ドラマル

『エール』第1週あらすじネタバレ!裕一の初恋の相手・志津(堀田真由)はとみ(白鳥玉季)?

2020年3月30日から放送された朝ドラ『エール』第1週のネタバレを含む1話~5話のあらすじと感想を、放送後にSNSで注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

第1週では、窪田正孝と二階堂ふみの子役・石田星空と清水香帆が似すぎと話題に!
さらに、『凪のお暇』や『テセウスの船』にも出演した子役・白鳥玉季が注目を集めました。

関連記事

朝ドラ『エール』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『エール』第1週(1話~5話)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『エール』第1週のあらすじネタバレ

第1話:東京オリンピックマーチ

1964年の東京オリンピックが迫る中、作曲家・古山裕一(窪田正孝)は、開会式で演奏する行進曲の作曲という大役を任され、頭を悩ませていました。そんな中、庭で掃除する妻・音(二階堂ふみ)の美しい鼻唄を聞きながら、メロディーラインを閃いた裕一。
「東京オリンピックマーチ」がついに出来上がりました。

1964(昭和39)年10月10日 東京オリンピック開会式当日。
裕一の母校である福島信夫小学校では、教室にテレビを置いて、生徒たちが開会式の開幕を今か今かと待ちわびます。裕一は、この母校の校歌も作曲して寄贈していました。作詞は、裕一の幼馴染・村野鉄男(中村蒼)です。

一方その頃、裕一はというと、極度のあがり症のため、オリンピックの開会式という晴れ舞台に怖気付き、トイレでずっと嘔吐(えず)いていました。
音が、しっかりしなさいと喝を入れても、あまり効果がありません。そんな中、長崎出身の警備員(萩原聖人)がやってきて、声をかけました。
「戦争で親や親戚が皆亡くなってしまいました。そんなとき、生きる希望を与えてくれたのが、先生の『長崎の鐘』です。先生の曲は、人の心を励まし、応援してくれます。今日は先生の晴れ舞台、どうか会場へ!」
この言葉に背中を押された裕一は、音とともに開会式の会場へと向かったのでした。

そんなオリンピックの行進曲まで手掛けるようになった作曲家・古山裕一が生まれたのは、1909(明治42)年2月8日。
絹産業が盛んな福島市内で老舗呉服屋「喜多一(きたいち)」を営む4代目店主・古山三郎(唐沢寿明)の長男として誕生しました。
三郎は、待望の長男とあって、生まれるやいなや、歓喜の声を上げながら近所中を駆け回ったのでした。

第2話:心に響き渡る音色

三郎は、日本にまだ数台しかないというレジスターを、誕生祝いに購入。
これで一層、息子のためにも商売に励もうと気合を入れます。
裕一が生まれた二年後、弟の浩二が生まれました。浩二の誕生祝いは蓄音機でした。

子宝に恵まれず、諦めかけていた時にできた子とあって、裕一(子役・石田星空)は両親の愛情をたっぷり受けて育ち、おかげでちょっと心許ない子に育っていました。運動や武道は苦手。話し言葉はどもり気味で、緊張すると声が詰まります。自分の内面をうまく外に出せず、外の世界との間に壁がある感じがして、裕一は、自分と友だちとの距離を遠くに感じていました。
そんな裕一は、同級生からよくからかわれ、「乃木大将」というあだ名のガキ大将・村野鉄男(子役・込江大牙)からは「意気地なし」と怒られました。

ある日、商売がうまくいっていない父親のことをいじめっ子にからかわれ、めずらしく喧嘩をした裕一。結果はもちろん負け。顔に痣をつくって帰宅します。
裕一は、母・まさ(菊池桃子)に甘えたいところでしたが、母は弟の浩二(子役・潤浩)につきっきり。仕方なく、部屋にこもって絵を描くことに。
それを心配した三郎が、裕一の様子を見に行きますが、裕一同様話下手なため、言葉に詰まります。そこで、少しでも元気付けようと、蓄音機で洋楽「威風堂々」(E.エルガー)を流した三郎。
その音色は裕一の心に深く響き渡り、裕一は蓄音機の前に座り込んでじっと聞き入ったのでした。

第3話:はじめてのエール

1916(大正8)年。
世の中は、世界第一次大戦の軍需品輸出によって、好景気となっていました。
大正デモクラシーの流れに乗って、自由で開放的な文化が花開き、その新しい空気は地方の町まで広がり始めます。しかし、商才の無い三郎はその好景気に乗れず、喜多一の売り上げは相変わらず芳しくありませんでした。

裕一の小学校に、県会議員の息子・佐藤久志(子役・山口太幹)が転校してきます。
久志は達観した大人びた子供で、ケンカばかりする学友たちを「なにが面白いんだろう。不合理だ」と冷めた目で見ていました。そんな久志は、将来、裕一の曲を歌う歌手となり、終生の友となります。

