ドラマル

『ボイス 110緊急指令室』5話のネタバレ感想!ソニン迫真の演技に怖すぎの声!

2019年8月10日に放送されたドラマ『ボイス 110緊急指令室』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、樋口とひかりが真犯人のある特徴を突き止める!
そんな中、ECUに6歳の子供から、母親に刺され洗濯機の中に隠れていると通報が…。

関連記事

『ボイス 110緊急指令室』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ボイス 110緊急指令室』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ボイス 110緊急指令室』5話のあらすじネタバレ

3年前の樋口彰吾(唐沢寿明)の妻・未希(菊池桃子)と父の橘修二(遠山俊也)を殺した真犯人が、目撃者の新田康介(森永悠希)を殺したと考える橘ひかり(真木よう子)は、強行犯係の沖原隆志(木村祐一)が真犯人の協力者だと疑います。
現場で証拠を探す樋口とひかりは、ドライブレコーダーを見つけ、真犯人が足を引きずっていることを突き止め、樋口は樋口とひかりの行動が気になっている石川透(増田貴久)に、3年前の第5号地区、そして相良、新田のそれぞれの事件の真犯人のことを話します。
ひかりは港東署署長の田所賢一(小市慢太郎)に呼ばれ、3年前の第5地区の事件の再捜査にECUを使えば、即座にECUを廃止すると言われます。

そんな中、新しくECUに加わった森下栞(石橋菜津美)が、6歳の子供・歩(正垣湊都)から、母親(ソニン)に刺されて洗濯機の中に隠れていると通報を受けます。
ひかりは事件の異常性、緊急性を察知して、樋口と石川の緊急出動班に出動を指示します。
しかし、歩は母親の名前も知らず、家から出たことがないので住所もわからないと話しますが、ひかりの聴取で臨海工業地区の港中央団地と判明します。
歩の他に、兄と姉がいたのに海に行って戻って来なかったとも話します。
また、カラカラと鳴る音がすると、歩は『パパ』が来ると話し、ひかりにも聞こえたその音の後ろには犬の鳴き声もありました。

現地に到着した樋口と石川が管理人室に行くと、住民から血のついた服を出しているA棟303号室の鈴本友恵が児童虐待していると話がありました。
樋口、石川が303号室に急行するのですが、そこは現場ではありませんでした。

犯人の歩の母親は、一時外を探していたのですが、部屋に戻ってきて何度も電話をかけたり部屋の中を探し回り、歩が携帯を落とした音を聞き、排水ホースから流れ出ている血を見つけ、ついに洗濯機の中に隠れていた歩を見つけてしまいます。

ひかりは聞こえた音の正体を風鈴だと断定して、犬がいることを樋口に情報として伝え、栞がペットの苦情を調べて、緒方拓海(田村健太郎)が現場をG棟の501〜503号室のいずれかだと絞り込みます。

ひかりは歩に危険が迫っている状況で、まだ通じていた電話を通して母親に話しかけ思い止まらせます。
しかし、樋口たちが現場である302号室に到着した時には、歩の姿がありませんでした。
ほんの少し前に、誰かが来た足音をひかりが聞いていたので、わずかな時間で歩を連れ去っていました。

302号室の住人を調べ、母親は一ノ瀬奈央、夫はイタリアンレストランのシェフ・悟、子供は麗華、涼介、そして歩といずれも養子縁組した子供でした。
麗華と涼介は海で事故死していました。

夫の悟が1ヶ月以上店に出ていないことから、悟を容疑者として誘拐容疑で手配します。

しかしひかりは、歩の部屋に入ってきた足音が39歳の悟の足音とは違うと感じていました。
そこに緒方が、奈央も義理の父親から虐待を受けていたこと、離縁していたことなどを調べて持ってきます。
その義理の父親の年齢が58歳ということが気になり、奈央と電話で話し、連れ去ったのは義理の父親ではないかと気づきます。

