ドラマル

『ボイス 110緊急指令室』7話のネタバレ感想!サイコパス・本郷雫のケトルベルコレクションがヤバすぎ!

2019年8月31日に放送されたドラマ『ボイス 110緊急指令室』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、ついに真犯人・本郷雫の正体が明らかに!
そして、自立支援センターで働いていた未希と真犯人を繋ぐ意外な接点にたどりつく…。

関連記事

『ボイス 110緊急指令室』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ボイス 110緊急指令室』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ボイス 110緊急指令室』7話のあらすじネタバレ

沖原隆志(木村祐一)から「イリュージュに真犯人がいる」と連絡を受けた橘ひかり(真木よう子)。
それを樋口彰吾(唐沢寿明)へ伝えた後、ひかりもまた、イリュージュへと向かいました。

ひかりは沖原の携帯に電話を掛けますが、応答がありません。
するとかすかにバイブレーションの音が聞こえ、それを辿っていくと、ひかりからの着信を伝える沖原の携帯が床に落ちていました。
そして、その傍には…

椅子に拘束され、頭から血を流し絶命した沖原の姿が。

ひかりは息を飲みます。
すぐさま、不審人物がこのイリュージュ内にいないか、ラウンジなど見て回りますが、従業員以外は誰も見つかりません。そこで駐車場へ出てみると、先程までここで、カジノ誘致に関係する政府高官らと飲んでいた本郷グループ会長の本郷辰夫(伊武雅刀)や、社長の本郷 雫(伊勢谷友介)らが車で帰るところでした。
これを追おうとするひかり。しかし、従業員に阻まれ、取り逃がしてしまうのでした。

息子の大樹(鳥越壮真)を襲った犯人・長坂(敬太)を確保した樋口は、ひかりの連絡を受けてイリュージュへ。
沖原の遺体を確認し、死因が、未希(菊池桃子)と同じく砲丸のようなもので殴り殺されたことを知ります。
またもやカチカチ男に、近しい人を殺され、憤る樋口でした。

その後、現場に残されていた沖原の腕時計に付いた指紋や、監視カメラの映像等から不審人物を突き止めます。
その人物は、上杉渉(手塚とおる) 48歳。
クローバーフレンズという人材派遣会社の社長をしていました。

しかし、真犯人は別にいるのではないかと推測する樋口。
上杉はただ遺体処理をしているだけの人物ではないか、と。
ただ、警察内部にはまだ犯人と通じている内通者がいる可能性があるため、この予測も大っぴらには出さず、ひかりにだけ伝えました。

そのため、警察としては上杉渉こそが犯人だと断定。
マスコミにもそのように発表され、指名手配されました。

そこで、辰夫は田所賢一(小市慢太郎)を呼び出し、上杉を韓国へ亡命させたいから上手く便宜を図ってほしいと要請します。
これに「警察官の命を奪っておいて、それは…」と苦渋の反応を示す田所。
しかし辰夫は「正義は金で買える」と言い聞かせ、田所を強引に従わせるのでした。

午前7時42分。
ECUに、高木道夫(芹澤興人)という男から入電。
高木は「助けてくれ、こいつらに殺される!」と切迫した様子で繰り返します。

樋口や石川 透(増田貴久)が現場へ向かうと、状況は不可思議なものでした。
助けを求めていた高木がナイフを手に持ちながら、従業員を人質にとり、高木を取り囲む者たちに「近づいたら、こいつを道連れにして飛び降りる」と屋上の縁に立って脅していたのです。
まるで犯人と被害者が逆転しているかの光景に、樋口は疑問を浮かべながらも、警察に助けを求めていた高木に身分証を見せて話しかけました。
すると、高木は警察が来てくれたことに安堵の色を浮かべます。がしかし、取り囲んでいた従業員が高木に飛びかかろうとしたため、高木は後ずさって、落ちてしまいそうに。
間一髪のところで、樋口が高木の体を掴み取って救ったのでした。

