ドラマル

『エール』第13週あらすじネタバレ!プリンス久志 VS スター御手洗が激突!

2020年6月22日から放送された朝ドラ『エール』第13週のネタバレを含む61話~65話のあらすじと感想を、放送後にSNSで注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

第13週では、プリンス久志の意外な過去が明らかに!
また、コロンブス新人歌手デビューの切符を巡り、久志とスター御手洗が火花を散らす…。

関連記事

朝ドラ『エール』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『エール』第13週(61話~65話)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『エール』第13週のあらすじネタバレ

第61話:スター発掘オーディション!

1936(昭和11)年。
古山裕一(窪田正孝)がコロンブスレコードと契約してから5年が経過。ご当地ソングや「六甲おろし」など球団歌を数多く手がけるようになり、安定した作曲生活を送っていました。

娘の華(子役・田中乃愛)は、やんちゃ盛りの4歳になりました。
天真爛漫で、裕一や音(二階堂ふみ)はもちろん、喫茶「バンブー」の梶取保(野間口徹)と恵(仲里依紗)夫妻にも溺愛され、すくすく育ちます。

ある日、コロンブスレコードで新人歌手を発掘するオーディションが打ち出されました。
裕一は、その合格者のデビュー曲を作曲するよう、廿日市誉(古田新太)から依頼されます。

その頃、音楽学校を卒業して4年、いまだ鳴かず飛ばずで後輩にも追い抜かれて不貞腐れていた佐藤久志(山崎育三郎)。
裕一は久志に、オーディションを受けるよう勧めます。
けれど久志は、5年前の「福島行進曲」でコロンブスレコードが自分を使ってくれなかったことを根に持っており、さらには、自分は流行歌ではなくオペラを歌いたいのだと主張。
裕一も、かつては西洋音楽にこだわっていた頃があったのでその気持ちを理解するも、多くの人々に聴いてもらえる流行歌には、流行歌なりのやりがいと魅力があると、とくと説明します。

とりあえず実践してそれを肌で感じるべく、村野鉄男(中村蒼)とともに、久志を流しに連れ出すことに。
けれど強情な久志は、最初の居酒屋で流行歌でなくオペラを勝手に歌い出し、「酒がまずくなる!」と客から非難を浴びてしまいます。
次の店では、心を改め、裕一の「船頭可愛いや」を熱唱。
すると客席から拍手喝采が。久志の歌声に感動したという少年から一銭玉を渡され、久志はそれを大事にポケットへしまいました。

その後、久志の歌は好評を得て、一晩だけで缶いっぱいのおひねりを稼ぎます。
これに手ごたえを感じた久志は「オーディション受けてあげるよ。コロンブスに僕の力を貸そうじゃないか!」とやる気を出します。裕一たちは、もし久志が歌手デビューしたら福島三羽烏で活躍するのも夢じゃない!と希望に胸膨らませたのでした。

第62話:歌を好きになった理由

時は遡り、1919(大正8)年。
裕一とまだ出会っていない頃の久志(子役・山口太幹)は、新しい母・玲子(黒川芽以)に馴染めずにいました。
3年前に両親が離婚し、生みの母である麻友(深沢しほ)は家を出てしまったのです。
その麻友から来た手紙を大事にとっている久志。女中の幸代(池津祥子)からは、父・弥一(日向丈)に見つかったら面倒だからと、ちゃんと隠すよう何度も注意されました。

ある日、久志は母に会いたい一心で、手紙の消印をもとに母の家を捜し回ります。
すると偶然、道行く麻友を見つけます。久志は嬉しくて駆け寄ろうとしますが、その傍には新しい夫(佐藤誠)と赤ちゃんがいて、結局、声をかけられませんでした。

落胆し、雨が降りしきる中、誰もいない教室へと向かった久志。
そこに担任の藤堂清晴(森山直太朗)先生がやってきて、どうしたのかと声をかけました。しかし久志は、泣いて鼻をすすりながら、何も話そうとしません。
そこで藤堂先生は童謡「ふるさと」を口ずさみ、久志も一緒に歌おうと促しました。かねてより久志の歌唱力を買っていた藤堂は「やっぱり君、いい声してるよ」と、久志の歌声を賞賛。
「もっと大きな声で歌おう」と、さらに促します。
大きな声で歌った久志は、胸にぐちゃぐちゃに渦巻いていた気持ちがスーッと消えていくのを感じ、はじめて「あぁ、歌っていいな」と思えたのでした。

その後帰宅し、心配していた玲子から、ぎゅっと抱き締められた久志。
これまで「玲子さん」と呼んでいた久志は、この時はじめて、玲子の作ったおやつを食べたいと甘え、「お母さん」と呼んだのでした。

第63話:ライバル現る!

