ドラマル

『わた定』3話のネタバレ感想!種田は理想の上司!黒縁メガネの向井理は最強?

2019年4月30日に放送されたドラマ『わたし、定時で帰ります。』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、誰もが経験する新人時代をテーマに、教育係の結衣と新入社員の来栖が奮闘!
そして、結衣は巧の実家へご挨拶に行くがハプニングが…。

関連記事

『わたし、定時で帰ります。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『わたし、定時で帰ります。』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『わたし、定時で帰ります。』3話のあらすじネタバレ

東山結衣(吉高由里子)は、婚約者である諏訪巧(中丸雄一)の両親との顔合わせを控えていましたが、種田晃太郎(向井理)からトラブルの連絡があり、会社に向かうことに。

来栖泰斗(泉澤祐希)が携帯でこっそり撮っていた動画が拡散し、大炎上していました。
来栖にも連絡を取ろうとしますが、まるで連絡がつきません。
そうしてる間にも炎上は広がるばかりで、得意先も大激怒。
結衣たちは拡散した動画を削除し、その日は夜まで鎮火の対応に追われたのでした。

そして巧の両親との顔合わせは、後日仕切り直すことに。
巧は結衣の事情を理解し、責めることなく「気にするな」と声を掛けてくれたのでした。

未だ炎上冷めやらぬ翌日、来栖は何食わぬ顔で出社してきました。
昨日連絡がつかなかったことを聞くと「休日だったから」と返し、さらには「動画は仲間内にアップしただけで、拡散は予期せぬこと。自分はむしろ被害者だ」などと開き直りました。
そんな来栖を、晃太郎と賤ヶ岳八重(内田有紀)は厳しく窘めます。
すると「辞めます!」と宣言して、その場から立ち去ってしまった来栖。
今時の新人に頭を抱える結衣たちでした。

翌朝、何の連絡も無く出勤してこない来栖のことを結衣は気にしていました。
上司の福永清次(ユースケ・サンタマリア)からも、どうなってるんだ?とせっつかれ、辞められたら困る!と迫られます。福永は、新人が立て続けに3人も辞めてしまったら査定に響くと、それだけを気にしていました。

すると昼近くになって来栖がいるという宿から連絡が入り、結衣が迎えにいくことに。
なんでも、昨夜、ヤケ酒した来栖は、羽目を外したせいで携帯や財布を無くしてしまったとのこと。
結衣は、迷惑をかけてしまった宿の主人に謝罪すると、お代を立て替えました。

結衣は、来栖にお灸を据えつつも、トラブルを起こして現実逃避したくなる気持ちにも理解を示し、これからは挽回していこうと前向きな話をしました。

そして会社に戻ると、まずはトラブル対応に奔走した晃太郎と賤ヶ岳へと、しっかり謝罪するよう来栖に求めました。
晃太郎と賤ヶ岳は来栖の謝罪を受け入れると、動画騒ぎに新展開があったと明かしました。
商品を腐した動画がバズったおかげで、むしろ売り上げがアップし、実際に商品を手にした消費者の口コミは上々。得意先は結果オーライで満足したという。
ほっと胸を撫で下ろす来栖と結衣でした。

過失が不問となった来栖ですが、周囲の厳しい視線と、福永の腫れ物に触るような不自然な空気に馴染めず、結衣に『辞表』を提出しました。
結衣は、『辞表』は役員が辞するときに提出するものだから、受け取れないと拒否しました。
来栖はバツが悪そうに顔を顰めます。

そんなとき、結衣のもとに、新たな仕事が舞い込みます。
それはスポーツメーカーの20周年キャンペーンに関するコンペ。来栖とともに対応することになりました。

そして先方との打ち合わせを重ねていきますが、結衣は運動音痴な自分がスポーツメーカーの意向に沿ったものが出せるかと不安になり、来栖は、会議の会話に入っていけず、満足な提案も出来ない自分に不甲斐なさを感じはじめていました。

そんな不安を抱えた結衣を、晃太郎はフットサルに誘いました。
運動は苦手だからと結衣は及び腰でしたが、やっていくうちに次第に楽しさが芽生えてきます。試合は惨敗だったものの、結衣も、そして初心者とのプレイに新鮮さを感じたチームメンバも終始笑顔で楽しんだのでした。

この経験と、来栖の出した案「全世代に親しみやすさを」のコンセプトをヒントに、結衣は、今まで運動とは縁のない人をターゲットにしたコンペ案を作成しました。
来栖も結衣のアシストをして発言するも、先方の反応はいまひとつでした。

そして一週間後。
すっかり自信を無くしてしまった来栖は、今度は『異動願い』を結衣に出しました。
この仕事は向いていない、自分の存在意義が見当たらないと、来栖は訴えます。そして、学生時代の仲間は目覚しい活躍をしており、焦ってもいると。

