ドラマル

『わた定』9話のネタバレ感想!結衣は種田と巧のどっちを選ぶ?恋の結末は?

2019年6月11日に放送されたドラマ『わたし、定時で帰ります。』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、ブラック上司・福永劇場が制作4部に吹き荒れる!
福永に懐柔されていく制作4部メンバーたち。遂には結衣も残業をするようになり…。

関連記事

『わたし、定時で帰ります。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『わたし、定時で帰ります。』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『わたし、定時で帰ります。』9話のあらすじネタバレ

福永清次(ユースケ・サンタマリア)は東山結衣(吉高由里子)に、種田晃太郎(向井理)は結衣と結婚するために、福永の会社を辞め、定時帰りできる職場へ転職した、と明かしました。
そして、今でも晃太郎は結衣のために我が身を削ってフォローすべく頑張ってくれている、とも。
そんな晃太郎に負担をかけないためにも、結衣に残業してもらいたいと、福永はお願いしてきました。

結衣は、晃太郎の転職の真相を知りショックを受けるも、だからといって残業を強制するのは間違っているとし、納期短縮を言い出した星印にそれを取り消してもらえないか交渉する、と申し出ました。

そして、なかなか会議に同席しない星印の磯貝課長(小松利昌)をなんとか捕まえ、納期短縮の件は取り消してもらえることに。
しかし、発注時に漏れていた要件を、福永が勝手に無償で引き受けるなどしたため、オーバーワークの状況は変わりませんでした。

一方、上層部会議で、福永の後ろ盾だった丸杉常務が退職するとの発表がありました。
焦る福永。そこに追い討ちをかけるように、管理部の石黒良久(木下隆行)から「星印の案件は絶対に赤字は出さないように。且つ、月の残業は80時間以内で」と強く念押しされました。

そこで福永は、皆にサービス残業をさせるべく、個別に料亭に呼んでは耳障りの良いことを言ってその気にさせ、終業後、ファミレスで作業をさせました。
しかし、その光景を石黒が目撃しており、その事実が結衣にも知らされます。

この理不尽な状況に怒った結衣は、残業をするならせめて、正規に、職場で残業しようと皆を説得しました。そして「皆だけ負担をかけるわけにはいかない、私も残業する!」と宣言したのでした。

そうして皆で連日、残業をすることになった製作4部。
一時は生き生きと仕事に熱中しそれを楽しんでいましたが、疲労が溜まってくると次第に苛立ちをみせ、職場内にギスギスした空気が漂い始めてしまいます。

そんな中、星印側の課長が異動になり、新たな課長・武田(小松和重)がやってきました。
武田は、馴れ合いの受発注文化を見直すべく、今後のサイト運用に関しては競売にかけると言い出しました。結衣側としては、運用での利益回収を狙っていただけに、この提言に困惑します。しかも競売相手が、ライバル会社で業界ナンバー1のベイシック・オンとのこと。

結衣たちは、なんとしてでも運用契約を取ろうと一同気合を入れて星印社屋を後にすると、ちょうどそのとき、諏訪巧(中丸雄一)が職場の女性と共に星印社屋に入るところに出くわします。
巧も、星印担当だということが判明。互いに仕事の競合相手となってしまったことに、戸惑いを隠せない結衣でした。

巧とは、結婚式場の下見など、結婚式に向けて準備を進めるも、度重なる残業で十分に話をすることもできず、ギクシャクした関係が続いていました。
巧のほうも、上海飯店を訪れた際に、晃太郎と巧を勘違いした常連客の篠原友之(酒井敏也)から「(酔った結衣を)おんぶをしてあげるなんてえらいよ~」などと言われ、晃太郎との疑惑を募らせていました。

そんな中、とうとう来栖泰斗(泉澤祐希)が疲労で倒れてしまいます。
それでもなお、今が踏ん張り時だから頑張りたい、晃太郎みたいにバリバリ働きたいと主張する来栖。その姿に危うさを感じる結衣でした。

そこに助け舟を出してきたのが、晃太郎の弟・柊(桜田通)。
柊は、結衣に来栖を連れてきてとお願いし、来栖や結衣の前で自身の過去を明かしました。

◇◇◇

それは、柊が新入社員の頃。
入社した会社は、研修もなしに飛び込み営業をさせる無茶な会社だったため、なかなか上手くいかず、毎日のように上司に怒鳴られていました。
これに滅入ってベッドに籠もるも、極度のストレスで眠れません。そんなとき、様子を見にきた晃太郎は「大丈夫だ、人間は寝なくても死なない。死ぬ気でやれば必ず乗り越えられる」と言葉を掛けたのでした。
この言葉に追い詰められた柊は、「楽になりたい…」と無意識にも電車に飛び込もうと身体が動いてしまいます。けれど寸でのところで踏み止まりました。

というのもこの時、以前、晃太郎と付き合っていた結衣が自宅に遊びに来たときのことを思い出したのです。
酔いつぶれて二日酔いになった結衣は、職場に「体調悪いから休みます」と電話していました。それを目撃した柊に「ズル休みしちゃった」とおどけてみせる結衣。

