ドラマル

『アンサング・シンデレラ』10話のネタバレ!瀬野の母は佐織里(田中美里)だった!

2020年9月18日に放送されたドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

10話では、みどりと亡くなった瀬野の母・佐織里(田中美里)の関係が明らかに!
そして、七尾拓の提案で、みどりが治験薬の承認を得るために奔走します。

関連記事

ドラマ『アンサング・シンデレラ』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』10話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『アンサング・シンデレラ』10話のあらすじネタバレ

「瀬野さんが重複癌?」と驚く相原くるみ(西野七瀬)。
「分かる。ショックだと思うけど、瀬野君が入院治療で休む間、皆んなでしっかりと薬剤部を守って行きましょう」と部長の販田聡子(真矢みき)は言います。
そして担当薬剤師が葵みどり(石原さとみ)だと説明する販田。
主任の刈谷奈緒子(桜井ユキ)が「問題は副腎癌だね」と言います。

確立された標準治療が無いと言う副腎癌。
葵は「ミトタンを併用療法で使います。副腎癌への効果が期待出来るのはミトタンしかない」と言います。
そこに、瀬野章吾(田中圭)が薬剤部にやって来ます。
「今、入院手続きが終わった。今日から患者です」と腕のネームバンドを見せる瀬野。
皆んなは不安気な表情になります。
「心配すんなって。ちゃんと戻って来るからそれまで頼んだぞ」と瀬野。
「分かる。きっと大丈夫」と言うと皆んなに笑顔が戻ります。

葵は1人だけ真剣な表情で立っています。
すると刈谷が背中を叩き「顔が硬い。気合い入り過ぎ」と言います。

瀬野の担当医師の畑中聡(長谷川朝晴)が1クール目が終わり、ミトタンの効果が得られていない為、2クール目からは量を増やすと説明します。
葵を見る瀬野。
葵は「今はこの治療法がベストだと思います」と言うと瀬野は副作用もない為、量を増やす事を承諾します。

葵が瀬野の病気を調べていると副部長の七尾拓(池田鉄洋)がやって来ました。
「このままでは瀬野副部長はあと数ヶ月かもしれませんね」と七尾は言います。
「でもミトタン以外、他に手がありません」と言う葵。
「海外には有効性が望める薬があります。FP258と言う薬です」と言って資料を見せる七尾。
「この治験薬エントリー可能なんでしょうか?」と聞く葵。
「僕の力を使えば話を通す事は出来る。しかし後々、強引に治験をねじ込んだと分かれば責任問題になりかねません。そこでこう言う提案はどうでしょう。葵さんが責任を持つんです。もし製薬会社が治験を行うとしたら、3つの関門があります。1つ、主治医である畑中先生に治験責任医師になってもらう。2つ、病院内の治験審査委員会で承認を得る事、3つ、患者である瀬野副部長の同意を取得する事。これら全て、葵さんが責任を持つ。よろしいですか?」と七尾が話すと、はいと答える葵。

瀬野が廊下を歩いていると、救急に丸岡はじめ(近藤公園)と言う男性が運ばれて来ました。
医師の豊中瑠衣(臼田あさみ)が治療に当たります。
そこに女性が現れます。
「はじめちゃん」と叫ぶ女性。
その隣に瀬野がやって来ました。

「ご主人に持病や飲んでいる薬はありますか?あるなら看護師か医師に伝えた方がいいですよ」と瀬野は言います。
女性は運ばれた男性の妻、丸岡彩乃(宮澤佐江)。

通りかかった看護師に「すみません。主人は脂質代謝異常症で薬を飲んでいました」と手帳を見せる彩乃。

◇タイトルコール

心筋梗塞で運ばれた丸岡はじめさん。重複癌の治療の為、抗がん剤を使用している瀬野章吾さん。
皆んなそれぞれの日常があって、これからもその未来は続いて行く。それを守って行くのが私達、薬剤師の仕事だ。

