ドラマル

『私のおじさん』3話のネタバレ感想!出渕がDに昇格回だが、城田優がkissで話題をさらう

2019年1月25日に放送されたドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』3話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

3話では、ディレクターの千葉(城田優)と万年ADの出渕(小手伸也)との関係性が明らかになります。
謎のキス男・千葉の次なるキスの相手は、まさかのひかり?

関連記事

『私のおじさん~WATAOJI~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『私のおじさん~WATAOJI~』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『私のおじさん~WATAOJI~』3話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『私のおじさん~WATAOJI~』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』、新春一発目の企画は “まぼろしの鯛“を捕獲すべく、旅ロケに決定!
 「仕事で旅行に行けるなんて~」と大喜びするひかり(岡田結実)と妖精おじさん(遠藤憲一)をよそに、デブチーフこと出渕(小手伸也)や九条(戸塚純貴)は苦い表情…。
 実はヤッテミー恒例の”まぼろしシリーズ”とは、雪男、ツチノコ、など“見つかるはずのない生き物”ばかりを追いかける、超過酷なロケだったのだ…!

 さっそく幻の鯛の生息地を調べ始めるひかり。しかし、そんなひかりに仕事を押し付け、出渕や九条はさっさと合コンへと出かけてしまう。文句を押し殺して仕事を終え、おじさんとともにいつもの居酒屋へ行くと、なんと出渕たちの合コンと鉢合わせ。しかもその相手の中には、千葉(城田優)と濃厚キスを繰り広げていた女もいて…!?

 ほどなくして“まぼろしロケ”の日程が決定。2日間にわたり、離島で聞き込み、名物料理の物撮り、そして鯛釣りロケを敢行することになる。しかしその矢先、九条がインフルエンザでダウン。ひかりがADとしての業務を一手に担わなくてはならなくなり、初めてラーメンや肉まんの物撮り、お弁当の手配、更には備品の準備までひとりでやる羽目に…!
追い詰められたひかりは、ついには着信音の幻聴まで聞こえるようになってしまうが、おじさんは「旅先でのアバンチュール、あるかもね」と陽気にはしゃいでおり…?

 そうしてついにこぎつけた離島ロケ。しかし到着した途端、今度はプロデューサーの泉(田辺誠一)がインフルエンザでダウン。さらには出渕と千葉が撮影の方針のことで喧嘩に。ひかりは九条から「実は、千葉より出渕の方が先輩なのに、先に千葉がディレクターになってしまった」という衝撃的事実を聞き…?

…どうして努力は、必ずしも報われないのだろうか―?
万年ADのデブチーフが、40歳過ぎてなお、仕事を続ける理由とは?
“才能のない男”の、最後の挑戦が始まる…!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/wataoji/story/0003/

『私のおじさん~WATAOJI~』3話に出演する主要キャスト

  • 一ノ瀬ひかり(岡田結実)
  • おじさん(遠藤憲一)
  • 千葉迅(城田優)
  • 出渕輝彦(小手伸也)
  • 九条隼人(戸塚純貴)
  • 馬場桃花(青木さやか)
  • 泉雅也(田辺誠一)
  • 小見彩華(中川知香)
  • 来夢(玉田志織)
  • パウダー(JP)

スポンサーリンク

『私のおじさん~WATAOJI~』3話の感想※ネタバレあり

50代男性

まんぼう

今回の主役は出渕(小手伸也)ですね。まあ会社社会では後輩が先に出世したり、時間優先か内容優先かでもめたり、そういうことはよくあることですよね。どの選択が正しいかなんてわからないし、結果オーライなんてこともあります。でも結局は諦めて引いちゃった人には、どんな奇跡も起こらない。自称妖精のおじさん(遠藤憲一)の見えないサポートで、一歩を踏み出した出渕ですが、そこは新たなスタートラインであってゴールではない。だから編集は千葉(城田優)がやることになったけど、まだまだここからだろうと思います。流れ的にもう彼女とは別れているかと思ったのですが、待っていてくれていてよかったですね。彼女は信じてくれていたのでしょう。頑張った出渕が、最後は男らしくみえました。

