ドラマル

『アンサング・シンデレラ』2話のネタバレ感想!「わかる~」が口癖の販田聡子(真矢ミキ)が面白い!

2020年7月23日に放送されたドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)が突如、意識不明で倒れてしまう!
不整脈を抱える大宮は、倒れる前に服薬していた様子で、みどりは娘・麻利絵に聞くが…。

関連記事

ドラマ『アンサング・シンデレラ』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』2話のあらすじネタバレ

右上腕骨骨折で入院した大宮清さん(小林隆)。
マイコプラズマで通院している山口礼央君(高木波瑠)。
皆んな病院の外には大切な日常があってこれからもそれぞれ未来が続いて行く。
それを守って行くのが私達薬剤師の仕事だ。

薬剤師部長・販田聡子(真矢みき)が病院内を走ります。

薬剤師・工藤虹子(金澤美穂)が薬を少しすくい、薬剤師・葵みどり(石原さとみ)の口に近づけます。
それを味見する様になめる葵。
違う薬も同じ様にします。
「最初のがメイアクトで後のがフロモックス」と葵が答えると工藤は「正解です」と言います。
ガッツポーズの葵。
甘味の種類が違うと葵は言います。
「ヤッバ。いつもこんな事してるんですか?」と新人の相原くるみが驚きます。
新薬が出たら当然だと言う葵。

そこに薬剤部主任・刈谷奈緒子(桜井ユキ)がやって来て、外来が始まるから準備する様に言います。
すると販田がやって来て「厚生労働省の麻薬取締官が今日の12時に来るって連絡があった。管理大丈夫だよね?」と言うと、刈谷は鍵の閉まっている金庫の様な棚を開けます。
そして販田が確認します。

麻薬取締官って…?とくるみが聞くと、薬剤師・羽倉龍之介(井之脇海)が「そっ!いわゆるマトリ」と答えます。
「病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているか数年に一度調べに来るの」と葵が説明します。

きちんと管理されている様で安心する販田。
「後は麻薬管理室か。工藤さんと高橋さん手伝ってくれる?」と販田が言うと刈谷は「困ります。こっちの人手が足りなくなります」と言います。
「分かるっ。だけど緊急事態。何とかお願い」と販田は頼みます。

病棟に行こうとする葵に「葵。今日は1人1人の患者さんの話じっくり聞いている暇なんか」と言いかけた刈谷を遮り「心得ております」と足早に立ち去る葵。

大宮清の病室に向かうと言い争う声がします。

申し訳無さげに入る葵とくるみ。
自己紹介をする葵。
「何で薬剤師が来るんだよ?」と大宮が言います。
「お薬の事でお聞きしたい事がありまして」と葵。
少し表情が変わる大宮。
階段から落ち腕を骨折した大宮。
飲んでいる薬はないと?と葵。
「肝機能の数値が上がっているのですが、何か最近、治療をお受けになったり薬を服用したりしませんでしたか?」と葵は聞きます。
ないと言う大宮。
ベッドから立ち上がり窓際に行きます。
少し眩暈がしたように見えた葵はどうしたのか聞きます。
何でもないと小さなポーチを持ち出て行こうとします。
何かはみ出ているのを見て、「大宮さん、それ?」と葵は聞きます。
洗面道具だと言う大宮。

病室にいた女性 篠原麻利絵(大後寿々花)がまだ話は終わっていないと大宮に言います。
「便所だよ」と言い出て行く大宮。

トイレで大量に薬を飲む大宮。
葵は麻利絵に大宮の体調を聞きます。
さぁ?と言う麻利絵。
大宮との関係を聞く葵。
「大宮さんは、一応父です」と答える麻利絵。
「えっ?でも大宮さんって」とくるみは言いますが、何か事情がある様子。

廊下から看護師の声が聞こえてきました。
葵とくるみ、麻利絵が向かうとストレッチャーに乗せられた大宮がいました。
トイレで倒れていたと言います。

落ちている大宮が持っていたポーチを見る葵。
中身は空っぽになっていました。
運ばれて行く大宮。
麻利絵がついて行き、葵はくるみに調剤室に戻る様指示し、大宮について行きます。

薬剤部副部長・瀬野章吾(田中圭)が薬の準備をします。
救命センターの医師・豊中瑠衣(臼田あさ美)が治療にあたります。

心配する麻利絵。
心配を和らげる様に声を掛ける葵。

マイコプラズマで通院している山口礼央の薬の説明を受ける母、山口真央(佐藤めぐみ)。
出された薬をスマホで調べて副作用があると言う真央。
「ネットの情報に惑わされるのが1番危険です。副作用が出る可能性はかなり低く安全性の高いお薬です。一般的に処方されているものなのでご安心ください」と刈谷が言います。
「そうですか」と納得いかない様子の真央。
それを見ていたくるみは、あんな言い方しなくてもと羽倉に言います。
「そう。刈谷さんは超合理主義者。時間短縮命!」と羽倉は言います。
「もはや、処方箋をさばくだけのマシンって感じですね」とくるみは言います。

