ドラマル

『わた定』6話のネタバレ感想!みんな種田さんが好き!街に種田(来栖)もどきが増える?

2019年5月21日に放送されたドラマ『わたし、定時で帰ります。』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、謎に包まれていた愁(桜田通)の正体が明らかに!
そして、種田(向井理)が巧(中丸雄一)に宣戦布告?恋の三角関係が始まる…。

関連記事

『わたし、定時で帰ります。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『わたし、定時で帰ります。』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『わたし、定時で帰ります。』6話のあらすじネタバレ

種田晃太郎(向井理)に、業界内でも有名な大貫慶太(竹財輝之助)と共に起業するのではなか、という独立の噂が立ちました。
大貫とは以前、福永清次(ユースケ・サンタマリア)の会社で共に働いていた同僚でした。
この独立の噂を嗅ぎ付けた福永は、二人を呼び出し「この大事な時期、変な噂が立たないといいね。気をつけて」などと、しきりに晃太郎が出て行かないように牽制したのでした。

一方、東山結衣(吉高由里子)の職場内でも晃太郎の独立話の噂で持ちきり、ソワソワしていました。

そんな中、ある個人経営のヘアサロンから、サイト立ち上げ案件が舞い込みます。
来栖泰斗(泉澤祐希)はディレクターをやってみたいと自ら志願し、晃太郎はそれを快諾しました。

初のディレクターに意気込む来栖。
賤ヶ岳八重(内田有紀)から「先輩たちのマネから入るといいよ」との助言をもらい、来栖は尊敬する晃太郎を見習って、着てる服や、食事までもマネしはじめます。
それを微笑ましく見守る結衣たちでした。

気合十分な来栖でしたが、いざ打ち合わせとなると、慣れないこともあり、デザイナーや先方からの質問にしどろもどろ。そんな様子にやきもきした相手は、来栖を無視して、しきりに晃太郎へ相談したり指示を仰ぎます。そして、それに次々と的確に答えていく晃太郎。
ついに来栖は、ヘソを曲げて、口出しをする晃太郎に文句を言ってしまいます。
晃太郎も、来栖の仕事に対する甘い姿勢に注意を促しながらも、つい気が立って「やる気がない。甘えてる」などと言ってしまいました。
すると来栖は「僕の気持ちなんてわからないですよ!」と言い捨て、立ち去ってしまいます。

晃太郎は、先日弟からも同じことを言われており、ショックを受けます。

それは数日前、実家に顔を出したときのこと。
ずっと引き篭もっている弟・柊(桜田通)に、良かれと思って就職先を斡旋しようとしたら、「引き篭もりの弟がいたんじゃ体裁悪い?」と勘違いされた上に「俺の気持ちなんてわからないんだ!」と責められ、ついには過呼吸を引き起こしてしまったのです。

傷つけるつもりはないのに、勘違いされ、来栖や柊を傷つけてしまったと、一人項垂れる晃太郎。
結衣は、そんな晃太郎を元気付けようと声を掛けます。

柊とは引き篭もりはじめた一年前から、(「愁」というハンドルネームで)SNS上で接点があり、相談を受けていたと明かします。きっと、結衣自身も挫折して会社を辞め孤独を味わった経験があるから、助けを求めてきたのではないかと。
一方、晃太郎は周囲から完璧な人間だと思われている。
けれど、そんな完璧だと思われている晃太郎も、じつは欠点だらけだと、結衣は欠点を挙げ連ねていきました。そして、そんな弱い部分をもっと周りに見せるといい、とアドバイスします。そうすれば、周囲の見方も変わって、理解も得られると。

翌日、来栖は晃太郎に暴言を吐いてしまったことを謝罪しました。
それに対し晃太郎は、正直に「傷ついた」と答えると、「でも、いいよ。言われないとわからないから」と水に流しました。
晃太郎の普段見せない拗ねた顔に、少々驚く来栖でしたが、二人の和解にほっとする一同でした。

