ドラマル

『私の家政夫ナギサさん』2話のネタバレ!メイちゃんのイヤーカフが可愛いが高いと話題に!

2020年7月14日に放送されたドラマ『私の家政夫ナギサさん』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、同僚の陶山薫の計画で、メイが田所と合コンすることに!
そんな中、メイはナギサさんのアドバイスを受け、再び肥後医師のもとを訪れ…。

関連記事

『私の家政夫ナギサさん』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『私の家政夫ナギサさん』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『私の家政夫ナギサさん』2話のあらすじネタバレ

家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)さんと手を繋いで寝ていた相原メイ(多部未華子)は、更に急に訪れた母・相原美登里(草刈民代)に驚きパニックに。
メイは仕方なくナギサさんを寝室に押し込めて隠し、美登里を招き入れます。玄関にあったナギサさんの靴を外に蹴り出すメイ。
出勤で玄関を出た田所優太(瀬戸康史)は、隣室前の廊下に転がった靴を見つけ、不思議に思いながらも揃えて玄関前に置きます。
「思ってたより片付いてる」と美登里は部屋の状態を「70点」と評価。自分が片付けた部屋の評価が70点と聞いて、ナギサさんは動揺を隠せない様子。
美登里の目を盗みながら、メイはナギサさんをクローゼットへ。クローゼット越しにメイは、昨晩ナギサさんの手を握って寝てしまった言い訳をして、今までのお礼を伝えます。
自分の会社を見せると美登里を誘い出し、そのままメイは会社へ向かいます。
メイが美登里と駅へ向かって歩いていると、田所の姿が。メイは道を変えようとしますが、メイに気づいた田所はメイに声をかけ、生活習慣病のセミナーに誘います。隣にいた美登里は、礼儀正しい田所を気に入った様子。

一方、メイの部屋に残されたナギサさんは、部屋を片付け始めます。テーブルに置かれた「メイならできる」と書かれた美登里からのカードを見つめるナギサさん。帰る際、自分の靴が何故か外に揃えられていることに驚くナギサさん。
事務所に出社し、ナギサさんは福田唯(趣里)にメイが家政夫の契約をしなかったことを伝えます。
「メイさんは家政夫の存在が恥ずかしい様です」と分析するナギサさん。
「自分が結婚して知った家庭の温かさや普通の幸せを、メイにも味わってもらいたかった」と唯は言います。唯は勘当されて母・美登里とは3年も会っていないことをナギサさんに打ち明けます。
メイのジャケットのボタンがエプロンのポケットに入っていたことに気づいたナギサさんは、唯に渡そうとしますが、唯は「ナギサさんが直接返してくれませんか?」と頼みます。

メイはチームメンバーに、アーノルド製薬に契約を取られたことを伝え謝罪します。
患者さんの気持ちを第1に考えるというMRの基本を忘れていたことを悔やむメイ。
これからの戦略として、瀬川遙人(眞栄田郷敦)は、新薬を広めるために講演会を開いてインターネットで世間に広めることを提案。瀬川はメイに同行した際に田所と知り合い、アドバイスをもらったとのことでした。
瀬川の提案は採用され、講演会に向けてチームで動き出すことになります。

古藤深雪(富田靖子)に昇進試験を受けることを勧められたメイ。深雪は「やればできる」とメイを励まします。「やればできる」という言葉は、昔から美登里からも言われて来た言葉であり、メイにとっては呪いの言葉でした。メイは帰宅後も勉強に励みます。
ナギサさんが去り、メイの昼食もいつものゼリーに戻ります。陶山薫(高橋メアリージュン)は、マッチングアプリに登録することをメイに勧めますが、メイは興味がない様子。薫は勝手にメイの写真を撮り、適当なプロフィールを加えてメイの登録を済ませます。
メイたちの頑張りをよそに、講演会の講師はなかなか見つかりません。
たまたま田所を見かけた瀬川は、親睦と情報共有を兼ねて、田所をはじめとするアーノルド製薬の面々との合コンを企画。もちろんメイにも出席して欲しいとのことで、メイは困惑するのでした。

一方、ナギサさんはボタンを返そうと、メイの帰りをマンション近くで待っていました。バッグに入れたボタンを探しているところで、田所の姿が。慌ててメイはナギサさんを連れて部屋に入ります。
すっかり元のように散らかってしまった部屋を見つめるナギサさん。ボタンを持って帰ってしまったお詫びにと、ナギサさんはジャケットにボタンを付け始めました。
ナギサさんが部屋にいることで、何かホッとした感じがすると気づくメイ。そんな雰囲気の中で、メイは講演会の講師をしてくれる先生がなかなか見つからない悩みをナギサさんに打ち明けます。
ナギサさんは、家政夫の仕事も地域によって求められるものが違うと例を挙げ、地域特有の満たされていないニーズに注目することをアドバイスします。的確過ぎるナギサさんのアドバイスを、メイは不思議に思います。
ボタンをつけ終わり、ナギサさんは帰宅。そのジャケットは、絶対負けられない時に着るメイの勝負服でした。
その夜、メイはナギサさんの言葉をヒントにして考えを巡らせます。

