ドラマル

『アンサング・シンデレラ』3話のネタバレ感想!小野塚綾に共感!みどりの言葉に反発の声

2020年7月30日に放送されたドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、透析治療を受ける小学校教師・新田奏佑(浅利陽介)を担当する事に!
みどりは新田に対する薬剤の処方で、ドラッグストアの小野塚綾(成田凌)と衝突する…。

関連記事

ドラマ『アンサング・シンデレラ』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』3話のあらすじネタバレ

慢性糸球腎炎で透析を受けている新田奏佑さん(浅利陽介)。
皆んな病院の外には大切な日常があって、これからもそれぞれの未来が続いて行く。
それを守って行くのが私達薬剤師の仕事だ。

新田が病院に運ばれて来ました。
救急センターで治療が始まりますが、新田は「もう大丈夫です。帰ります」と苦しそうに言います。
医師の豊中瑠衣(臼田あさみ)が状況を説明します。
しかし新田は「そんなの困ります。戻らないと」と起き上がろうとするのを、薬剤師の葵みどり(石原さとみ)が止めます。
苦しそうな新田。

廊下を歩く葵と相原くるみ(西野七瀬)。
くるみは「私、何も出来ませんでした。やっぱり向いてないですね」と落ち込みます。
「救急は特別だからね。」と葵。
「緊張感ハンパないですよ。瀬野さんって毎日あんな事やってるんですか?」とくるみ。
「救急の認定薬剤師は瀬野さんしかいないから」と葵は言います。
「人手不足はどうにかならないんですかね?」とくるみが言うと「あっ。そう言えば1人増えるよ」と葵は言います。

薬剤部で産休薬剤師の三上の赤ちゃんを抱っこして微笑む瀬野章吾(田中圭)。
それを見て「そう言う顔たまにはこっちにも分けて下さいよ」と葵は言います。
刈谷奈緒子(桜井ユキ)がそろそろ仕事に就く様言います。
瀬野が刈谷に赤ちゃんを近づけると優しく微笑む刈谷。
「刈谷さんもあんな表情するんですね」と驚くくるみ。

すると後ろから羽倉龍之介(井之脇海)が「そう。実は1番の子供好き」と言います。
「さすがママさん薬剤師」とくるみは言います。

そこに部長の販田聡子(真矢みき)がやって来ます。
「三上ちゃんが戻ってくれたら助かる」と言います。
三上はその事で相談があると言います。

三上はドラッグストアで勤める事にしたと報告します。
ドラッグストアとでは給料が全然違うそう。
病院は夜勤手当も少なく、子育てしながらだとドラッグストアが良いと言う話を聞いて「私もドラッグストアにしようかな」と嘆くくるみ。
「ダメ。これ以上減ったら崩壊する」と販田は言います。
人手不足を何とかしないと皆んな辞めて行くと刈谷は言います。

新田は今飲んでいる薬を全て葵とくるみに見せます。
大量の薬。
飲み忘れがあると指摘する葵に「これだけ沢山あるとよく分からなくなっちゃって」と新田は言います。
薬を見て何か気付いた葵。
「え?このアダラート」とくるみは言います。
「新田さん。いつもこの薬局から薬受け取ってますか?」と葵はナカノドラッグと書かれた用紙を見せます。
はいと答える新田。

「葵さん。さっきの薬」とくるみ。
「分かってる」と葵。

2人はロビーで小学生の男の子と出会います。
教師をしている新田を心配している様子。
葵が病室に一緒に行く?と聞くと「ゲロゲロ先生に会っちゃダメって言われてるから」と走って行ってしまいます。

「あり得なくないですか?これ」と葵が言うと「アダラートCRを割ったのは同じ薬剤師として許せない」と刈谷は言います。
工藤虹子(金澤美穂)は「レナジェルの一包化も私の監査なら絶対に通しません」と言います。
「DO処方だね。これ」と3人は顔を見合わせます。
「DO処方って同じの繰り返す事ですよね?」とくるみが聞きます。
「そう。Dittoの略でDO。繰り返しコピーと言う意味で、DO処方は前回と同じ処方を繰り返す事」と羽倉が説明します。

ナカノドラッグに電話をする葵。
「レナジェルについてですが通常、食直前のはずですが、食後のものと一包化されているのは何か医師の指示があったんですか?」と葵は薬剤師に尋ねます。
「さあ?医師の処方が食後だったので」と薬剤師は答えます。
「疑義照会はされていなかったんですか?」と葵は聞きます。
「この数ヶ月DO処方だから問題ないんじゃないかと」と薬剤師は言います。
「それとアダラートCRを半錠に割られていますが?」と葵が聞くと「今回から減錠されていて10mgの在庫がなかったので取り敢えず20mgを半分に」と薬剤師が言います。

