ドラマル

『私の家政夫ナギサさん』7話のネタバレ!メイのハグにナギサさん硬直!田所さんはかませ?

2020年8月18日に放送されたドラマ『私の家政夫ナギサさん』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、田所がメイをゴルフの練習(デート)に誘い、突然の告白をします!
また、秘密にされていたナギサさんの過去が遂に明らかになります。

関連記事

『私の家政夫ナギサさん』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『私の家政夫ナギサさん』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『私の家政夫ナギサさん』7話のあらすじネタバレ

病院で箸尾玲香(松本若菜)を見かけてからというもの、鴫野ナギサ(大森南朋)さんは、心ここにあらずといった状態。
一方、相原メイ(多部未華子)たちチームは、オンコロジー新薬の説明会を開催しますが、医師のつっこんだ質問に答えられない場面があり、心残りを残す結果となります。あらためて気を引き締めるメイ。
陶山薫(高橋メアリージュン)と共に会場を引き上げようとした時、田所優太(瀬戸康史)と遭遇します。
お互いに変に意識してしまうメイと田所。吹っ切れた様子の薫は、メイと田所の仲を取り持とうとします。
そんな中、メイは病院で再び箸尾を見かけます。箸尾はナギサさんの元カノなのか?気になって仕方がないメイ。
メイがマンションに帰宅すると、田所とエレベーター前で鉢合わせ。意識し合った2人は、エレベーターでもぎこちない様子。
田所は「おやすみなさい」と部屋に入ろうとしますが、ドアを開けた瞬間に中からゴルフバッグが外へ倒れこみます。慌ててゴルフバッグを押し込めて、田所は部屋に入っていくのでした。

堀江耕介(岡部大・ハナコ)のツテで、メイはジャギ先生=阪本洋二(高木渉)と会えることに。
堀江と共に阪本の元へ向かうメイ。ゴルフの話で盛り上がり、ゴルフコンペに誘われるメイたち。
そこへ肥後菊之助(宮尾俊太郎)が。「そろそろ例の返事をいただきたい」とメイ迫る肥後。メイは「新プロジェクトが落ち着いたら返事をします」と肥後に伝えます。

メイが帰宅すると、ナギサさんが来ていました。尋常じゃないほど焦げているナギサさんの料理に驚くメイ。ナギサさんらしくない失敗は箸尾が原因だと考えたメイは、箸尾のことを尋ねますが、ナギサさんは「昔の知り合いです」と答えるのみ。
翌日のお弁当も悲惨な状態。メイは心配します。
福田唯(趣里)からの連絡で、ナギサさんがしばらく休みたいと言っていることを聞いたメイは、会社を早退してナギサさんの自宅へ向かいます。
突然訪れたメイに驚くナギサさん。家の中も散らかっており、心配したメイはナギサさんのために食事を作ることに。
メイ特製の鰻のフライ丼が完成。鰻を揚げたことにナギサさんは驚きながらも恐る恐る試食。「ギリギリ人間の食べ物です」と言うナギサさんに苦笑いするメイ。
メイはあらためて、病院で見かけた箸尾という女性と手帳に付いてナギサさんに尋ねます。
「自分のことを信用して欲しい。話を聞くまでは帰らない」と言うメイに根負けして、ナギサさんは話し始めるのでした。
ナギサさんがMRになったきっかけは、母親のガンでした。少しでもガンについての情報を得るためにと、ナギサさんは製薬会社に転職します。
MRの仕事で忙しいナギサさんに、無理に見舞いに来なくていいと気丈に振舞う母でしたが、容体は日に日に悪化。その頃出会ったのが箸尾さん。ナギサさんと同じく中途採用だった箸尾は、中途採用から優秀な営業成績をおさめたナギサさんに憧れ、ナギサさんから学びながら頑張っていたとのこと。
ナギサさんから色々なことを吸収しようと、箸尾はいつも手帳を持ち歩きメモをとっていました。
何事にも全力で突き進む姿勢が、メイにそっくりだったとナギサさんは言います。
ナギサさんも出張が重なり多忙だった頃、母の容態が急変。結局母の最後には間に合わず。その頃には箸尾も忙しさで余裕がなくなっていましたが、母のこともあり、気が付いてあげられなかったとナギサさんは嘆きます。
結局、責任感がある人が自分を追い詰める典型的なパターンで、箸尾は倒れてしまったとのこと。
箸尾は当時の彼に連れられて心療内科へ。その後、会社を退職。
手帳は箸尾が置き忘れて行ったもので、ナギサさんは自分への戒めとしていると言います。
母の状態の悪化にも、追い詰められていた箸尾にも気づけなかったことを、手帳を見るたびに戒めて来たとナギサさんは言います。まだ通院している箸尾の姿を見て、自分を許してはいけないのだとあらためて感じていたのでした。
ナギサさんの苦しみを知ったメイは、自分に出来ることは何かを考えながら帰ります。

