ドラマル

『私のおじさん』7話のネタバレ感想!ゴシップ記者に怒りの声!そして妖精おじさんも怒る!

2019年3月1日に放送されたドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』7話のネタバレ感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、ヤッテミー!メンバーの番組愛。そして、遠藤憲一さん演じるいつもニコニコの妖精おじさんがはじめて怒ります。

関連記事

『私のおじさん~WATAOJI~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『私のおじさん~WATAOJI~』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『私のおじさん~WATAOJI~』7話のあらすじネタバレ

「ヤッテミー」の番組がやらせの疑惑があるとのフェイクニュースを週刊誌に書かれて、プロデューサーの泉(田辺誠一)は農業をやるといって退職したと馬場(青木さやか)が会議でスタッフに知らせました。

その後、飲み会の帰りの一ノ瀬(岡田結実)とパウダー(JP)が親し気にしている写真を撮られ、二人が付き合っているとフェイクニュースの記事となり大変なことになりました。

一ノ瀬は街行く人にアンケートの仕事をする時も多くの人に囲まれ、仕事ができない状態となりました。一ノ瀬は自宅謹慎、出渕(小出伸也)は居酒屋でお客が「ヤッテミー」の悪口を言っていたのに腹を立て喧嘩するなどトラブル続きの事態となってしまったのです。

また、ディレクターの千葉(城田優)は「ヤッテミー」の番組が今度で最終回になると残念な報告をすることになりました。最終回に向けて千葉は企画を皆に渡し、その企画に向けてスタッフ一同は仕事を頑張ってしていました。

とうとう放送は最終回を迎え、無事終了となりました。飲み会で千葉は自分の力不足だと涙ながらに話し、皆もしみじみ思いを募らせていました。

一ノ瀬は泣きそうになり、トイレに駆け込みました。おじさん(遠藤憲一)が出てきて、一ノ瀬を励ますつもりで言ったことが、一ノ瀬の感情を高ぶらせ「おじさん、出てこないでよ」と言ってしまいました。おじさんは消えてしまい、一ノ瀬は後悔するのでした。

スポンサーリンク

『私のおじさん~WATAOJI~』7話のネタバレ感想

30代女性

みーちゃん

ヤッテミー!のメンバーは番組の事が大好きでなんとか疑惑を晴らそうとしたり、バッシングに怒る姿がとても良かったです。

最終回まで全力で面白くしようといつも通りにして、悲しいのに笑おうとするみんなに感動しました。

おじさんがひかりに、こんな事でへこたれてるんじゃないよ!と初めて怒った時は驚きました。これまでひかりを励ましてきて親友のように一緒に過ごしてきて、でもいつも答えを直接ひかりに教える事なくひかりが自分で気付くように仕向けてきた、見守ってきたおじさんの優しさを感じました。とてもいい話!

50代女性

tomo3

フェイクニュースはああいう感じで作られていくものだと知り、その記事で芸能人などは自分の人生が悪いほうに変わってしまうこともあり大変だと思いました。
ディレクターの千葉が「ヤッテミー」の番組が好きで、面白いものを作りたいという情熱がひしひしと伝わってきて、こういう人と仕事をしたら楽しいだろうと感じました。
また、一ノ瀬が番組が最終回になって、おじさんが寂しい思いを励まそうとしたのに感情が高ぶってしまい、おじさんが消えていく場面は見ていて切なくなりました。

40代女性

わかばん

バラエティ番組のやらせ疑惑が全くでたらめなのに、結局番組終了になってしまう、週刊誌報道やSNS炎上の怖さがよく分かる内容でした。実際、こういう騒ぎをテレビやネット、雑誌で見聞きしたら信じてしまうかもと、考えさせられました。
一ノ瀬ひかり(岡田結実)が働いているバラエティ制作チームがようやくまとまってきたのに、ここにきての事実無根のトラブルはとても残念!
スタッフたちが慌てる中、ディレクターの千葉迅(城田優)は冷静でさすがだなと思いました。逆に番組の打ち上げで一人男泣きする姿は彼の番組への愛が感じられてよかったです。
ひかりに「大っ嫌い、どっか行ってよ!」と言われた妖精のおじさん(遠藤憲一)が悲しそうな顔をしてひかりの前から姿を消してしまったのが非常に気になります。

