ドラマル

『エール』第10週あらすじネタバレ!「船頭可愛いや」を歌う藤丸こと沼田松子に注目集まる

2020年6月1日から放送された朝ドラ『エール』第10週のネタバレを含む46話~50話のあらすじと感想を、放送後にSNSで注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

第10週では、作曲で悩む裕一に、作詞家・高梨一太郎と世界の歌姫・双浦環から救いの手が!
一方、『椿姫』のの主役・ヴィオレッタ役を射止めた音は、妊娠が分かり…。

関連記事

朝ドラ『エール』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『エール』第10週(46話~50話)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『エール』第10週のあらすじネタバレ

第46話:人生を変える出会い

村野鉄男(中村蒼)は福島の新聞社を辞め、ついに東京へと拠点を移しました。
「副業は禁止」「縁談を断るなら左遷する」など煩いことを言われて嫌気がさしたのと、希穂子(入山法子)にフラれ所帯を持つアテがなくなったため、この際、やりたいことをやろうという気持ちになったという。
住む場所は、知り合いの下宿屋で世話になるとのこと。新しい仕事先については、古山裕一(窪田正孝)のコロンブスレコードに紹介してほしいとお願いしました。

翌日、ディレクターの廿日市誉(古田新太)に鉄男を紹介する裕一。
しかし、裕一初のレコード「福島行進曲」が全く売れなかったため、廿日市はご機嫌斜め。歌詞についても「あれは万人向けじゃない。分かりにくい」と散々けなします。これに鉄男はキレて、悪態をついてしまいました。

廿日市とのひと悶着の後、同期で売れっ子作曲家の木枯正人(野田洋次郎)が通り掛かります。
3人は屋台で飲むことに。
木枯は、テイコクレコードから引き抜きの話がきて、近々移籍すると明かしました。

後日、木枯は裕一へ、作詞家・高梨一太郎(ノゾエ征爾)を紹介。
高梨は、木枯の大ヒット曲「酒は涙か溜息か」等の作詞を手掛けた売れっ子作詞家。この出会いが、裕一の暗かった作曲人生を変えることになります。

一方、記念公演の主役・ヴィオレッタ役を射止めた古山音(二階堂ふみ)は、監修として入る双浦環(柴咲コウ)から「死ぬ気で技術を磨きなさい」と発破をかけられます。
以降、放課後遅くまで残って佐藤久志(山崎育三郎)に発声指導を受けたり、自宅でも合間を縫って発声のための体を鍛えたりと、公演に向けて懸命に励みました。

第47話:これが最後のチャンス

舞台稽古で、音は演出家の黒崎達治(千葉哲也)から散々ダメ出しを受けます。
周囲からも「やはりヴィオレッタは夏目千鶴子(小南満佑子)さんがふさわしい。古山さんでは荷が重すぎる」と囁かれるほど。
悔しくて、さらに必死に練習する音ですが、なかなかうまくいきません。そんな折、環が息継ぎのタイミングなど細やかなアドバイスをしてくれました。

木枯の紹介で、高梨と会った裕一は、高梨の詩に曲をつけてほしいと頼まれます。
高梨は、先の「紺碧の空」や「福島行進曲」をいたく評価していたのです。
木枯の手前、裕一が返事をためらっていると、木枯からも「先生と君との曲を聴いてみたい」と背中を押され、快く引き受けることに。
じつはもう詩を書いてきたという高梨。タイトルは「船頭可愛いや」。
裕一は、いい歌詞だと一目みて惚れ込み、曲作りも順調に進みました。

出来上がった曲を廿日市に提出すると、人気作詞家「高梨一太郎」の名を見て、即、採用を決定。
歌手には、最近流行の芸者を連れてくるという。
そして裕一に「これが最後のチャンスだ。もし売れなかったら君はもういらない。契約金を一括で返してもらう」と言い渡し、「本気だからな」と凄んで念押しする廿日市でした。

これに怯える裕一。久志に不安を漏らします。
そんなネガティブな裕一を、飲みに連れて行きました。行き先は、鉄男のおでん屋台。そこはもともと、鉄男が東京へ来たときに贔屓にしていた屋台で、高齢店主の山根(花王おさむ)が故郷に帰るということで、譲り受けたのでした。屋台業は時間の融通が利くから、作詞活動に適してるという。
3人は、あらためて鉄男の新生活と、裕一の2枚目のレコード化を祝して乾杯しました。

