ドラマル

『浦安鉄筋家族』6話のネタバレ感想!チャーハンと杏仁豆腐の逆飯テロ

2020年5月16日に放送されたドラマ『浦安鉄筋家族』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、大鉄が激マズ中華店で大食いチャレンジをすることに!
卑怯すぎる店主(松尾諭)に対して、大沢木家は一致団結して立ち向かうが…。

関連記事

ドラマ『浦安鉄筋家族』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『浦安鉄筋家族』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『浦安鉄筋家族』6話のあらすじネタバレ

朝から米粒で騒々しい大沢木家。
長男・晴郎(本多力)の口もとに付いた米粒を二男・小鉄(斎藤汰鷹)が取ろうとしましたが、晴郎の存在そのものが臭くて無理。
長女・桜(岸井ゆきの)は、小鉄も米粒が顔にたくさん付いていると笑います。
そんな桜は、米粒が髪に付いていてリボンみたいでした。
食べ方が荒いと注意する母・順子(水野美紀)でしたが、肘にサポーターのように米粒が付いていました。
米粒ではしゃぐなと言う大鉄(佐藤二朗)は耳にビッシリ。
大沢木家は柱にリモコン、ポストに屋根、あっちこっちに米粒が付くと愚痴りだす順子。
小鉄がふと見上げると天井の照明にはたっぷりの米粒に青カビ、驚いて絶叫する大沢木家なのでした。

もうすっかり昼になり、大鉄は何時もより大きないびきをかいて居間で寝ていました。
祖父・金鉄(坂田利夫)が三男・裕太(キノスケ)を預かってくれるというので、順子は大鉄を起こしランチに誘います。

腕を組み歩く大鉄と順子、ふたりきりで出掛けるのは久しぶりでした。
大鉄は浦安名物の定食屋『羅甸』に順子を連れて行きます。
銀鱈の煮付けが有名でグルメサイト・食べグルも高評価、『孤独のグルメ』や『アド街』の浦安特集でも紹介される人気店でした。
ランチ時とあって既に行列、行列嫌いの大鉄は順子を連れて『とんかつ きむら』に向かいます。
ところが、きむらは臨時休業、豚のエリーが逃亡し食材不足でした。
そこで、大鉄は子供の頃に通っていた洋食屋に順子を連れて行きましたが、既に更地だったのです。

店を探し彷徨う大鉄と順子、『青山餃子房』の案内板を見つけ、早速行くと客は1人も居ません。
店の前で躊躇していると、店主(松尾諭)が強引に順子を店の中へ連れて行きます。
店内のテレビで放送していた『大食いチャレンジ2020』の巨大チャーハンを見て、「余裕」と大鉄は豪語。
店主の挑発に乗せられ、大鉄は大食いにチャレンジをする羽目になります。
今、見ていた番組と同じ店だったのです。

制限時間は50分、成功すれば賞金1万円、失敗すれば罰金1万円。
チャレンジがスタート、大鉄が目の前の巨大チャーハンをひと口食べると激マズ、まるで砂でした。
青山餃子房の食べグル評価は1.8だったのです。
不味さで食べさせない手口に順子が文句をつけると、店主は味変を許可。
大鉄は胡椒と醤油を試しましたが、全く効果がありません。
順子は厨房を借り、大沢木家風の味付けに調理し直します。
せっかく美味しくなったチャーハンでしたが、大鉄は少し食べると直ぐに満腹。
再び順子が厨房を借り、クズ野菜で金鉄直伝エマージェンシーの狼煙を上げました。

エマージェンシーを見て駆けつけた小鉄は、金鉄に教わった自己暗示をアドバイス。
自己暗示をかけることにより、能力を最大限に引き出せると言うのです。
大鉄はポリバケツと思い込み、チャーハンを再び食べ始めます。
店主は巨大餃子と巨大ラーメンをテーブルに並べ、セットだと言うのです。
大食いチャレンジのチラシには、小さくセットと書かれていました。

