ドラマル

『アンサング・シンデレラ』6話のネタバレ!薬剤師が患者のインスタをチェックすることに違和感の声!

2020年8月20日に放送されたドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、多剤耐性菌の疑いのある患者・小川早苗の服薬歴をみどりが調べることに!
一方のくるみは、月経困難症と診断された患者の服薬指導を一人で行うが…。

関連記事

ドラマ『アンサング・シンデレラ』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』6話のあらすじネタバレ

月経困難症で苦しんでいる遠野倫さん(山谷花純)。
風邪の症状で通院している小川早苗さん(高林由紀子)。
皆んなそれぞれの大切な日常があって、これからもそれぞれの未来が続いて行く。
それを守るのが私達、薬剤師の仕事だ。

薬剤部の荒神寛治(でんでん)が得意の手品を披露します。
ブラボーと声を掛ける部長の販田聡子(真矢みき)。
この日は高齢者の為の服薬指導教室が行われていました。
葵みどり(石原さとみ)と相原くるみ(西野七瀬)と小野塚綾(成田凌)が並んで拍手を送ります。
「何で俺まで?」と小野塚は言います。
「地域の調剤薬局の人も一緒の方がいいじゃないですか」と葵は言います。

お薬の飲み方などの説明をします。

薬の説明より世間話をしてみたいと言うくるみに「お年寄りに必要なのは薬とか高度医療とかじゃなくて親身になって話を聞いてくれる相談相手なのかもしれないね」と葵は言います。
そんな葵をじっと見つめる小野塚。
視線に気付いた葵は「そう言うのが鼻につくって言いたいんですよね?」と葵。
「いや、葵さんの言う通りだと思いますよ」と小野塚は言って歩き出しました。

3人が帰ろうとした時、1人の女性が倒れました。
駆け寄る葵。
小野塚が救急車を呼びます。

運ばれたれのは小川早苗と言う女性。
救急センターの豊中瑠衣(臼田あさ美)が診察します。
風邪だけではない様子の早苗に回復するまで入院する様に伝えます。

今飲んでいる薬を聞く葵。
「飲んでいたら何か問題あるんですか?」と聞く早苗。
「一緒に飲むと効果が弱くなってしまう薬もあるんです。体に害になるものも」と説明する葵。
「ありません。薬は何も飲んでいません」と早苗は答えます。

主任の刈谷奈緒子(桜井ユキ)が薬の説明をしています。
患者がネットで薬の事を調べて意見をしてくるのを、強気に言い負かす刈谷。
そんな刈谷を見て「刈谷さんってめっちゃ強気ですね」と工藤虹子(金澤美穂)に聞きます。
「ここに来る前は大手の調剤薬局にいたらしいよ」と金澤は言います。
「調剤薬局から病院って珍しいですよね?」とくるみは言います。
「そう。普通は逆。病院で経験積んで外に出て行くのにね」と羽倉龍之介(井之脇海)が言います。
「売り上げもダントツで20代で副店長任されてて幹部候補間違いなしって言われてたみたい」と金澤は言います。
「それで何で辞めたんですか?何か問題起こしたとか?」とくるみ。
「発注ミス」「薬局内の不倫」と皆んな好き勝手に言います。
「人の事より手を動かす」と葵は注意します。

刈谷がやって来て、くるみに服薬指導に行く様言います。
初めての患者に驚くくるみ。

そして患者の遠野倫と向き合い座ります。
倫が「生理痛が酷くて」と言うと「辛い時ありますよね」と言うくるみを少し驚いた表情で見る倫。
薬の説明をするくるみに倫は、ピルを飲む事に抵抗がある事を話します。
きちんと説明をし、最後に名刺を渡し、いつでも相談に乗ると言うくるみを笑顔で見つめる倫。

薬剤部に戻ったくるみは嬉しそうにしています。
葵は何かあったら相談する様に言いますが、大丈夫ですと言うくるみ。
そんなくるみが少し気になる葵。

救急センターの豊中が早苗の病状を葵に説明しています。
体調は良くなっていないと話す豊中。
葵は癌の可能性を聞きます。
しかし、豊中は問題はなかったと答えます。
葵は何故、薬が効かないのか疑問を感じます。

話しながら歩く2人に副部長の七尾拓(池田鉄洋)が「多剤耐性菌の可能性もあるんじゃないでしょうか?多剤耐性アシネトバクターやカルバペネム腸内細菌CREも視野に入れといた方がいいのでは?」と言います。
「でも多剤耐性菌の腸炎を疑うなら小川さん自身が入院治療してたとか関係者の濃厚接触がないと考え難いですよね?」と豊中は言います。
「あくまでも可能性の話です」と七尾は言います。
豊中は検査機関に検体を送っておくと言います。