翌日、メイは勝負服を着て肥後すこやかクリニックへ。
メイは、サラリーマン中心だった街に、子供やお年寄りも増え始めている周辺の地域性に注目し、子供から高齢者までが使える天保山製薬の新薬とアーノルド製薬の新薬との使い分けを肥後菊之助(宮尾俊太郎)に提案します。肥後は「考えさせてほしい」と前向きな反応を示すのでした。
メイは薫と瀬川と共に合コンへ。メイは仕事の情報を得ることが目的でしたが、田所を気に入った薫はプライベートの質問を重視。結局メイは仕事の情報をほとんど交換できずに合コンは終了します。
がっかりして帰るメイに、田所が声を掛けて来ました。田所はメイをバーに誘います。
田所は、肥後すこやかクリニックの契約を取ってしまったことで、メイが落ち込んでいるのではないかと心配していました。メイはナギサさんを思い浮かべながら「励ましてくれた人がいた」と伝えます。
田所の飾らない人柄に、ライバルとしてのメイの警戒心も解けていきます。今後の情報交換のために、連絡先の交換をする2人。

隣室に住んでいることを田所にばれないように、別の道から帰宅したメイ。
相変わらず、散らかり放題の部屋。そこへ美登里から「ストールを部屋に忘れたので、今日の夕方6時に部屋に取りに行く」とメールが入ります。
驚いたメイは急いで唯に連絡を入れ、今日の16時に部屋の掃除をナギサさんに依頼したいと伝えます。
メイと瀬川は再び肥後すこやかクリニックへ。
肥後は天保山製薬のアギザルを使用するとメイに伝えます。田所に相談したところ、併用に関しては全く問題ないと言われたとのこと。「これからも患者さんに役立つ薬剤を探していきましょう」と言う田所を、肥後はMRの鏡だと賞賛します。
メイが帰宅すると、ナギサさんと共に唯も来ていました。スポット契約の説明に来た唯は、美登里と顔を合わせない方がいいと考え早めに帰ります。
メイは、新薬の契約が取れたことをナギサさんに報告します。そこで、落ちていたビニールに足を取られて転びそうになるメイ。ナギサさんは思わずメイを抱きとめます。
そこへ、いきなり入って来た美登里。「この人誰?」と驚いた様子でメイに聞きます。
「えーと、おじさん?」とメイは言葉に詰まってしまうのでした。

スポンサーリンク

『私の家政夫ナギサさん』2話のネタバレ感想

50代女性

sun

ナギサさんの手を握ったまま朝を迎えたメイの驚く姿に、思わず笑ってしまいました。ナギサさんも、そのまま一晩中手を握られたままでいるとは、優しいというか、馬鹿正直と言うか。
そこへやって来た母・美登里。クローゼットに追いやられるナギサさん。大変でしたね。

それにしても田所は爽やかすぎます。どうやらメイに気がある様子ですね。メイは隣室に住んでいることを隠していますが、この先絶対バレてしまうはず。
メイと田所はお似合いだと思うのですが、そこへナギサさんの存在が絡んでくるのでしょうか。
家事が不得意なメイには、家政夫のナギサさんはぴったりだとは思いますが、やはり、爽やかすぎる田所を応援してしまいます。

ナギサさんは的確な仕事のアドバイスをメイにしていましたが、家政夫になる前のナギサさんは何をしていたかも気になるところ。
けなげに頑張るメイには「やればできる子」という呪いの言葉が付きまといます。呪いの言葉に呑まれなければいいのですが。次週も楽しみです。

メイちゃんのイヤーカフが可愛いが高いと話題に!

『私の家政夫ナギサさん』は、メイ(多部未華子)のファッションも楽しみのポイントとされていますね。

そんな中、2話で注目を集めたのがメイちゃんのイヤーカフ。
凄く可愛いと多くの人がツイートしていますが、調べて見たら、275,000円(税込)と可愛くないお値段でした。

メイちゃんは、バリキャリNo.1のMRですから、やはり、いい服、アクセサリーを身にまとっています。
お家も一人暮らしにしては広いですよね。

『私の家政夫ナギサさん』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『私の家政夫ナギサさん』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

メイ(多部未華子)とナギサ(大森南朋)さんが一緒にいるところへ、予定より早くメイの母・美登里(草刈民代)がやって来た。
メイは、ナギサさんが家政夫で、美登里とは絶縁状態にある娘・唯(趣里)と同じ家事代行サービスで働いていること。
そして自分が母に似て、家事全般が苦手であることを告白する。
ところが、美登里は「メイは“やればできる子”」と、またも呪いの言葉をかけ、メイも母の期待に応えたいと決意を新たにする。
ナギサさんに「仕事と家事の両立を目指す!」と宣言したメイは、翌朝から仕事同様、家事に奮闘!
しかし、まったくうまくいかず、ストレスはたまる一方。己の掃除・料理への適応力のなさに絶望するしかなかった。
そんな中、メイはライバル会社のMR・田所(瀬戸康史)から食事に誘われる。肥後(宮尾俊太郎)への提言など、田所に恩があるメイは、少しずつ田所に心を開き始めるのだが…。

出典:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/story/