瀬野の母が病院のベッドで苦しんでいます。
腰をさする瀬野。
「無理。助からない」と弱々しい声で言う母。
そんな夢を見て、うなされ目を覚ます瀬野。

「大丈夫っすか?何か苦しそうだけど」と隣のベッドのはじめが聞きます。
自己紹介をして「妻に聞きました。何か俺、あんたに助けられたみたいで。すみません。あっ。干し芋食います?まあ、寝起きに干し芋は辛いですよね」とはじめが言います。
「ですね」と瀬野が笑うと、はじめも笑顔で「いつでもどうぞ」と言いました。

葵が治験薬FP258の話をします。
くるみはこれなら聞きそうですねと喜びますが、刈谷達は難しい表情。
「こんなの無理に決まってるじゃないですか」と羽倉龍之介(井之脇海)が言います。
何故かと聞くくるみに「治験審査委員会に審査を依頼しても、うちじゃ設備も体制も不十分で承認されない」と刈谷は言います。

「何とかします」と葵は言いますが「何とかならない。治験実施計画書に症例報告書、安全性に関する全ての資料をまとめないと行けない。こんな実現不可能な事に時間を使って普段の仕事が疎かになるなんてと言う事は、瀬野さんが1番望んでないはずよね?」と刈谷は厳しく言います。
「患者さんをしっかり見ながら治験の実現を目指します」と葵。
「好きにすれば。その代わり他の患者さんに迷惑かけたら許さないから」と刈谷は言います。

胃を押さえ苦しむ瀬野。
薬を飲み落ち着こうとします。
そこに葵がやって来ました。
体調を聞かれると、いい感じだよと嘘をつく瀬野。
痛み止めの薬が減っている事に気付いた葵。
大した事ないと言う瀬野。

そして隣のはじめに挨拶をする葵とくるみ。
くるみが「もしかして漫画家さんですか?」とはじめが書いている絵を見て聞きます。
「ええ。で、何?」と聞くはじめ。

葵がはじめがこれから飲む薬の一覧を見せると数の多さに驚くはじめ。
いつまで飲むのか?と聞くはじめ。
「今後の経過によって種類が減る事もありますが、心臓のお薬は生涯、服用して頂く事になります」と説明する葵。
「それって拒否出来るの?」と聞くはじめ。
「拒否?」と葵は聞き返します。
「何言ってんの?」と彩乃。
再発の予防と今後の生活に必要だと言う葵。
「何が生活だよ。薬剤師のあんたに俺の生活の何が分かる?だいたいこれ、全部で幾らするんだよ?」とはじめが言います。
「今はおおよそでしか答えられませんが、1ヶ月5000円ぐらいになるかと思います」と葵は言います。
「これから一生毎月5000円なんて。そんなのいきなり言われても」とはじめ。
葵は金額の事などはソーシャルワーカーに相談出来ると言うと、「もういいよ。放っといてくれ」とはじめは言います。

瀬野は薬のリストを見せてとはじめに言います。
「一生そんなに飲むなんて有り得ないですよね?そんなの見て何か分かるんですか?」とはじめが言うと「俺もこの病院の薬剤師なんですよ」と瀬野が言うと「干し芋食べます?」と気を使うはじめ。

「製薬会社からFP258の依頼が正式に来ました。ここから先は葵さん次第です」と七尾が話します。
「では販田部長にお願いして治験審査委員会の準備をしてもらいます」と葵が言うと「その前に患者さんの意思を確かめておいた方がいい。今回はリスクのある第1相の治験です。患者さんには考える時間が必要でしょう。治験薬の存在だけでも伝えた方がいいのではないでしょうか?」と言う七尾。

