ドラマル

『私の家政夫ナギサさん』6話のネタバレ!陶山薫(高橋メアリージュン)がいい友達すぎた!

2020年8月11日に放送されたドラマ『私の家政夫ナギサさん』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、メイが、秘密主義を貫くナギサさんの私生活を暴こうと、尾行を決行!
一方、メイのことが気になる田所は、ナギサさんが本当にメイの父親なのか気になり…。

関連記事

『私の家政夫ナギサさん』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『私の家政夫ナギサさん』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『私の家政夫ナギサさん』6話のあらすじネタバレ

鴫野ナギサ(大森南朋)さんがソルマーレ製薬でMRをしていたことを知り、動揺する相原メイ(多部未華子)。メイはソルマーレ製薬を辞めた理由をナギサさんに聞きますが、「昔のことなので」とナギサさんは詳しく答えません。
一方、天保山製薬では、古藤深雪(富田靖子)は1on1ミーティングを行っていくことを皆に伝えていました。
1on1とは、上司が聞き役となり部下の話を傾聴することで、共感して相手の話を聞き出すことを目的としているとのこと。
チームリーダーのメイが皆の聞き役になるということで、メイはナギサさんに1on1の練習を頼むことにします。ナギサさんのことを聞き出すチャンスだと考えたメイは、早速、ナギサさんに色々と質問を始めますが、ナギサさんは相変わらず「昔の話」として詳しくは話してくれません。
そこへ相原美登里(草刈民代)と福田唯(趣里)がやって来ました。ナギサさんの手料理目当てにやってきた2人。皆でキムチ鍋を囲みます。
ナギサさんと美登里、唯が連れだって帰ると、ちょうどマンションに帰ってきた田所優太(瀬戸康史)と遭遇します。
父親にしては若すぎるナギサさんに違和感を感じる田所。美登里と唯とは別の方向に歩いて行くナギサさんを見て、「やはり、おかしい」と田所は感じるのでした。

1on1を始めたメイ。
天馬あかり(若月佑美)や陶山薫(高橋メアリージュン)の話を聞きながら、メイは人の話を聞くことは難しいと痛感します。
瀬川遙人(眞栄田郷敦)と共に、営業先の病院の駐車場で休憩していると、そこに田所が。
田所にもらったお裾分けのお菓子のお礼をメイが伝えに行くと、田所は「少し、話せますか?」とメイを引き止めます。
田所は、昨夜にばったりメイの家族と遭遇したことを伝え、「お父さん、お若いですね。50歳くらい?」とナギサさんについてメイに質問を始めます。咄嗟に焦ったメイは、母親の方が年上だと嘘をつき、そそくさと営業車へ。メイの焦った様子に「絶対何か隠していると思う」と田所は考えるのでした。

メイと瀬川は駒木坂春夫(飯尾和樹)から、新病院に絡んでいると思われる坂本医師が、ゴルフ好きとの情報を得ます。坂本医師とコンタクトをとるための材料として、ゴルフグッズを買うためにメイはゴルフショップへ。メイが店を出ると、通りを歩くナギサさんの姿を発見します。「仕事中?仕事帰り?」と考えながら、メイはナギサさんの後を付け始めることに。
業務時間外でもナギサさんは、困っている親子連れを助けたり、野菜の鮮度を吟味したり、いつも通りの気遣いを欠かしません。不意にナギサさんを見失いメイが周辺を見渡していると、ナギサさんの方からメイに声を掛けて来ました。
近くの病院に来ていたと嘘をつくメイ。ナギサさんの家がこの近くだと聞いたメイは、何とかナギサさんの家に行こうと芝居をうつことに。お腹が空きすぎて動けないとしゃがみこみます。
ナギサさんの家で昼食を食べさせてもらえないかと頼むメイ。ナギサさんは快く了承し、メイを支えながら自宅へ向かうのでした。
そんな中、病院への営業帰りの田所が、2人の姿を目撃します。2人の様子が親子の距離感ではないと感じた田所は、2人の関係が気になって仕方がない様子。

メイはナギサさん宅へ。ナギサさんは昼食を早速作り始めます。
生まれてからずっと実家に住み続けていると言うナギサさんですが、家の中にはほとんど物がなく、生活感がありません。
ナギサさんの携帯が鳴りだしたため、バッグから取り出そうとするメイ。なかなか携帯が見つからず、ナギサさんのバッグの中身を放り投げてしまいます。その中に「2015」と書かれた女性ものの手帳が目に入りました。
昼食が出来上がり、一緒に食べ始める2人。
ナギサさんの母親は5年前にガンで亡くなったとのこと。棚の上には母親の写真が飾られていました。
ナギサさんのバッグの中にあった、「2015」と書かれた手帳についてメイが尋ねると、途端に真顔で手帳を取り上げるナギサさん。ナギサさんらしくない態度にメイは「踏み込んではいけない所に踏み込んでしまったのだろうか」と不安を感じるのでした。

ガン治療の新薬のプロジェクトに、メイのチームも参加することが決定。
メイは、これから忙しくなることをナギサさんに伝えます。ガンの治療の新薬はナギサさんも経験があるとのこと。必要な知識も多く大変とのことで、「そんなに抱えて大丈夫ですか?」とメイを心配します。
「約束してくれませんか?どんなに遅くても夕食を摂る。12時には就寝する。少しでも体調に異変があったら私に連絡を」と真剣な顔でメイに伝えるナギサさん。メイは驚きます。

