ドラマル

『アンサング・シンデレラ』5話のネタバレ!相原くるみ回に西野七瀬主演スピンオフ発表!

2020年8月13日に放送されたドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、太一(伊武雅刀)が、家族と話し合い、抗がん剤治療を受けることに!
そんな太一と一緒に、樹里(久保田紗友)はこれからやりたいことのリストを作るが…。

関連記事

ドラマ『アンサング・シンデレラ』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』5話のあらすじネタバレ

辰川秀三(迫田孝也)が娘の辰川樹里(久保田紗友)に治療を終えた辰川太一(伊武雅刀)は大丈夫だと言います。
自分の治療に専念して、祖父太一には会わない様にと秀三は言います。
すると「病気の事だって勝手におじいちゃんに隠して。何で全部お父さんが決めるの?」と思っていた事をぶつける樹里。

言わない理由を話す秀三。
「お父さんが怖いだけだよね?本当はお父さんが癌の治療を怖がってるだけだよね?」と樹里は言って立ち去りました。

廊下を歩く葵みどり(石原さとみ)は副部長の瀬野章吾(田中圭)とすれ違います。
瀬野が「今回は泣くなよ?」と心配そうに言います。
「泣かないですよ。もう」と葵は言います。

バッティングセンターに秀三がいます。
バットを振る秀三。
そこに葵がやって来ました。
以前、肉離れで通院していた時に原因がバッティングセンターで無理をしたと書いていたのを見て葵はやって来たと話します。

高校まで野球をやっていたと言う秀三。
太一と何度もこのバッティングセンターを訪れたと言う秀三。
そして「親父の事は何とかします。樹里にも心配掛けない様にしますから」と言う秀三。
「辰川さんは大丈夫ですか?第二の患者と言うのをご存知ですか?大病を患った患者のご家族や近しい人も患者さんと同じかそれ以上に苦しむ事があるんです。辛そうな家族の姿を目の当たりにするのは苦しい事です。その気持ちを溜め込まないで吐き出す事が大切なんです。強い罪悪感を引きずりながら太一さんの側にいたら樹里ちゃんは平気ではいられないと思うんです」と葵は言います。

「樹里も第二の患者だと言う事ですね」と秀三は言います。
「はい。それから辰川さんも」と葵。
「俺はどうすれば」と秀三は呟きます。
「まずは相談してみてはいかがでしょうか?例えば店の常連の薬剤師とかに」と葵が言うと「うん?」と笑顔で言う秀三。

樹里の病室を訪れる葵。
葵が差し入れをした栄養ドリンクを飲んでくれているのを見て安心する葵。
そこに樹里がやって来ました。
太一が一般病棟に移ったのでお見舞いに行くと嬉しそうです。

そこに秀三がやって来ました。
「樹里。じいちゃんに病気の事を伝える事にした。ちゃんと伝えて抗がん剤治療受けてもらおうっ思ってる。でもやっぱり辛い事になるかもしれない。樹里も大変だと思う。それでもいいか?」と尋ねる辰川。
樹里は頷きます。

太一に告知がされます。
謝る秀三と樹里。
治療をしなければ余命3ヶ月だと言う医師。

しかし太一は治療は受けなくていいと思っていると言います。
驚く秀三。
「俺は店の厨房で鍋振って一緒に飯食えればそれでいい。3ヶ月もありゃお釣りがくるくらいだ」と笑う太一。

「おじいちゃんは絶対そう言うだろうなって思ってたけど、おじいちゃんが決めた事は応援しようって思ってたけど。3ヶ月って。嫌だよ」と泣き出す樹里。
それを見た葵は「太一さん。抗がん剤治療は休薬期間があるので治療を続けながら自宅で過ごす事もできます、体調を見ながら仕事をする事だって出来ます。ただ、どんな選択をするにしてもこれから生活をして太一さんを支えて行くのは息子さんや樹里さんです。だからどうかこれからの事をご家族で話し合って下さい」と言います。

