ドラマル

『浦安鉄筋家族』11話のネタバレ感想!大鉄がタイムスリップ!これまでの謎が明らかになる

2020年9月18日に放送されたドラマ『浦安鉄筋家族』11話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

11話では、大鉄が順子の誕生日に家族旅行を計画していると浦安中の噂に!
しかし、順子たちは大鉄に予想を裏切る場所へ連れていかれて…。

関連記事

ドラマ『浦安鉄筋家族』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『浦安鉄筋家族』11話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『浦安鉄筋家族』11話のあらすじネタバレ

居間で寝たばこをする大沢木大鉄(佐藤二朗)。
何でもやりっぱなしのだらしない大鉄に、長男・晴郎(本多力)、長女・桜(岸井ゆきの)、次男・小鉄(斎藤汰鷹)が抗議するも聞く耳を持ちません。
怒り心頭の大鉄の妻・順子(水野美紀)でしたが、怒っても効果はないと大鉄に家族サービスを要求するのでした。

昼のタクシー乗務を終え夕飯中に寝落ちする大鉄が、『伊豆箱根温泉』のチラシを手にしていることに順子は気づきます。
居間でたばこを吸う大鉄が、まだそのチラシを持っていることに順子は驚きます。

その夜、順子は晴郎、桜、小鉄にチラシの件を報告、大鉄はチラシを持ったまま居間で寝ていました。
にわかに色めきだつ大沢木家、しかし一般の家庭では当たり前のこと、桜は大鉄に芽生えた普通を見守ることを家族に提案するのでした。

翌日、小学校で小鉄が同級生に温泉旅行を自慢し、近所に噂が広まります。
その日の夕方、ひとり台所にいた大鉄がハエと格闘するも仕留め損ね、ハエを叩き落すために丸めて筒状にした冊子を腰に差します。
冊子は沖縄旅行のパンフレット、ちょうど帰宅した順子はパンフレットに驚くも平静を装います。
「ナンクロ(ナンバークロスワードパズル)ないか」
台所の食卓でいつもの席に座る大鉄が、夕刊のパズルを探しながら呟きます。
「なんくるないさ」
順子には、その呟きが沖縄の方言に聞こえていました。
2階の桜の部屋に晴郎と小鉄も集まり、順子は沖縄旅行の可能性を示唆、順子と子供たちはすっかり沖縄旅行の気になり、旅行の噂は小鉄の同級生の間に一気に広まります。

散歩に出ていた大鉄が帰宅、その体にはサンタモニカのツアー旅行の広告が巻き付いていました。
広告を見た順子は興奮、再び桜の部屋に子供たちと集合、順子は子供たちにサンタモニカ旅行を示唆、そして瞬く間に大沢木家の家族旅行は浦安中の噂になりました。

翌日、緊張した面持ちで台所の食卓につく順子と子供たち。
居間でたばこを吸う大鉄は、順子たちを誘い出かけることにします。
金鉄(坂田利夫)はひとり留守番、順子と子供たちは大鉄の運転するタクシーの車内で浮かれていました。
そして、大鉄が家族を連れて行った場所は千葉のサンタモニカこと新浦安。
激怒した順子は、大鉄へのこれまでの鬱憤が爆発します。
逆切れした大鉄は家族を残し、ひとりタクシーで帰ってしまいました。

ファミレスべーやんに訪れた大鉄は、店長・麻岡ゆみ( 松井玲奈)から全面禁煙になったと告げられます。
べーやんを後にした大鉄は、浦安の街をタクシーで流します。
婦人警官・江戸紫桃代(アジャコング)がスピード違反の大鉄を発見、大鉄は追跡する桃代のパトカーを振り切ろうとアクセルを踏み込みます。
べーやんの駐車場に設置された灰皿の前で、麻岡がたばこに火をつけました。

