ドラマル

『わた定』7話のネタバレ感想!地獄饅頭が示すものは?残業+恋の波乱!

2019年5月28日に放送されたドラマ『わたし、定時で帰ります。』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、結衣に家族トラブル発生。両親が離婚の危機に!
そして、晃太郎の告白は本音だったのか?恋の三角関係が始まる…。

関連記事

『わたし、定時で帰ります。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『わたし、定時で帰ります。』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『わたし、定時で帰ります。』7話のあらすじネタバレ

諏訪巧(中丸雄一)と東山結衣(吉高由里子)の前で「今でも結衣のことが好きです」と宣言した種田晃太郎(向井理)。

結衣は戸惑いながら「酔ってるでしょ」と晃太郎の感情をそれとなく否定するも、晃太郎は「酔ってない!」としきりに反論。けれど下戸な晃太郎は突然、突っ伏して寝入ってしまいます。
王丹(江口のりこ)は「後のことは私に任せて」と言って、結衣たちを帰らせました。

帰りの道中、結衣は巧に「わたしが好きなのは巧だからね」と念押ししました。
そんな結衣の心遣いに感じ入った巧は、結衣を抱き締めます。

するとその時、実家の父・宗典(小林隆)から結衣に電話が掛かってきました。
母・美園(山下容莉枝)が家出してしまったと。

急ぎ、実家に帰る結衣。
家では宗典がたった一人、項垂れていました。
泊り掛けのゴルフから帰ってきたら美園の姿が無く、「もう家には帰りません」との書置きがあったという。そしてその日は美園の誕生日で、それをすっかり忘れていたとも。
結衣は、意地を張って美園と連絡を取ろうとしない宗典に代わって、「謝りたい。帰ってきてほしい」という旨のメッセージを送りました。
すると美園から「結衣が結婚したら離婚するつもりでした」との返信が。熟年離婚の危機を迎えた両親に戸惑う結衣でした。

そんな折、仕事では福永清次(ユースケ・サンタマリア)から、とんでもない赤字案件が降りかかります。

福永の昔からの付き合いだという大手メーカー・星印の担当者から、求められる作業量と納期に対して、相場の半額以下の金額で案件を引き受けてきたのです。これでは外注に頼むことも出来ず、内部だけで残業前提の作業になってしまう、無理があると結衣は強く反発しました。
それに対し福永は「前の会社ではそれが普通だったけどなぁ」などと嘯きますが、晃太郎が再度先方と見積もりの折衝しようと提案し、その場を収めました。

そうして星印の担当者・牛松(金井勇太)と話をする晃太郎たち。
けれど牛松は、福永からGOサインが出されたことにより、社内では既に稟議書も決済していて、今更変更は困ると訴えてきました。仕方なく晃太郎たちは、見積もりの件は持ち帰ることに。

福永の持ち込んだやっかいな案件をどう処理するか頭を悩ませる結衣に、さらに追い討ちをかけるように、宗典からしきりにSOSのメッセージが携帯に届きます。
やれ通帳と印鑑がないだの、やれ電子レンジが動かないだの、やれお茶がぬるいだの。
結衣はそんなどうでもいいメッセージにイライラを募らせ、仕事に身が入りませんでした。そして定時になっても作業が終わらなかった結衣。らしくもない結衣の姿を見た同僚たちは、皆一同に結衣を心配したのでした。

見積もりの件について、福永がそのまま修正することなく、秘密裏に内部審査に出してしまいます。
これに結衣は驚くも、結衣の新人時代の上司であり『管理の鬼』と呼ばれている石黒良久(木下隆行)が審査するのであれば、まず通らないだろうと安堵します。
実際、石黒に話を聞くと「そんな赤字案件通すわけが無い」と断言したのでした。

赤字見積もりを回避できる目処が立ち、ほっと一息つく結衣。
しかしそれも束の間、新たなトラブルが襲います。
実家の近所の人から、ボヤ騒ぎがあったと連絡を受けたのです。結衣の口から思わず「火事?!」という言葉が出て、賤ヶ岳八重(内田有紀)たちは心配の目を向けました。

結衣は宗典のことを心配しつつも、作業が残っているのと、働き方について宗典と口論してしまったこともあり顔を合わせづらいと、定時になっても帰ろうとしませんでした。
これを見た賤ヶ岳は、残った作業については晃太郎が引き受けてくれるとし、また顔を合わせにくいのなら一緒についていってあげると申し出ました。

そうして、賤ヶ岳と三谷佳菜子(シシド・カフカ)と共に実家へ向かう結衣。
ボヤ騒ぎについて宗典に聞くと、結衣や美園の好物であるハンバーグを作ろうとしたら焦がしてしまい、その煙を火事だと勘違いして近所の人が通報したとのこと。