中庭のベンチに座る瀬野に大事な話があると言う葵。
「海外で副腎癌に有効とされているFP258と言う薬の治験が日本でも始まっています。医師や薬剤師から治験薬を患者さんに強制する事は出来ません。ですが」と言い掛ける葵に「断る。それは七尾副部長からの提案か?」と瀬野は言います。
「やはりそう言う反応でしたか。葵さん。これはもう諦めた方が良さそうですね。どうやら瀬野副部長はお母様の事で今でも僕を恨んでいる様だ」と七尾が現れます。

「あなたへの恨みなんか関係ない。妙な希望を与えないで貰えますか?」と瀬野は言って立ち去りました。

葵がどう言う事かと尋ねます。
「実は10年前、瀬野副部長のお母様は僕が用意した治験薬を試しているんです。しかし改善は全く見られず亡くなっているんです」と七尾は話します。

瀬野を追いかけ声を掛ける葵。
「どうか冷静に考えて下さい」と頼む葵。
「お前こそ冷静に仕事出来てんのか?抗がん剤の第1相の治験は国立か大学病院でやるのが通例だ。うちの病院では出来るはずがない。治験審査委員会の承認は得られない」と瀬野は言います。
そんな事をしている暇があるなら、はじめや他の患者さんを見ろと言う瀬野。
「全ての患者さんに同じ様に丁寧に接する。お前に最初に教えた事、忘れてんじゃないのか?」と歩き出す瀬野。
そして倒れてしまいました。

畑中は「FP258は諦めよう。瀬野君がこの薬を望んでいる訳じゃないよね?瀬野君は薬の事は全て君に任せると言った。ミトタンの増量も君が言うから頑張っている。だけど治療効果が出ないまま副作用も出ている。そろそろ別の道を考えてあげるべきかも知れないね」と話します。
「それは緩和ケアのみに切り替えると言う事でしょうか?」と聞く葵。
「残念だけど、抗えない事だってある。せめて穏やかな日々を用意してあげる事が僕らの役目なんじゃないかな?」と畑中は言います。

瀬野から教えてもらった事を思い出す葵。
すると資料が床に落ち、座り込んでいるとくるみがやって来ました。
「どうしたんですか?らしく無いですよ?葵さんはもっと落ち着いていて、全ての患者さんに向き合っていて頼り甲斐がある先輩でしたよね?」と言うくるみ。

全然ダメだと言う葵に「ほんま。全然ダメやん。だけどそんな時の為に私達がいるんじゃないんですか?」とくるみは言います。
「葵。あんたまだこの治験を実現させるつもり?」と刈谷が聞きます。
「最終的に治験薬を決めるのは瀬野さんです、でも患者さんの為により多くの選択肢を用意してあげたいんです」と葵は言います。

「治験審査委員会の為の資料作りは私も手伝う。癌治療についてはあんたより詳しいから」と刈谷は言います。
「葵さん。丸岡さんの事は私に任せてもらえませんか?今まで色々教わって来ましたから。ちゃんとやってみせます」とくるみが言います。

そこには羽倉と工藤虹子(金澤美穂)が現れ「調剤は私達がやります」と金澤。
「そっ!皆んなで協力して手を動かす」と羽倉が言います。

涙を流しながらお礼を言う葵。

畑中に頼む葵と刈谷。
畑中は「治験審査委員会の承認を得る為には相当な準備と労力がいるよ?しかも承認を得られる可能性は低い」と言う畑中。
頼れるのは畑中医師しかいないと頭を下げる葵と刈谷。

くるみは、はじめの病室を訪れ、処方変更の提案があると言います。
「医師に相談して、血液をサラサラにするお薬と胃薬を合剤に変更しました。他にも脂質代謝異状症のお薬をジェネリックに変えました」とくるみが説明します。
ジェネリックを不安に思うはじめに「効能、効果には全く遜色はありません。これが最も価格を抑えた処方プランになります」と言うくるみ。

「1日97円ほど安くなっております。少ないと思うかもしれませんが、1ヶ月で3007円。1年で35405円。今後長い付き合いになる事を考えたらそれなりの額になります。丸岡さん、これ読みました。私は好きです。こう言うほのぼのしたやつ。私は薬剤師なのでお薬の事でしかお役に立てません。どんなに考えても、たったの97円しかお役に立てません。でも色んな事を諦めて欲しくないと思いました」とくるみは話します。