そんな来栖に、結衣は「焦ることなんてない。来栖はちゃんと役に立っている」とはっきりと断言しました。
来栖はシュレッダーのゴミ捨てなど皆がやりたがらないことをやってくれてたり、企画案も斬新で好感が持てるものだったと、結衣は評価します。そして何より、来栖は存在自体が面白いのだと。
トラブル起こしたり突然失踪したり、悪い面も含めて、行動が読めない来栖だからこそ、ミラクルを起こせるポテンシャルがある。一緒にいて面白い。それも立派な存在意義だ、と結衣は説きました。

そんな中、コンペの結果が届きます。
結果は採用。
結衣たちのコンセプトが、プレゼンの場にはいなかった役員クラスの人のイメージに合致したという。
また、10年前のシューズを褒めた来栖の発言を聞いた当時の開発者が、来栖の製品への理解と愛情を知って、感銘を受けたとのこと。

見事コンペに勝利したことで、そのまま企画を取り仕切ることになった結衣。
晃太郎にも認められた来栖は、今後も結衣には自分のチカラが必要だろうからと、異動はやめて、このままここで頑張る!と宣言したのでした。

すべてが丸く収まって、今日も定時で帰る結衣。
先日の休日出勤も、しっかり代休申請。

そんな中、巧のインスタに女性の影を見止め、眉を顰める結衣でした。

スポンサーリンク

『わたし、定時で帰ります。』3話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

晃太郎と付き合っていたときに、両親との顔合わせ日に仕事ですっぽかされて関係が悪化したというトラウマがある結衣。それでも今回、会社のトラブル対応を優先させました。
プライベート優先と豪語しつつも、押さえるべき所はしっかりと押さえてますね!
結衣はきっと、権利を主張するには責務を全うしなければならない、とわきまえてる人。絶妙なバランス感覚ですね。休日だからと携帯に出ようとしなかった新人・来栖とは大違い。
そんなしょうもない来栖に対する結衣の対応も、素晴らしかったです!

炎上動画を撮った張本人なのに「自分のほうがむしろ被害者だ」なんて甘ったれたこという新人に、わたしだったら大激怒してしまいそうですが、結衣は激昂することなく、冷静に接して、なおかつ、見限ることなく、彼の良い所を見つけようと寄り添ってくれました。それがまた、わざとらしくなく、ごく自然体にやってのけるのが結衣のすごいところ。まさに理想の上司!

理想といえば結衣の婚約者・巧も非の打ち所の無い男ですね…!
両親顔合わせの日のすっぽかしも、やさしい嘘で波風立たないようにする機転や、なにかと結衣を気遣ってくれる優しさ、料理も作れて、プライベートを満喫しながらも、仕事も業界イチの会社に勤めるエリート。そして容姿もそれなりのイケメン!
完璧すぎる…!
唯一欠点を挙げるとしたら、クセの強いお母さんくらい?

そんな理想的な結衣と巧ですが、ラスト、なにやら女性の影が…。
魅力的すぎる巧のこと、周りの女性も放っておけないのかもしれませんね。今後の二人が気になります。

種田は理想の上司!黒縁メガネの向井理は最強?

向井理のあまりのカッコよさに、放送後『#わたし定時で帰ります』のつぶやきが向井理で埋め尽くされました。
理想の上司といえる存在感だし、結衣(吉高由里子)との接し方も素敵ですよね。

もはや、諏訪巧(中丸雄一)ではなく、種田晃太郎(向井理)と結衣が結ばれてほしいと望む声さえ聞こえてきました(1話、2話ではほぼありませんでした)。
わたしも感じましたが、何となく巧よりも晃太郎の方が、雰囲気的に結衣とお似合いのような気がしますよね。

その他、向井理のあまりに長い脚やカッコいいフットサル姿、似合いすぎる黒縁メガネに萌えている人がたくさんいました。
何気ない普段着っぽい黒パーカー姿でも、スタイル抜群の向井理が着ればカッコよくなっちゃいますよね。

『わたし、定時で帰ります。』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『わたし、定時で帰ります。』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

福永(ユースケ・サンタマリア)にネットヒーローズの常務・丸杉から制作4部のある社員がひどいサービス残業をしているという話が入る。
部内で結衣(吉高由里子)・晃太郎(向井理)が話しをしていると、児玉(加治将樹)が、吾妻(柄本時生)が深夜のオフィスを自宅にいるかのように過ごす姿を目撃したという…。
結衣たちは吾妻を呼び、無駄なサービス残業や、非効率な仕事ぶりを指摘するが、なかなか直らない。
そんななか、新規案件のヘルプとして、派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)がやってくる。
明るく優しく接してくれる桜宮が気になる吾妻は、桜宮にいいところを見せたいと、結衣に仕事効率アップの方法を相談し改善しようとするが、そんな時にトラブルが発生する――。

出典:https://www.tbs.co.jp/watatei/story/