「そうですね。家族と腹割って話してみます」と太一は言います。

「翌日、太一さんは抗がん剤治療を受ける事を決意した」

「ステージ4の胃癌で入院している辰川太一さん。それを支える辰川樹里ちゃんと辰川秀三さん。皆んなそれぞれの大切な日常があってこれからも未来が続いて行く。それを守って行くのが私達、薬剤師の仕事だ」

相原くるみ(西野七瀬)が刈谷奈緒子(桜井ユキ)を見て「へぇ。刈谷さんもこんな事するんですね」と言います。
「ケモ室初めてだっけ?相原さん」と刈谷は聞きます。
「はい。ここで抗がん剤の調製とかやるんですよね?」とくるみは聞きます。
「そう。がん薬物療法認定薬剤師の資格持ってるのうちだと刈谷さんだけだよ」と葵が言います。
興味を示すくるみ。

薬剤部でくるみが部長の販田聡子(真矢みき)に、葵と一緒に太一を見てもいいかと聞きます。
くるみにはまだ早いと言う販田。
しかし葵は大丈夫ですと言います。

車椅子に乗る太一とそれを押す樹里と秀三に会います。
体調を聞く葵。
困った事があれば何でも言って下さいと言う葵。
「1つだけ困った事があるんだけどねー」と太一。
皆んなが聞くと「髪の毛つるつるになっちまってね」と太一が言います。
「それは元からだろ」とペチンと頭をはたく秀三。

医師に太一の病状を説明する葵。
薬剤部に行くと副部長の七尾拓(池田鉄洋)が新薬の話を始めます。
生存期間が6ヶ月延びると言う症例があると言います。
それを聞いたくるみは喜びますが、葵は反対します。
「治験はとても大切なプロセスなのにイメージがネガティブな方向に歪められている事は私も承知しています。ただ、どんなに丁寧にしても辰川さんのご家族には治験と言う言葉は強すぎます」と言う葵。

「葵さん。君は患者と家族どちらが大事なの?」と七尾は聞きます。
「もちろん両方です」と強く答える葵。
担当医師からは今の薬で効果は出ているからしばらく様子を見ると指示が出ました。
「後悔しなければいいけどね」と七尾は葵に囁きます。

張り切っているくるみ。
そんなくるみに声をかける瀬野。
「辰川さんに合う過去の症例を」と沢山の本を机に置きくるみは言います。
「そんなキャラだったっけ?」
「何か急に使命感みたいなものが芽生えて来ちゃって。今、太一さんって言う大切な人の命を私達が預かっている訳じゃないですか。だったら助ける為に全力を尽くしたいなって」とくるみは言います。
それを聞いて声を出して笑う瀬野。
「馬鹿にしてるんですか?」とくるみ。
「いや。昔同じ様な事言ってたやつがいたなと思って」と瀬野は言います。

そこに葵がやって来て娘娘亭に行くとくるみに声を掛けました。
くるみは頷き「ちょうど辰川さんと話したい事あったんで」と言うと、瀬野も「俺も行くわ」と言い出します。

葵は秀三に太一の食事や体調管理の説明をしています。
くるみは癌患者がある薬で5年生きたと言う論文を秀三に渡し、一緒に頑張ろうと言います。
それを見て難しい表情をする葵。
そしてくるみを外に連れ出します。

くるみが集めた論文は太一にはあてはまらないと言う葵、
「だけどああ言ってあげたら希望は見えるし救われると思うんです」とくるみは言います。
「希望を与えるなら責任を取らなきゃいけない」と葵。
「責任とか言われるとちょっと困りますけど、とにかく私は諦めたくないだけです」とくるみは言います。

そこに瀬野が現れ、くるみが頼んだ料理が来たと伝えます。
店に戻るくるみ。

「どうだ?昔の自分見てるみたいだったろ?お前も初めての癌患者の時、突っ走ってたもんな」と瀬野は言います。
「相原さんがああ言う事言うの心配でついてきたんですか?」と葵が聞きます。
「お前がブチ切れたら止めようと思っただけ。まあ、相原も必死なだけだからちょっとぐらい大目に見てやれよ」と瀬野は言います。
「昔、指導してくださった瀬野さんと言う方は私にめちゃめちゃブチ切れてましたけどね?」と葵は言います。
それを聞いた瀬野は「シューマイ全部食べるぞ」と言います。
「私も食べます」と2人は店の中へ。

