ドラマル

『エール』第14週あらすじネタバレ!プリンス久志が五郎(岡部大)に敗北!

2020年9月14日から放送された朝ドラ『エール』第14週のネタバレを含む66話~70話のあらすじと感想を、放送後にSNSで注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

第14週では、古山家に田ノ上五郎(岡部大)が、裕一の弟子を志願しやってくる!
そんな中、音の妹・梅(森七菜)も文学の新人賞を受賞し、古山家で暮らすことになり…。

関連記事

朝ドラ『エール』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『エール』第14週(66話~70話)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『エール』第14週のあらすじネタバレ

第66話:弟子がやって来た!

古山家に、田ノ上五郎(岡部大/ハナコ)という青年が住み込みの弟子志願にやってきます。
五郎は茨城県出身の21歳。5人兄弟の末っ子で、13歳から水戸の雑穀問屋で奉公。その奉公先も辞めてしまい、今は居場所がないという。
作曲経験はないものの、小山田耕三(志村けん)先生の「作曲入門」を愛読しており、作曲家になりたいという五郎。数ある作曲家の中から裕一(窪田正孝)を選んだ理由は、「船頭可愛いや」「福島行進曲」等にいたく感動し、辛い時に何度も励まされたからだという。

音(二階堂ふみ)は、裕一にはまだヒット曲が少なく弟子をとる余裕がないこと、直感で曲を作る裕一がまともに人に教えてあげられるのかを心配し、時期尚早だと反対します。
二人は、五郎の弟子入りを断りました。

しかし五郎は諦めず、何度も志願にやってきます。
その都度断っていた音と裕一でしたが、何日も風呂に入っていない五郎の匂いに耐えかね、とりあえず風呂に入らせて、あらためて話を聞くことに。
五郎は裕一を崇拝するあまり、裕一の曲を耳コピーして楽譜に起こしてきました。その正確さ(耳の良さ)に驚いた裕一は、ものすごい熱意にも絆され、弟子入りを認めて居候させることにしました。

それと同時に、文学の新人賞を受賞した音の妹・梅(森七菜)が上京。
古山家を訪ね「ここで執筆活動をしたい」と願い出てきました。
長女の吟(松井玲奈)の家はどうかと聞くと、吟の家は息が詰まるから嫌だという。

音は、年頃の男女二人が同居するなんて何かあったら…と心配します。が、裕一が「ない!ない!」と全否定。音も、五郎の土くさい風貌を思い浮かべて、それもそうかと思い至ります。

かくして、作曲家を目指す五郎と小説家を目指す梅との同居生活が始まったのでした。

第67話:梅、恋の予感?

五郎は作曲を学ぶ傍ら、裕一の幼い娘・華(子役・田中乃愛)の遊び相手にもなっていました。
あやし上手な五郎に華もよく懐きます。
一方、一か月後には二作目を書き終えなければならない梅は、五郎と華がはしゃぐ声に苛立ち、つい「うるさい!」ときつく叱ってしまいます。

裕一は、険悪な二人(主に梅が五郎に心を閉ざしている)の間を取り持とうと、村野鉄男(中村蒼)のおでん屋台で五郎の歓迎会をすることに。
裕一が二人に話題を振って梅の頑なな心を溶かそうとしますが、上手くいきません。
そこで、女性の扱いに長けた佐藤久志(山崎育三郎)に助けを求めます。
けれど久志は、自慢のウィンクを冷たくあしらう梅に興味を惹かれ、五郎のことはそっちのけで梅に猛アプローチしました。

梅の新人賞授賞式の日。
五郎は裕一から頼まれてカメラマンとして付き添い、梅の晴れ姿に「すごいな~」と感心します。
セレモニーの一環で、梅の幼馴染で今や有名作家となった幸文子(森田想)が祝いに来てくれました。
そこで梅が、小学校時代に文学を教えてあげたことを口にしようとすると、それを世間に隠したい文子は遮って「結(本名)の名は捨てたの。二度と呼ばないで」と耳打ち。さらには、周りから「もう落ち目だ」と囁かれていたため、「あなたに、この場所を譲るつもりないから」とけん制の言葉を口にしました。
すっかり変わってしまった幼馴染にショックを受けた梅は、足早に会場を立ち去ろうとします。が、下駄の鼻緒が切れて転んでしまいます。
その姿をみてクスクスと笑う文子。
そんな文子に五郎は「笑うな!」と強い口調でたしなめたのでした。