電車に飛び込もうとした柊は、そのときの姿を思い出して「思い詰めて死ぬなんてバカらしい。もっと気楽に、疲れたら休めばいいんだ」と悟ったのでした。

◇◇◇

だから来栖にも「晃太郎のようになりたいからといって、無理をしてほしくない。自分らしい働き方をしてほしい」と柊は訴えました。
無理をして働き続けたら、誰しも壊れてしまうのだから、と。
その真摯な気持ちが通じて、頑なだった来栖の心は軟化し、理解を示してくれました。

この一連の話を、物陰から聞いていた晃太郎。
柊を追い詰めてしまった事実に自己嫌悪し、項垂れます。そんな晃太郎に結衣は声をかけました。
晃太郎は「結衣がいてくれてよかった」と、柊や来栖を救ってくれったことに感謝の言葉を伝えました。
一方結衣は、福永から聞いた転職の真相を知らずに、晃太郎に責めるようなことを言ってしまったことを謝りました。

その夜。
結衣が帰宅すると、巧から衝撃的な一言が。

「結衣ちゃんとは結婚できない。家を出て行く」と。

目を見開き固まる結衣でした。

スポンサーリンク

『わたし、定時で帰ります。』9話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

製作4部の皆をその気にさせてサービス残業させようとした福永。サービス残業は絶ッ対に許せない!…許せないけど、一人一人の個性を見てその仕事ぶりを評価して褒めたり、やる気を出させてくれる才能はすごいな、と思っちゃいました。
仕事って、身体的辛さよりも精神的辛さのほうがしんどいから、ああやって評価して気持ちよく働かせてくれるなら多少無理してでも頑張りたい!と感じる来栖たちの気持ち、すごくわかりました。逆にモラハラ上司の下では1ミリたりとも頑張りたいとは思いませんけどね!
福永のダメなところは、そこに心が籠もってなくて上っ面なところでしょうかね。そして結局無理をさせて壊しちゃうところ…。わたしもすっかり騙されていいように使われてしまいそう。

ラスト、ついに巧が結婚できない宣言を発動。
なにも結衣が仕事で大変なこの時期に言い出さなくても…と思いましたが、彼らの場合、仕事に熱中=元彼と一緒にいたいから、みたいな疑惑がついてまわるのが厄介。それでも結衣は疑惑払拭のために十分頑張っていたと思います。ただ、周りからの洗脳がねぇ…酒井のおっちゃん、余計なこと言うなぁ!
もしくは「映画代わりに行く」と言った年配女性と何かあったのかしら…?だとしたらイヤだな。
それにしても、このまま婚約破棄になって、職場のみんなに「結婚無くなりました」とまた報告しなくちゃならない結衣が可哀相…。

第1話のときに「もし定時じゃこなせない理不尽な量の仕事が舞い込んだら、結衣はどうするんだろう」と感じた疑問。この疑問の答えが、今回とそして次の最終回で描かれることになって興味深いです。今回は残業をとりましたが(結衣の責任感からは納得の流れ)、最終回はこれを打破する何かを起こすんでしょうか?
恋の行方も含め、最終回の結末がどうなるのか、来週が待ち遠しいです!

結衣は種田と巧のどっちを選ぶ?恋の結末は?

ネットでの視聴者の声では、断然に向井理さんが演じる種田晃太郎と結ばれて欲しいという希望が多いです。わたしも、結衣(吉高由里子)は巧(中丸雄一)より種田さんの方がお似合いだと思いました。

いくつかの点で、結衣は巧と結婚すべきではない思います。

まず、巧の母(清水よし子)と結衣は少しギクシャクしたところがあります。
それに比べて、種田さんの母親とは婚約が破談になった今でも仲が良い。

次に、婚約まで進んだカップルなのに、巧は結衣に気を使いすぎていて、想いのすべてを見せてくれていません。
お互いの気持ちをぶつけられないようでは、結婚しても上手くいかない気がします。
過去の結衣と種田さんにも言えますが…
現在は、結衣と種田さんはお互いをより深く分かりあい、尊重・尊敬しあっているように感じます(より強く惹かれ合ってる?)。

性格や価値観も巧より種田さんの方が合う気がしますし、何より、種田さんと一緒にいる時の結衣の方が、自然体な感じがします。
結衣には、気兼ねなしに、お互いの弱さを見せ合える相手と結婚してもらいたいですね。

『わたし、定時で帰ります。』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『わたし、定時で帰ります。』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

巧(中丸雄一)に「結衣ちゃんとは結婚できない…」と告げられ、途方に暮れる結衣(吉高由里子)。
そんな中、外注先が倒産し制作4部のメンバーは窮地に陥る。
さらに「星印工場」から呼び出された晃太郎(向井理)は契約を進める条件として、福永(ユースケ・サンタマリア)を案件から外すことを要求される。
その事を聞いた結衣は、ついに福永と対決するが…果たして結衣はチームを守ることができるのか?

定時の女が最後に選ぶ、新時代の働き方とはーー、そして巧との関係、晃太郎との恋の行方は?

出典:https://www.tbs.co.jp/watatei/story/