その頃、樋口は再度管理人を訪ねて、子供を隠せそうな場所を訊ね地下の機械室に案内されます。
そこで出された麦茶に入れられていた筋弛緩剤が効いて倒れてしまいます。

しかし、これは樋口の演技で、奈央の部屋にあった風鈴と管理人室にあったものが同じだったことから、管理人が犯人だとわかり、犯行を自供させるために毒入りの麦茶を飲んだフリをして、2人の子供麗華と涼介、奈央の夫の悟の殺害の自白を録音していました。

また、歩の隠し場所も、管理人室に引っ越したばかりの503号室の鍵を持っていたことから石川に連絡して救出させていました。

樋口たちの様子を見ていた沖原は、田所に「いずれ樋口は真犯人にたどり着きますよ」と連絡を入れます。
その連絡を受けて、田所は『会長』と呼ぶ者に電話をしていました。

事件が解決した直後、調査の依頼をしていた『ハヤミミ』こと瀬戸(水澤紳吾)から連絡入って、顎を鳴らす『カチカチ野郎』(手塚とおる)が誰だかわかったことを、樋口はひかりに連絡して、瀬戸と一緒に『カチカチ野郎』のことを知っている大黒エステートの元社員との約束の場所に向かうと、大勢の武器を持った奴らが現れ、樋口は殴り倒されてしまいます。

スポンサーリンク

『ボイス 110緊急指令室』5話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

トラウマになるほどの刺激を与えられて、育ってしまうと同じようなことをやってしまうことはありますね。
こういう負の連鎖は、どこかで断ち切っていかないと最終的には淘汰されてしまうのが自然界の理です。

今回のドラマのようにひどいケースは少ないかもしれませんが、もっと軽いケースでは日常茶飯事のように行われているのが人間界です。
嫌なことだったけど、自分もやったから後輩にもやらせる。というような連鎖は、どこかで止める勇気が必要です。

この負の連鎖で、人間は自然界に大きなダメージを与えれていることも自覚する必要があります。
一人ひとりが勇気を持っていきたいですね。

ソニン迫真の演技に怖すぎの声!

一ノ瀬奈央を演じたソニンさん、終始、目がいっちゃってて本当にヤバ怖だった!

特に、歩(正垣湊都)くんが隠れる洗濯機を覗く一ノ瀬奈央の顔が怖すぎました。

でも、一ノ瀬奈央も被害者だったとは…。
子どもを殺していてもおかしくなさそうなソニンさんの演技に、すっかり騙されてしまいましたね。

『ボイス 110緊急指令室』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『ボイス 110緊急指令室』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

真犯人の情報を掴んだ樋口(唐沢寿明)が襲撃され消息を絶つ。

愕然とするひかり(真木よう子)は沖原(木村祐一)を疑いつつも強行犯係の力を借りて樋口を探す。石川(増田貴久)は樋口の携帯のGPS情報を頼りに現場へ急行。しかし、樋口の携帯を持っていたのは思いもよらない人物で……。

その頃、廃工場に監禁された樋口は“カチカチと顎を鳴らす男”(手塚とおる)と対面していた。自分が樋口の妻を殺したと言う男は、部下たちに樋口の殺害を命じる……!!
男の部下に囲まれた樋口は、不利な状況でも諦めずに戦い続けるが、男の側近が構えた銃が樋口を狙う。発砲音が響く中、沖原たち強行犯係が駆けつけるが……!!

田所(小市慢太郎)から3年前の事件の勝手な再捜査について再び勧告を受けたひかりは、新田の殺人と樋口の襲撃についての被疑者の指名手配を求める。そして沖原は捜査の動向をある人物に報告していた。

 一方、大企業・本郷ホールディングス本社では、会長の本郷辰夫(伊武雅刀)による再開発地区のリゾート建設の記者会見が開かれていた。上機嫌の本郷の元にやってきた秘書が、ある人物が指名手配されたことを告げて……。徐々につながる点と点……。そんな中、新たな標的が狙われる!

出典:https://www.ntv.co.jp/voice/story/