以降、いつにも増して作曲が進まない五郎。
一方、梅を食事デートに誘った久志は、受賞のお祝いにとブローチをプレゼントしました。

第68話:五郎の気持ち

久志と梅のデートを偶然、藤丸(井上希美)が目撃。
藤丸は久志に想いを寄せていたので嫉妬します。

藤丸からデートのことを聞かされた音は、梅に「久志とのことは本気?」と確かめました。
梅はそれを否定。自分が世間知らずだと思い知らされたから、自分が知らない世界を知ることも大事だと思ってデートに付き合っただけだと返答したのでした。

裕一はディレクターの廿日市誉(古田新太)に弟子の五郎を紹介。
五郎は裕一の指導を受けながら作曲の練習をしますが、つい、今まで聴いてきた名曲とほぼ同じメロディーになってしまい、頭を悩ませます。

同じく梅も、文子との一件以来、さらに執筆に身が入らず悶々としていました。
そんな中、夜中に休憩のため水飲み場に行くと、作曲に勤しんでいた五郎と鉢合わせ。
音から切れた鼻緒を五郎が直してくれたと聞いた梅は、感謝を伝え、手先が器用だという五郎に、芯が折れてしまった鉛筆を削ってほしいとお願いしました。
このとき、互いに目指した道を選んだ理由について語り合う二人。
梅は「人付き合いが苦手で不愛想だから、文学のほかに取り柄が無い。だからわたしは一生、文学だけでいい」と語ります。これに「一生、文学だけでいいと思ってるんですか?」と疑問を投げかける五郎。すると梅は、黙って部屋を出てしまいました。

梅を怒らせたと思い込んだ五郎は、すっかり気落ちしてしまいます。
そんな五郎を元気づけるため、飲みに連れ出す裕一。

五郎はついヤケ酒してしまい、泥酔して帰宅します。
梅はその様子に呆れるも、華から「五郎は梅のことが好きだよ。梅の本、何回も読んでるから。梅はさ、五郎のことどう思ってるの?」と問われ、動揺してしまうのでした。

第69話:僕には才能がない

酔った五郎を心配して水を持って行った梅。
五郎は梅に、「梅さんには素晴らしい小説を書く才能と人を慈しむ心がある。もっと自分を好きになってください」と伝えました。

翌日、梅は貰ったブローチを返しに久志のもとへ。
そして、五郎への恋心を明かし、恋愛経験の豊富な久志にどうしたらいいのか相談しました。
久志は早すぎる失恋にショックを受けるも、「何が一番大事なのかやっと気づけた!」とすぐに立ち直り、藤丸とデートしたのでした。

裕一のおつかいで廿日市に書類を受け取りに行った五郎。
その時、廿日市から「この世界は才能が大事。技術は学べても才能はそうはいかない。才能なかったら飯なんて食っていけねえぞ」と言われ、打ちのめされます。

梅は落ち込む五郎に「本気で音楽で身を立てたいの?大事なのは五郎がどう生きたいかということだと思う。あなたにとっての太陽(大事なもの)は何?」と問い掛け、「五郎さんは駄目な人なんかじゃない。私は五郎さんのことが…好き」と告白したのでした。

翌日、五郎は裕一と話をします。
裕一は申し訳なく思いつつ、五郎に才能が無いことを認めました。
やはりといった五郎は、突然押し掛けた自分を親切に受け入れてくれたことを感謝し、古山家を去りました。
五郎によく懐いていた華は寂しがって泣き、梅も涙を流したのでした。

第70話:梅と五郎、豊橋へ

梅と文子の対談が行われました。
記者から今後について聞かれた梅は「私にはかけがけのない人がいます。その人は自分の居場所が無くて悩んでいるから、私は彼の居場所になりたい。私は、自分らしくいられる豊橋にその人と帰ります」と宣言し、皆を驚かせます。
それを鼻で笑った文子は、才能に恵まれた梅のことを昔から疎ましく思ってたことを漏らします。一方、梅も先にデビューした文子に焦りを感じていたことを明かし、互いに嫉妬の感情を抱いていたことを知ったのでした。