その夜、上海飯店で諏訪巧(中丸雄一)とビール片手に食事をする結衣。
婚約を交わした巧とは、新居への引越しも終わり、同棲をはじめていました。

そんなとき、同じく上海飯店に食事をしにきた晃太郎。
なぜかその日はビールを飲みまくり、見かねた結衣が王丹(江口のりこ)にストップの合図を出して、ようやく止めました。王丹から「酒はない!」と言われ、ようやく席を立った晃太郎。
そんな晃太郎に、巧は、結衣から聞いていた「晃太郎が独立の話を蹴った」の話を持ち出し、その理由はなぜか?と詰め寄りました。
「結衣に未練があるから?まさか、結衣のことがまだ好きとかあり得ないですよね?」と。
これに対し、「今でも好きです」とはっきり答える晃太郎でした。

『わたし、定時で帰ります。』6話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

ラスト、世間では種田推しが大半だということを知ったうえで、あえて言わせていただきたい。
新居に引っ越し、結婚秒読みの巧と結衣に対して、元カレが「今でも好きです」って。
そりゃナイよ、晃太郎…!
これじゃ、今季クールの別ドラマ『東京独身男子』の舞衣とやってること変わらないじゃん…!て思ってしまいました。
晃太郎にはそういう気持ちがあったとしても、胸に秘めておいてほしかった…。まぁでも、お酒に酔っていたみたいだから、不可抗力だったのかな。…でも、二人に与えたインパクトを考えると罪深いと思います。ただでさえ、結衣とは職場で毎日顔を付き合わせる仲なんだし。これ、巧の立場だったら相当嫌だと思うんですよね、元婚約者が同じ職場で一緒に仕事してるって。それでも巧は、これまで晃太郎に嫉妬したり悪く言ったりしなかった。よく今まで我慢してたと思います。
結衣には、あっちフラフラこっちフラフラしてもらいたくないな。結衣ちゃんにだけは幻滅したくない…!

今回の話では、来栖や弟の柊に「不器用な人間の気持ちなんてわからない!」と責められた晃太郎。
これについては、晃太郎かわいそうだな…と思いました。晃太郎に悪気があったわけではないし。
デキる人が不器用な人の気持ちがわからないように、逆に、わたしもそうだけど不器用な人はデキる人の気持ちってあまりわからない。そういうものなのかな、と思います。
ディレクターを来栖に任せたのなら、副部長の晃太郎は社内打ち合わせに出ずに一切を任せる、というのもアリだったかも。結衣もいるわけだし、様子を見る程度にしておくとか。
でも、結衣にボロクソ言われた後の「傷ついた」と拗ねた晃太郎の姿、可愛かったです。わたしには、いつものすました晃太郎より魅力的に見えました!

みんな種田さんが好き!街に種田(来栖)もどきが増える?

もう4週連続で種田さんがトレンド入りしていますね。向井理さん演じる種田晃太郎の人気が凄まじい!

来栖(泉澤祐希)くんも種田さん大好きっこでしたね。パーカー、ジャケパン姿と見事に完コピしてました。カッコいいですもんね!憧れて当然です。街でも、種田さんに憧れて種田晃太郎ファッションが増えそうですよね(まあもどきですが…)。

ラストついに種田さんが、結衣のことを「今でも好きです」と告白しましたね。
「上海飯店」の店主・王丹(江口のりこ)の「ひゃーあ」という顔…あれは江口のりこさんだけじゃなく、視聴者みんながあんな顔で見てたんじゃないかな(笑)。

家賃20万のお家に引越したばかりですが、結衣には巧ではなく、やっぱり種田さんと一緒になってもらいたい!愁くんもきっと喜びます。

『わたし、定時で帰ります。』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『わたし、定時で帰ります。』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

酔っぱらって「(結衣のことを)今でも好きですよ」と言った晃太郎(向井理)に、絶句する結衣(吉高由里子)とフリーズする巧(中丸雄一)。
声もでず、固まっている二人をよそに、晃太郎は突然その場で寝始める…。
その日の帰り道、結衣に突然実家の父から「お母さんが家出した」と連絡が入る――。
一方、福永から予算に見合わない新規案件が制作4部に舞い込んできて…。

出典:https://www.tbs.co.jp/watatei/story/