「取り敢えずって。割ったら成分の溶出速度が変わってしまって安定した効果が得られない」」と葵は驚きます。
薬剤師は「もういいですか?アダラートの10mgはもう入荷したので今後は大丈夫です。では」と電話を切りました。

ナカノドラッグにやって来た葵。
薬剤師に声を掛けます。
「処方箋ですか?」と振り返ると「小野塚さん?」と驚く葵。
娘娘亭で会う小野塚綾(成田凌)でした。

「中華屋さんでどう言うつもりで話していたのか」と聞く葵。
「意識高い系の病院薬剤師が熱く語ってんの笑えるなって」と小野塚は答えます。
電話で話したのが小野塚と知り更に驚く葵。
薬剤師なら薬をきちんと扱う様に話す葵。
ドラッグストアの薬剤師の忙しさを話し、1人1人の患者に気を使っていられる訳がないと言います。
病院の薬剤師を馬鹿にした様な言い方をする小野塚。

そして新田さんの事を本当に知っているのかと小野塚は言います。
遅くまでやっている透析クリニックを利用し、いつも処方箋を持ってくるのは11時過ぎ。
その度にカップ麺と栄養ドリンクを6本買って行くと話す小野塚。
「え?ちょっと待って下さい。腎機能障害がある人がそんなに栄養ドリンクを飲んだら排出が上手く行かなくて」と言い掛ける葵を遮る様に「知ってますよ。でも仕方ないでしょう。客が欲しがってるんだから。俺に止める権利はない。新田さんみたいに時間がない人にアダラートの10mgがないから改めて時間を作って来てくださいなんて言えますか?取り敢えず出す。そう言う事が必要な時もあるんですよ。患者ととことん向き合うのが患者の務めだってあんたが勝手に盛り上がっているのは構わないけどさ。病院の外でもそっちの理想振りかざしてんじゃねーよ」と小野塚は言います。

葵は小野塚に新田を任せる事は出来ないと薬剤部で話します。
新田の様子を伺いに行く葵。
新田に「新田さんは飲む薬が多いので、気軽に相談出来る薬剤師がいた方がいいと思うんです。提案なんですが、例えば処方箋を出す薬局を薬剤師を指定出来る所に変えてみるのも1つの手だと思うんです」と葵が提案します。

「ダメです。夜中までやってるあそこじゃないと困ります」と新田は言います。
「でも処方箋の有効期限は4日あります。日を改めて別の薬局で出して貰う訳には」と言い掛けると「そんな暇ないです。僕は週3回も早めに帰らせて貰って4時間の血液透析を受けているんですよ。翌日は残業してやり残した仕事をやらないと行けません。そしてまた翌日は透析。仕事の時間を確保するには夜中に処方して貰うしかないんです」と新田は話します。
「分かりました。ただ病室でもお仕事されてるんですよね?今は治療に専念して下さい」と話す葵。
「治療が大事なのはもちろん分かっています。でも透析が必要になって仕事を辞めて透析しかない暮らしになった時に自分は何のために命を繋いでいるのか分からなくなりました。だから僕は仕事を最優先にしたいんです」と新田は言います。

「ですが、今のやり方でしたら長くは続きませんよ?ぜひこのタイミングで生活のサイクルを」と言うと「そんな簡単な事じゃないんですって。会ったばかりの人に僕の生き方までとやかく言われたくありません。ほっといて下さい」と病室を出て行く新田。

相変わらず人手不足が解消されない薬剤部。
羽倉が「あれやりますか?」と言うと「当然でしょう」と金澤は言います。
「販田部長驚くでしょうね。薬剤部の皆んなが消えちゃったら」と羽倉が言います。
そのやり取りを聞いてしまった販田。
絶対に気付かれない様にと言う刈谷。
荒神寛治(でんでん)にも念を押します。
荒神は隠し事は苦手だと言います。

販田は荒神に聞きます。
「皆んなが私に隠し事してるの知ってますよね?皆んなでストライキするつもりなんですよね?ね?誰がそんな事言い出したの?刈谷さん?じゃないわね。あっ!もしかして七尾君?」と問い詰めます。
必死に誤魔化す荒神。