対談の後、梅は五郎を探し回り、路地裏で野宿しているところを発見。
梅のことが好きだという五郎に家を出た理由を聞くと、「僕には何の才能もない。だから梅さんにはふさわしくありません」という答えが。
そこで梅は「私はあなたを必要としています!私と一緒に豊橋に行こう」と告げて、一旦古山家に連れ戻しました。

梅は裕一たちに、五郎と将来結婚するつもりであることを伝え、その条件として、馬具店を営む関内家の後継ぎになってもらうべく、職人頭の岩城新平(吉原光夫)のもとで修行して認めてもらえたら結婚すると説明。
関内家の将来についても考えていたしっかり者の梅に音は感心します。
裕一たちは、梅と五郎のことを祝福。失恋した久志も、五郎へ「梅ちゃんを必ず幸せにしろよ!」と祝福しました。

かくして、梅と五郎は二人で新たな道を歩んでいくことに。
五郎という良き理解者を得た梅の執筆活動は順調に進み、二作目が無事に出版。全国に販売されました。

五郎を連れて豊橋へ帰った梅を、母・光子(薬師丸ひろ子)が歓迎します。
五郎は岩城から馬具職人としての厳しい指導を受け、これから一人前になるまで数年かかることになるのでした。

『エール』第14週のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

ハナコ・岡部大さん扮する田ノ上五郎の風貌と、なまりのある独特なしゃべり方が最高!
純朴で真っすぐなかんじがすっごく出ていて愛着わきました。
先日、岡部さんが解散ドッキリの仕掛け人で泣きの演技しているのを見て、これマジ泣き!?と思わせるほどの迫真の演技で度肝を抜かれました。底知れぬ演技力を秘めた岡部さんは、今後、俳優としても大躍進しそうですね。
そして、音のかわいい妹・梅のハートを射止め、つい最近の人気ドラマ『私の家政夫ナギサさん』では主人公の美人同僚・陶山薫(高橋メアリージュン)のハートも射止めました。おそるべし、岡部大!

今週のもう一人の主人公・梅の可愛らしさにも目が釘付けに!
和服とおっきい黒縁メガネが良く似合ってました。
梅を演じる森七菜さんも注目の若手女優で、8/31に発売されたファースト写真集『Peace』が大人気とのこと。今後の活躍が期待されますね。

見た目は美女と野獣な二人だけど、似た者同士の二人。
心の底から応援したくなる二人だったので、その後のラブラブな結婚生活も見てみたいです。

プリンス久志が五郎(岡部大)に敗北!

ウインクの乱れ打ちが通じなかった時点で、プリンス久志には脈なく、梅ちゃんとくっつく線は完全にありませんでしたね。

でも、14週に突如現れたガキ大将のような田ノ上五郎と梅がくっつくとは…
久志を振って五郎に(正確には振ってはいませんが…)!!と驚きでしたが、2人の告白シーンはジンとくるものがあり、凄く良かったです。
まあ、プリンスには藤丸さんがいるからいいですよね?

それにしても、「あさイチ」で博多華丸、大吉さんもいっていましたが、あんなに弟子入りを志願していたのに、たった3ヶ月(放送は1週間)で諦めて去っていた五郎。
確かに努力だけじゃどうしようもない世界(仕事)のような気もしますが、あまりにも諦めが早かった気もします。

朝ドラ『エール』第15週のあらすじ

公式サイトが発表している『エール』第15週のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

世の中に戦時色が漂い始める中、裕一(窪田正孝)は「露営の歌」を作曲し大ヒット。はからずも戦時歌謡の旗手として注目されると、吟(松井玲奈)の夫で陸軍に勤める智彦(奥野瑛太)から作曲を依頼される。詞を鉄男(中村 蒼)、歌を久志(山崎育三郎)が担当する“福島三羽ガラス”がついに始動するが、曲作りは難航。きっかけをつかもうと三人は福島へ帰郷し恩師・藤堂先生(森山直太朗)に再会するが、意外なことを聞き…。

出典:https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_15.html