「でかいよ。97円は。仕事の仲間が大変だって時に、こんなちっぽけな悩みに付き合ってくれて悪いね」とはじめは言います。
「丸岡さん、病気に大きいも小さいもありませんよ。って今の言葉は先輩の受け売りですけど」とくるみは言います。

漫画を手に「この主人公、もっと自分で動いた方が良いと思います。巻き込まれ型の話が多いんで」とくるみが言うと「何知った様な事言ってんだよ」と言いながら笑う2人。
そのやり取りを聞きながら目を閉じる瀬野。

そして治験審査委員会が始まりました。
治験審査委員会では、治験を実施する為の設備、検査体制、診療体制が十分に整っているか。
安全性や倫理的な観点から審査が行われ、基準に全て合致していると判断されれば承認がおります。
審査専門委員は各専門家の部長、その他に医学の知識がない主婦や公務員。
この人達にも分かり易く説明して患者さんの視点から判断してもらいますと、工藤が説明します。

小野塚綾(成田凌)が瀬野を見舞います。
小野塚は面接に合格し、この病院で働くと報告します。
「俺は瀬野さんの下で2年間、臨床経験を積んで、救急認定薬剤師の資格を取ろうと思います。だから必ず戻って来て下さい」と言う小野塚。
「眼鏡の冴えない学生が随分、偉そうな事言う様になったな。あんな子供みたいに真っ直ぐ見てくるから、すっかりしょぼくれてるのを見た時は驚いたよ。でも、これで安心した。俺が居なくなったら頼むな。小野塚。冗談だよ。厳しく指導するから覚えとけよ」と瀬野は言います。
はいと答える小野塚。

審査委員会では救急の豊中医師が、この病院で治験は行えると言う事を説明します。

薬剤部には荒神寛治(でんでん)が復活していました。
荒神の調剤を見て「ホンマに調剤の魔術師やったんや」と驚くくるみ。

審査委員会では質疑応答が始まり、病院の薬剤師の為に個人的な感情で行われようとしているのでは?と質問されます。
えこひいきなどと言われる中、七尾が意見します。
「皆さん勘違いをされている様なので一言申し上げさせて下さい。治験と言うのは1人の患者の為に行われている訳ではありません。全ての人の安心の為にするのです。副腎癌は100万人に2人しか羅患しない稀少な癌です。わずかですが患者さんがいます。苦しんでいる人がいるんです。私はずっと治験に携わって来ました。中には治験薬を使っても助からない患者さんもいました。ですが、そうした大勢の方達の無念を糧に治験は繰り返され、薬は開発されて来ました。皆さんの大切な日常を守る為に、人類の未来の為に、私は今回の治験は必要だと考えます」と七尾は頭を下げます。

審査委員会が終わり、販田と七尾が話します。
「七尾副部長。ありがとうございます」と販田が言うと「もし、治験が実現して、薬の有効性が示せたら僕の手柄にさせてもらいますよ」と七尾が言います。
「10年前。瀬野君のお母さん、佐織里先輩を助けられなかった時、本当は治験を担当したあなたが1番悔しかったはず。そして今度こそは瀬野君を救いたいって思ってるんでしょう?」と販田が言うと辛そうな表情になるのを堪えて「僕はただ、より良い薬が早く広く人々に行き渡る事を願っているだけですよ」と七尾は言います。
販田は「分かる」と呟くのでした。

畑中が治験の話を瀬野にします。
そして薬剤部の刈谷達が瀬野の病室に。

「後は瀬野君の判断次第だ。治験を拒否する事も出来るし、緩和ケアだけを選択する事も出来る」と畑中は言います。
皆んなは戻って来て下さいと頼みます。
そして瀬野は治験をお願いしますと言いました。