早苗が保菌者だとしても、罪はないですよね?と七尾に聞く葵。
七尾は犠牲者を出したくないだけだと言います。

薬剤部では多剤耐性菌の話をしています。
多剤耐性菌が増えると薬が効かなくなってしまうと。
それを聞いて怖がるくるみ。
離れた所で話を聞いている刈谷。
ある光景を思い出します。
病院の入り口付近で倒れる女性。
薬の処方箋には刈谷のハンコが押されています。

倫がくるみに電話をします。
薬を飲んでいるのに症状が良くならないと。
自分の一存では何も言えないので、再受診をする様に勧めるくるみ。

電話を切ったくるみに声を掛ける葵。
しかし、くるみは大丈夫ですと言います。

葵は多剤耐性菌について調べますが難しいと困っています。
そこに副部長の瀬野章吾(田中圭)がやって来て「お前はいつから人類の救世主になったんだ?難しい本じゃなくて小川早苗さんをきちんと見ろ」と言う瀬野。
悩む葵に「外から入って来る可能性が低いなら、自分の中で菌が生まれたって考えるのが妥当だろ?」と瀬野は言います。

「もしかしてクロストリジウム腸炎ですか?抗生剤を飲んでいないと発生しませんよね?早苗さんはお薬は何も飲んでいないとおっしゃっているんです」と葵は言います。
その言葉は間違いないのか?と瀬野は葵に問い掛けます。

早苗にもう一度聞く葵。
薬は飲んでいないと言う早苗。

葵は小野塚に地域の調剤薬局の薬剤師さんを集めて欲しいと頼みます。
地域の調剤薬局で早苗に薬を出した事がないかを聞いて欲しいと。

薬剤部ではくるみが倫の症状を調べています。
瀬野が声を掛けますが、特にアドバイスもしません。
くるみが「アドバイスくれないんですか?」と言います。
「相原の指導係は俺じゃないから」と瀬野は言います。
「いいじゃないですか。葵さんだけじゃなくてたまには私にもいい感じの事言って下さいよ。はい。どうぞ」とくるみは言います。

「医療の現場には女性の存在は重要だ。女性ならではの病気も多いからな。特に薬剤師の世界は女性が7割を占めている。それは、い、いい事だと思う」と何故か辿々しく説明をする瀬野。
「何かいい感じに言ってますけど、要は生理の事は男の俺にはよく分からないって事ですか?」とくるみは聞きます。
「まぁ。そう捉える事が出来るよね。まぁとにかく患者だ。薬剤師は患者の事を見るんだ。ご苦労様です」と言って瀬野はその場を立ち去りました。

くるみは倫のインスタを見ます。

病院を訪れた倫に新しい薬を渡すくるみ。
すると倫は倒れてしまいます。
驚くくるみ。
そこに葵が駆けつけて医師に連絡する様に言います。

葵は倫に薬が効いていない事を何故、相談してくれなかったのかと聞きます。
部長の販田は「相原さんだけの責任じゃないし」と言います。
葵と刈谷は頭を下げます。
くるみは葵が早苗の件で忙しそうで生理痛の事を聞ける感じじゃなかったと言います。
葵は病気に重いも軽いもないと言います。
「薬の事で困っている患者さんが頼りに出来るのは目の前にいる薬剤部なんだよ」と葵は言います。
そして刈谷が葵に、倫の事を相原と一緒に見る様に頼みます。

くるみはもう少し1人でやらせて欲しいと頼みます。
「任せたらどうするつもり?」と刈谷は聞きます。
「これです」とスマホで倫のインスタを見せるくるみ。
「薬が効かなかった原因ってこれかもしれないって」と画面に写るサプリメントを見せます。
「患者を知るのが薬剤師の仕事ですから」とくるみは言います。
販田はもう少し任せましょうと言います。   

倫に謝罪をするくるみ。
そしてインスタを見たと話、飲んでいるサプリメントを教えて欲しいと頼みます。
「もういいですよ。薬剤師さんも。分かってるんです。理解してもらえない。隠さなきゃいけない。昔から親とかに相談しても、どうせ生理痛でしょうって言われて来たんで。本当ただの生理痛なんで。もっと大変な人がいるだろうし、そっちに行って下さい」と倫はくるみに背を向けベッドに横になりました。