そしてもう一人、裕一の人生に大きく影響を与える人物・藤堂清晴(森山直太朗)が新任教師としてやってきます。
藤堂は、裕一が担任の新田先生(芹澤興人)から「気合が足りない!」と理不尽に叱られていた際、助けに入ってくれました。そして、落ち込む裕一に「人と違うことを気にするな。きっとそのうち君にも得意なことが見つかる」と励ましてくれたのです。

運動会の日。
当時の運動会は、町を挙げての大イベント。家族みんなで応援に行き、県内有数の資産家であるまさの兄・権藤茂兵衛(風間杜夫)まで駆け付けました。三郎は、この義理の兄に頭が上がりません。

裕一の徒競走がはじまりました。
三郎たちは大声で声援を送りますが、ゴールを目前にして転んでしまいます。周囲は転んだ裕一を笑い、心が折れてしまった裕一は立ち上がれません。
そんな時、ハーモニカ部の顧問となった藤堂が、部員に合図して演奏をはじめました。その音色に励まされた裕一は立ち上がり、怪我した足を引きずりながらも、なんとかゴール。その音楽は裕一にとって、生まれて初めて聞く自分へ向けられたエールでした。

第4話:運命の出会い

春になり、裕一は5年生になりました。
クラス替えで大好きな藤堂先生が担任になり、嬉しくなる裕一。久志も同じクラスになりました。

大正7年より児童文学雑誌「赤い鳥」が鈴木三重吉(みえきち)によって発刊され、創刊号には芥川龍之介、泉鏡花(いずみきょうか)、北原白秋、高浜虚子らの名が連なり、その後、菊池寛(きくちかん。小説家。文藝春秋社の創設者)、西條八十(さいじょうやそ。作詞家。代表作:かなりあ、青い山脈など)、谷崎潤一郎、三木露風(みきろふう。詩人。代表作:赤とんぼ、かっこうなど)ら、そうそうたる面々が作品を寄稿。
「赤い鳥」に掲載された歌は童謡と呼ばれ、一大ブームを巻き起こしました。

音楽教育に熱心な藤堂先生は「北原白秋の詩に曲をつけよう」という課題を出しました。
けれど、どう手を付けていいのかさっぱりわからない生徒たち。裕一も同様に困惑します。
すると久志が「きみの家は、蓄音機で音楽を聴いているのだろう?簡単さ」と声をかけ、音楽を愛する父・三郎のことを褒めました。父が褒められて、何だか嬉しくなる裕一でした。

ある日、まさの川俣の実家に連れられた裕一。
川俣は福島市から鉄道で約1時間。当時、川俣の絹織物はその品質の高さから、京都や横浜はもとより、ヨーロッパやアメリカからも買い付けに来る人がいるほどで、大層賑わっていました。
裕一は、いつも優しく歓迎してくれる祖父・源蔵(森山周一郎)と祖母・八重(三田和代)が大好き。ただ、口数が少なく怖そうな茂兵衛は苦手でした。

まさと映画を楽しんだ後、教会から流れてくる聖歌に引き寄せられた裕一。
教会へ入ると、聖歌隊の中心に、とても歌の上手な女の子・関内音(子役・清水香帆)が立っていました。裕一は、音の可愛さと歌声に一目惚れしてしまいます。

一方その頃、茂兵衛はまさに、権藤家の跡継ぎとして、二人兄弟のうち一人を養子に出すよう要求。茂兵衛の妻・絹は病弱なため子が産めなかったのです。

帰宅後、三郎から、五線譜ノートと作曲の入門書がプレゼントされた裕一。
入門書は、有名作曲家・小山田耕三(志村けん)の著書。裕一は大喜びして、その入門書に何時間もかじりつきました。
そして早朝、誰もいない教室のオルガンを奏でながら、裕一は、北原白秋の詩にのせてメロディーを作ったのでした。

第5話:類いまれな音楽の才能

裕一の作曲センスに驚いた藤堂先生は、両親へ裕一に類いまれな音楽の才能があることを伝え、裕一にも、その得意なことを伸ばすよう応援しました。

その後、裕一の作曲が学校中の評判となり、生徒たちから「書いた詩に曲をつけてほしい」と依頼が殺到するように。これに気分を良くした裕一は、さらに音楽にのめり込み、藤堂先生のハーモニカ部に入部しました。

ある帰り道、鉄男が大人に罵倒されている場面に遭遇。
鉄男は魚屋「魚治(うおはる)」の長男で、貧しい家計を支えるべく魚売りの手伝いをしていました。その魚が腐っていたと文句を言われていたのです。
裕一に見られたことに気付いた鉄男は足早に立ち去り、愛読書「古今和歌集」を落としてしまいます。裕一は、それを拾い上げました。

