ドラマル

『ボイス 110緊急指令室』6話のネタバレ感想!ネットではやっぱりの声!遂に伊勢谷友介が登場!

2019年8月17日に放送されたドラマ『ボイス 110緊急指令室』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、襲撃され監禁された樋口がカチカチと顎を鳴らす男・上杉と対面!
一方のひかりは、強行犯係の力を借りて樋口を探す。

関連記事

『ボイス 110緊急指令室』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ボイス 110緊急指令室』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『ボイス 110緊急指令室』6話のあらすじネタバレ

3年前の真犯人の情報を掴んだと橘ひかり(真木よう子)に連絡して来た樋口彰吾(唐沢寿明)が襲撃されて消息を断ちます。
急遽ひかりは、公務執行妨害事件としてECUのメンバーと樋口の行方を追いますが、捜査撹乱の目的で携帯電話は持ち去られバイクで逃走していました。
石川透(増田貴久)がそのバイクを追い詰めるのですが、その後は走って逃走します。
ひかりが真犯人との繋がりを疑う沖原隆志(木村祐一)も強行犯係も出動させると言い、力を借りることにします。

拉致された樋口に、妻を拉致されて仕方なく樋口を呼んだことを『ハヤミミ』こと瀬戸(水澤紳吾)は詫びるのですが、逃してもらえると思っていたのに一緒に拉致されてしまいます。
そして、樋口の妻を殺したと話す顎を鳴らす男、渉(手塚とおる)と樋口は対面し、渉は樋口の殺害、解体を指示して立ち去ります。
樋口は拘束されている状態を解くために、渉の手下を挑発して殴らせて疲れたところに一撃を見舞い、倒して縄を解き瀬戸の拘束も解いて渉を追います。

樋口との通信の時のバックに流れていた音に耳を澄ませたひかりは、ライブハウス『ヨコハマセブン』という音を聞き分け、樋口との通話が途切れた後にそこを通過した車両がないことから、防犯カメラのない方向に徒歩で向かったことを予測し、監禁場所を想定し絞り込んでいきます。
またひかりは、渉に殺された新田康介(森永悠希)が死ぬ間際に残した言葉を思い出し、『硫黄』という言葉から製紙工場を特定します。

樋口は渉の部下を次々に倒し、渉と再会するのですが、側近が構えた銃が樋口を狙い撃とうとした瞬間に、沖原たち強行犯係と石川が駆けつけ発砲して難を逃れるのですが、またも犯人を取り逃してしまいます。
この状況を樋口は沖原に、
「刑事が犯人を取り逃す。1回なら偶然で、2回なら不自然で、繰り返されたら必然だ」
「お互いみっともない生き方はやめような」
と話します。

港東署署長の田所賢一(小市慢太郎)から3年前の事件の勝手な再捜査について咎められたひかりとECUのメンバーは、新田の殺人と樋口の襲撃についての被疑者の指名手配を求めます。
そして沖原は、樋口が感づいていること、必ず真実にたどり着くことを電話で話していましたが、動画を娘に送ると脅されて引き続き協力することを求められていました。

本郷ホールディングス本社では、会長の本郷辰夫(伊武雅刀)による再開発地区のリゾート建設の記者会見が開かれていました。
上機嫌の本郷に秘書が、渉が指名手配されたことを耳打ちすると、本郷はくれぐれも会社との関係を知られないようにと指示を出します。

一方渉を追う樋口たちは、渉が電話で話していた言葉から、会員制の高級クラブ『イリュージュ』を割り出していましたが、そこの防犯カメラに沖原が映っているのが確認されます。
そのことを貸しのある瀬戸に探らせると、沖原は明日香というホステスに美人局ではめられたことがわかりました。
沖原本人からも、脅されていたこと、細かく監視されていることを聞き、自分できっちりかたをつけると言われます。