裕一は、なんとか久志の力になろうと、コロンブスが求めている人材について、廿日市やその秘書・杉山あかね(加弥乃)から聞き出します。
あかね曰く、坂東妻三郎のような「知性」「品性」「たくましさ」を兼ね備え「3オクターブを難なく出せる天才」を求めているとのこと。あまりのハードルの高さに、裕一は絶句します。

いつものように、福島三羽烏が鉄男のおでん屋台で飲んでいると、藤丸(井上希美)がやってきます。元々は下駄屋の娘でしたが、以前「船頭可愛いや」を歌ったときに芸者として売り出したのがきっかけで、今は本当に芸者をやっているという。すっかり色っぽくなった藤丸に、裕一たちは驚きます。
久志は、自分がコロンブスに所属した暁には、また藤丸を歌手として呼び戻して一緒にデュエット曲を出そうと勝手に約束し、すっかり意気投合した二人は、夜の町へと消えて行きました。

後日、音のもとへ、豊橋で声楽指導をしていた御手洗清太郎(古川雄大)先生がやってきます。
御手洗もオーディションを受けるため、コーチとしてのキャリアを捨てて、人生を賭けて上京してきたという。
道中、財布をすられる不運に見舞われ、古山家に泊めてもらえないかと頼む御手洗。音は世話になった先生だからと快諾します。

けれど古山家には、裕一が支援している久志も足繁く通っており、対面した二人は、互いに自分のことを「プリンス久志」「スター御手洗」と名乗って激しく火花を散らしました。

書類審査の結果発表日。
800通という多くの応募者の中から、書類審査を通過した合格者が新聞に掲載されました。そこに久志と御手洗、二人の名を見て喜び合う裕一と音でした。

第64話:最終オーディション

裕一は、久志が最終オーディションで歌う曲を選ぶべく、それとなく秘書のあかねに廿日市の好みについて探りを入れました。
結果、木枯正人(野田洋次郎)作曲の「丘を越えて」を選曲。
楽譜にアドバイスを書き入れ、久志に渡します。久志は「こんな細かい指示なんていらない。歌はパッションだろ?」とうっとおしそうに受け取ります。が、その後こっそり、自ら歌い方を綿密に研究し、さらに細かく赤字を入れる久志でした。

最終オーディション当日。
審査員であるコロンブスレコード重役たちの前で、選ばれし強者たちが、その多彩な歌声を披露。同席していた裕一や藤丸は圧倒されます。
帝都ラジオ会長の息子で甘いマスクと歌声の寅田熊次郎(坪根悠仁)は「東京ラプソディー」を、駅員をしているという青年・岡島敦(徳永ゆうき)は構内アナウンスを交えながら鉄道唱歌を、73歳の林喜一(宮路オサム)は「東京行進曲」を、水川ながし(彩青)は三味線を弾きながら「ソーラン節」を。そして久志は「丘を越えて」を、御手洗は裕一作曲の「船頭可愛いや」を歌い上げました。

オーディションが終わった選考会にて。
社長(児玉頼信)や専務(小倉一郎)たちは、帝都ラジオ会長の息子である寅田熊次郎を推挙。相変わらずコネ重視のやり方に不安を感じた廿日市は、勇気を振り絞って「待ってください」と異議申し立てをしました。がしかし、廿日市一人だけの声では結論は覆りませんでした。

第65話:屈辱の結果

オーディションに落ちたと知った久志と御手洗は、コロンブスレコードに乗り込み、納得がいかないと訴えました。
しかしそれで結果が覆るはずもなく、その場にいた合格者の熊次郎から「負け犬が見苦しいんだよ、おっさん。本気で受かると思ってたの?」などと挑発されます。とくに御手洗のことを馬鹿にされ、久志が「彼の実力は君の実力の数百倍もある。人の痛みが理解できないやつに歌を歌う資格があるのか?」と反論。これに機嫌を悪くした熊次郎は、久志に顔面パンチをお見舞いして、さっさと立ち去ってしまいました。

鼻血を出して項垂れる久志。廿日市から「研究生として契約してやる」と声をかけられます。
研究生とは、デモの仮歌をとったりかばん持ちをしたり、担当歌手の下働きをする者。運がよければ、そこからデビューすることも夢じゃないという。
しかし久志は、熊次郎のかばん持ちなどしたくないと断ろうとします。
そこへ御手洗が「こんなチャンス滅多にないんだから、断っちゃダメ。あなたは選ばれたの。選ばれた以上、輝かなきゃ!あなたならすぐに追い越せるわ」と応援。裕一たちからも説得され、久志は引き受けることを決意。「必ずデビューする」と約束して御手洗と握手を交わしました。
その後、久志は無一文の御手洗のためにひと稼ぎすべく、夜の町へと繰り出し、御手洗とともに見事な歌声を披露して、居酒屋の客を魅了しました。
そして御手洗は、ミュージックティーチャーに戻るべく、豊橋へと帰ったのでした。