小野塚の事、新田とのやり取りを瀬野に話す葵。
「私のやり方間違ってるんですかね?」と言うと「お前のやり方なんてどうだっていいだろう。お前がしたい事じゃなくて患者がして欲しい事をしろよ」と瀬野は言います。

新田の薬を全て調べる葵。
1つの薬が気になります。
そして新田の生徒が言っていたゲロゲロ先生の意味。
その薬には副作用で吐き気が出る事が分かりました。
その時、葵の携帯が鳴ります。

新田の病室に向かうと新田の姿がありません。
引き出しを開ける葵。
そこには飲んでいない薬がありました。
葵は走って新田を探します。

小野塚に電話をする葵。
「新田さん以前からフェログラデュメットを飲んでいなかったみたいなんです」と言うと驚く小野塚。
小野塚なら心当たりがあるんじゃないかと聞く葵ですが、関係ないと電話を切られてしまいます。
しかし小野塚は何かに気付いた様子で外に出ます。
ドラッグストアの入り口には新田が勤める小学校の運動会が今日あると言うお知らせと熱中症対策のグッズが売られていました。

自転車で小学校に向かう小野塚。
運動会はまだ開催されていません。

帰ろうとする小野塚は倒れている新田を発見。
救急車を呼びます。

新田は病院に到着。
処置が始まりました。
廊下で待つ小野塚。

小野塚が通りがかった瀬野に新田の事を聞きます。
大丈夫だと聞き帰ろうとする小野塚に瀬野が「君、もしかして小野塚君?新田さんの搬送に同行してくれたんだってね。救急を担当している薬剤部の瀬野です。あーそうだ。うちで近隣の薬剤師を集めて勉強会をやってるんだけど良かったら君も来てよ。この前うちの葵にドラッグストアを教えてくれたお返し」と言います。

すると小野塚は「萬津総合の人って何なんですか?そんなに俺の事レベルの低い駄目薬剤師にしたいのかよ」と言います。
「俺は君の事ある程度、認めてるよ。救急隊員にヘモグロビン値の事教えたのはそれなりの知識を持っている証拠だ」と瀬野は言います。

「全然駄目だった。手が震えて119もろくに押せないで、ビビって何にも出来なかった。俺はあんた達とは違う」と小野塚は言い立ち去りました。

七尾拓(池田鉄洋)が明日の足しにと封筒を刈谷に渡します。
見てしまった販田は「やっぱり七尾君だったのね」と言います。

新田と話す葵。
新田が飲んでいなかった薬は腎臓の機能が低下している新田には欠かせない薬だと説明する葵。
新田は「それを飲むと気持ち悪くなるんです。一度、子供達の前でもどしてしまった事があって」と言います。

そして薬を飲まず病室で運動会の横断幕を作っていたと。
透析をする前は理想とする教師が出来ていたと話す新田。
透析をするために以前の学校を辞めたと話します。
今は理想の教師とは全然違う。

赴任してすぐはまだ良かった。
だんだんと早く帰る事で白い目で見られる様になったと言います。
それは保護者にも伝わりハズレクラスだと言われるようになりました。
大人から子供に伝わり、新田の話など聞かなくなったと言います。
運動会の練習で生徒に走ってと言われ、ここで全力で走りきったら理想の教師に戻れる気がしたと言う新田。
そして倒れてしまいました。

横断幕を届けようとしても届ける事が出来なかった。
何も出来ていない本当に駄目な先生ですと話、横断幕を破ります。

新田の生徒がまたやって来ました。
「僕のせいだ。僕が走らせちゃったから。先生死んじゃったりしないよね?」と泣きながら言います。
「大丈夫。先生は強いから。死んだりしないよ」と葵は言います。

新田に薬の説明をする葵。
吐き気がすると飲んでいなかった薬を違うものに変えたと話す葵。
きちんと薬を飲む事が大事だと、お薬カレンダーを見せる葵とくるみ。
毎日1回分のくすりをいれると分かりやすく便利だと葵は言います。

必要ないと言う新田。
もう教師を辞めようと思っていると言います。

病院に来ていた生徒からのメッセージをお薬カレンダーに入れる葵。
1人だけでも病院に来てくれていた事を喜ぶ新田。
葵は「1人だけじゃないですよ」とメッセージを次々入れて行きます。
クラス全員が書いてくれた事に驚く新田。

