのおかげで以前のような美しい声で歌い上げました。

これで久志が立ち直るかと期待が高まりましたが、しかしその後、また酒浸りの日々を送る久志。
「夜更けの街」を歌ったのは、単に金のためだったと悪態をつきます。
けれど裕一は「あの歌声は金のためなんかじゃない、魂がこもっていた。それくらい僕にはわかる。久志はやっぱり歌うべきだ」と伝え、久志が歌手として立ち直るまで何度でも説得に来ると約束しました。

そんな中、大倉が裕一を訪ねてきます。
裕一は「栄冠は君に輝く」の歌手として久志を推薦。
けれど大倉は難色を示します。
ただでさえ、裕一を起用するときに上司から「戦時歌謡の印象が強い」と反対されたので、さらにまた戦時歌謡の印象が強い久志を起用するのは難しい、と。
その理由を聞いた裕一は、ならば尚更、久志に歌わせたいと懇願。
「その『戦時歌謡の歌手』という単一的なイメージを払拭したい。久志にはいろんな引き出しがあるし、叙情性のある彼の歌声はこの曲にぴったりなんです」と必死に訴えました。

第100話:栄冠は君に輝く

裕一は久志に、高校野球大会の応援歌の歌手として推薦したことを伝え、楽譜を渡しました。

後日、久志はその楽譜を手に古山家にやってきます。
久志は裕一に楽譜を返し、「こんな希望にあふれた曲、歌う自分が想像できない。別に僕じゃなくてもいいでしょ」と断りを入れました。
すると裕一は「今から甲子園に行こう!」と言って、久志を連れ出します。

甲子園にやってきた裕一は「栄冠は君に輝く」を作詞した多田良介(寺内崇幸)について語りました。
多田は16歳の時、試合の怪我で足を切断。甲子園の夢を失ってしまいます。
「栄冠は君に輝く」は、そんな「もう二度と野球ができない」という葛藤の日々を乗り越えて生まれた詩でした。
裕一は「絶望を経験した多田さんだからこそ、あの詩が書けた。君も絶望を知っている。そして自分も…。どん底にまで落ちた者にしか伝えられないものがある」と語り、「お前じゃなきゃ駄目なんだよ!」と熱望。
「未来ある若者にエールを送ろう!」と久志の心に訴えました。

すると久志はゆっくりとマウンドの上に立ち、「栄冠は君に輝く」を口ずさみます。
その声は次第に力強いものとなり、のちに、高校球児たちやそれを応援する日本国中の皆に、元気と希望を与える応援歌となったのでした。

『エール』第20週のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

これまでは、久志の出演シーン=たくさんの笑いをもたらしてくれる面白シーンだったので、今週の久志は見ていて辛かったです。
あんなにキラキラして何事にも「僕しかいないでしょ」と自信たっぷりに語っていたナルシストが、「別に僕じゃなくてもいいじゃない」と吐き捨てるようになるなんて…。あのオーラは何処に…?
人ってあんなにも変わってしまえるものなのかと、久志の変貌には心底驚かされました。

そんな自暴自棄になった久志を、どんなに拒絶されても見捨てず、根気よく励まし支えていた藤丸や裕一たち。
その深い信頼で結ばれた男の友情に胸がアツくなりました。
そして、藤丸ちゃんの献身的な愛にも!
プリンス感が一切失せて、ただのみすぼらしい男に成り下がっても幻滅せず、酷い仕打ちを受けてもずっと傍で支えていた健気さに感動しました。これはもう絶対、久志と一緒になって幸せになってほしいです!

「栄冠は君に輝く」は何度となく耳にし、野球に疎い私でさえも口ずさむことができるほど体にしみ込んだ歌。
今回、あらためてその歌をじっくり聴いて、なんていい詩、なんて心を震わす素敵なメロディーなんだと、ジーンときました。
まさに、日本の宝というべき応援歌ですね!

裕一と藤丸の支えが久志を救う!

久志は酒&博打で楽しそうだったので、裕一や鉄男をお節介だな~っと思ってしまいました。が、立ち直った久志の姿が晴れ晴れとしていたし、裕一の懸命な誘いのおかげで、久志(山崎育三郎)の素敵な歌を聞けて良かったです。

それにしても、朝ドラ『エール』は、視聴者(私)が登場人物に抱いていた思いを回収してくれるから見ていてスッキリしますね。

苦しみを乗り越えて、自分に他者に希望を与えようとする裕一が、なんだかカッコ良く見えてきました。
あと落ちぶれた久志を支える藤丸さんも素敵でしたね。

朝ドラ『エール』第21週のあらすじ

公式サイトが発表している『エール』第21週のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

音(二階堂ふみ)は、子育てで一度はあきらめた歌手になる夢をかなえるため、声楽講師のベルトーマス(広岡由里子)に勧められたオペラのオーディションに挑戦する。審査員席には懐かしい音楽学校時代のライバル・夏目千鶴子(小南満佑子)が! 一方、娘の華(古川琴音)は思春期で、母に反発することが増えていた。そして音が受けたオーディションは思わぬ方向に動き…。そして、音と華のことが心配な裕一(窪田正孝)はふたりのためにあることを思いつく。

出典:https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_21.html