ドラマル

『私の家政夫ナギサさん』5話のネタバレ!グータッチが可愛い!ナギサさんとメイの結婚エンドか?

2020年8月4日に放送されたドラマ『私の家政夫ナギサさん』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、ナギサさんの力を借りて、茂(光石研)の還暦パーティーを行うことに!
妹・ 唯と母・美登里の仲を取り持ちたいメイは、ナギサさんと相談して…。

関連記事

『私の家政夫ナギサさん』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『私の家政夫ナギサさん』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『私の家政夫ナギサさん』5話のあらすじネタバレ

瀬川遙人(眞栄田郷敦)は、肥後菊之助(宮尾俊太郎)の相原メイ(多部未華子)へのプロポーズを、ものまねでチームのみんなに伝えます。返事を保留したと言うメイ。チームのみんなは、メイの結婚に向けて盛り上がりますが、瀬川は「慎重にした方がいい」と助言します。
陶山薫(高橋メアリージュン)も、田所優太(瀬戸康史)への本気の気持ちをメイに明かします。メイは、田所が隣に住んでいることを薫に話すべきか迷うのでした。

メイはマンションに帰宅。田所の部屋を通り過ぎると、突然部屋のドアが開き、メイは頭をぶつけてしまいます。慌ててドアを閉める田所。「彼女でも来てるんですか?」とメイが聞くと、即座に田所は否定します。メイを見送りながら「見られちゃったかな」と田所は呟くのでした。

メイが部屋に入ると、鴫野ナギサ(大森南朋)さん指導の下で、料理をする相原美登里(草刈民代)の姿が。
相原茂(光石研)の還暦パーティーを家ですることになり、料理の練習をしているとのこと。
メイは福田唯(趣里)も還暦パーティーに呼ぼうと提案しますが、美登里は「あの子が謝るのが先」と唯と同じことを言って認めません。
冬物のセーターの繕いをしてくれているナギサさんに、お互いに強情を張り続ける美登里と唯について愚痴をこぼすメイ。
ナギサさんは家政夫の仕事に関わる、あらゆる資格を持っているとのこと。唯も現在、資格習得のために頑張っていることを聞いたメイは、ある作戦を思いつきます。こっそりナギサさんに耳打ちするメイ。メイはナギサさんに、その作戦の協力を頼むのでした。
更にメイは、現在の仕事の進め方についてもナギサさんに相談します。ナギサさんは「ローラー作戦」を提案。
ナギサさんの的確な提案に感心するメイ。「サラリーマンをしていた時、メイさんと同じような部下を見ていたので」とナギサさんは説明します。
メイが「ナギサさんは秘密主義ですね。私、もっとナギサさんのことを知りたいです」と伝えると、「そうですよね。分かりました。次回までに用意します」とナギサさんは答えて帰宅します。
「そんなに日数を必要とすることなのか?」とメイは気になって眠れません。

翌日出社したナギサさんは、唯に茂の還暦パーティーの料理を作ることになったと伝え、アシスタントをやって欲しいと頼みます。
一方メイは、美登里に還暦パーティーの料理はナギサさんに任せることを提案。茂にとっても、家族にとっても大切な思い出の日にしようと、メイはナギサさんと相談し合うのでした。

新病院の情報を得るために、メイはナギサさんからのアドバイス通り、綱島中央付近のローラー作戦を展開します。
瀬川と共に肥後の元にも訪れ、メイはさりげなく新病院の情報を肥後から得ようとしますが、綱島中央付近にあるフレンチレストランにメイを誘う肥後。
肥後にはうまく交わされてしまったと、メイは松平慎也(平山祐介)に報告します。その席で松平は、支店長として福岡支店に異動することになったことをメイに告げるのでした。
「本音を言えば、この仕事を最後までやり遂げたかったが、今が若いものにバトンを渡すタイミングだと思う」と松平は、メイに期待を込めて伝えます。「人生は決断の連続だ」とメイはしみじみと感じるのでした。

還暦パーティーの日。
ナギサさんはアシスタントの唯と共に相原家を訪れます。唯が来てくれたことを喜ぶ茂。メイも既に実家に来ており、美登里は花を買いに外出中とのこと。
美登里には内緒にするという条件で、アシスタントを引き受けた唯は、サングラスとマスクで変装していました。
早速料理の準備に取り掛かるナギサさんと唯。そこへ美登里が帰って来ました。
美登里はナギサさんと共に、変装中の唯にも挨拶をしようとしますが、ナギサさんが契約書の記入をすばやく美登里に依頼。何とかその場を切り抜けます。
相原家にとっての思いでの料理が次々とテーブルへ。茂はナギサさんと唯にも「一緒に食べましょう」と声を掛けます。ナギサさんと共に、戸惑いながらもテーブルに並ぶ唯。変装したまま料理を食べ始めます。
新しく運ばれて来た、桜でんぶたっぷりのちらし寿司をじっと見つめる美登里。
一方、茂は体調を崩して入院した頃のことを話し始めます。幼いメイや唯を抱えながら、美登里に家のことや、お金の面でも苦労を掛けたことを振り返る茂。美登里がメイや唯に、仕事と家庭を両立するよう厳しく育てたのは、その時の苦労があったからだと説明します。
更に茂は、みんなに宣言したいことがあるとのこと。「父さんはこれから、言うべきことを必要なタイミングで言う。唯に戻って来てもらいたい」と茂は言います。たまらず席を立つ唯。
美登里は「あの子が謝るのが先。家出して3年、何の連絡もないし」と言います。そしてナギサさんに今日の料理のお礼を伝え、美登里はどれくらい料理の勉強をしてきたのかとナギサさんに尋ねます。
「資格を全て習得するのには3年かかりました」とナギサさん。
「あの無口なアシスタントさんも?」と美登里が聞くと、「彼女はあと2つとればパーフェクトです」とナギサさんは答えます。
「凄いのね、彼女も。料理の手際もいい。立派なお仕事ね」と褒める美登里。
その後、メイは瀬川の協力で作り上げた、家族のこれまでの思い出写真のスライドショーの上映を始めます。
唯が小さい頃の思い出を話し出す美登里。そこにハンバーグが運ばれてきました。
「美味しい、この味。私の作ったハンバーグに、メイと唯が調味料で味付けした時の味。もう一生食べられないと思ってた」と言って美登里は涙を流します。
「どう?この味。覚えてる?懐かしいね。もう、マスクもサングラスも外しなさい」と唯に呼びかける美登里。
「バレてた?」と言って唯はマスクとサングラスを外すのでした。
料理のメニューや、桜でんぶたっぷりのちらし寿司を見た時から、何となく唯に気づいていたと言う美登里。「唯、あなたのご家族を今からお呼びして」と唯に呼びかけます。