その様子を見ていた葵。
すると電話が鳴ります。

小野塚からです。
「小川早苗さん。ここ数年色んな調剤薬局からずっと薬を受け取っていました」と話します。
どんな薬か聞く葵。
「抗生剤のスルタミシリン」と小野塚が言います。
「やっぱり抗生剤。どうして教えてくれなかったんだろう」と言う葵。
「さあ?本人に聞いてみるのがいいんじゃないですか?」と小野塚。
「その薬出していた病院って?」と葵は聞きます。
「長崎医院」と答える小野塚。

薬の事を早苗に聞く葵ですが、早苗は話してはくれません。
葵がどれだけ頼んでも抗生剤は飲んでいないと言う早苗。
葵が長崎医院に聞いてみると言うと、「余計な事をしないでちょうだい。お願いだから余計な事、しないで下さい」と声を荒げる早苗。

医者を庇っている感じがすると言う葵。
「医者に言われて抗生剤を服用している事を隠す様に言われてるんじゃないですか?ただの風邪とかウイルス性の腸炎でも抗生剤をバンバン処方する開業医けっこういますからね」と羽倉は言います。

そう言う医者に限ってお年寄りに優しいと羽倉は言います。
「独り身のおばあちゃんだと優しい医師の言う事は何でも聞いちゃいそうだもんね」と金澤は言います。
「寂しいお年寄りを食い物にする悪徳医師ですよ」と羽倉は言います。
「もしそうだとしたら許せないね。絶対に」と葵が言うと、電話が鳴り早苗の容態が急変したと連絡が入ります。

医師の豊中は長崎医院の医師に連絡を取って欲しいと葵に頼みます。
「葵。相手はうちとは関係ない開業医だからな」と声を掛けて言う瀬野。
「冷静に早苗さんの持病と処方内容確認してきます」と葵は言いました。

長崎医院に到着した葵。
診療時間は終わりと言う医師の長崎浩(佐戸井けん太)を飲みに誘う患者。
葵が大切な話があると声を掛けます。

「分かった。小川さんスルタミシリン服用していました」と葵から連絡を受けた瀬野が豊中に伝えます。

瀬野はクロストリジウム腸炎で決まりだと葵に言って長崎医師の事を聞きます。
早苗の病状を説明した葵。
何故スルタミシリンを処方したのかを聞く葵。
一枚の処方箋には医者のモラルが試されている筈ですと問い掛ける葵。
「医者失格と言われても仕方がない。こうなるかも知れないと分かっていながら処方した。君には分からないだろうな。ああ言う人達の受け皿も必要なんだよ」と長崎は答えました。

回復した早苗に「抗生剤を飲んでいたんですね。長崎先生に会いました。先生が出した薬を言われるまま飲んでいたんですよね?分からない事や疑問な事があれば薬剤師にも聞いて下さい」と葵は話します。
「違います。長崎先生は悪くありません。私が先生にお願いして薬を出して貰っていたんです」と早苗は話始めました。

風邪の症状で診察を受ける早苗。
長崎は大した事はないから様子を見ようと言います。
早苗は薬を出して欲しいと頼みますが、長崎は無用な薬は体に悪いと言い、抗生剤は要りませんと言う長崎。
「先生にご迷惑をお掛けしませんから。お願いします」と早苗は頼みます。

「先生は良くない事だとおっしゃってたんですけど、私の我がままを聞いて下さいました。薬があると何だか安心したから。先生から処方されたお薬があると1人でいても誰かに見守って貰えてる気がしたんです。私には1人もお友達がいません。パッチワークのお友達も、本当は行っていません。
会社の事務職で定年まで働いて退職金で中古のマンションを買って住み始めました。趣味や旅行してのんびりしようとしてたんです。でも最初に入った手芸サークルで愕然としました。
地域の方達はもうコミュニティが出来ていたんです。それに働き詰めだった私とは全然話が合わなかったんです。それ以来何度か挑戦したんですけど、どれも駄目でした。朝起きてお花に水をあげて、掃除をして洗濯をしてお昼を食べて、パッチワークをして晩ご飯を食べて寝る。ずっとその繰り返し。
気付いたら誰とも喋らない日が続いていました。それでも元気ならいいんです。でも体を壊した時はもう本当に心細くて。風邪を引いた時、総合病院に行ったんですけど長い時間待たせられたのに、聴診器を当てただけで、全然話も聞いて貰えなくて。その帰りでした。明かりが付いていた長崎医院を見つけて、引き寄せられる様に入ったんです。長崎先生は体の事はもちろん、日々の生活の事まで長々と話を聞いてくれました。涙が出る程嬉しかった。それ以来、事ある毎に長崎医院に行きました。
この薬だけが私と世の中を繋いでるたった1つの証みたいなものだったからだと思います。長崎先生は悪くありません。全部私が悪いんです」と早苗は話します。