すると、桜が調理実習で使ったミキサーを持って駆け付けます。
早速、チャーハンセットでミックスジュースを作り、大鉄が飲みましたがほぼ泥。
今度は晴郎が無駄発明『電流爆破箸休めさせぬくん』を持って駆け付けます。
5秒以上箸を休めると電流が流れるのです。
させぬくんの箸を持ち大鉄が戸惑っていると、5秒経ち電流が流れました。
驚いた大鉄が床に落としたさせぬくんの箸を晴郎が拾うと、電流が流れ気絶しました。

そんな中、大食いに成功した鈴木フグオ(小山春朋)が来店。
フグオは巨大チャーハンに『キャルプシュ』の原液をかけ、「うまいぷー」と言って食べます。
フグオを見て好きな物で食べれば良いことに気づき、大鉄はタバコをおかずにチャーハンを食べます。
ところが、大鉄は腹を下しトイレに入ります。
店内のトイレに入ったはずの大鉄が店の入口から現れたかと思うと、ラーメンと餃子を食べ尽くし去って行きました。
すると今度は、トイレから大鉄が戻ります。
見ると、チャーハンがほんの少し残っているだけでした。
残り10秒、大鉄は1粒残さず食べ尽くし、賞金1万円を手にします。

店主は食べグルの低評価にやる気をなくし、客入りも悪く詐欺紛いの大食いを企画。
しかし、大沢木家とフグオを見て胸を打たれた店主は改心しました。
そんな中、天井に貼り付いていたチャーハンが落ち大鉄は失格、賞金は取り上げられました。

帰宅した大鉄と順子は、ふたりだけで外食したことを桜たちに突っ込まれ、たまには家族で外食することにします。
するとインターホンが鳴り、店主が勝手に上がり込んで来たのです。
店主は店を変え、デリバリーの大食いチャレンジを始めました。
特別に巨大杏仁豆腐を、大沢木家に持って来たのです。
やってることが前と変わらず反省してないと激怒する順子でしたが、大鉄はその気になっていました。
「令和のフードファイター・ポリバケツ大鉄をお呼びかい」
杏仁豆腐をひと口食べると、激マズだったのでした。

『浦安鉄筋家族』6話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

『孤独のグルメ』で飯テロを仕掛けて来たテレ東が遂に逆飯テロ、夏を前にダイエットには持って来いです。
ちょうど小腹が空いていたのですが、食べる気が失せました。
特に本編冒頭の大鉄の耳に付いていた米粒が、何故か気色悪くてゾワゾワと鳥肌が立ちました。

唯一の救いはポリバケツが巨大餃子を飲み込むコマ撮りシーンでしょうか。
最初は何をしているのか全く理解出来ませんでしたが、途中で気がついて見返すと可愛かったです。

7話以降、放送が延期になりました。
残念ですが、次回予告に出ていたテロップの通りテキトーに待っていたいと思います。

チャーハンと杏仁豆腐の逆飯テロ

なんともチャーハン、杏仁豆腐を食べる時にトラウマになりそうな逆飯テロ回でした。

でも、「砂・泥・ゲ」に笑う。
ポリバケツ(目玉あるやつ)が餃子食うところ、チャーハン・ラーメン・餃子ミックスの映像自粛、天井にチャーハンのオチが面白かった!
米粒の話しを持ってくるのは予想できたが、天井にビッシリは予想できませんでしたね。

それにしても、途中に現れた大鉄は何だったんでしょう…。

『浦安鉄筋家族』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『浦安鉄筋家族』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

今日は大鉄(佐藤二朗)と順子(水野美紀)の結婚記念日!
こんな日ぐらいはしっぽりと、夫婦で楽しい晩酌を…そんな願いで順子はお酒 “山田誉” を用意するが…しかし、フタが開かない!
何が何でも大鉄と晩酌がしたい順子は、賞金や賞品をかけて皆を奮起させ、開けさせようと試みるがその噂を聞きつけた仁親子やマザーファイト協会のママ達など、ご近所中の人達が集まってきて…!??
次々とチャレンジャーが現れ、気付けば『山田誉』VS浦安市民に…!!
死闘必至のフタ開けチャレンジ!執念のゴングが大沢木家に鳴り響く!

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/urayasu/story/