そして、相原家に唯の夫と、娘のももがやって来ました。美登里たちは笑顔で迎えます。
美登里は、幼い頃の唯がお気に入りだったセーターを「唯の手で繕い直して、ももちゃんに着せてあげて」と言って、唯に渡します。
「良かったら、私達と同居しませんか?」と唯の夫に伝える茂。同居とは急ぎ過ぎだとメイから言われ、2人のサポートをしていきたい気持ちを伝え治す茂。和やかな空気が流れます。
あらためてメイはナギサさんにお礼を伝えます。「来てよかった」と唯もメイに抱きつくのでした。

その後、支店内では馬場穣二(水澤紳吾)が1年間の育休に入り、松平も福岡支店へ。
楽しそうに帰宅するメイの姿を、田所が見かけます。メイの帰宅前にも拘わらず、メイの部屋には電気が付いており、不思議に思う田所。
一方、部屋に帰ったメイは、ナギサさんに高級牛肉を還暦パーティーのお礼としてプレゼント。
ナギサさんの提案で、焼き肉にして2人で食べることに。
焼き肉を食べながら、ナギサさんは「大変遅くなりました」と履歴書をメイに渡します。「ナギサさんのことをもっと知りたい」とメイに言われたナギサさんは、雇用主に自分の履歴書を渡していなかったことに気づいたとのこと。
趣味などを知りたいとナギサさんに伝えたかったメイは戸惑いますが、とりあえず渡された履歴書を見ます。
すると、ナギサさんが、メイが終活で落とされた大手の「ソルマーレ製薬」に勤務していたことが判明。しかもメイと同業のMRだったとのこと。
「ナギサさんて、本当に何者?」とメイは驚いて呟きます。

スポンサーリンク

『私の家政夫ナギサさん』5話のネタバレ感想

50代女性

sun

心温まる内容でした。ナギサさんの協力のもと、父・茂の還暦パーティーで、美登里と唯を仲直りさせたいと考えたメイ。そのことは茂の願いでもありました。
家族の思い出のメニューが次々と運ばれる中、やはり美登里は唯の存在に気づいていましたね。
茂の入院で、結婚してからも何があるか分からないと痛感した美登里は、親心でメイと唯に仕事と家庭を両立するよう厳しく育ててきたとのこと。美登里の言葉は呪いの言葉ではなく、母親の愛情が詰まった言葉だったのだと胸が熱くなりました。ナギサさんの温かさもあらためて感じました。

謎に包まれていたナギサさんですが、大手のソルマーレ製薬に勤務していたことが判明。しかも、メイと同業のMRだったとのこと。
何となく、製薬業界に詳しい感じはしていましたが、やはり驚きですね。まさしく「ナギサさんて何者?」という感じ。まだまだ、ナギサさんのことが知りたくなります。次回も楽しみですね。

グータッチが可愛い!ナギサさんとメイの結婚エンドか?

5話はナギサさんとメイの還暦パーティー成功のグータッチが可愛すぎました。

耳打ちをしあったりと、なんだか凄く自然な感じで仲の良いナギサさんとメイ。3話でペアルックも披露していたし、最終回は2人の結婚エンドになりそうですね。

今後の展開としては、田所が本格的にメイに接近して告白(プロポーズ?)をします。が、メイは悩んだ末、いつも傍で自分を支えてくれているナギサさんのことが好きだと気づき想いを打ち明ける、という流れになると予想します。

『私の家政夫ナギサさん』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『私の家政夫ナギサさん』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ナギサさん(大森南朋)が実はメイ(多部未華子)と同じMRだったことを知ったメイは、ナギサさんの過去にますます興味を抱く。
しかしナギサさんは私生活については一貫して秘密主義を貫き、私生活は謎のまま。
するとメイは、あの手この手でナギサさんの私生活を暴こうと、ついには尾行を決行…!?
一方、メイのことが気になる田所(瀬戸康史)は、ナギサさんが本当にメイの父親なのかと疑心暗鬼に。
そんな中、ひょんなことからメイと二人でゴルフの練習場へ行った田所は、メイに思わぬ告白を!?

出典:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/story/