20代女性

ami

事実無根のニュースでパウダーさん(JP)のレギュラーが無くなったり、ヤッテミーが打ち切りなってしまったりと、もし本当にこんなことが現実世界で起こっているとしたら、本当に怖いし悔しいなと思いました。
記者の人を責めたくなったけど、妖精おじさん(遠藤憲一)の、「こういうニュースを信じたことがないの?」って言葉にどきっとしました。
今はネットでいろんな情報が飛び交ってるけど、本人に会ったこともないのにニュースを鵜呑みにして信じちゃったことって結構あるなと反省しました。
また、最後の飲み会で、千葉(城田優)が大泣きしていたのには驚きましたが、同時にすごく心が温かくなりました。
オラオラな態度だったけど、誰よりもヤッテミーとメンバーのことが大好きだったんだろうなと感動しました。

50代男性

濱本哲治

バラエティ「ヤッテミー」のやらせ疑惑や、一ノ瀬ひかり(岡田結実)とパウダー(JP)の熱愛報道などがネットで炎上して、番組が打ち切りになってしまいました。無責任な発言で簡単にそれまで積み上げてきたものが崩れてしまいますから、番組などを創っていく方々も本当に大変ですね。

ネットに限らず、日常でも当たり前にあることですが、他人のことは、真実ではないことや確認もしていないことでも、平気で情報を流してしまう傾向はますます強くなっています。
しっかりと自分自身で真偽を確認して発言すること、確認できていないことは発言しないこと。
そしてもちろん自分の顔が見えるようにして、責任のある発言をすること。とても大切なことでしょう。そんなことを深く考えさせられました。

それにしても、いつもクールに振舞っていた千葉迅(城田優)が涙を流す姿には愛らしさを感じました。

7話で最も話題になった出来事

ゴシップ記者に怒りの声!そして妖精おじさんも怒る!

ゴシップ記者にネットでは怒りの声!自分のことだけを考えて、人の痛みを考えない人に対して、ドラマを通して怒りが湧いてしまう内容でしたね。そして、もう一点の注目ポイントは、トイレに出現したおじさんが遂にマジ切れしたこと。今までへらへらしていたおじさんが豹変しましたね。ところで、もう来週最終回です。おじさんの正体はわかるんでしょうかね?なんで消えちゃうのか謎の解明も早くしたい!

『私のおじさん~WATAOJI~』8話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『私のおじさん~WATAOJI~』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

物語は一か月後―。
週刊誌の事実無根のスクープ、そして世間のバッシングの嵐により、無念の打ち切りを迎えた『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』。
番組スタッフは全員、別番組へと散り散りに。

 そんなある日、ひかり(岡田結実)のもとに、会社を辞めたはずの泉(田辺誠一)が突然現れ、ひかりに“とあるお願い”を持ち掛ける。数日後、会議室に呼び出されたひかりが目にしたのは、千葉(城田優)、馬場(青木さやか)、出渕(小手伸也)、九条(戸塚純貴)の姿…。
そう、実は泉は“ヤッテミー”を復活させ、最後のリベンジを目論んでいたのだ。
早速メインMCのパウダー(JP)にオファーをかけようとするが、なぜか突然事務所NGという連絡が…。実は週刊誌によるデマ騒動で人気が急落したのちに、暴露本を出したパウダーは“毒舌根暗文化人”として再ブレークしており…?

 果たして“ヤッテミー”は奇跡の復活を遂げるのかー?
ひかりのウェディングドレス姿の真相は…?
そしてついに、妖精おじさん(遠藤憲一)の正体が明らかに。

 なぜおじさんは、ひかりの前に現れたのか?
そしてなぜほかの人はその存在を知らないのか?
すべての“秘密”を知るとき、ひかりとおじさんには別れが訪れる。

君のやりたいことは何ですかー?
サヨナラ、妖精おじさん。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/wataoji/story/0008/