ドラマル

『電影少女2019』3話のネタバレ感想!武田玲奈が可愛い!メイド姿のマイにファン感激!

2019年4月26日に放送されたドラマ『電影少女2019』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、由奈に悪質なカメラマン・小山内(三浦誠己)が迫る!
健人の「小山内を潰せ」という命令を受け、由奈を守るためマイが動き出す…。 

関連記事

『電影少女2019』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『電影少女2019』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Amazonプライム・ビデオ」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『電影少女2019』3話のあらすじネタバレ

モデルをやってる朝川由那(武田玲奈)は、放課後、写真撮影をしていました。
カメラマンは、業界でも有名な小山内和美(三浦誠己)。
小山内とマネージャーは、由那に、今の若いうちに写真集を出すよう強く勧めてきました。
けれど、小山内の出す写真集は露出度が高い写真ばかり。しかも、そのモデルとのスキンシップも多く、男女の関係を強要されることもあると、まことしやかに囁かれていました。それ故に、由那は気が進まないでいました。

そのことを、神尾マイ(山下美月)は由那の調査報告として、叶野健人(萩原利久)に伝えます。
健人は、小山内が撮った卑猥な写真集を見ると「こんなの作品じゃない。変態オヤジの妄想だ!写真というものはな、被写体の向こう側をちゃんと見て…」などと、批判の言葉を挙げ連ねていきました。そんな健人の写真論評に、「詳しいのね!」と拍手しながらしきりに感心するマイ。
由那に過激な写真集など出して欲しくない健人は、マイに「小山内を完膚なきまでに潰せ!」と命じたのでした。

小山内は由那に、週末、撮影するから二泊三日でロッジに来るようにと伝えました。
しかもその日はマネージャーは都合があり、同席しないという。二人っきりの撮影とのこと。
これに危機感を抱いた由那は、マネージャーに断りを入れようとしますが、まったく聞き入れてもらえず、引き受けるしかありませんでした。

いよいよ撮影当日。
緊張して硬くなる由那を、他愛もない雑談をして解していく小山内。撮影は順調に進んでいきます。
その夜。焚き火をしながら、いよいよ由那へと小山内の魔の手が…。
ちょうどそのとき、マイがやってきました。
マイは二人にカメラを向けると、小山内が由那に触れた瞬間を写真に収めたのでした。
突然やってきた不審者であるマイに詰め寄る小山内。
由那は、その隙を突いて逃げ出します。

逃げ出した先のバス停には、健人が待っていました。
健人にはあらかじめマイから、ここで待っているようにと言われていたのです。
その理由も分からず、ただずっと待っていた健人でしたが、由那の登場で、ようやくマイの真意に気付きます。とはいえ、突然のことに慌てふためく健人。懸命に話題を探しました。
すると由那から「ごめん」と謝られました。健人を忘れていたことをずっと気にしていた由那。ちゃんと自分で思い出すから、と付け加えます。
健人は、気にしてないから、とフォローするも、向き合おうとしてくれたことに嬉しさを感じ、少し距離が縮まったようにも感じたのでした。

一方、小山内は、由那との写真をどうにか揉み消そうと、マイと交渉していました。
するとマイは「自分を撮ってくれ」と頼みます。そうすれば、写真は揉み消してやると。
小山内は戸惑いながらも、マイにカメラを向けシャッターを切ります。
レンズ越しに小山内をじっと見つめるマイ。その妖艶な姿に、小山内は次第にのめり込んでいきます。そして遂には、心の内で「マイ、マイ…!」と叫びながら、マイを激しく求めました。

そして撮影が終わると、マイは小山内が撮った写真を放り投げながら、写真を酷評していきます。
それは健人が毒づいた内容、そのままの言葉でした。
その容赦ない言葉に打ちひしがれる小山内でした。

数日後。
カメラマンをイチから出直すという小山内。
由那は、マネージャーから撮影中止の連絡を受けました。そこで由那は、高校生活を大事にしたいから、さらにもう少し仕事をセーブできないかと相談しました。

両親が別居しており今は祖父母の家に預けられてる由那は、その複雑な家庭事情と、仕事の都合でクラスメイトと馴染んでいないことを悩んでおり、未来の夢も持てずに、自分にもまったく自信が持てないでいました。
由那は、そんな自分を変えたいと思っていました。
それを健人に打ち明けると、「部活に入って高校生らしいことをしたいな」と吐露します。

その少し前。
フリーライター田中太郎という偽名を使った弄内洋太(戸次重幸)が学校にやってきました。
「マイ!」と叫んで暴れ出す生徒の事件に関して調べているのだという。
松井先生(岡田義徳)と太田先生(小松和重)が弄内の対応をするも、騒動を隠したい学校側としては、弄内の取材にまともに答えることもできず、拡散された動画も「フェイク動画だ」とシラを切るしかありませんでした。
そんな学校側の不誠実な対応に、弄内は顔を顰めつつも、その場を後にしました。

その後、道を歩くマイを見かけた弄内。
弄内は「マイ!」と呼びかけ追い掛けるも、マイに撒かれてしまうのでした。

スポンサーリンク

『電影少女2019』3話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

由那も、なにやら複雑な事情を持っているようですね。
煌びやかな女子高生モデルという世間のイメージと、実は複雑な事情を宿した影のある女子高生、そのギャップに惹かれました。自分に自信が持てずに俯くかんじがまた、庇護欲を掻き立てられます。
由那はホントに良い子ですよね。だからこそ、健人との距離が縮んでいく様をみると、複雑な心境になってしまいます。健人の下衆な本質を知ってるから…。「こんなヤツに騙されちゃダメだよー!」と言いたくなっちゃう。まぁ今回は、健人の「邪魔者は消すぞ気質」が由那を救ってくれたわけですが。でもだからといって、まだ、健人を由那の恋人として認めるわけにはいかないっ!

ところで今回、マイが由那に突っかかるシーンがありましたが、マイは由那に嫉妬してるんでしょうかね…?

マイがカメラマンを酷評して追い詰めていくシーンは、怖いシーンのはずなのに、健人の写真論そのままの言葉をなぞる姿に「この子、素直すぎる…!」と、マイのことを愛らしく感じちゃいました。

3話で最も話題になった出来事

武田玲奈が可愛い!メイド姿のマイにファン感激!

3話は健人の想い人・由那の中心回でしたね。そして、由那を演じる武田玲奈さんが可愛いと山下美月ファンからも声が上がっていました。

放送後、メイド姿のマイもカワイイと話題!山下美月さんがさまざまなファッションで登場して、誘惑をする姿はファンには堪らないドラマとなりましたね。

『電影少女2019』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『電影少女2019』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

叶野健人(萩原利久)の命令により、朝川由那(武田玲奈)に取り巻く男たちを次々と排除していったビデオガール・神尾マイ(山下美月)。
マイのおかげで、由那との距離を少し縮めた健人だったが、クラスの皆と仲良く話しているのをみて、健人は焦燥に駆られる。
ある日、突然、SNS上に由那の悪口が書かれており、由那は一気に学校で孤立してしまう。由那へのいじめがエスカレートしているのを見かねた健人は、由那を呼び出す…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/videogirl2019/story/