後日、レコーディングの日に、久志と鉄男も見学と称してやってきます。
本心は、歌手をつとめる芸者に一目会いたかったからです。
しかし、やって来たのは芸者ではなく、下駄屋の娘・沼田松子(井上希美)でした。本物の芸者は高すぎるため、「藤丸」という名で芸者と偽って売り出すという。
そんな廿日市のズルさを久志たちは非難しますが、彼女の歌声を聴いて黙り込んでしまいます。想像を超える上手さだったのです。

しかし、レコードは全く売れず、廿日市から契約金の一括返済を迫られ、上京以来最大の危機を迎える古山家でした。

第48話:あなたの音楽を皆に届けたい

裕一から契約金返済の話を聞いた音は、練習に身が入らなくなってしまいます。
それを心配した環に、夫の2枚目のレコード「船頭可愛いや」が良い歌なのに全然売れないと嘆きました。環にもレコードを聴いてもらうことに。
環は、西洋音楽をベースにしながら、流行歌としての親しみやすさも兼ね備えている素晴らしい歌だと褒め称え、これが評価されないとは日本の音楽業界は遅れていると憂います。
そこで、今度は環自身が歌ってもう一度レコードを出そう、と提案しました。

「私はいい音楽を広めたい。あなたの音楽を大勢の人に届けたい」という環の有難い申し出を受けた裕一は、恐縮しつつも大感激します。
廿日市も、世界的オペラ歌手が歌えば今度こそ売れるだろうと、その策に飛びつきました。
しかし、社長(児玉頼信)や専務(小倉一郎)から、新人の赤レーベル作曲家が格調高い西洋音楽の青レーベルからレコードを出すとなれば、大御所の小山田耕三(志村けん)が黙ってはいないだろうと懸念します。
案の定、小山田は反対。
廿日市も、上層部や小山田には頭が上がらず、今回の計画が立ち消えそうになります。しかし環自らが小山田に直談判。小山田が反対していたのは、裕一の活躍が自分の地位を脅かすのではないかと恐れているからだと言い当てます。

結局、小山田の反対意見は覆りませんでしたが、上層部にケンカを売ったとしても売れて大きな利益を出せれば勝ちだと廿日市をけしかけ、実現に漕ぎつけました。

結果、世界の歌姫が歌謡曲を歌うという話題性もあり、大ヒット。
相乗効果で藤丸版も売れるようになり、裕一のメロディーが街中に流れるようになったのでした。

第49話:音の妊娠

音のヴィオレッタも懸命な練習が実を結んで、環や黒崎に褒められるようになり順風満帆。
そんな中、音が妊娠します。
裕一は大喜び。音も、母になれることを喜びました。

しかし、記念公演をどうするかという問題が。
音は、これまで必死に頑張ってきたヴィオレッタを最後までやり遂げたいと、予定通り出演する心構えでいました。裕一も、音の体調を案じつつ、その決意を支援することに。
けれど、妊娠報告を受けた音楽学校の皆は、稽古を続けるという音に困惑。千鶴子からは「やはりあなたは強欲ね。少しは周りのことも考えて。皆、気を遣って思いっきり練習ができないのよ」と言われてしまいます。
姉の吟(松井玲奈)からも、体調を心配して退学を勧められました。

けれど音の決意は変わりません。
つわりを押し、妊娠発覚以降、まるで腫れ物に触るかのような対応の周囲に辟易しながらも、稽古を続けました。
そんな中、唯一妊娠を知っても対応が変わらなかった環から「プロってね、たとえ子供が死にそうになっても舞台に立つ人間のことをいうの。あなたにはその覚悟、あるのよね」と念押しされます。

