ドラマル

『私のおじさん』5話のネタバレ感想!千葉にもおじさんが見えた!鍵はベッキーとのキス?

2019年2月15日に放送されたドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』5話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

5話では、ゲストにベッキーとちぃたんを迎え、仕事にやる気のない九条(戸塚純貴)が活躍する回。そして、なぜか千葉にもおじさんが見えるようになっちゃう?

関連記事

『私のおじさん~WATAOJI~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『私のおじさん~WATAOJI~』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『私のおじさん~WATAOJI~』5話の感想※ネタバレあり

40代女性

いるか

ADの九条隼人(戸塚純貴)に妻と子供がいたのに驚き、さらにいつもチャラくてテキトーな彼が実は家族を大切にしている家庭人だったのが超意外でした。
九条の娘・真凛(渋谷南那)が番組に出ることになって、一ノ瀬ひかり(岡田結実)たちと対面した時の真凛の態度がおかしかった!子供は親が言っていることをそのまま口にするから、ヘタなことは言えないなあ~とつくづく感じました。
5歳の真凛はもう立派な女子で、それを知ってか知らずか千葉迅(城田優)が真凛を女性として接しているのはさすが!真凛も千葉にはなついていて、根っからの女ったらしだな~ってよーく分かる場面でした。
九条にパパ友、ママ友からメールがたくさんきてたのが、なんか彼の父親としての生活感が見えてホッとしたし、今回のエピソードで彼のイメージがよくなりました。
千葉にも妖精のおじさん(遠藤憲一)が見えてしまい、今後の展開がまた一段と楽しみになりました。

20代女性

ひとみ

九条(戸塚純貴)って、今時の、仕事なんてめんどくさい世代代表の若者なのかと思ってたら、一気にいろんなもの抱えすぎてパンク寸前なだけだったんだと驚きました。
わたしもおじさん(遠藤憲一)の言うように、まさにプリンの黄色い部分しか見えてなかったなと反省…。
仕事が忙しいことを言い訳に、家事なんて一切しない男なんてたくさんいるのに、九条くん(戸塚純貴)は家族のことをしっかり考えていてすごい!
とくに、子どものことを一番に考えられるところは尊敬すべきだなと思いました。
日本って、責任とかいう言葉で仕事を第一にすることを強いるけど、九条くん(戸塚純貴)のように、男の人も家族を優先しても偏見の目で見られない世の中になるといいなと思います。
子育てだって仕事と同じように責任を持って取り組まなきゃいけないことなんだから!
働くママ・パパの大変さがよくわかるいい回だったなと思います。

20代女性

ぴょん

急に始まる刑事ドラマ感に虜になり、おじさん(遠藤憲一)がすごく刑事感溢れていて、面白かったです。「メゾンドポリスに行かないと」というおじさん(遠藤憲一)の発言が面白かったです。にしても九条隼人(戸塚純貴)は、クズに見えて、本当は仕事の合間に家のこともやってたくさん頑張ってるんだなと感心しました。千葉迅(城田優)の子供にも男を使う感じがとてもかっこよくてきゅんとしました。何気に九条隼人(戸塚純貴)がパパっぷりが似合っていてよかったです。アグレッシブなちいたんがまさか本物のちいたんだとは、しかも今結構世間を賑わしているちいたんが出てきて、攻めてるなとワクワクしました。おじさんクイズがテンション高めで可愛くて、おじさんの自由奔放さは子供よりもすごいなとニヤニヤしました。

50代男性

濱本哲治

今回のバラエティ「ヤッテミー」の企画は、子どもの苦手を克服しよういうものでした。
一般募集をしてオーディションもやったのですが、これといった人材に巡り会えず、九条隼人(戸塚純貴)の三人娘の長女九条真凛(渋谷南那)に白羽の矢が立ちました。九条は乗り気ではなく、むしろ迷惑とさえ考えていましたが、真凛や妻の九条恵海(水上京香)の意向で出演することになります。
途中真凛が泣き出し、中断する場面もありましたが、勇気を振り絞ってチャレンジしようとする姿、そして、それが大好きなお父さんにケーキを買うためだったということに、胸が熱くなってしまいました。