「それで黙っていたんですね」と葵は言います。
「結局、先生に迷惑をかけてしまいました。大切な居場所がなくなっちゃった」と悲しそうに言う早苗でした。

「何であんたがへこんでるわけ?」と刈谷は聞きます。
「へこんでるって言うか分かんなくなっちゃって。薬を正しく渡す事が患者さんの為になるって思ってたんですけど、長崎先生は正しくない薬を出して早苗さんを救っていた訳じゃないですか」と葵は言います。

「それは違うんじゃない?その医者は患者を安心させてはいたけど、本当に助けてはいない。昔ね同じ様な人がいたのよ。女性の薬剤師で。その人は20代で大手の調剤薬局で副店長を任されていた。1人1人に時間をかけて親身になって話を聞くから患者さんからの評判は良かった。近くにある病院は大量の薬を処方していたから、売り上げも良くてそのまま行けば最年少の店長も狙えた。けど、その薬剤師は処方箋に疑問を抱いていた。本当にこのまま大量の薬を渡していいのか。でも改善しようとはしなかった。患者さんが喜んでいるんだからいいじゃないっていつも自分に言い聞かせてた。
だけど、事故が起きた。ちゃんと服薬指導もせずに、酸化マグネシウムを長期間服用した事が原因で腎機能が低下している高齢の患者さんが高マグネシウム血症になって倒れたの。その薬剤師は患者さんに謝罪した。
だけどその患者さんは笑顔でこう言った。
別に平気です。これからも今まで通り薬を出して下さいって。
店長もこれからも患者さんの笑顔の為に薬を届けようって励ましてくれた。
その薬剤師は店を辞めた。
ようやく気付いた。
患者を喜ばせる為に薬を渡しても、患者は救われないんだって」と刈谷は話をしました。

「だから患者さんに何と言われようと、正しい薬をはっきりと伝えて渡しているんですね。その人」と葵は刈谷を見て言います。
暫く間が空き、お疲れ様とその場を去る刈谷。

その様子を見ていたくるみは何かを感じた様子です。
そして倫の為に調べ始めるのでした。

皆んなが見守る中、倫の薬を処方するくるみ。
「私も患者さんに何と思われようと正しい薬についてはっきりと伝えて来ます」と葵と刈谷に伝えるくるみ。

倫に服薬指導をするくるみ。
注意点を1つと言って、倫が飲んでいたハーブティーは不安障害に使われていたハーブで、ピルなどの一定の薬の効果を弱めてしまう作用があると説明します。
それだけが原因じゃないと話を続けるくるみ。
倫のインスタを見て気付いたくるみ。
夜遅くまで起きていたり、朝食を抜きサプリメントを飲んだり、生活リズムがバラバラになっている事を指摘します。
「月経困難症は理解して貰えず孤独で辛い病気だと思います。でもだからこそ自分自身でもちゃんと体調の変化に気を付けて、きちんと病気と向き合って欲しいんです。薬だけでは良くならないんです。生活を改善する事がまず大事だと思います。お薬の事も生活習慣の事も困った事があったら何でも言って下さい」とくるみが話すと涙を流す倫。
くるみは驚きます。

「今まで生理痛に振り回されるだけの人生でした。周りに理解されないで自分が惨めに思えて来て。だけど、相原さんが初めて私の悩みに真剣に答えてくれたから。ありがとうございます」と倫は言います。

「これからは何でも相談してな」とくるみが言うと、笑顔ではいと答える倫でした。

それを聞いていた販田。
「分かる!これで辞めないわね」とガッツポーズ。

そして葵も早苗の元へ。

服薬指導に来ましたと言う葵に「薬は貰ってませんけど」と言う早苗。
「これからの薬についてです」と葵は言います。

「早苗さんの置かれている状況は分かりました。ですが敢えて厳しく言わせて貰います。薬は病を治す為にあります。自分の存在を示す道具ではありません。薬は薬が要らなくなる為に服用するんです。不用な薬を処方してもらうのは安心でも何でもない。そんな使い方は間違っています」と葵。

「そんな事は分かってるけど、じゃあどうすればいいんですか?あなたみたいに健康でやりがいのある若い人とは違うのよ。1人で何にもない私みたいな人はどうすればいいの?」と早苗は聞きます。

「いいんじゃないでしょうか?今のままで。綺麗なお花を育てたり、可愛いパッチワークを作ったりそう言う静かな毎日を積み重ねて行く生き方って私は素敵だと思います。それに早苗さんは恵まれているじゃないですか。早苗さんには信頼できる掛かり付けの医師がいます。これはとても心強い存在です。その医師が誰よりも早苗さんの事を知っています」と葵が話していると、長崎がやって来ました。

