ドラマル

『アンサング・シンデレラ』8話のネタバレ!でんでんさんは感動の魔術師!荒神夫婦の関係が泣ける

2020年9月3日に放送されたドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、みどりと小野塚綾が、在宅医療に特化した笹の葉薬局で研修することに!
みどりたちは代表の仁科と患者の家へ、すると患者の中に荒神(でんでん)の妻がいて…。

関連記事

ドラマ『アンサング・シンデレラ』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』8話のあらすじネタバレ

全身転移の末期癌で在宅医療を選択した荒神泰子(大塚良重)さん。
アレルギー性鼻炎に悩んでいる増田航平(田中幸太郎)さん。
皆んなそれぞれの大切な日常があってこれからもそれぞれの未来が続いて行く。
それを守って行くのが私達薬剤師の仕事だ。

葵みどり(石原さとみ)がDI室の荒神寛治(でんでん)の部屋に資料を借りに行きます。
何番目にどの資料があるかを全て覚えている荒神。
そんな荒神は調剤の魔術師と呼ばれています。

「え?手品?手品の練習をする為に荒神さん、休むんですか?」と相原くるみ(西野七瀬)は驚きます。
「それで部長許しちゃったんですか?」と葵。
「どうしてもって言うから」と部長の販田は言います。

「荒神さんいなくてもそんなに関係ないですかね?調剤はいつも私達でやってますし」とくるみが言うと、「関係ある。相原は気付いてないかもしれないけど、輸液の期限チェックとか発注伝票の確認とか。荒神さんがこっそりサポートしてくれていた事は沢山ある」と主任の刈谷奈緒子(桜井ユキ)は言います。

「それに薬の副作用報告を厚労省に提出したり製薬会社と面談したり、DI業務は実は大変なの」と工藤虹子(金澤美穂)も言います。
「そっ。DI室のレベルがその病院の薬剤部のレベルを決定すると言う程、重要なポジション」と羽倉龍之介(井之脇海)が言います。

葵は「でも荒神さん責任感強い人だから趣味の為に仕事放り出す様な事しないと思うんですけど」と納得いかない様子。
それを聞いた販田はハッと慌てた顔をします。
「荒神さんにも、こう、色々考えがあるんじゃないかしら?」と販田は誤魔化します。
刈谷は怪しいと感じ聞きます。
誤魔化す販田。

そして販田は地域の調剤薬局と連携強化を深める為に、薬剤部から1人2週間の研修に行ってもらう事になったと話します。
荒神がいなくて忙しい時にと、皆んなは反対します。
「研修を受け入れてくれるのは在宅医療に特化した調剤薬局さんみたいなのよ」とボソッと言います。
「はい。私行きたいです」と満面の笑みで手を挙げる葵。
販田は葵が手を挙げると分かっていた様子。
葵は在宅医療の現場を体験したいと話していたからでした。

「じゃあ葵さん決定ねぇ」と販田が言うと、反対する刈谷。
「分かる。だから助っ人をお願いしました」と販田。

すると副部長の瀬野章吾(田中圭)が現れました。
「今までみたいに救急に常駐ではなくて基本的には調剤室に張り付いて必要な時だけ救急に入る」と言う瀬野。
瀬野にお礼を言う葵。
「ここは俺に任せとけ」と言う瀬野に「どうしたんですか?」と聞く葵。
「お前がいねーんならここも悪くないなと思っただけ」と瀬野は答えます。

葵がスマホのナビを見ながら研修先を探していると小野塚綾(成田凌)がやって来ました。
驚く葵。
店長に言われて来たと小野塚は言います。
「いやいや来た感が凄いじゃないですか」と言う葵に「嫌に決まってるじゃないですか。在宅医療なんて。薬剤師が365日24時間対応なんてエグくないですか?でも葵さんには向いてんのか。俺は勉強出来る事を吸収したらやる事やって撤収しますから」と小野塚は言います。