樋口は、高木を取り囲んでいた従業員の行動に違和感を覚えます。
高木を救おうとしていたのではなく、むしろ追い詰めようとしていたのではないか、と。
さらには、事を荒立てないよう、被害届も出さないという。

そこで高木の会社、DM建設について調べることに。
すると、以下のことが判明。

DM建設は、過酷な現場に、上杉の人材派遣会社「クローバーフレンズ」から人を雇っていました。
その現場はとても劣悪な環境で、働く者はみな咳き込んでいたり、体中に発疹のようなものがあったりと、明らかに健康を害している様子でした。

クローバーフレンズでは、路上生活者などを支援する自立支援センター出身の人を多く登録しており、高木も自立支援センター港東の出身でした。そして、自立支援センター港東には、未希もソーシャルワーカーとして携わっていたのです。

さらに、高木に聞き込みをする樋口。
高木は未希のことを知っており、中でも未希と交流の深かった人、早川亮二についても教えてくれました。
早川は未希が死ぬ直前に担当していた人物で、クローバーフレンズ経由で、ワーグナー商事へ入ったという。他にも未希が担当していた、近藤伸介や吉沢康雄もワーグナー商事へ派遣されたとのこと。

後に、ワーグナー商事について調べると、ペーパーカンパニーで、派遣された3人が全員行方不明ということが判明。
未希はこれを嗅ぎつけ、探っていたのでした。

以上のことから、おそらく未希は、クローバーフレンズやワーグナー商事に関する何らかの秘密を知ってしまったために殺されたのではないかと推測するひかり。

そんな折、ひかりの携帯に「樋口未希さんは早川亮二さんとお付き合いしていたはず」という不信なメッセージが送られてきます。
発信元は飛ばし携帯(レンタル携帯。犯罪によく利用されている)で、誰が送ったかは突き止められませんでした。
これを後日、樋口にみせると「ばかな…あり得ない」と否定したのでした。

一方その頃、韓国へと亡命しようとした上杉の大捕り物が繰り広げられていました。
上杉は亡命叶わず、けれど警察を巻くことには成功。側近の一人が盾となって警察に捕まりました。
上杉は、雫へと、助けを請います。

上杉は雫の義理の兄でありながら、小さい頃より暴力を受けるなど酷い仕打ちを受けていました。
顎が鳴るようになったのも、雫が上杉の顎の骨を砕いたため。
上杉は雫の暴力により、常に支配されていたのでした。

故に、助けを請うても、雫の反応はとても冷たいものでした。
それを見越して、取引きを持ちかけるべく、逃亡現場に犯行に関するデータの入ったカバンを置いてきたと明かす上杉。ただし、雫に繋がるようなものは『敢えて』取り除いた、と。
その意味することろを、それとなく強調する上杉。
しかし雫は、そんな小手先の駆け引きなどは無意味だと一蹴します。そして、上杉の手の甲にナイフを突き立て「樋口彰吾を殺せ。そうすれば兄さんを解放する。晴れて自由の身だ」と脅すように要求したのでした。

雫の助けは得られないと確信した上杉は、今度は、樋口と取引することに。
「真犯人を教えてやる。その証拠も渡す。だから俺を逃がしてくれ」と持ちかけました。
取引場所は「ペンション五大湖」。そこは樋口と未希の思い出のある場所でした。
樋口は、真実を掴むために、上杉のもとへ行くことを決意。

そんな樋口を止めようとするひかり。
しかし決意は揺らぐことなく、樋口は単身、上杉が待つペンションへ。

そのことに危険を感じたひかりは、すぐさま石川に連絡し、樋口を助けるよう頼みました。

樋口がペンションに到着すると、どこからか未希の話し声が聞こえてきました。
「亮二さんに会いたい」など、まるで早川という男に恋をしているかのような文言。

その声がする方へと辿っていくと、ボイスレコーダーが置かれていました。
そして、その後ろのベランダに出て、下を見下ろしてみると…

そこから飛び降りたかのような、全身血まみれの上杉の死体がありました。

スポンサーリンク

『ボイス 110緊急指令室』7話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

未希の事件と真犯人との繋がりが少しずつ明かされてきて、おもしろくなってきました!