どうしてと聞く早苗に「こちらの薬剤師さんが今朝、来てくれましてね」と話します。

「長崎先生の様な医師が多くの患者さんの拠り所になっている事が分かりました。だから私だけでは駄目なんです」と長崎に頼んだ葵。

「小川さん。申し訳ない。私が出した薬のせいで。これからは正しく薬を処方する事を約束します。ですから必要な事があればまたいつでも来て下さい。
ああ。それからですね。これからは薬剤師さんを頼りにするといい。大きい病院にもね、頼りになる方がいるみたいですから」と葵を見る長崎。

「ありがとう。葵さん」と早苗は言います。
「これからもよろしくお願いしますね。早苗さん」と葵は言います。

楽しそうに花に水をあげる早苗。
そして長崎の元を訪ねます。
そしてパッチワーク教室に向かいます。
皆んなと笑顔でパッチワークをする早苗。

くるみは倫のインスタを見て、朝食をしっかり取っている様子を見て笑顔になります。
薬剤部に葵宛に荷物が届きます。
早苗が作った大きなひまわりのデザインのクッションでした。
「可愛い。飾ろう」と笑顔になる葵なのでした。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』6話のネタバレ感想

40代女性

なか

今回のお話はとても真剣に見てしまいました。
今は高齢化社会になっていて、そして自分の親も高齢になって来ていて、自分の場合は父親が1人で暮らしています。
近くには住んでいますが、最近仕事も引退し重なる事があって見入ってしまいました。

例えばスーパーやドラッグストアでは話はしづらい。
町のお医者さんは少しゆったりと話が出来る様な感じがします。
体の心配をして、体調を気に掛けてくれて。
安心感もあるのかもしれません。

大人になると知り合いは増えますが友達はなかなか出来ないですし、早苗の様に仕事をして来た人は仕事以外となると、その新しい場所で友達を作るのは難しいんだと思います。
ポンッと背中を押して貰えれば飛び込めるかもしれないと思うのですが、早苗にはそんな人がいなかったんですね。
だから最後に葵と話して、背中を押された気がしたのかもしれません。
とても素敵な笑顔になっていて本当に良かったと思いました。

薬剤師が患者のインスタをチェックすることに違和感の声!

原作では対話から聞き出す展開なんですが、ドラマ版ではインスタで患者がサプリを飲んでいることを知るという展開に、違和感の声が殺到しています。

有名人でもない患者のインスタをフォロー(確認)しての服薬指導というのは、確かに少し違和感を感じます。

もっと自然な形でのやり取りで患者との距離を詰めていく描写があれば、突然の「何でも相談してな!」とタメ口になった台詞は置いといて…
西野七瀬さんの演技は凄く良かったので、もっと感動的なシーンになった気がしますね。

『アンサング・シンデレラ』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 葵みどり(石原さとみ)たちが朝の準備運動をしていると、販田聡子(真矢ミキ)が薬剤部の人員不足を解消するため作業ロボットの導入を話す。販田は院長と交渉して高額な導入予算を勝ち取るため、問題を起こさないようにとみどりに釘を刺した。そんなみどりに、瀬野章吾(田中圭)が検査結果が出たと伝えに来る。

 結果が出たのは急性骨髄性白血病で入院中の簑島心春(穂志もえか)。心春は新人の頃のみどりが瀬野に任された患者で、一度は寛解したものの再発、再入院していた。検査結果は良好で退院出来ることになり、みどりと心春は喜び合う。そんな二人の前を病院長の案内で特別室に入る患者が通りかかる。

 特別室に入った患者は議員の古賀万奈美(渡辺真起子)。左尺骨のヒビでの入院だ。だが、元秘書へのパワハラ疑惑でマスコミに追われる古賀には良い隠れ蓑。そのため、病院長と整形外科医、大津君郎(瀧川英次)以外の病院スタッフには古賀の素性が伏せられた。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と古賀の病室へ。みどりたちの問いかけに、古賀は答えず、秘書の鴨居健介(モロ師岡)が代わりに応答する。みどりは喘息の持病を持つ古賀の容態も聞きたかったが、古賀がそのような態度なので答えは得られない。また、みどりは苦しそうに胸を抑えた古賀が気になる。

 翌日、心春が手紙を書いていると古賀が現れた。しばらく話をしていると、古賀が胸を抑えてしゃがみ込んでしまう。助けを求めに走る心春は、出くわしたみどりとくるみに報告。みどりたちは古賀のもとへ向かう。その時、心春も体の変調を覚えていた。

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/index.html