最後に真凛が転んだシーンでは、隼人は抱き起こそうとするのですが、母親の恵海がその隼人を制して、真凛自身で立ち上がらせました。
親にとっては子どもはいつまで経っても子どもで、何かあったらすぐに手を差し伸べたいと考えてしまうものですが、子どもたちは日々成長していて、どんどん自立していこうとするものです。手を出すことが、その成長や自立を妨げてしまっていることも多いですね。真の優しさ、暖かさを考えさせてもらえました。

スポンサーリンク

『私のおじさん~WATAOJI~』5話のTwitterrでの感想・反応まとめ

『私のおじさん~WATAOJI~』5話のTwitterrでの声をまとめると、次のような感想を持った人が多いことがわかりました。

  • ベッキーとキスしたら千葉にもおじさんが見えるようになった?
  • ベッキーとちぃたんの登場にネットざわつく

『私のおじさん~WATAOJI~』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『私のおじさん~WATAOJI~』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 ある朝、モンスターAD九条(戸塚純貴)の姿がないと、テレドリームは大騒ぎに。
 「まさか、失踪…!?」と必死に捜索活動に勤しむひかり(岡田結実)と妖精のおじさん(遠藤憲一)をよそに、あっさり電話がつながり“有給消化”だと判明。
 「いやいや事前に連絡しろよ」と憤る一同に、「休日って労働者の権利ですよ」「ていうか休みの日に電話かけてこないでもらっていいすか(笑)」と九条はまさかの逆ギレ。おかげでひかりは、九条のぶんの仕事まで押し付けられる羽目になる。

 翌日も九条は反省なしの通常運転。さすがの宇宙人ぶりに、お局AP馬場(青木さやか)とデブチーフこと出渕(小手伸也)も「若者との埋めがたい感覚の差を感じる…」と愚痴が止まらない。とはいえ“ADをやりたい若者”なんて、今どき貴重な人材。大切に大切に扱って、できることをやってもらうしかないと諦めムードな先輩たちに、「ワガママ言ったやつが得する世の中なのかなぁ…」と不満のひかり。

 ほどなくして『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』の新企画に『子どもの苦手克服』案があがる。今時の子は何が苦手なのかーー? 悩む千葉(城田優)らに、九条は「時代は関係ないんじゃないですか。うちの子みてたら、そんな気しますけど」と一言。
驚愕する一同。え、九条がまさかの子持ち!? 結婚してたのも知らなかったのに!!

 その後、番組に出演する子どものオーディションが行われるが、不発に終わり新企画に早くも暗雲が。馬場は最終手段として九条に、娘・真凛(渋谷南那)の出演を打診。あきらかにめんどくさがる九条をよそに、真凛本人はあっさり快諾。“親子揃って過酷ロケ参戦”の準備がどんどん進んでゆく。

 果たしてロケ当日、順調に見えた撮影だったが、“とあること”を発端に真凛が突然大号泣。
ロケは続行不能に…!
なんとか場を持たせようとする一同だが、九条は「もう無理です」と一蹴。
「仕事のために家族を犠牲にするのが偉いとか、そういう考え方を押し付けないでくださいよ」と珍しく激怒し、更には「じゃあもう仕事辞めます」と言い出し、現場は大パニックに…!?

ねぇ妖精おじさん。
家族と仕事、どちらも大事にしては、いけないの?
やる気ゼロの裏に隠された、若きワーキングファザーの苦悩とは…?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/wataoji/story/0005/

『私のおじさん~WATAOJI~』のキャスト一覧

  • 一ノ瀬ひかり(岡田結実)
  • おじさん(遠藤憲一)
  • 千葉迅(城田優)
  • 出渕輝彦(小手伸也)
  • 九条隼人(戸塚純貴)
  • 馬場桃花(青木さやか)
  • 泉雅也(田辺誠一)
  • 小見彩華(中川知香)
  • 来夢(玉田志織)
  • パウダー(JP)