すると薬局に到着。
笹の葉薬局代表の薬剤師、仁科敦夫(東根作寿英)と出会います。
笑顔で自己紹介を済ませて、患者さんのお宅に向かいます。

患者さんに薬の説明をする仁科。
そして電球を取り替えてと言われ笑顔で応じる仁科。
そんな仁科に疑問を感じる小野塚。

患者さんは高齢者が多く、認知症や末期癌の患者さんなどがいて、その人達の生活スタイルや食べている物などとの組み合わせや副作用などのチェックをすると説明する仁科。
訪問した患者さんについて担当医師、看護師、ケアマネージャーと情報を共有していくと話します。

何軒かの訪問を終え、薬局に戻ると仁科に電話連絡が入ります。
電話を終えた仁科にどうしたのかと尋ねる葵。

「本庄先生から。大腸癌で全身に転移している末期の患者さんなんだけど、痛みが強くなって来ているからモルヒネの増量投与で緩和出来ますかって」と内容を伝える仁科。
それを聞いた葵は仁科を手伝います。

患者さんの家の前で本庄泰史医師(住田隆)と合流。
仁科が容態を聞くと、「もうかなり体力も落ちていて、意識もはっきりしない状態が続いています。後、数日かも知れません」と本庄は言います。

小野塚に声を掛ける葵。
どうしました?と聞くと「いやぁ。末期の患者さんなんか接した事ないからちょっと緊張気味って言うか」と小野塚は答えます。
「私も一緒です。何度経験しても一緒なんです」と葵は言います。

そして玄関先に向かう2人。
ドアが開き出迎えたのは荒神でした。
驚く葵。

薬の投与をする本庄医師。
「泰子さん。痛くなくなるお薬だから。これで安心だからね」と声を掛ける荒神。

本庄医師と仁科は先に帰り、葵と小野塚が荒神と話します。
驚いたと言う荒神。
「8年前に大腸癌になって治療したんですけど、半年前に再発しまして。肝臓と肺、脳にも転移しています。今は意識混濁でせん妄もある状態です」と話す荒神。

「部長には?」と聞く葵。
「半年前、妻が再発した時にお伝えしました。在宅に切り替えると言うお話を先日してお休みを頂いた次第です。妻が喜ぶので手品の練習をさせて欲しいとお願いしたんです」と手品を見せながら荒神は言います。

飾られている写真を見て毎年同じ日付けに気付いた小野塚。
結婚記念日だと言う荒神。
「明後日じゃないですか」と葵は言います。
「ええ。元々、結婚披露宴の余興でやったのが始まりです。それ以来、毎年うちで泰子さんと手品を披露するのが恒例です」と荒神は話します。

自分から頼み事などしない泰子。
入院中、家に戻りたいと頼んだ泰子。
それからは在宅医療をお願いしていると言います。

くるみはアレルギー性鼻炎の増田航平に薬を渡します。
後ろで息子の増田翔太(川原瑛都)がくしゃみをします。
鼻水を拭いてあげる航平。
「この前いらっしゃったばかりなのでお薬残ってますよね?」と聞くくるみ。
「あー。もうないです」と答える航平。
「それは多めに飲んだと言う事ですか?」とくるみは聞きます。
「そう言う訳ではないんですけど」と急いでいると言って帰ろうとする航平。
目を擦る翔太を見て気になる様子の瀬野。

瀬野はくるみに航平の事を聞きます。
「奥さんが出産間近で産婦人科に入院してるみたいだな。奥さんに息子さんの事聞いとけ。目を痒そうにしていたのが気になる」と瀬野は言います。
「え?息子さんですか?」とくるみが聞くと「増田さん。薬が早くなくなってたんだろ?セレスタミンにはステロイドが含まれてる。一応の確認」と瀬野は言います。
「はい。分かりました」とくるみは答えます。