太一、秀三、樹里は残された時間の中で太一がやりたい事を1つずつ実行して行きます。

鬼平犯科帳を全巻読む
樹里と散歩をする
樹里と星空を見る
出来た事に丸をつけて行く樹里。

そして退院の日。
翌日に野球を見に行くと言います。

自宅に帰り、太一の部屋。
太一の両隣に布団を敷く秀三と樹里。
秀三が声を掛けますが反応がありません。
何度も太一を呼ぶ2人。
すると、目を開けニヤッと笑う太一。
「生きてるよん」と太一は言います。
ふざけんなよーと座り込む秀三と樹里。
「死んだ時どんな顔をするのか拝んどこうと思ってよ」と言う太一。

「楽しみだね。明日の野球」と樹里は言います。
「自分の家で家族と過ごすと言うのは」と言い掛けて言葉が詰まってしまう太一。

薬剤部では季節外れのインフルが流行り大忙し。
そんな中、太一が高熱を出して運ばれて来ました。

担当医師は特に問題はないから抗がん剤治療を続けましょうと秀三と樹里に言います。

くるみが病室にやって来て、え?と立ちすくみます。

葵はくるみに「さっき太一さん見て動揺したよね?患者さんは敏感に感じるから、これからは気をつけて」と注意します。

秀三が太一が葵を呼んでいると言い、葵が向かいます。

「葵さん。そろそろいいかな?これにしても。最後にこれだけやり遂げたい。これから何があっても延命はしないでほしい」とノートに書かれた、とにかく家族と楽しく過ごすと言う言葉を見せながら言います。

「太一さん。樹里ちゃんや辰川さんが応援してくれてますよ。回復すればご自宅に戻る事も出来ますから」と葵は言います。

「分かってます。でもね。最後にどう生きるかって事は私が決める事でしょう?正直言うとね。しんどい。もう。いいよね?葵さん。俺ね、家族に絶対泣き事言わないって決めて生きて来たから樹里ちゃんや秀三に言い辛くてね。お願いできないかな?葵さん」と太一は頼みます。

医師が秀三と樹里に説明をします。
くるみが「どうなりました?」と葵に尋ねます。
「痛みも強く出ているみたいだし、抗がん剤治療を止めて医療用麻薬で緩和ケアに重点を置く治療になった。緩和ケアに重点を置くと積極的な治療を止めた。見放されたと思ってしまう患者さんやご家族もいるからくれぐれも注意してね」と葵は答えます。

「何でそんな簡単に割り切れるんですか?薬は病気を治す為にあるんじゃないんですか?ただ、命を延ばすだけの薬を出す為に私達はいるんですか?」とくるみは疑問を投げ掛けます。
「相原さん。医者は治す事を目指して治療をやり遂げようとする。だけどね、薬剤師はそれだけじゃないんだよ」と葵。
「そんな事言われても分かりません。私は諦めたくありません」とくるみは言います。
「諦めてないよ。諦めてなんかいない」と真っ直ぐくるみを見て言う葵。

秀三と樹里が葵にチャーハンを作って食べさせたいと頼みます。

病院の休診日。
病院裏の広い芝生に太一を連れ出す樹里。
そしてチャーハンと餃子を秀三が届けます。

目に涙を浮かべて美味いよ。やっぱりと言う太一。

そこに葵達薬剤師がやって来ました。

薬剤部と地域の薬剤師による野球の試合が始まる様です。
地域のチームには小野塚綾(成田凌)がいます。

試合が始まり、訳の分からないサインを出す販田部長。
頭を傾げる羽倉龍之介(井之脇海)。
そしてバットにボールが当たり、羽倉は走ります。
がとても足が遅くてアウト。
くるみに優しくボールを投げる小野塚。
それでもくるみは空振りです。