この頃は第一次世界大戦も終わり、各国が国力を回復するにつれ、日本は急激な不況に襲われていました。喜多一もその影響を受け、経営が悪化。懇意にしている銀行に借金をお願いするも、まったく貸してくれません。
そこで三郎は、苦渋の決断で、資産家であるまさの実家を頼ろうとします。が、まさから養子縁組の話を聞き、さらに頭を悩ませる三郎でした。

けれどそんな苦しい状況の中でも、裕一のためにと、高価な楽譜を気前よく買ってあげる三郎。
裕一は大感激して、その楽譜を大事に抱き締めます。
しかし、用事があるという三郎と別れた帰宅途中、いじめっ子たちに遭遇して、楽譜を取り上げられてしまいます。
必死に抵抗する裕一。意地を見せて、大声で「やめろ!」と叫びました。
けれどやはり力ではかなわず、楽譜が破られそうに。そこで間一髪、鉄男が助けてくれました。裕一の本気の声に、心動かされたという。けれどあくまで、不愛想な鉄男。いじめっ子を追い返した後、早々と立ち去りました。

裕一は楽譜を取り返してくれたお礼と、まだ手元に置いたままだった落とし物「古今和歌集」を返そうと、鉄男の家へ。
すると、父・善治(山本浩司)から殴られ「もっと稼げ!」と怒鳴られている鉄男の姿が。善治の顔は、普段外で見せている温厚な顔ではなく、鬼のような形相でした。

スポンサーリンク

『エール』第1週のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

初回、いきなり紀元前一万年から始まってびっくり!
窪田正孝さんのフラッシュモブなプロポーズ、踊りがかわいかった~。
なんてトリッキーな演出。これは、今までとは一味も二味も違った朝ドラが楽しめそうです。

また、前作「スカーレット」の負けん気の強い喜美子(戸田恵梨香)と常治(北村一輝)親子とは真逆の、おっとりしたちょっと気弱な古山親子。このまったく違う味わいが、朝ドラを飽きさせない秘訣でしょうか。
三郎演じる唐沢寿明さんが、うっかり者の三枚目で気の優しいパパ、という役どころなのも嬉しい。最近は、ピリッと張り詰めた役が多かったように思うので。ギラギラとしたシリアスな役も天下一品ですが、唐沢寿明さんはお調子者な役も笑えて最高です!

鉄男くんの「乃木大将」というあだ名。
日露戦争で活躍し、明治天皇の後を慕って殉死した陸軍大将・乃木希典(のぎまれすけ)からきているのでしょうね。当時、日本中から喝采を浴び、男の中の男と称された英雄にちなんだあだ名ということで、いかに鉄男が向かうところ敵なしのガキ大将だったかがうかがえます。
そんなガキ大将と、将来、作詞家、作曲家としてタッグを組むというのだからおもしろい。そして、喧嘩がめっぽう強いガキ大将だけど和歌を愛読している鉄男。そんなギャップも愛おしい。

作曲入門書の著者として名が出た小山田耕三は、昭和の有名作曲家・山田耕筰(代表作:赤とんぼ、ペチカなど)がモデルとのこと。
先日、新型コロナで亡くなられた志村けんさんが演じられ、5月1日に登場されるそうです。志村けんさんの大ファンとしては、その放送を心待ちにして、襟を正してじっくり観たいと思います。
志村けんさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

裕一の初恋の相手・志津(堀田真由)はとみ(白鳥玉季)?

『凪のお暇』のうららちゃん役や『テセウスの船』の佐野鈴役など、昨今ドラマに引っ張りだこの子役・白鳥玉季ちゃんが、裕一(石田星空)の同級生・とみ役で登場して注目を集めました。

そんな、売れっ子の子役・白鳥玉季ちゃんですが、『エール』ではそこまでの大役じゃない登場でしたね。
これは何かおかしい…。

そこで、朝ドラ大好きなドラマル編集長は、とみ(白鳥玉季)を考察してみました。そして気づきました。

おそらくとみは、後に裕一(窪田正孝)の初恋の相手となるダンスホールの踊り子・志津(堀田真由)なのです。
その伏線を第1週で張ったのだと予想します。当たるかな?

朝ドラ『エール』第2週のあらすじ

公式サイトが発表している『エール』第2週のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

豊橋で馬具を製作販売している関内家の次女、音(清水香帆)は、11歳。父・安隆(光石研)と母・光子(薬師丸ひろ子)のもと、姉・吟(本間叶愛)、妹・梅(新津ちせ)と楽しい日々を過ごしていた。音は、小学校の最高学年になり、クラスで竹取物語を上演することになり、主役のかぐや姫を演じることを願うのだが…。そんなある日、教会でオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)が歌を披露するところに居合わせる。

出典:https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_02.html