30代女性

ファンディーナ

妖精のおじさん(遠藤憲一)のノリノリな発言が毎回面白くて一番の見どころですが、3話で一番面白かったシーンは、たまたま参加することになった合コンで「合コン参加するの初めて~」とにこにこしているおじさん(遠藤憲一)です!
合コンの最中もイエーイと手を上げたりと、遠藤憲一さんのノリノリの演技にも注目です。

前回までの出渕(小手伸也)は、みんなに対してつんけんしていて嫌味なキャラだなと思っていましたが、合コンでモテないところや後輩に先こされたことを気にしているところなど可愛らしい一面が見れて好感度が一気にあがりました。
最後の出渕(小手伸也)と千葉(城田優)の編集室でのシーンには、二人の良い関係性にぐっときちゃいました!

ひかり(岡田結実)も出渕(小手伸也)のようにノートに夢を書き一件落着かなと思ったところでまさかのキスでした!
千葉(城田優)が毎回違う女性とキスしていることについて、ひかり(岡田結実)は否定的だったので、もしかしたらそんなひかり(岡田結実)も千葉(城田優)に無理やりキスされちゃうんじゃないかと予想していましたが、まさかこんなにも早くそのシーンが見れるとは驚きました。

千葉(城田優)はただただ1日1回キスをしたくなる性分なのか…
挨拶のようにキスするタイプなのか…
ひかり(岡田結実)が気になっているのか?
あのキスの意味がすごく気になります。

30代女性

チョコレート

仕事を終えたひかりは(岡田結美)仕事を押しつけて帰ったはずの先輩達と同じ居酒屋で鉢合わせます。そこには千葉(城田優)とキスしていた女性も来ていました。
そこで、男性に言われて嬉しい言葉がひかり(岡田結美)は「寝て良いよ」だと言ったのが面白かったです。
ADのキラーワードらしいです。しかも出渕(小手伸也)に帰り際、「お前モテないんだな」と言われてしまっていました。

翌日、会議中に九条(戸塚純貴)がいきなり椅子に座ったまま後ろに倒れます。インフルエンザでした。
馬場(青木さやか)が慌ててマスクを配るも既に全員罹患した可能性は濃厚です。
それでも離島ロケへの準備は待ったなしです。物撮りをしている時、出渕(小手伸也)の「俺には長年蓄えてきたミートテックがあるから寒くない」発言に笑わせてもらいました。熱々の中華まんの撮影で湯気を出すために冷房を入れていたのでひかりは寒くてくしゃみをして震えているのに出渕(小手伸也)だけは半袖で自分のお腹の肉を持ってぷよぷよ揺らしながらのミートテック発言は最高でした。

離島ロケ前日に必要な物を買ったかどうか千葉(城田優)から言われた品物を延々と思い出しては「買ってなかったかも」と飛び起きて中々眠れないひかり(岡田結美)。段々仕事に慣れていく姿は見ていて嬉しくなりますがちゃっかり隣でおじさん(遠藤憲一)も寝ているのには驚きました。

離島ロケ当日に九条は来ますが、今度は泉(田辺誠一)がバタンと倒れてしまいます。
それでも幻の鯛を目指して取材を進めて行きます。
知っている人は中々おらず出渕(小手伸也)と千葉(城田優)が喧嘩を始めます。幻の鯛なんていないと言う出渕と良いインタビューを取るために情熱を燃やす千葉では考え方が違い過ぎました。

今度は千葉(城田優)がインフルに。出渕(小手伸也)が代わりを務める事になります。
自分の作る作品は評価されない。努力しても認めて貰えない。今更努力なんて恥ずかしくて出来ない、そう思い込んでいた彼に舞い込んできたチャンスでした。

出渕(小手伸也)の撮影した番組は感性が独特過ぎてあまり受けは良くありませんでした。それでも今回の出来事を通して出渕(小手伸也)は千葉(城田優)に負けて悔しかった事を素直に認める事が出来、彼女にプロポーズも出来幸せな終わり方でした。

『私のおじさん~WATAOJI~』3話のTwitterrでの反応まとめ

城田優の高身長から繰り出されたkissにヤバいの声

出渕さんがディレクター昇格?におめでとう