ドラマル

2019年2月23日

『私のおじさん』6話のネタバレ感想!おじさんは悩みが解決すると記憶と共に消える?

2019年2月22日に放送されたドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』6話のネタバレを含む感想と放送後のTwitterでの反応をお伝えします。

6話の見どころは、千葉におじさんが見えなくなってしまい、一ノ瀬がびっくりしておじさんが悲しい表情を見せる場面。おじさんは悩みが解決すると消え、記憶まで消える?

関連記事

『私のおじさん~WATAOJI~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『私のおじさん~WATAOJI~』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『私のおじさん~WATAOJI~』6話のあらすじネタバレ

千葉(城田優)がおじさん(遠藤憲一)が見えるようになって、私生活が激変しました。仕事場にも家にもおじさんが出てくるので、その生活スタイルに慣れず疲れ切っていました。

馬場(青木さやか)や九条(戸塚純貴)も千葉の働ぎすぎでストレスたまっている様子に心配をしていました。そこで、働き方改革としてプロデューサーの泉(田辺誠一)が千葉に休暇を与えて、出渕(小手伸也)をディレクターに昇格させました。

そんな中、麗華(ベッキー)は千葉にニューヨークでの仕事をしてほしいと神渡(浦井健治)に会わせました。千葉は夢とのはざまで揺れ動いて悩んでいました。おじさんが千葉の相談に乗って、悩みを聞いてあげていました。千葉は父親と同じように医者の道は進まず、テレビの制作会社の道に進んだという過去に少し後悔をしていたが、おじさんが今のテレビ業界の道でよかったと後押ししてくれたおかげで、千葉はメンタル的にも元気になりました。

その後、神渡に会いに羽田へ向かう途中で「ヤッテミー」の生放送が始まる前に絶体絶命のトラブルがあったことを知りました。出渕がエレベーターに閉じ込められてしまったのです。

結局、ニューヨークでの話は断り、「ヤッテミー」の現場に戻りました。無事に「ヤッテミー」の番組を撮り終え、千葉は一ノ瀬(岡田結実)と居酒屋にお疲れ会に行きました。一ノ瀬は千葉がおじさんの姿が見えていると思ってしゃべっていたが、千葉にはもう見えていませんでした。

スポンサーリンク

『私のおじさん~WATAOJI~』6話のネタバレ感想

50代女性

tomo3

千葉にもおじさんが見えているので、一ノ瀬も千葉に話がしやすくなったと思いました。千葉が夢を追いかけてニューヨークの仕事にかけてみることは素敵なことだが「ヤッテミー」の仕事もやってほしい気がしていたので、最終的に「ヤッテミー」の現場に戻ってきてくれて良かったと思いました。
おじさんが千葉の相談に乗っている時、まるで人生相談みたいで、こういうおじさんが近くにいたら楽しいだろうなとふと思ってしまいました。
また、最後にはおじさんの姿が千葉に見えなくなってしまい、おじさんががっかりして涙目になっている姿に何とも言えない切なさを感じました。

20代女性

ダンボ

ひかり(岡田結実)が転がしたビニルテープを拾おうとした瞬間の、「落ち着けよ」という千葉(城田優)の声で、一気に胸がブワッと熱くなりました。
千葉は必ず戻ってきてくれると信じていたけど、こんな感動的でカッコいい戻り方をするなんてさすが千葉だと嬉しくなりました。
出渕(小手伸也)がエレベーターに閉じ込められたこともうまく使っておもしろく放送していたし、もう本当に最高でした。
また、おじさんの、「おじさんは夢を追っちゃいけないの?」という言葉に考えさせられました。
夢を追うのに年齢なんて関係ない!
わたしもなにか目標を持ちたいなと思えるいい回だったなと思いました。

50代男性

濱本哲治

何故かしら突然、千葉迅(城田優)にも妖精のおじさん(遠藤憲一)が見えるようになって、番組の最後には、また見えなくなるどころか記憶までもなくってしまって、この部分での今後の展開も気になるところですね。

千葉は神渡真司(浦井健治)の会社に誘いを受けて、医者の道ではなくテレビ制作会社の道を選んだ時と同じように、自分の夢を優先させることに目醒めます。最終的には、トラブルの起こったこれまでの職場に一旦戻りますが、夢も諦めることなくチャレンジし続けることを決意しました。

歳を重ねていくと、だんだん夢を追うことを忘れて、現状に甘んじてしまうばかりになりがちですが、いつまでも夢を目指してチャレンジしていく人生にしていきたいですね。

40代女性

mima

千葉迅(城田優)にまで妖精のおじさん(遠藤憲一)が見え、千葉の驚き具合がいちいちオーバーで面白かったです。
千葉のディレクターとしての存在感の強さがよく分かるエピソードで、彼がニューヨーク行きを断った時は見ていてちょっとホッとしました。いつも厳しくて冷たい千葉だけど、やっぱ彼がいると現場が締まっていい!
ラストシーンで、千葉に見えてたはずの妖精のおじさんが全く見えなくなってて、おじさんの記憶もすっかりなくなっていたのには驚きです。
なんか悲しい、いやな予感がします。

6話のTwitterでの感想

Twitterでの感想まとめ

  • 千葉おじさんまた見えなくなった!そして記憶も消える
  • おじさんが見える・見えなくなる理由は悩み解決?