一方、水族館でデート中の田所と薫。
メイという名前に注目したり、メイに似ているペンギンを発見したりと田所はメイのことばかり話します。
「相原さんて、年の離れた彼氏はいますか?」と田所に聞かれ、その理由を聞く薫。田所はメイの隣の部屋に住んでいることを薫に明かし、たまに見かける男性がいることを説明します。初めて聞かされた事実にショックを受けた様子の薫。

一方、予想通りに忙しくなっていくメイ。遅い時間に帰宅したメイに、ナギサさんから何度もメイを心配するメールが入ります。
そんな中、天馬がアンタレス総合病院での新薬の説明会の話を持ってきました。しかし、開催日が同じ週の金曜日とのこと。準備が間に合いそうにありません。
深雪はキャパオーバーだと判断。かなり無理を重ねているチームの面々を心配し、プロジェクトから外れることを提案しますが、天馬は諦めきれない様子。天馬の思いを受け、チームも賛同。深雪の許可を受けて全力でチーム一丸となり説明会の準備に取り掛かります。

いつもと違う薫の様子に気づいたメイは、薫に声を掛けます。「メイに隠し事をされたことがショックだった。田所さん、隣に住んでいるんでしょ?」と薫。
デート中もメイのことで頭がいっぱいだった田所を「振って来た」と薫は明かします。
「結婚するなら自分のことだけを考えてくれる人がいい」と薫。更に「メイもその気なら全力で応援するよ」と伝えます。思いがけない田所の気持ちを知り、驚くメイ。
そこへ天馬から電話が。説明会の資料で欠けている個所を発見したとのこと。メイは修正するために急いで自宅に帰ります。

既に12時過ぎにもかかわらす、ナギサさんが部屋で待っていました。これから仕事をしなければいけないことを伝えるメイを、ナギサさんは過剰に心配します。
「そんなに心配されなくても大丈夫です」と答えるメイに、ナギサさんは「本人の大丈夫なんて信用できません。そういう人に限ってある日突然心が折れるんです」と叫びます。
仕事を効率よく勧めるためにナギサさんを雇ったのに、その範疇を超えていると思われるナギサさんの言動に反発し、メイはナギサさんを部屋から追い出すのでした。

説明会当日、今日に限って説明会の資料を入れたタブレットを家に忘れてきてしまったメイは、仕方なくナギサさんに助けを求めます。
急いでタブレットを持って病院に駆けつけてくれたナギサさんは、昨日のことをメイに謝ります。
そこに「箸尾さん」とアナウンスが入り、呼ばれた女性の姿を見て固まるナギサさん。ナギサさんの辛そうな表情を見たメイは、ナギサさんの傷になっていたものを見つけたかもしれないと感じるのでした。

スポンサーリンク

『私の家政夫ナギサさん』6話のネタバレ感想

50代女性

sun

ベールに包まれていたナギサさんの過去が、少しずつ見えてきました。
ソルマーレ製薬でMRをやっていたナギサさんが、ソルマーレ製薬を辞めた理由は、最後に出て来た「箸尾さん」が関係しているようですね。
ガン治療の新薬の仕事で、忙しくなっていくメイを心配するナギサさんの様子は、まるで過去に同じような場面に出くわしていたかの様です。過剰にメイの体調の心配をしているところからも、過去に辛いことがあったことが想像できます。ナギサさんが家政夫になった理由は何なのか。今後少しずつあきらかになっていくのでしょうか。
5年前に亡くなったという母親も、ナギサさんの人生に影響を及ぼしているようです。あの一軒家に1人で住むナギサさん。寂しくないのでしょうか。

田所もやはりメイのことが好きな様子。瀬川も?
実際のメイの方は、恋愛をしている暇はない様ですが。恋の行方も気になりますね。

陶山薫(高橋メアリージュン)がいい友達すぎた!

田所にメイがお隣さんだということを聞き、陶山薫(高橋メアリージュン)とメイの友情に亀裂が入ると思いましたが…
薫!なんていい友達なんでしょう。

好きだった田所のメイを思う気持ちに気づき、自ら身を引くだけでなく、もしメイが田所を好きなら応援するという最高の友達でした。

でも、田所はおそらくメイに振られるから、まだチャンスあるのでは?
頑張れ薫!

『私の家政夫ナギサさん』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『私の家政夫ナギサさん』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

メイ(多部未華子)の仕事先で、ある女性・箸尾(松本若菜)を見かけたナギサさん(大森南朋)は、それ以来料理の失敗が続くなど心ここにあらずな様子。
ナギサさんの緊急事態と感じたメイは、彼の自宅を訪ねることに。
するとナギサさんはこれまで秘密にしていた過去をメイに話し始める。

一方、メイと田所(瀬戸康史)は、互いのことを意識するあまり、ぎこちないやり取りを続けていた。
そんな二人を見た薫(高橋メアリージュン)は、あきれ顔。
あと一歩踏み出すきっかけをつかめない田所は、メイと煮え切らない関係を断つべく思わぬ行動に…。

出典:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/story/