オンコロジー新薬の説明会での質問の回答を伝え終えたメイたち。
メイは瀬川遙人(眞栄田郷敦)の協力を得て、病院内で箸尾を探しますが、見つかりません。
そんな中、田所はメイをゴルフに誘います。阪本医師とのゴルフの練習のためにとメイも了承。
メイがゴルフの練習をする中、田所は突然「俺、相原さんのことが好きです。俺があそこのグリーンに1発で乗せられたら、俺と付き合ってください」と告白します。突然のことに動揺するメイ。
打ったボールがグリーンに乗り喜ぶ田所ですが、ちょうどその時、メイは瀬川からの電話を受けていました。瀬川はメイのために、休日であるにもかかわらず病院で箸尾を探しおり、そして見つけたとのこと。
メイは直ぐに病院へ向かうことになり、田所はそのままに。1人残されてうなだれる田所。

メイは箸尾を連れてナギサさんの家へ。驚いて固まるナギサさんに「私、仕事早いんで」とメイは言います。
箸尾と向き合ったナギサさんは、自分がいたらなかったせいで追い詰めてしまったことを、箸尾に謝ります。
「謝るのは私の方です。私が勝手にナギサさんによりかかって自滅した」と箸尾は言います。
そこでメイは、ナギサさんが持っていた手帳を箸尾に返します。
「この手帳、ナギサさんが持っていてくれたんですね」と感動する箸尾。箸尾は手帳を開き、あるページをナギサさんに見せます。そこには、退職の日に箸尾が書いたナギサさんへの感謝の思いが綴られていました。
箸尾は、今は幸せだとナギサさんに伝えに来たとのこと。会社を辞めて結婚し、子供が出来たと言う箸尾。病院へは、医療事務を始めようとして雇用契約のために訪れていたとのことでした。
「会えてよかった」と泣く箸尾に、ナギサさんも「本当に良かった」と何度も繰り返し涙を流します。
箸尾が帰った後、ナギサさんはメイを家まで送ることに。
「ナギサさんが、家政夫になった理由が分かった気がする」とメイは言います。ナギサさんは「あなたに会えてよかった」とメイにお礼を伝えます。「こちらこそです」とナギサさんに抱きつくメイ。
2人の様子を田所が見ていました。メイと別れてすれ違うナギサさんに、「あなたは誰ですか?」と田所は声を掛けます。
その頃メイは「なんで私、ナギサさんにハグしたんだろう」と考えていました。

スポンサーリンク

『私の家政夫ナギサさん』7話のネタバレ感想

50代女性

sun

ナギサさんが抱えていた、心の傷が明らかになりました。
忙しさの中で、母の容態の悪化や、追い詰められていく箸尾に気づけなかった自分を戒めていたナギサさん。母のために製薬会社に入ったのにと自分が許せなかったのでしょう。
戒めのためにと持っていた箸尾のノートには、ナギサさんへの感謝の気持ちが綴られていました。それを見て流したナギサさんの涙は優しく綺麗でした。
メイの力で、ナギサさんの心を救うことが出来て本当に良かった。

それにしても、メイはもてますね。田所を始め、肥後、そして瀬川までもがメイのことを好きな様子。
最後に思わずナギサさんに抱きついたメイには驚きました。ナギサさんへの親しみや共有の気持ちからなのでしょうか?愛が入っていたとしたら、あんな風に思わず抱きつくことはない様な気持ちもしますが。
メイ自身も分かっていない様子ですね。今後のメイ周辺の恋模様が気になります。

メイのハグにナギサさん硬直!田所さんはかませ?

肥後先生プロポーズあやむや、田所の渾身の告白空振りと色々ありましたが、どうやらメイの頭の中はナギサさんで一杯のようですね。

そして、メイにハグされ硬直するナギサさん。
まんざらでもなさそうな喜び方でした。

さて、肥後先生はもちろん、一応は田所の告白も終わっているし、あとはメイが答えを出すだけの状態。

予告では、メイは田所と付き合いそうですが…ナギサさんとくっついて欲しい!
ナギサさんがどういう形でメイを受け入れるのか?またはまさかの断りがあるのか?最終回まで楽しめそうですね。

『私の家政夫ナギサさん』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『私の家政夫ナギサさん』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

メイ(多部未華子)とナギサさん(大森南朋)の親密な様子を目撃した田所(瀬戸康史)は、二人が親子ではないと確信。
ナギサさんに核心を突く問いを投げかける。すると、ナギサさんは田所を伴い、メイの部屋へ…。
ナギサさんの表情から状況を察したメイも観念して、田所にこれまで隠し続けていたヒミツを告白することに。
そんな中、天保山製薬ではこれまで経験したことのない症例の問題が発生。メイは田所に相談を持ち掛ける。
一方、ナギサさんは唯(趣里)から「ナギサさんに本社への異動の話が出ている」と聞かされ、思わず動揺してしまい…。

出典:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/story/