そして流れる様に業務をする瀬野。
調剤の早さに驚くくるみ。
「やっぱり瀬野君がいると安定感抜群ね」と販田は言います。
「葵が戻って来るまでですけどね」と刈谷。
皆んなは葵はこのまま在宅医療に行ってしまうのでは?
荒神さんはマジシャンになるのではと心配そうです。
「荒神さんなら大丈夫よ。葵さんがついてるから」と販田。
「どう言う事ですか?部長、やっぱり何か隠してますよね?」と刈谷は販田に詰め寄ります。
誤魔化す販田。
すると「刈谷。いいから手を動かす」と瀬野が注意します。
「刈谷さんも怒られるんや」とくるみはニヤリ。
「何?」と刈谷。
「何もありまへん」と逃げるくるみです。

娘娘亭で、刈谷とくるみに荒神の事を話す葵。
荒神が皆んなに全てを話して欲しいと言われたと葵は言います。

「担当医師の話によると、あと1週間ぐらいかも知れないって。痛みのスコアも上がってますし、鎮痛コントロールも不良なので鎮静する段階かも知れません」と葵は言います。
「鎮静って緩和ケアの一種でしたっけ?」とくるみは聞きます。
「モルヒネとかの鎮痛剤は痛みを取り除く時に使うけど、鎮静はまた別物」と答える刈谷。
「点滴で鎮静剤を投与して眠った様な安らかな状態にするの。決して死期を早める為ではなくて痛みを取り除いで安らかな最期を迎える手段。鎮静をすると喋れなくなって、意思疎通が出来なくなる事もあるから家族にとっては重い決断になる。簡単には決められない」と葵は説明します。

眠る泰子の側で手品をしている荒神。
急に痛み苦しみ出し、お母さん。苦しいとうわ言の様に言う泰子。

羽倉や工藤が、荒神の事を販田に聞きます。
くるみ達に教えてもらったと言って、何故話してくれなかったのかと言います。
「分かる。でも皆んな心配して仕事が手につかないって思って」と販田は答えます。
「逆ですよ。荒神さんの分も頑張らないと」と皆んなは言います。

嬉しそうな販田。
「今、狙い通りだって思いました?葵を送り込んだのも部長の狙いですよね?荒神さんが笹の葉薬局を利用しているのを知っていて人材交流を申し出た。荒神さんを葵に見てもらう為に」と刈谷は販田に言います。
笑いながら逃げる販田。

瀬野はまたも突然の痛みに襲われます。

小野塚が薬局で泰子の処方箋を目にします。
泰子は鎮静剤の投与をする事になりました。

荒神は泰子の爪を切ってあげます。
「鎮静するんですか?結婚式明日ですけど」と小野塚は聞きます。
「妻は痛いとか苦しいとかほとんど言わないんですよ。でも、今朝、亡くなったお母さんの夢を見たのか、お母さん苦しいよって。子供みたいに泣いて。分からなくなってしまいました。本当に家に連れて帰って来て良かったのかなって」と言う荒神。
「泰子さん、物凄く嬉しそうでしたよ。家に戻って来て良かったって思ってると思います」と葵は伝えます。

本庄医師が改めて確認します。
そして鎮静剤の投与を決断する荒神。
投与が始まるその時、「あなた、手品は?」と聞く泰子。
「完璧だよ」と答える荒神。
「楽しみ」と弱々しい声で言う泰子。

すると荒神は「明日泰子さんに手品を見せてからにして貰えませんか?泰子さん楽しみにしてるんです。勝手言ってすみません」と頼む荒神は機械から薬を取り頭を下げます。
「分かりました」と本庄医師は言います。

くるみは廊下でテレビ電話をする航平の妻を見つけます。
翔太の目の周りが赤い事に気付いた妻は、小まめに掃除をしたりしてねと航平に頼みます。
そして声を掛けるくるみ。

翔太は航平に目が痒いと言います。
すると航平は「パパのお薬分けっこしようか」と言いました。

荒神の家で料理をする葵。
荒神は小さなぬいぐるみを泰子に握らせます。
それは葵が渡した物で、爪で手を傷つけない様にする物でした。

すると、小野塚がやって来て、娘娘亭の料理を差し入れします。
3人で食べながら、荒神が披露する手品のビデオを見ます。
それは荒神と泰子の披露宴のビデオ。
2人は笑顔で手品をしています。

