ドラマル

『ボイス 110緊急指令室』3話のネタバレ感想!透ちゃんがトレンド入り!ワンコ感が可愛い?

2019年7月27日に放送されたドラマ『ボイス 110緊急指令室』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、県警に勤める栞の妹・葵が拉致され、ECUが捜索を開始する!
樋口とひかりは、見事な連携で犯人を追い詰めるが…。

関連記事

『ボイス 110緊急指令室』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ボイス 110緊急指令室』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『ボイス 110緊急指令室』3話のあらすじネタバレ

樋口彰吾(唐沢寿明)が妻の未希(菊池桃子)殺しの犯人だと信じていた相良卓也(平原テツ)は自殺だと警察は発表しますが、鉄球を武器にする何者かに殺害されていました。

県警に勤める森下栞(石橋菜津美)の妹・葵(矢作穂香)が拉致され、姉の栞から緊急指令室に通報が入ります。
橘ひかり(真木よう子)は直ちに樋口と石川透(増田貴久)のECU緊急出動班に出動の指示を出し、葵の携帯のGPS情報を辿って拉致されている場所の特定を急ぎます。

そんな中、拉致されている葵と電話が通じて、犯人の車で移動中と考えられ、ひかりは電話越しに葵を励ましながら、聞こえてくる音を頼りに、拘束されていること、タオルで口を塞がれていること、そして反射音から車のトランクに拉致されていること、乗せられた車がハッチバックであると推測しそのことを個別に樋口に伝えます。

ひかりは電話から聞こえてくる車の周りの音を聞き分け、車がどこにいるかを次々と特定していき、ついに樋口たちの乗っている車の目の前を通り過ぎる犯人の車を特定できたので追跡を始めます、その車両ナンバーから車の所有者が葵のかつての交際相手・大森茂之(森廉)だと判明します。
犯人の車を停車させ、樋口が車に近づいていくと犯人はいきなり発砲してきて弾丸が樋口の頬をかすめます。石川にも発砲した犯人は逃走し行方がわからなくなってしまいます。

一方、ECUのことをよく思っていない港東署署長の田所賢一(小市慢太郎)は、強行犯係の沖原隆志(木村祐一)にECUを潰すべく強行犯での犯人確保を促します。

犯人がなかなか見つからない中、樋口はあることが気になり署に引き返すことにします。
署には栞と葵の叔母・森下志津(YOU)と、葵の恋人・新田康介(森永悠希)も駆けつけます。

樋口が葵が拉致された時の防犯カメラの映像を取り寄せると、大森とは違う体型の男だということに気づき、沖原に大森は被疑者ではないので、捜査を見直すように進言するのですが、その時に大森の携帯の電源が入り、位置が特定されたという情報が入り駆けつけます。

しかし大森はすでに死亡していて練炭があったことから、自殺したのだと考えられたが、樋口は足の向きが不自然なこと、練炭の煤で車内も鼻の穴の中も黒くなっていないことから他殺だと断定します。

また、ひかりは葵が拉致されたトランク内にスコップがあったことや、新田のズボンの裾に土がついていたことに違和感を覚えて、緒方拓海(田村健太郎)に新田のことを調べるように指示して、署から出て行った新田を追いかけます。
緒方や栞が調べた結果、新田は何人もの女性のレイプ動画を撮って、世界中にライブ配信していることがわかります。
ひかりは新田に追いつき、探りを入れているところに緒方から新田のことを調べた結果が無線で届き、その内容が新田にも聞かれてしまい、追跡していたことがバレます。
相手が新田ひとりだと思っていたひかりは、背後から新田の仲間に殴られ無線が途絶え、新田たちに捕らえられてしまいます。

そしてまた、緊急配備の中、犯人の足取りが掴めなくなり樋口は警察の情報を知っていると感じます。
この状況を打開するために、樋口は以前世話をした野沢(池田一真)に抜け道を尋ね情報を引き出し、石川とともに向かいます。

その頃ひかりは、拘束され車の中に閉じ込められていました。
ひかりを襲った田丸(後藤剛範)が外で穴を掘っていて、そばには新田もいました。
新田は穴を掘り終えて車の中からひかりを連れ出し、ひかりの父の真実の話を聞かせます。
そして、自分が犯人だと名乗り、ひかりを生き埋めにしていきます。

樋口たちは抜け道を見つけ、さらに追跡していると犯人の車のタイヤ痕が見つかり、さらに山奥に入っていき、新田と田丸を見つけるのですが、警察無線を傍受していた新田たちはいち早く危機を察して逃げてしまいます。

『ボイス 110緊急指令室』3話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

同じ状況や状態を見聞きしても、そこから感じ取れるものは人によって違います。
どれだけ多くの真実や価値のある現象を見出せるかで差が出てきますね。
それがプロの世界でも差になって現れるでしょう。
自然界で生きていく上でも、この察知能力の差は怪我をしたり、病気になったりの大きな違いを生み出します。
察知能力は決して特殊な能力ではなく、考えることより感じることを研ぎ澄ましていけば、誰にでも身につけることができるものですね。

今後も、樋口やひかりが特殊能力をどう活かしていくのか本当に楽しみです。

透ちゃんがトレンド入り!ワンコ感が可愛い?

増田貴久さん演じる石川透こと「透ちゃん」がトレンド入り!

樋口彰吾(唐沢寿明)を「兄貴!兄貴!」と慕ってついていく感じが、まるで主人を慕うワンコのようで可愛いですよね。

「兄貴が見たんだから間違いないっすよ」というセリフには、そのあまりに忠実すぎる姿に思わず笑ってしまいました。

それにしてもラスト、樋口は犯人の車を追うなら、良くある映画やドラマのように、車のタイヤを打って欲しかったですね。
武闘派だけど、射撃は得意じゃないのかな?

そして、ボーっと犯人をお見送りしてないで、早く埋められた橘ひかり(真木よう子)を掘り起こして!

『ボイス 110緊急指令室』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『ボイス 110緊急指令室』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

葵(矢作穂香)の居場所が掴めぬまま、事件発生から4時間近くが経過。

新田(森永悠希)が海外への逃走資金を稼ぐために葵のレイプ動画のライブ配信を予定する時刻が迫っていた。

沖原(木村祐一)たち強行犯係は新田の逃亡ルートとなる港の張り込みに動くが、樋口(唐沢寿明)らECUと沖原たちが衝突!ECUは強行犯係とは別行動で葵の捜索に全力を注ぐ。

葵の身に刻々と危険が迫る中、ひかり(真木よう子)は新田が樋口の妻・未希(菊池桃子)の殺害事件について関与をほのめかしていたことを樋口に話す。

一方、緊急指令室で新田の過去を洗っていた緒方(田村健太郎)は、その意外な正体を突き止める。それを聞いた栞(石橋菜津美)は、妹の葵は廃校になった中学に監禁されているはずだと言い出し……。樋口とひかり、石川(増田貴久)は廃校へ急ぐ!闇に飲まれた廃校で、緊迫の救出劇が始まろうとしていた……!!

出典:https://www.ntv.co.jp/voice/story/