ドラマル

『浦安鉄筋家族』5話のネタバレ感想!MEGUMIが最高!嵌まってたと絶賛の声殺到

2020年5月9日に放送されたドラマ『浦安鉄筋家族』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、大沢木家の隣に、関西人のドケチ族・西川家が引っ越して来る!
ある日、大沢木家と西川家は、晴郎が起こした事件をきっかけに大バトルになり…。

関連記事

ドラマ『浦安鉄筋家族』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『浦安鉄筋家族』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『浦安鉄筋家族』5話のあらすじネタバレ

大沢木家の飲むヨーグルトと新聞がありません。
前科のある二男・小鉄(斎藤汰鷹)の担任・春巻龍(大東駿介)や、土井津仁(細井鼓太)に仁ママ(宍戸美和公)が疑われましたが、大沢木家の悪といえば長男・晴郎(本多力)です。
1階に下りて来た晴郎に、すかさず大鉄(佐藤二朗)がラリアット、しかしヲタの晴郎に一般の国民的アイテムは無縁でした。
そんな朝から騒がしい大沢木家の向いに、関西から西川家が越して来たのです。

小鉄のクラスに西川のり子(平澤宏々路)が転校して来ました。
のり子が関西人なのでボケた小鉄でしたが、つまらないとのり子はパチキ(頭突き)を食らわせます。

スーパー木田屋北栄店では、レジ待ちする妻・順子(水野美紀)がのり子のお母ん(おかん MEGUMI)に割り込みされ口論。
一方、ファミレスべーやんでは、のり子のお父ん(おとん バッファロー吾郎A)が禁煙席で喫煙、店長・麻岡ゆみ(松井玲奈)と揉めます。
大鉄(佐藤二朗)がゆみを助っ人しましたが、見事にお父んにやり込められました。

小鉄とのり子は帰りに一緒になり衝突、のり子の髪を小鉄が引っ張り、通りかかった桜(岸井ゆきの)は女の子の髪を引っ張るなと小鉄に注意します。
桜はお詫びに、のり子に髪留めをプレゼントします。
のり子は髪留めをしてカーブミラーに映り、まんざらでもなさそうでした。

関西人からの洗礼を受け、大沢木家のこの日の夕食は、もんじゃに納豆、黒い汁のうどんと関東ならではのメニューが並びます。
大鉄、順子、小鉄は関西に恨みを抱いていたのです。

そんな中、自室にこもる晴郎はものぐさでペットボトルに用を足し、そのペットボトルをドローンで運び江戸川に捨てようとします。
ところが、ドローンがコントロールを失い、向いの西川家の窓を割り飛び込みました。

激怒した西川家が大沢木家に怒鳴り込み、慰謝料代わりの金目のものをお父んとお母んが探します。
因縁の関西人が現れ、大鉄と順子は感情的になり晴郎の味方をしようとしましたが、晴郎の粗相はあまりにも不利でした。
のり子はお父んとお母んの行為が恥ずかしくて、止めようとします。
生意気なのり子にお母んがビンタしようとすると、女の子に手を上げるなと順子が庇います。
西川家の教育に口を出すなと大沢木家と更に揉め、ファミコンのベースボールでケリをつけることになりました。
大沢木家は巨人、猛虎魂溢れる西川家は阪神の応援グッズに身を包みます。

のり子はお父んとお母んに嫌気がさし、ひとり居間から抜け出します。
そんなのり子の様子を、桜と小鉄は見ていました。
後を追い、桜は晴郎の件をのり子に謝罪します。
桜とのり子は川沿いの遊歩道のベンチに座り、互いの家族の愚痴をこぼします。
「お姉ちゃん、友だちなってよ」
のり子は喧嘩っ早く、お父んの借金で転校ばかりしていて友だちが居ませんでした。
桜は快諾、そしてクラスにも友だちが出来ると言います。
街灯に隠れて、小鉄が立っていました。

ベースボールの決着はつき大鉄は敗北、約束通り大鉄は阪神タイガースのキャップに法被を着て仕事をするのでした。

『浦安鉄筋家族』5話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

小鉄の天敵・のり子が登場、原作的には小鉄が主人公なので、本来はヒロインということになります。

平澤宏々路はのり子を演じるにあたり、山田花子を研究したそうです。
久しく山田花子を見かけていないので、検索しようと名前を入力したら、サジェストキーワードに「死亡」と出てビビりました。

男勝りで口が悪く直ぐに手が出る一方で、内心はとても乙女、そんなのり子の再現度がとても高くて良かったです。
貰った髪留めをして、カーブミラーに自身を映すシーンは秀逸でした。
結局、何故、山田花子なのかは、本編を観ていてもさっぱり分かりませんでした。

MEGUMIが最高!嵌まってたと絶賛の声殺到

5話は、スーパーでのMEGUMIさんとしゅうぺいとの掛け合いが面白かったですね。関西人を誇張しているとは思いますが、笑えました。

また大沢木家での「アンタ、好きやで」発言後に照れ笑いし、全員が笑っちゃってたシーンも良かった。
撮り直さず使っちゃうというのもドラマ『浦安鉄筋家族』ならでは!
スタッフの絶妙な匙加減も素晴らしい。

『浦安鉄筋家族』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『浦安鉄筋家族』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ある日、裕太(キノスケ)を金鉄(坂田利夫)に預けられることになった順子(水野美紀)は、大鉄(佐藤二朗)を外食に誘う。ところが不運続きで人気店への入店が叶わず、気づけば激マズ中華店で大食いチャレンジすることに…。
大鉄vs巨大チャーハン!成功したら賞金1万円!残したら罰金1万円!エマージェンシー発動であの大沢木家が一致団結!?天国か地獄か?ひと粒たりとも残せないライスバトルの幕が開く!

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/urayasu/story/