その映像を見ながら荒神は悩みます。
自分の決断は間違っていたのか?
鎮静剤を打つべきか葵に聞きます。
葵は薬剤師の立場では何も言えないと言い、荒神の友人としてなら泰子に結婚記念日に手品を見てもらいたいと思うと伝えます。
そして葵と小野塚は翌日の手品をアシスタントとして手伝うと言いました。

当日。
結婚して25年ありがとうと伝える荒神。

仁科と本庄医師が見守る中、音楽を鳴らし手品を始めようとした時。
泰子がもがき苦しみ出しました。
落ち着かせる為に押さえようとする荒神ですが、突き飛ばされてしまいます。
ベッドの上で暴れる泰子をただ驚きながら見る事しか出来ない葵と小野塚。

本庄医師は一時的に痛みを取る薬を投与すると告げます。
しかし、荒神は「先生。泰子さんを楽にして下さい。鎮静をお願いします。葵さん。鎮静をお願いします」と頭を下げる荒神。
「泰子さん。辛かったね。苦しかったね。もう大丈夫だよ」と声を掛ける荒神。
そして鎮静剤が投与されます。
泰子が握っていたぬいぐるみが泰子の手から落ちました。

薬剤部では販田か荒神の妻、泰子に鎮静剤が投与された事が伝えられました。
そして瀬野はくるみに航平に服薬指導をする様に指示します。

航平に薬の説明をするくるみ。
薬を出すペースが早い理由を聞きます。
前回もらった薬はほとんどないと言う航平。
少し多めに貰いたいと言います。
「それは増田さんが多く飲んだと言う事でしょうか?」と聞くくるみ。
「そう言う訳ではないんですが」と言いにくそうな航平。
「奥様に話を伺いました。翔太君。ハウスダストのアレルギーがあるそうですね。もしかして?」とくるみは聞きます。
航平は翔太の鼻水が酷い時に飲ませたら凄く良くなったとたまに飲ませていると話します。

「増田さん。これは子供に使って欲しくない薬なんです。セレスタミンにはステロイドが含まれています。ステロイド含有のお薬は効果が高い分副作用に注意が必要で、子供が長期間服用すると免疫力が低下したり、低身長や肥満になると言われています」と説明するくるみ。
「じゃあ何回までならOKですか?」と航平は聞きます。
そう言う事ではとくるみが言うと「だって現状全然大丈夫ですし、短期間なら問題ないですよね」と航平。
悪影響を及ぼすと言うくるみ。
実際にそんな子供を見た事があるのかと航平は聞きます。
「それはないですけど」と答えるくるみ。
「だったら平気なんじゃないですか?忙しいのでそろそろ」と行こうとする航平。

すると瀬野がやって来て言います。
「相原がそう言う子供を見た事が無いのには理由があります。ステロイドが子供の成長ホルモンに影響を与えると周知されたのは10年程前で、それ以来、医師や薬剤師大勢の医療従事者がその弊害を必死に防いで来たからです。実際に私はステロイドによって成長抑制がかかってしまったお子さんに対応した事があります。そのお母さんが泣いて後悔している姿を忘れる事が出来ません」と話します。

「そんな怖い薬なのに大丈夫なんですか?」と航平。
「増田さんには必要な薬です。用量用法を守って頂ければ大丈夫です。働きながら慣れない子育てを並行するのは大変だと思いますが、1度、小児科で診てもらう方がいいかも知れません。小児用のお薬でしたら翔太君も安心して飲めますので」とくるみが話すと「はい、分かりました。そうします」と航平は言います。