FP258が届き投薬の日。
瀬野が病室から居なくなりました。
葵は走ります。

瀬野はお墓の前に立っています。
そこに葵がやって来ました。
瀬野の母親、瀬野佐織里(田中美里)のお墓でした。

瀬野は治験をやらないと言います。
「私も何度かこのお墓に来ています」と言う葵。
「何だよ。それ」と聞く瀬野。
亡くなった妹の担当だった佐織里。
佐織里の後輩だった販田にもお世話になったと葵は話します。

皆んなが妹を助けるのに必死になっている時「みどりちゃん、1人で背負わなくていいんだよ。あなただって助けを求めていいんだよ」って佐織里は言いました。
佐織里の前では悲しい事や辛い事を全部吐き出す事が出来たと葵は話します。

「それから病院薬剤師を目指す様になりました。でも薬学部に入った時、販田部長から連絡があったんです。佐織里さんが入院して抗がん剤治療を受けているって。その時約束したんです。私は佐織里さんの様な薬剤師になりたいですって」と葵は言います。

「守れたのか?その約束」と瀬野は聞きます。
「全然です。でも今までずっと瀬野さんから色んな事を教わって来ました。ほんの少しは近づいているかもしれませんよね?瀬野さん。本当の気持ちを教えてくれませんか?」と葵は言います。

「別にそんな大層なもんじゃねーよ。ただ単純に、辛いんだよ。色んな患者さんの抗がん剤治療に関わって来た。だけど、実際やってみると生易しいもんじゃ無かった。先の見えない治療がこんなに辛いなんて。吐き気と頭痛と目眩と。もう生きてる事が辛い。それなのに改善の兆しは一向にない。希望もない。治る可能性も無いのに、いつまでこの苦しさに耐えればいいんだろう。こんな思いする必要あんのかなって。もう頭がおかしくなりそうなんだよ。治験なんかやったら今まで以上の苦痛が待ってるかも知れない。俺の母親は治験薬を使っても何も改善しなかった。涙目で緩和ケアを求めて来た。治るか分からないのにあんなの無理だって。考えるだけで恐ろしくなる。怖いんだよ。俺は。情けないだろ?散々偉そうな事言っておいてこの様だよ」と瀬野は全てを吐き出します。

「いいえ。話してくれてありがとうございます。私達これからです。瀬野さんの本当の、気持ちを知る事が出来ました。ここからようやく病気と戦えます。瀬野さん。辛かったり怖かったりしたら今みたいに言って下さい。1人で抱え込まないで全部吐き出して下さい。医師や看護師、薬剤師、皆んなで全て受け止めますから。瀬野さんが治験を選んでも、緩和ケアを選んでもどんな道を選んでも全力でサポートさせて頂きます。だからどうかもっと私達を頼って下さい」と泣きながら葵は伝えます。

薬剤部に瀬野を連れて戻った葵。
頭を下げる瀬野。
「娘娘亭でチャーハンでも食べてたんですか?」と羽倉。
「今度私達も連れて行って下さいよね」と工藤が言います。
「瀬野さんのせいで葵が居なくなって大変でした」と刈谷。
「まあ。葵さんの分は私がカバーしましたけど」と笑顔でくるみは言います。
荒神さんはマジックを見せます。

「薬剤師って言うのはやっぱり必要だよな」と呟く瀬野。

「ご迷惑をお掛けしました。治験を受けます。皆さんに全てお任せします。よろしくお願いします」と瀬野は頼みます。

そして投薬が始まりました。
「大丈夫?」と畑中が聞くと「安心です」と点滴を見る瀬野。
そこには薬剤部全員の判子が押されていました。

そして2年後。

変わらない薬剤部に研修として、以前、入院していた蓑島心春(穂志もえか)が
やって来ました。
辺りを見渡し「葵さんと瀬野さんは」と聞く心春。
皆んなの動きが止まります。
「いない。あの2人はもういない。薬剤部はバラバラになったの」と刈谷は言いました。