刈谷は葵や工藤達が戻らない事を気にしています。

その頃、医療用麻薬の確認をしている販田達。
「やっばり一本足りません」と工藤が言います。
確認し直す販田達。

大宮の治療は終わりましたが、豊中はこのままだと命に関わると話します。
瀬野が「薬の副作用の可能性もあるので話を聞かせてください」と麻利絵に言います。
大宮が飲んでいた薬が何か知らないかと尋ねる瀬野。
知らないと答える麻利絵。
葵はポーチに入っていたであろう薬の話をします。
その薬を間違った服用をしてしまい、不整脈がでたのかもと話す葵。
「何で隠れて飲む必要があったんだ?」と瀬野は言います。
麻利絵は何も知らないと言いますが、どんな些細な事でもいいと葵は言います。
「私、会ったの20年ぶりなんです。昔は一緒に住んでいたんですけど私が小学生の時にあの人事業に失敗しちゃって勝手に家を出て行っちゃったんです。私もうすぐ結婚するんです。彼のご両親が大宮さん、結婚式に呼ぼうって言ってくれて。母は5年前に亡くなったんですけど、その時も言ってくれたんです。あなたの晴れ姿見たかったな。結婚式お父さんに来てもらいなさいと。だから結婚が決まって大宮さんに会いに行ったんです。断る。お前とは二度と会いたくないと。
その後何度か説得したんですけど、会いたくない、帰れの一点張りで。それで今、急に命が危ないって言われても、訳わかんないですよ」と麻利絵が話します。

「あなたの気持ちは関係ありません。患者の命を救う為にあなたの持っている情報が必要です」と瀬野は言います。
「私達は大宮さんが飲んでいた薬がどうしても知りたいんです」と葵。
困惑しながら考える麻利絵。
「大宮さんの自宅に行けば何か分かるかもしれません」と麻利絵は言います。

販田が薬剤部に戻り「フェンタニルが一本足りない。昨日の夜の確認では帳簿と数はあってるから昨日の夜中から今朝の間に誰かが一本持ち出したんだと思う」と販田が言います。
院長に話した方がいいと言う刈谷。
工藤が今調べているからその返事を待ってからと言う販田。
フェンタニルの鎮痛作用はモルヒネの50倍もあるそうです。

葵は販田に外出許可が欲しいと頼みます。
「論外。考える余地なし。今こっちは大変なの。早く調剤室に戻って手伝って」と電話を切る販田。

副部長の印でも出られたよな?と瀬野は言います。
しかしもう1人の副部長・七尾拓(池田鉄洋)の印もいると葵は言います。
「許可は俺が何とかする。急げ」と瀬野は言います。
葵は刈谷に電話で説明します。
「それはあなたがやるべき事なの?」と刈谷が聞きます。
「はい。私がやるべき事です」と葵。
「もう知らない。好きにすれば」と刈谷は言います。
そして病院を出て行く葵と麻利絵。
その様子を見ていた七尾。

自転車で急ぐ葵と入れ違いで麻薬取締官が到着しました。
出迎える販田。
フェンタニルがないと分かれば警察に通報され捜査が始まると言います。
麻薬管理が不適切と判断されたら麻薬認可施設を取り消され麻薬を使ったオペが出来なくなると刈谷がくるみに説明します。
「私が責任を取らされる」と頭を抱える販田。
そこに工藤がやって来ました。
誰か分かったと言う工藤は薬剤師・荒神寛治(でんでん)が今朝、と言うと販田は荒神の部屋へ。
胸部外科の本村先生の指示と言う事で取りに来た看護師さんに渡したと言う荒神。
帳簿にチェックし忘れてると販田が言うと、驚き「本村先生、病棟での急変対応の為に一応用意しておくとの事だったのでまだ使わずに持っているかもしれません」と荒神は言います。

販田は時間を稼いでる間にくるみに本村先生の所に行くよう言います。
1番若くて、行動力があるからと販田は言いますが「この中で抜けても戦力ダウンにならないからよ」と刈谷が言いました。
嫌がるくるみ。
「分かる。あなたのその不安。でもあなたに私のクビが掛かってる」と言います。