新浦安に残された順子たちは花丸木(染谷将太)と遭遇、花丸木は落ち込む桜を励まします。

浦安の街で桃代とカーチェイスを繰り広げる大鉄、突如、雷が大鉄のタクシーに落ち、桃代の前からタクシーが消えるのでした。

大鉄の運転するタクシーは何故か自宅の傍に出現、大きな物音に気づいた順子が家から出て来ます。
気まずい大鉄は、順子から見えないように頭を伏せます。
新浦安か戻るには早すぎると違和感を覚える大鉄、順子が家に戻り大鉄が頭を上げると、驚くことに自宅から椅子に縛られた大鉄が出てきたのです。

椅子に縛られた大鉄の後を順子と晴郎が追い、大鉄はその後を追います。
浦安駅近くのたばこ屋で椅子に縛られていた大鉄がカートンごとたばこを吸い、順子にジャイアントスイングで投げ飛ばされていました。
大鉄が目撃しているその光景は、かつての自身の姿、驚く大鉄が通りかかったおばさんに確認すると今日は4月5日。
大鉄は5カ月前にタイムスリップしたのです。
その夜、大鉄が自宅を覗くと、もう1人の大鉄が禁煙を宣言、家にも5カ月後にも戻れず大鉄は困惑します。

翌日、大鉄がべーやんに行くと、やはり禁煙ではありませんでした。
喫煙席にいたヤニーズに過去からの戻り方を相談、ヤニーズは口を揃えて落雷と言います。
もう1人の大鉄が現れ麻岡が驚くのに気づいた大鉄は、トイレに行くと言ってべーやんを後にしました。

道路脇にタクシーを停め、大鉄は苦悩します。
大鉄が自宅に行くと、もう1人の大鉄の喫煙が順子に見つかり、順子がフライングクロスチョップを見舞い家族が大騒ぎする声が聞こえて来ました。
大鉄は騒がしい大沢木家に帰りたいと思うのでした。

『浦安鉄筋家族』11話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

前話であからさまに出て来たもう1人の大鉄が何者なのか疑問でしたが、まさかタイムスリップとは思いませんでした。
しかも5カ月前という微妙なタイムスリップは、コメディーの良さでしょう。

べーやんで大鉄が禁煙席を選び、麻岡が驚くシーンが違和感なくフリになっていて驚きです。
その麻岡がひとりたばこを吸う哀愁のあるシーンは、何を意味しているのでしょう。
ものすごく気になりました。

それにしても、春巻は宇宙から戻って来れるのでしょうか。
副担の長崎屋が居るので春巻は必要ないのですが、宇宙に連れ去られたままというのは寂しいです。

大鉄がタイムスリップ!これまでの謎が明らかになる

視聴者のツイートで私も気づいたんですが、大食い回の謎は過去に戻った大鉄も食べていたからだったんですね。思わぬ伏線回収に、ゾクゾクしました。

そして、ミニチュア遊びからのデロリアン(バックトゥザフューチャー)ばりのタイムスリップにも、アツくなりました。

次回、最終回でまさかの「続く」。
大鉄がどうやって元の世界に戻るのか、もしくは帰らずに、2人の大鉄が同じ世界にい続けるのか、最終回が楽しみですね。

『浦安鉄筋家族』12話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『浦安鉄筋家族』12話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

限りなく東京に近い千葉、浦安。“夢の国”から少しはずれたところに、どんな些細な出来事でも大波乱になってしまう大沢木一家が住んでいた。家族旅行が叶わず落ち込む大沢木家は、テレビで驚がくのニュースを目にする。なんと大鉄(佐藤二朗)がトリッキーな運転をするタクシードライバーとして、サンタモニカで話題だという!さっきまで一緒だった大鉄がなぜ突然サンタモニカに…?一方5カ月前にタイムスリップ中の大鉄は、自分の行動が過去の不思議な出来事とオーバーラップしていることに気づく――。海を越え時空を超え爆走する“大鉄タクシー”!最後にたどり着くのは一体どこだ!?とにかくパワフルで極端な家族が巻き起こす、最高のエクストリーム・ホームコメディ!ついに最終回!

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/urayasu/story/