『アンサング・シンデレラ』10話のネタバレ感想

40代女性

なか

瀬野の辛さを知って、苦しかったんだなと心が痛くなりました。
皆んなの前では普通に振る舞い、痛さや苦しさを見せない所。
心配を掛けない様にと耐える瀬野を見ていると涙が出ました。

本当は怖い、恐ろしいと葵に気持ちを伝えた時、それはそうだよと、母親を見て同じ病気になり、もしかすると怖さが倍増だったと思います。

葵や薬剤部の皆んながいて良かったなと思いました。
必要としてくれている人達がいるって心強いものです。

そして、七尾副部長。
治験審査委員会で、治験について語る所で感動しました。

あんなに熱く語る所に驚いたのと、きっと瀬野のお母さんの事を悔やんでいたと言うのが伝わり、だから瀬野は救いたいと思っていると言うのが物凄く分かりました。
いつも嫌味を言いながら瀬野に絡んでいたのも、心配をしていたのかも知れません。
伝え方が下手なだけだったんですね。
自分のキャリアやステップアップの為ではなく、ただ人を救いたいと言う気持ちが伝わりました。

2年後、瀬野や葵がどうなったのかとても気になります。
治験薬の効果が出ている事を祈るばかりです。

瀬野の母は佐織里(田中美里)だった!

みどりの妹の担当薬剤師で、みどりを支えてくれたのが佐緒里(田中美里)。
その佐緒里が実は瀬野章吾(田中圭)の母親だったんですね。

田中美里さんの役どころは、病院薬剤師の清水佐緒里と発表されており、苗字が異なるので全く気づけませんでした…旧姓のまま働いていたんでしょうか?それとも、章吾を生んだ後に離婚したんでしょうかね。
その辺のことはわかりませんが、みどりが病院薬剤師として熱い気持ちがあること、瀬野に対して特別な感情を持っていることが凄く納得できました。

さて、2年間の間に何があったのか?
瀬野は生きているようですが一体何があったんでしょう…次回の放送が非常に気になりますね。
あと、七尾副部長いい人で意外(笑)

『アンサング・シンデレラ』11話のあらすじ

公式サイトが発表している『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』11話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 葵みどり(石原さとみ)が瀬野章吾(田中圭)の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過した。

 その頃、みどりは萬津産婦人科医院で働いていた。そこに小野塚綾(成田凌)が訪ねて来る。喫茶店に行くと、小野塚は萬津総合病院薬剤部に簑島心春(穂志もえか)が研修に来ていることからみどりに話し出す。心春の指導担当が相原くるみ(西野七瀬)と聞いたみどりは嬉しそう。だが、瀬野が不在なので自分が救急薬剤師を任されていると話す小野塚に、みどりの顔が曇る。みどりは瀬野に行った治験薬の投与に責任を感じていた。小野塚は萬津総合病院に戻って来るよう促すが、みどりは今の仕事が大事だと断る。そんな時、みどりは産婦人科から呼び出された。

 みどりが病院に戻ると、妊娠35周目の向坂千歳(土村芳)が家でお腹を打って倒れたと、母の世津子(朝加真由美)に連れて来られていた。幸い母子ともに大事はなかったが、てんかんの既住を持つ千歳が立ちくらみで転倒したと聞いたみどりは、抗てんかん薬をきちんと服用しているかと尋ねる。千歳と世津子は服用していたと答えた。

 そんな萬津産婦人科医院の常勤医師は、道場健太郎(前原滉)。まだ研修を終えたばかりの道場は、てんかん合併の妊婦を小さな産婦人科で診ることに自信がない。みどりは、スタッフは道場を信じていると励ます。

 入院した千歳はこっそり抗てんかん薬を捨てた。それを同室の星名優(入山法子)が見てしまう。しかし、服薬を確認するみどりに、千歳は飲んでいると嘘をついて…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/index.html