葵にボールをぶつける小野塚。
乱闘でも始まるかの様に小野塚の周りに薬剤部の皆んなが集まります。

瀬野の番。
なんだか思いっきり打ちそうな雰囲気で皆んな期待します。
見事なヒット。
ですが、何故か一塁ではなく三塁に走る瀬野。

一塁に並んで立つ小野塚とくるみ。
「本当、お節介だよね」と小野塚とくるみは言います。

病室に戻った太一と秀三。
こっそり紹興酒を持って来ていた秀三。
2人で飲みます。

「これから樹里と2人になってやって行けるのか不安で。あの子の変化とか気付けるんだろうかとか。家族も店も守れねーんじゃないかって」と秀三が言います。
「俺も同じだったよ。それでな、いつまで経っても消えねーんだよ。1番大事な物だから。あの子だって俺の前じゃなんだかんだ言ってもお前の事心配してるよ。結局似た者親子達だなぁ」と話す太一。

2人は昔を思い出しボールを投げ合います。
「今日は楽しかった。昔からずっと俺の人生何もかも楽しかった。ありがとうな。秀三」と笑顔で言う太一。
そして秀三は涙を流しボールをそっと投げるのでした。

太一が急変し、家族が呼ばれました。
それを聞いた葵は薬の調合を続けます。
くるみが行かないのですか?と聞きます、
「薬剤師がそう言う所に立ち会う事はないから」と言います。

販田部長は「行ってきなさい。限界突破した私は無敵よ」と言います。
「葵さんがいなくても僕たち余裕」と羽倉は言います。
皆んなに頭を下げ、葵はくるみを連れて走ります。

息を引き取った太一。
ありがとうと太一を見て言う樹里。

秀三が葵とくるみに声を掛けます。
「何かすみません。諦めずに頑張りましょうとか言っておきながら何も出来なくて」とくるみが言います。
「相原さんがああ言ってくれて嬉しかったですよ。2人ともまた店に食べに来て下さいよ」と秀三は言います。

刈谷がくるみに話します。
「本当は葵が1番迷っていたと思う。葵は患者さんだけじゃなくてその家族も救おうとする。それが薬剤師の仕事だと考えている。だからずっと太一さんの治療だけじゃなくて家族との時間も大切に考えていた。だけどね、太一さんの命を救いたいって1番思っていたのはアイツだよ。悔しいよね。本当に」と言いました。

薬剤部で瀬野が太一から預かった野球のボールを葵に渡します。
そのボールにはありがとうの文字が。
それを見た葵は泣き顔を見られない様に奥の部屋へ入ります。
ドアをそっと閉める瀬野。

そこに羽倉達が、葵が落ち込んでいると思い焼肉に誘おうとしますが、瀬野は葵はもう帰ったと皆んなに言います。

廊下ですれ違う瀬野と七尾。
「治験薬を使っていたら状況は変わっていた。残念だ。と愛弟子に伝えておいて下さいよ」と七尾は言います。
「七尾副部長は個人的な利益や成果の為に使いたかっただけですよね?」と瀬野は聞きます。
「治験に対する歪んだ捉え方は薬剤師として失格ですよ。瀬野副部長。君こそ何か個人的に治験薬に対して負の感情を抱いてるんじゃない?あー。あの時君のお母さんを救えなかったのは誰のせいでもない。薬にその力がなかっただけだ」と言う七尾に掴み掛かる瀬野。
「殴るとまた問題になりますよ?何度も言ってますよね?病を治すのは薬です。薬剤師が寄り添った所で何も解決しない」と七尾は言います。
歩き出す七尾。