しかし、樋口とひかりは3年前の事件の証拠を隠蔽していたのは沖原ではないことがわかり、真犯人と通じている黒幕が他にいることを確信しました。

手負いの渉は、会長と会い海外逃亡を促されますが、樋口にリベンジするために殺し屋を雇っていることを明かします。
その頃、樋口の代わりに息子・大樹(鳥越壮真)のところに行っていた石川から樋口に電話があり、大樹が樋口の友達という人物からラジコンカーをプレゼントされたと話します。
面会時間が終わって、石川が帰った後に、大樹が襲われそうになり樋口に電話をするとその刺客が渉からの指示で息子が苦しんで死ぬところを樋口に聞かせるとのことでしたが、事前に察知していた石川が病室に戻って刺客と格闘になり、刺客は目的を果たせず逃走します。大樹は無事でした。

刺客を追跡した石川は、樋口との通話の最中に襲われてしまいます。

『イリュージュ』に乗り込んだ沖原は、渉が誰かに会いに来ていることを知り、防犯カメラで確認してひかりに連絡した後に現場に乗り込むのですが、渉に会う予定だった本郷雫(伊勢谷友介)に拉致拘束されて、3年前の事件で使われた凶器の鉄球の一撃を受けて殺されてしまいます。

『ボイス 110緊急指令室』6話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

ようやく全体像が見えてきましたね。

何事を始めるにも最初は全体像は把握できず目の前の点を追っていくしか、それを深め、高めていくしかありません。
そうしているうちに全体を把握できるようになるのですが、全体を把握したからと言って、茫洋としたアクションを起こしていては、何も深められず高められていきません。
常にやるべきことは目の前の一点に集中して、その一点を深め高めていくためのアクションを起こすことで、全体を高めていけるものです。

この素晴らしいものを創り上げる時に大切なことを、全体が見えてきた回に感じさせられました。

ネットではやっぱりの声!遂に伊勢谷友介が登場!

遂に真のカチカチ野郎こと伊勢谷友介さん演じる本郷雫が登場しました。ネットでは、放送後、「やっぱり!」「1話からわかってた」といった声が溢れました。

まあそれはそうですよね。伊勢谷友介さんって唯一無二の存在感があるし、声にも特徴があるから、バレバレでした。

さて、本郷雫(伊勢谷友介)も気になりましたが、父親の本郷辰夫(伊武雅刀)も人を殺してそうだし、数々の悪事を働いていそう。
本郷親子の悪事をECUがどうやって暴いていくのか、面白くなってきましたね。

『ボイス 110緊急指令室』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『ボイス 110緊急指令室』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

“カチカチと顎を鳴らす男”(手塚とおる)を追っていた沖原(木村祐一)の変わり果てた姿を発見したひかり(真木よう子)。

病院で大樹(鳥越壮真)を襲った男・長坂(敬太)を確保した樋口(唐沢寿明)は、沖原の訃報を聞き凍りつく。

そんな中、樋口とひかりは、一連の事件の残忍な手口から真犯人は他にいると気づき始めていた……。
その頃、本郷グループの社長にして真犯人の本郷雫(伊勢谷友介)は、暴力と恐怖で支配した義理の兄に濡れ衣を着せ、悠々と日常生活を送っていた。

樋口とひかりは未希(菊池桃子)が殺された時の犯人の「調子に乗るからだ」という言葉から、事件が通り魔的犯行ではなかったと考え捜査を進める。
そして、ソーシャルワーカーとして当時自立支援センターで働いていた未希と真犯人を繋ぐ意外な接点にたどりつく!!

そして、ECUに“人質を道連れに屋上から飛び降りようとしている男・高木“から通報が入る。派遣の土木作業員である高木は、自分を取り囲む会社の男たちに「殺される?」と騒ぎ、しきりに助けを求める。
樋口と石川(増田貴久)が現場に到着。会社の人間が説得しようと高木に近づくが、その様子に現場の樋口と緊急指令室のひかりは違和感を感じ……。

出典:https://www.ntv.co.jp/voice/story/