この言葉に打ちのめされた音は、思わず裕一に、男性は気楽だと当たり散らしてしまいます。
その後2週間、音はつわりが酷く、ほとんど練習に参加できませんでした。

第50話:響きあう夢

ある日、夜遅く帰宅すると、寝ているはずの音がおらず、裕一は焦ります。

音は学校で一人、苦しそうに息切れしながら発声練習をしていました。
その姿を見た裕一は、一人の音楽家として、敢えて苦言を呈します。
「息が続かないのは致命的。美しいメロディーが表現できないし、そんな歌しか歌えないんじゃ、お客さんに失礼だ。君は舞台に出るべきじゃない」と。
自分自身、それを痛感していた音は、しかしそれでも夢を諦めたくないと泣きじゃくります。
そこで裕一は「君は何一つ、諦める必要はないんだ。そのために僕がいる。だから、もう一度、夢に向き合える日がちゃんとくるまで、僕に音の夢を預からせてくれないか」と言い聞かせました。その代わり、裕一の夢もいつか音に叶えてほしい、と。
その夢とは「裕一が作った曲を大きな舞台で音が歌う」というもの。
音は、裕一との新たな夢に希望を見出し、決意を固めます。そして翌日、『椿姫』を降板し、退学届けを提出したのでした。

半年後。
臨月を迎えた音のもとに、ジュリアード音楽院(アメリカのニューヨーク)に留学した千鶴子から手紙が届きます。
そこには、歌手として復帰した音と再び相見えたいという激励の言葉が綴られていました。

その後、音は女の子を無事に出産。
古山家に新たな家族ができたのでした。

スポンサーリンク

『エール』第10週のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

「子どもも生みたいし、夢も叶えたい」と訴える音に、新たな二人の夢を提示した裕一。
裕一の機転と優しさに、感動しました。自然とそういう言葉が出るのは、いつでもどんなときでも、音を愛し、音を大切にしているからなんでしょうね。
二人の夫婦愛、素晴らしいです。

千鶴子の優しさにもホロリ。
一見、とんがった態度だけど、その厳しい言葉は「自分のため」ではなく、いつでも「誰か」のためなんですよね。音を奮い立たせるためだったり、周囲の困惑を正直に伝えるためだったり。
そして、人生全てを懸けて声楽に注いできた千鶴子が音に負けて、その音は妊娠で途中降板という、千鶴子にしてみたら「舐めてるの?」と苛立って当然な展開なのに、それでも親交を続け、なおかつ歌手復帰を願う言葉をかけている。ほんといい人ですね。

長い物には巻かれ、潮目が変わると手の平を返す、なんとも人間らしいズルさをもった廿日市。
その態度があまりにも分かりやすく露骨だから、逆に信用できるというか、なんか憎めないです。演じる古田新太さんの演技にも風刺がきいてて、「あ~、いるいる!こういう中堅のお偉いさん」と思えてクスッと笑っちゃう。古田新太さんが出てくるシーンは、いつも巻き戻して何度か見返してます。今週は出番が多くて、何度もニヤニヤしてました。

裕一の最初の大ヒット曲「船頭可愛いや」。
以前、廿日市が「裕一が作る曲は高い音域ばかりで難しい」と言ってましたが、ほんとにその通りで、難易度の高そうな歌でしたね。
今回も、環こと柴咲コウさんが歌う高音域が素晴らしく、聞き惚れました!

「船頭可愛いや」を歌う藤丸こと沼田松子に注目集まる

遂に裕一がスランプを抜け出した第10週。そのきっかけとなった「船頭可愛いや」を歌う藤丸こと沼田松子(井上希美)に注目が集まりました。

モデルとなった音丸さんは履物屋の一人娘だったことから、下駄屋の娘という設定で登場した藤丸。その美声と可愛いルックスに「誰?」と調べた人も多かったことでしょう。

また歌手としてだけでなく、裕一に「赤ちゃんの母親である前に奥さんだって一人の人間ですよ」と素晴らしい助言をしたり、久志に壁ドンされたりと…(どうやら久志に惚れたようです)見せ場を作ってくれた藤丸。今後の出演も楽しみですね。

朝ドラ『エール』第11週のあらすじ

公式サイトが発表している『エール』第11週のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

恩師の藤堂先生(森山直太朗)に依頼され、福島の小学校の校歌を作曲することになった裕一(窪田正孝)。完成披露会をきっかけに音(二階堂ふみ)を連れて福島に帰ってくる。故郷を飛び出したきりだった裕一のために、父・三郎(唐沢寿明)、と母・まさ(菊池桃子)は懐かしい仲間を呼んで歓待する。しかし弟の浩二(佐久本宝)だけは裕一に冷たく、いらだっているのだった。そんな中、音は三郎のある異変に気づき・・・。

出典:https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_11.html