賤ヶ岳たちが作ってくれた夕飯を囲みながら、結衣の仕事ぶりについて尋ねる宗典。
仕事一筋で生きてきた宗典は、定時でさっさと切り上げる結衣の働き方に疑問を呈していたのですが、賤ヶ岳と三谷の話を聞いて、考えを改めます。
賤ヶ岳たちもかつては仕事優先の価値観だったものの、頑張りすぎて無理が祟り、結局は周りに迷惑をかけてしまったり、それを結衣が救ってくれて、仕事と休養のバランスこそが大事だと気付けたと。
宗典は、時代が変わってきたのだなと実感するとともに、結婚相手は仕事に生きる晃太郎のような男が良いとしきりに主張してきましたが、夫婦共に働く時代では巧のような男性がいいのかもしれない、と理解を示しはじめたのでした。
この言葉に笑顔を見せる結衣。
すると美園が、大きな荷物と土産袋を持って帰宅しました。登別に行って温泉を堪能していたのだという。
結衣が「離婚するの…?」と聞くと、美園は「温泉浸かってたら、どうでもよくなっちゃった」とからりと返し、熟年離婚の危機は回避されたのでした。

一方その頃。
福永は、自分をネットヒーローズに引っ張ってくれた恩人・丸杉と星印の牛松とを料亭に呼んで密談をしていました。
福永は、牛松がじつはメインバンクの頭取の息子であることを明かし、この案件を断れないよう、外堀を埋めにかかっていたのでした。

『わたし、定時で帰ります。』7話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

当初、結婚するなら晃太郎のような仕事に生きる男が良いとしきりに主張してた結衣のお父さん。
あぁ、この人やっぱり家庭のことわかってないんだなぁと思いました。仕事人間が悪いわけじゃないけど、専業主婦ならまだしも共働きで、夫が家事を任せっきりなんてあり得ない!わたしも7年間はふつうに会社員として共働きしてた経験があるから、結衣にすごく共感しました。
結衣の幸せ(共働き前提で)を考えるなら、家事もやってくれて家庭への思い遣りのある巧がやっぱり結婚相手としてはベストかな。もちろん、晃太郎も人間的には素晴らしいし、自分の時間を削ってでもトラブル対応したり、何かと部下のフォローをしてくれたりと、上司としては最高だと思います!
だから、家庭には巧がいて、仕事では晃太郎がいる結衣は、理想的な環境かと!
ただ晃太郎が前婚約者だという複雑さがあったり、巧の母親が古風な考え方(女性は仕事辞めて家庭に入るもの)というのがちょっとひっかかりますけどね…。

お父さんも最終的には、お母さんの家事の苦労や、巧の良さも理解してくれてよかったです。
もちろんお父さんのこれまでの仕事人生を否定するつもりはなく、昭和に生きてきたから、その時代ではそういう生き方しかできなかっただろうし、その中で必死に頑張って働いてきたお父さんもまた、立派だと思います。

次回はなにやら『地獄』が待っているそうで…。
ブラック上司の福永の笑顔が怖いです。負けるな、結衣ちゃん…!

地獄饅頭が示すものは?残業+恋の波乱!

地獄饅頭が示すものは、やはり残業&休日出勤!
そしてそこからのプライベート崩壊でしょう。

地獄のはじまり、一番にヤバそうなのは、やっぱり賤ヶ岳八重(内田有紀)。
双子の幼子がいての重労働は厳しすぎ!
その上、夫の陽介は母が倒れ急遽熊本に帰省。これは完全に崩壊です。

そんな八重をサポートするため、定時の女・結衣が残業&休日出勤をして、巧との関係に溝が入りそうですね。
だが、それによって、結衣と晃太郎が近づき・理解し合う?
種田派のわたしとしてはワクワクする展開となりそうです。

『わたし、定時で帰ります。』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『わたし、定時で帰ります。』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

福永(ユースケ・サンタマリア)の昔のクライアントで、赤字必至な星印の案件が厳しい社内審査をなぜか通ってしまう。
ディレクターには賤ケ岳(内田有紀)が任命され、残業を免れない厳しい予算とスケジュールの中、制作4部のメンバーは作業を進める。
そんな中、賤ケ岳に夫・陽介(坪倉由幸)から「おふくろが倒れた…」と連絡が入り、陽介は一人で急遽熊本に帰省することに。
東京に残り、一人で双子育児に仕事に奮闘する賤ケ岳であったが…。

一方、一緒に住みはじめて順調そうな結衣(吉高由里子)と巧(中丸雄一)だったが、ひょんなことから喧嘩になってしまう――。

出典:https://www.tbs.co.jp/watatei/story/