そしてくるみは動画を見せます。
皆んながメッセージを書いている所を写したものでした。

1人1人が新田に向けてメッセージを伝えます。
笑顔になる新田。
そして涙を流します。
「クラスの皆んな、新田先生が頑張っているのちゃんと分かってましたよ。昔思っていた理想の先生とは違うかもしれないですけど病気と付き合いながら別の形の理想の学校の先生を目指す事出来るんじゃないですか?その為にこれからは1日も忘れずお薬を飲んで下さい。クラスの皆んなが毎日後押ししてくれれば出来ますよね?」と葵は言います。
「泣いてる暇ないな。これからですね。これから薬をきちんと飲んでしっかり働いて自分の力で周りに納得してもらわないと。これ、一生の宝物にします。ありがとうございます」と頭を下げる新田。

小野塚に会いに行く葵。
小野塚に新田を見つけてくれたお礼を言います。
「無事に退院しました。新田さんの事よろしくお願いします」とお願いします。
「言いましたよね?いちいち1人の患者を気にしてられないって」と小野塚。
「でも、わざわざうちの救急まで来てくれたんですよね?小野塚、本当はもっと患者さん達の為に働きたいんじゃないですか?もし良かったらうちの薬剤部の勉強会、参加していただけませんか?周辺の薬局と連携して地域医療を確立すれば今まで以上に患者さんの為に働ける環境に」と言う言葉を遮り「いい加減にしろよ。あんたの理想はもううんざりなんだよ。俺だって今の自分がいいなんて思ってない。だけど仕方ないんだって。薬剤師の資格を取る為に大学で6年間奨学金を使った。600万。ここは就職して3年経ったら、それを全て肩代わりしてくれる。俺はそっちを取った。理想じゃなくて現実を。最初は希望を持って入ったよ。勉強会も認定薬剤師の勉強もした。だけど3年間、週3回のワンオペ夜勤続けてたらそんなのどうでも良くなっていく。栄養ドリンク補充してトイレットペーパーの品出しているうちに読まない参考書が山積みになって行くだけだ。あんたみたいに理想に燃えてやる気満々でやってたら続かないんだよ。この仕事は」と新田は話します。

「あなた次第なんじゃないですか?ドラッグストアにも志しが高い薬剤師さん沢山いますよね?どこにいてもどんな境遇でも必死に理想を追求している人はいると思います。
新田さんもその1人です。新田さんは4時間の透析と7種類1日15錠もの薬と折り合いをつけながら理想の教師を目指すとおっしゃっていました。その姿を見て私も頑張ろうと思いました。それを青臭いとか綺麗事だと言われたって構いません。でも私は患者さんの為に出来る限りの事をする理想の薬剤師を目指して行くつもりです。新田さんの事、どうかどうかよろしくお願いします」と頭を下げて立ち去る葵。

小野塚は学生時代を思い出していました。
救急センターの研修で瀬野を見た小野塚。
その姿を見て凄いと感じ、瀬野から救急認定薬剤師を目指した方がいいと言われた事を思い出します。

新田がドラッグストアを訪ねます。
助けてくれたお礼を言って処方箋を出す新田。
それを見た小野塚は薬が変わっている事に気付きました。

帰る新田に声を掛ける小野塚。
「困った事があったら何でも相談して下さい」と言います。
「はい。ありがとうございます」と新田は言います。

薬剤部から誰も居なくなっている事に気付いた販田。
「皆んな人手不足で大変なのはわかる。でもこんな事したら患者さんが」と今にも泣きそうになっていると、歌が聞こえてきました。
花束を持った七尾を先頭に全員が出て来ました。
「販田部長。萬津総合病院勤続20年、おめでとうございます」と七尾が言います。
ストじゃなかったの?と驚く販田。
泣きながら喜ぶ販田。
そんな販田を見たくるみは「20年もこの仕事してるなんてヤバイな」と笑顔で言います。

娘娘亭で葵と小野塚が鉢合わせします。
「新田さん最近どうですか?」と葵がききます。
「さぁ?薬を欠かさず飲んでる。前より学校も楽しいみたい」と答える小野塚。
「やっぱり。かかりつけの薬剤師さんはよく見てますよね」と葵は言います。
「何か上から目線なんだよな。言い方が。薬の事なら何でも知ってると思ってるみたいですけどこれ知ってます?トローチにはなぜ穴が開いているのか?」と言う小野塚。

知らないんだと言う小野塚に「知ってます。知ってますよ。知ってるに決まってるじゃないですか?なんか当たり前過ぎて答えるの恥ずかしいなって」と葵はいいます。
「知らないんだ」と言う小野塚の横には救急認定薬剤師の資格を取る為の参考書が置かれていました。