そんな七尾に「葵のやった事に意味はありました。あいつのやってる事は無駄じゃないと思います」と瀬野は言いました。

太一の病室のベッドに座る樹里。
背中合わせに葵が座ります。

「昔ね妹が病気になって家族全員で看病した。妹は病気の痛みもあって私に当たり散らした。何で病気はお姉ちゃんじゃなくて私を選んだの?って。両親や医師や看護師みんなが妹を救うのに必死だった。私は何も出来なかった。泣く事さえできなかった。妹は助からなかった。妹が亡くなったベッドに座っていたら1人の薬剤師さんが来て、背中合わせで座ってくれた。そうしたら急に涙が溢れてきた。私が泣いている間ずっとその人は黙って側にいてくれた」と葵は話します。

「それで薬剤師さんになったの?」と樹里が聞きます。
「うん。その人みたいには全然なれてないんだけどね」と葵。
「なれてるよ。葵さんは全然その人みたいになれてるよ」と樹里は言います。
「ありがとう」と葵は微笑みました。

太一がいないお店。
葵が食べに行くと、秀三と樹里が仲良くお店を開けています。
口喧嘩をしながら賑やかな店内には笑顔の太一の写真が飾られていました。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』5話のネタバレ感想

40代女性

なか

余命を宣告する事が本人と家族にとっていい事なのか?
とても難しい問題で自分もいつかはそのどちらかの立場になる時が来るかもしれないと思いながら見ていました。

今回の秀三や樹里を見ていると残された時間をどう過ごすか。
病院にずっと薬などに苦しみながらいるのか、太一の様にやりたい事を出来る限りやって行くのか?
あの幸せそうな3人を見ていたら宣告を受けて、自分のやりたい生き方を生き抜く方がいいなぁと思いました。

草野球を開催したり患者さんや家族の為に動いている葵。
どうしてここまで?といつも不思議に思っていました。
妹の事を今回知り、だからいつも全力なのかなと思いました。
辛い経験をしたからこそ出来る事なのかなと思いました。

相原くるみ回に西野七瀬主演スピンオフ発表!

8月27日の地上波放送後に、5週連続で西野七瀬さん主演の『アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY ~新人薬剤師 相原くるみ~』が放送されることが発表された本日。
第5話はそれに合わせたかのように、西野七瀬さん演じる相原くるみが中心の回でした。

新人薬剤師として、初めて担当患者の死を目の前にして涙を流すくるみの姿にもらい泣き!
また、くるみのバッティングシーンは可愛らしかったですね。

スピンオフでは、新人薬剤師のくるみがどんな姿を見せてくれるのか、楽しみですね。

『アンサング・シンデレラ』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 葵みどり(石原さとみ)は小野塚綾(成田凌)も誘い、相原くるみ(西野七瀬)たちと区民センターで高齢者を対象とした服薬指導教室を行う。指導を終えたみどりたちが廊下に出ると、目の前で高齢の女性、小川早苗(高林由紀子)が倒れた。早苗は萬津総合病院救急センターで豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けるが、体調不良の原因がハッキリしないため入院することに。みどりが現在服用している薬を尋ねると、早苗は飲んでいないと答えた。

 翌日、刈谷奈緒子(桜井ユキ)が外来患者に服薬指導。的確な指導を行う刈谷を見ていたくるみは、どこからあの自信が来るのかと不思議がる。すると、工藤虹子(金澤美穂)は、刈谷がかつて大手の調剤薬局で働き、幹部候補にもなる優秀な人材だったとくるみに話す。しかし、優秀な刈谷がなぜ病院薬剤師に転職したのかは謎。くるみはみどりにも聞くが知らない様子だ。戻って来た刈谷は、くるみには初めてとなる一人での服薬指導に行くよう告げ、みどりも了承する。くるみが任されたのは月経困難症と診断された遠野倫(山谷花純)。上手く服薬指導が出来たと調剤室に帰って来たくるみに、みどりは何かあったら必ず自分に相談するよう告げる。

 七尾拓(池田鉄洋)は早苗が多剤耐性菌の保菌者ではないかと疑った。みどりは多剤耐性菌について調べていると瀬野章吾(田中圭)に患者を見ろと言われ、早苗が本当に服薬していなかったかを調べることに。一方、くるみは遠野から薬が効いていないとの電話を受けるが、みどりに伝えず…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/index.html