歌手としてコロンブスレコードに所属することになった熊次郎は、相変わらず不遜な態度で、それが目に余った廿日市は「あんまり舐めてると痛い目遭うぞ。上が気に入ってるのはお前の歌じゃなく看板だ。売れなかったら即契約解消だ、覚えとけ!」と、きつく戒めました。

久志と御手洗の熱い戦いに触れ、あらためて歌が好きだと噛み締める音。
華がもう少し大きくなったら、またレッスンを再開したいと裕一に相談します。裕一は即「いいと思う!」と賛同し、応援を約束しました。

裕一も、オーディションが落ち着いたことで、新人デビュー曲の作曲に取り掛かります。
出来上がった「輝く春」はなかなかの自信作となり、これを見た久志は「これじゃ、あいつが売れてしまう!これは僕がいただく」と言って取り上げてしまいます。

そんな折、古山家に、田ノ上五郎(岡部大/ハナコ)という弟子志願の青年が訪れました。

スポンサーリンク

『エール』第13週のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

「プリンス久志」と「スター御手洗」、二人の対決に大爆笑!
まさか久志の口から「あの気取り屋」なんていう台詞が出てくるなんて。さすが御手洗ミュージックティーチャー。歌声はもちろんのこと、キャラの濃さでも負けてませんね。
ミュージカル界で主役を張る二人の競演、火花を散らせるやり取りに滾りました!
そして最後は、互いの健闘を称え合う。なんて素敵な友情なんでしょう。
御手洗に対する熊次郎の暴言に、久志が本気で怒って言い返したのも素敵で、グッときました。
グッときたといえば、調子付く熊次郎に「あまり舐めてると痛い目遭うぞ」と凄んだ廿日市も。今週の廿日市は一味違いましたね。カッコいい二枚目に見えました!

これまで久志は、挫折とは無縁の「完全無欠な雲の上の王子様」といった印象だったのですが、今回の話で、彼も人と同じように悩んだり強がったりいじけたりするんだなぁと親近感が湧き、一層好きになりました。赤字いっぱいに書き入れたオーディションの楽譜、「僕はプリンス佐藤久志!」「自分を信じて!」の書き込みが愛おしかったです。
そして、母親とのつらい別れを経験した幼少期の回想の後、裕一たちに促され、万感の思いを込めてしっとりと歌い上げた育三郎さんの「ふるさと」に涙が出そうに…。

最終オーディションでは、古き良き昭和の歌にうっとり。
73歳のご老人役で登場した宮路オサムさんは「殿さまキングス」のボーカルとして活躍され、駅員役で登場した徳永ゆうきさんは演歌歌手でご自身も鉄道マニアとのこと。そしてソーラン節を披露した彩青さんも、ご自身が津軽三味線をやっている歌手(コロンビアレコード所属)とのこと。
プロの歌声をたっぷり堪能できた、なんとも贅沢な一週間でした。

プリンス久志 VS スター御手洗が激突!

13週は、プリンス久志とスター御手洗のライバル対決が最高でしたね。

オーディションを前に牽制し合う2人が面白かったし、、結果を受け互いの勇姿を讃え合う姿に、感動しました。

2人を差し置いて、コネ採用された寅田熊次郎。
なんとも嫌な奴でモヤモヤしましたが、やる時はやる男・廿日市が久志および視聴者の怒りを代弁してくれ、少しはスッキリできました。ありがとう廿日市!

余談ですが、本日の「あさイチ」に古川雄大さんが出演されていて、役とは全く異なる古川雄大さんの佇まいにびっくり!
ドラマ『トップナイフ』で古川雄大さんのことを知ったのですが、普段の姿(まだ全然知っているわけではないですが…)は、演じる役とは全くイメージが真逆で、凄い人だと感心させられました。
ミュージックティーチャーはもう出ないのかな…まだまだ『エール』での古川雄大さんの演技を見たいですね。

朝ドラ『エール』第1週(再放送)のあらすじ

公式サイトが発表している『エール』第1週(再放送)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

大正時代。福島の老舗呉服屋の長男・古山裕一(石田星空)は不器用で内気な少年で、いじめられがち。しかし担任の藤堂先生(森山直太朗)の勧めで作曲を始めると、秘めた才能を発揮する。一方、父の三郎(唐沢寿明)と母のまさ(菊池桃子)は店の経営に行き詰まっていた。そこに裕一の伯父・権藤茂兵衛(風間杜夫)からある申し出があり…。ある日、音楽家を夢見る裕一は、ガキ大将の村野鉄男(込江大牙)の秘密を知ってしまい!?

出典:https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_01.html