廊下で待つ翔太を抱きしめて謝る航平。

瀬野は「相原。患者さんを最後まで看取る事は大切。だけどこれからの未来を見る事も同じかそれ以上に大事な事だからな」とくるみに伝えます。

泰子が眠る中手品をする荒神。
そして葵と小野塚。
「泰子さん。披露宴でやった手品だよ。僕のアパートで練習したの覚えてる?凄くうけたよね。懐かしいよね」と話す荒神。

そして葵と小野塚にお礼を言います。

今までの結婚記念日を思い出す荒神。いつも笑顔の泰子ばかりです。

葵は病院勤務に戻ります。
瀬野にお礼を言うと、奢れよと言われます。

そして廊下を歩いて行く瀬野。
すると突然、瀬野が吐血しそのまま倒れてしまいました。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』8話のネタバレ感想

40代女性

なか

末期の癌で最期をどう終わらせてあげれば良いのか?
苦痛に苦しむ泰子を痛みから解放してあげる事を選択すればもうほんの少しも話す事が出来なくなるかもしれない。
でも痛みを取らずにいると苦しむ姿を見なくてはいけない。
この選択を夫がするとか妻がするとかになると1人では判断が出来ない気がします。

選んだ方と違う事をもしかすると望んでいるかも知れない。
選択は間違ってしまったかもしれないと色んな気持ちが押し寄せてくるかと思います。
だから結婚記念日当日。
苦しんだ泰子を見て決断した荒神は凄いと思いました。
本当は記念日が終わるまでと思っていたかもしれません。
それでも痛みを取ってあげて安らかな最期を選んだ荒神の深い愛情に涙が出ました。
もう目を開ける事がなくてもただいてくれるだけでいいと言う気持ちだったのかもしれないです。

そして最後に瀬野が倒れてしまいました。
前回から痛みを堪えるシーンがありました。
瀬野の病気が何なのか?
きっと葵は瀬野がいたから自分らしくいれたのかなと感じていたので大丈夫かなと心配です。

でんでんさんは感動の魔術師!荒神夫婦の関係が泣ける

荒神寛治(でんでん)が、妻・泰子(大塚良重)を思う姿に泣けました。でんでんさんは感動の魔術師ですね。

結婚記念日のラスト手品は叶わず…。苦しむ妻に謝り、鎮静剤を投与を告げる寛治の気持ちを思うと…涙。
半話ぐらいなのに、でんでんさんの演技に完全に持ってかれました。

『アンサング・シンデレラ』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 瀬野章吾(田中圭)が葵みどり(石原さとみ)の目の前で倒れた。救急センターに運ばれ豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けた瀬野は、すぐに意識を取り戻す。詳しい検査を受ける事になった瀬野は付き添って来たみどりに、仕事に戻るよう指示した。

 翌朝、萬津総合病院には瀬野が倒れたという噂が広がり、調剤室にも伝わる。が、いつものように顔を出した瀬野は逆流性食道炎だったと仲間たちを安心させる。そんな瀬野に刈谷奈緒子(桜井ユキ)は静養した方が良いと忠告。同意した瀬野は、みどりに救急センターの手伝いを頼む。その後、瀬野は販田聡子(真矢ミキ)に、瑠衣から肺に腫瘍の疑いがあると指摘されたため精密検査を受けると報告。そんな時、瀬野に救急センターから急患の呼び出しが入る。

 搬送されて来たのは若月陽菜(徳永えり)。みどりと陽菜の所持品から薬を探した瀬野は抗不安定薬の大量の殻を見つけ、オーバードーズ(薬の多量摂取)を疑う。処置にあたっていた瑠衣は、みどりに薬袋の調剤薬局に連絡して陽菜への処方歴を確認するよう頼んだ。すると、やはり陽菜は複数の医療機関から同じ病気の処方箋を受け取り、大量に薬を手に入れていた事が判明。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と病室へ服薬指導に行くが陽菜は反抗的。みどりは陽菜にからかわれてしまう。

 瀬野は精密検査の結果を消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)から知らされる。それは瀬野にとって受け入れ難いものだった。一方、みどりは小野塚綾(成田凌)から、意外なことを頼まれる。

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/index.html