笑顔で授業をする新田。
薬を飲みながら残業をし、透析をしながら宿題の作文に返事を書きます。

教室には皆んなが書いた新田の似顔絵と感謝の言葉が書かれた横断幕が貼られています。
運動場。
ゴールで待つ生徒に向かい全力で走る新田。

そして笑顔でお薬カレンダーに薬を補充する新田。
お薬カレンダー最後のポケットには「いつでも相談して下さい。葵」と書かれています。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』3話のネタバレ感想

40代女性

なか

今回悩みながら病気と向き合う患者と夢より現実を選んだ小野塚の後悔がとても伝わるお話でした。

自分が病気だからと何を言われても諦めてしまった新田。
誰より生徒の事を思っている優しい先生と言うのがとても伝わって来ました。
体がしんどいだろう時でも残業していた新田の生徒の為にと頑張っている姿はとても素晴らしくて、自分の子供の担任がこんな人ならいいなと羨ましく思いました。

そして小野塚が本当の薬剤師でいつもと違う表情。
ニコリともしない小野塚に、本当に同じ人なのかと驚きました。
3回ドラマを見て病院の薬剤師は患者と向き合う事が主な仕事だとしたら、ドラッグストアの薬剤師さんは、色々お店の中で働いているイメージです。
レジも打つし、商品も並べたり、表に立てる旗を立てていたり。
同じ薬剤師さんでも違うと言う所に、小野塚は苛立ちを覚えたのかもしれません。

葵や瀬野の言葉を思い出して、変わり始めそうな小野塚がどうなって行くか楽しみです。

小野塚綾に共感!みどりの言葉に反発の声


https://twitter.com/osanaisinigami/status/1288851217259442176

「患者を大事にして!」というみどりの気持ち分かります。
でも、みどりは相手の立場や状況を考えずに、少し自分の熱を他人へ押し付けがちなのが気になります。

小野塚が従来、みどりと同じような考えを持っていたからよかったが、みどりの「あなた次第」という言葉はスパルタ!
まあ小野塚のことを信じての発言だとは思いますが…。

その辺、先輩の瀬野章吾(田中圭)は絶妙。
あんなカッコいい姿や、接し方をされたら小野塚も「この人と働きたい!」って思うでしょう。

しかしながら、結局のところ小野塚の諦めていた心に火をつけたのはみどりです。
反発する声や小野塚に共感する声が多く上がっていますが、小野塚にとってみどりとの出会いは、人生の大きな分岐点となりそうですね。

さて、小野塚の病院薬剤師早期加入をのぞむ声が多いですが、個人的には外部視点があった方が面白そうなので、今期はこのままドラッグストアにいてもらい、シーズン2で加入してもらいたいですね。

『アンサング・シンデレラ』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 葵みどり(石原さとみ)が『娘娘亭』で食事をしていると、辰川秀三(迫田孝也)の娘、樹里(久保田紗友)が帰って来た。みどりは具合が悪そうな樹里を気にするが、辰川は客に挨拶もしない樹里を叱り、最近は自分と口も聞かないと嘆く。それでも、樹里を心配するみどり。一緒にいた小野塚綾(成田凌)はお節介と評した。

 翌日、みどりは相原くるみ(西野七瀬)に樹里の話をする。だが、くるみは樹里よりもみどりが小野塚と食事をしていたことが羨ましい。話しながら廊下を歩いていると、年配の患者、龍一(菅原大吉)がうずくまっていた。介助しようとするみどりに、龍一は自分は医者だ、薬剤師より自分の体のことはよく分かっていると無碍に言い放つ。そこに妻の志帆(宮田早苗)が来て、龍一を病室に戻した。

調剤室に戻ると、販田聡子(真矢ミキ)も手伝うほどの忙しさ。一方、羽倉龍之介(井之脇海)は電話で疑義照会しているが医者に押し切られてしまう。医者の言うことは絶対と諦めている羽倉に、みどりは納得出来ない。そこに志帆が羽倉を訪ねて来る。志帆は羽倉の母親、龍一は父親で病院を経営する医師だった。

 みどりはくるみと龍一に服薬中の薬などを聞きに行く。龍一の態度は薬剤師が診察するのかと高飛車。そんな時、みどりに瀬野章吾(田中圭)から救急センターに来いと連絡が。樹里が搬送されたのだ。付き添いの小野塚は、樹里が自分の店で倒れていたと言う。駆けつけた辰川は医師から樹里が摂食障害だと告げられる。樹里の環境変化を気にかけるみどりに、辰川は祖父の太一(伊武雅刀)が末期がんで入院していることを教えた。家族の絆は壊れかけていた。

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/index.html