なにやら未希が浮気してたという疑惑が浮上してますが、これは、全くのウソじゃないかと思います。
あんなに素敵なおしどり夫婦、未希が裏切るはずがない…!
きっと犯人が、樋口の心をかき乱すために音声加工したものではないかと。
…じゃないと、再婚も一切考えず、一途に未希を想い続けている樋口が可哀相!

そして、雫の狂気が恐ろしすぎる…!
犯行に使った砲丸のコレクションとか、回想シーンの上杉への暴力など、目を背けたくなるほど惨かったです…。
手塚とおるさん演じる悪役は、大抵嫌悪感しか抱けないのですが(褒め言葉)、今回ばかりは同情を禁じえません。上杉は被害者ですよね…。

そんな惨たらしい雫だけど、伊勢谷友介さんの肉体美が色気ありすぎて…つい見惚れちゃう。
いくら伊勢谷さんが魅力的とはいえ、あんな極悪非道人間(雫)に惹かれそうになるなんて、自分が情けないっ!

サイコパス・本郷雫のケトルベルコレクションがヤバすぎ!

高校生時代から本郷雫は上杉渉が恐れるだけあって、とんでもないサイコパスでしたね。

雫の部屋の人を殺めたケトルベルを並べた収集コレクションがヤバすぎ!
数人殺したと思っていたんですが…
とんでもない数のケトルベルが並べてありましたよね。

雫は今までに一体何人の人を殺したのか?
それが全く外部に漏れずにもみ消されてしまうとは恐ろしい世界です。

さて、そんな雫の犯罪に加担するECUの内通者は誰なんでしょうか?
ネットでは、石川透(増田貴久)と落合智明(安井順平)が怪しいと囁かれていますが、果たして…。

『ボイス 110緊急指令室』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『ボイス 110緊急指令室』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

上杉(手塚とおる)の遺体がペンションで見つかった。

真犯人への手がかりを失い怒りに震える樋口(唐沢寿明)の姿に、ひかり(真木よう子)と石川(増田貴久)は心を痛める。そんな中、殺人に使った凶器をコレクションしている雫(伊勢谷友介)は、留守中に自宅の戸棚を開けた形跡があることに気づく……。

未希(菊池桃子)が生前抱えていたものに耳を傾けなかったことを悔やむ樋口は、真犯人逮捕を改めて誓う。
そして上杉の側近の話から、『本郷ホールディングス』が上杉の会社経由で路上生活者に違法な働かせ方を強いていたことが明らかに。
そして樋口とひかりは、本郷の息子・雫が、沖原(木村祐一)が殺害された時同じ店にいながら参考人聴取の呼び出しに応じていないことに疑問を感じー。

そんな中、失踪した路上生活者の謎を追う樋口のもとに検察庁特捜部の強制捜査が入る!樋口の処分次第で解散の危機に追いやられるECU!しかし、ひかりは不自然な理由で突然圧力がかけられたことを不審に感じ、ECU内部に真犯人と通じる内通者がいることを疑う。その人物は、あまりにも意外な相手でー。

その夜、自宅に帰ったひかりはドアの外から鉄球のような物を持った人物が近づいてくる足音を聞き、恐怖を感じる。ドアスコープを覗いたひかりが見たのは、不気味に覗き返す殺人鬼の目で……!!
大胆不敵な殺人鬼・雫がついに樋口とひかりの前に現れる!
真実を追う二人の闘いはいよいよ次のステージへ!

出典:https://www.ntv.co.jp/voice/story/