麻薬取締官を出迎える販田。
走るくるみ。

一方、自転車で大宮が住むアパートに着いた葵と麻利絵。

販田が急かす麻薬取締官の時間を稼ぐ為、荒神の手品を見せます。
一生懸命手品をする荒神。

くるみは本村先生に薬の場所を聞き出します。

葵は大宮の部屋で割れた薬を見つけます。
しかし割れている為、識別番号が分からないと言います。
舐める葵。
そして羽倉に電話します。
「識別番号ED20から始まる白い錠剤なんだけどちょっとDI室で調べてくれない?」と頼みます。
今は無理だと言う羽倉。
患者の命がと言われ調べる羽倉。
しかし分からない様子です。
「初めほんのり甘くて後から苦味が引きたってくる感じ絶対味わった事あるの。名前の候補挙げてくれる?」と葵は言います。
羽倉は1つずつ挙げていきます。
3つ目のロペラミドと言うと、それだ!と言う葵。
「さすが、ヘンタイ」と羽倉は言います。

葵は瀬野に電話。
正しいかどうかきちんと確認する様に言う瀬野。
診察券から1件、1件電話をする葵。
葵は通っている病院を見つけ直接話を聞きに行きます。

荒神が手品をする中、痺れを切らした麻薬取締官。
販田は諦め管理室に案内します。

くるみは看護師に薬が入った金庫を開ける様、頼みます。
薬を確認したくるみ。
麻薬取締官の検査が始まりました。

くるみが到着。 
薬を戻す為、荒神は突然手品を始めます。
その間に薬を戻し、問題ないと判断され安堵する販田達。

瀬野に葵は確認が取れた事を伝えます。
そして豊中に説明し、ナロキソンを投与して下さいと頼む瀬野。
信頼出来る人からの情報だから間違いないと瀬野は言います。
ナロキソンを投与し、様子を見る事に。

安定して来た事を麻利絵に伝える豊中。
安心する麻利絵。

販田に謝る荒神。
くるみは誰にでもミスはあると言いますが「駄目なんですよ。薬剤師はミスをしちゃ。絶対に」と荒神は言います。

病院のロビーでは礼央に薬を飲まそうとしている真央がいました。
吐いてしまう礼央。
飲みたくないと言う礼央を励ます真央。

薬剤部に戻った葵。
七尾が許可なく外出したのは問題だと言います。
自分は印を押していないと言う七尾。
そこに「問題ないよ」と瀬野がやって来ました。

一枚の紙を見る葵と七尾。
医師の豊中の服薬指導の依頼書でした。
副部長2人の印がなくてもこの依頼書があれば大丈夫だと言います。
医者の言う事は絶対。

「随分と庇うんですね」と七尾。
「七尾副部長こそ、随分と目の敵にされてる様ですけど」と瀬野。
「薬剤部の為に言ってるんです。こんな事していたらこの先この部署は立ち行かなくなりますよ?」と七尾は言い出て行きました。

葵、刈谷、くるみ、販田が娘娘亭に集まります。
くるみと販田は何故、女4人で中華なのかと葵に聞きます。
そこに店主の辰川秀三(迫田孝也)が春巻きを持って現れました。
全員薬剤師と知ると、とても丁寧な対応する辰川。
それを見たくるみは「キャラちゃいますやん」と言い、販田は「春巻き遅いんじゃないですか?」と言います。
「待たせると騒ぐ人もいるんですよね?」とくるみが言うと「虐めないで下さいよー」と辰川は言います。

大宮さんが助かって良かったと言う葵に「それって本当に患者さんの為になってんのかな?葵が大宮さんにしたのは服薬指導1回だけ。薬剤管理指導料診療点数は325点。あんたは半日掛けて3250円しか病院に利益をもたらしていないの。もちろん医療従事者は患者の為に働いてる。でも利益をあげなければ病院はその部署の縮小を進める。調剤は院外で充分だと言う判断にもなって来る。もし病院から薬局がなくなったら困るのは患者さん達だよ。その為には薬剤部として点数を稼いで利益を上げないといけない。あんたが1人の患者さんの為に一生懸命走り回ってるつもりかもしれないけど患者さん全体の為にはならない。単なる自己満足だよ」と刈谷は言います。

「分かる」と言う販田。
「分かりません。薬剤師の仕事は薬を渡して終わりじゃないですよね?その先の患者さんの生活に繋がって行くからこそ1人1人の事をちゃんと知る必要があるんじゃないですか?」と葵は言います。
「それで?あんたこの後大宮さんにどうするつもりなの?」と聞く刈谷。
元々、大宮が通っていた病院にお願いするしか。と答える葵。
「あっそう」と刈谷は言って帰って行きました。

くるみは刈谷が冷たいと言います。
「自己満足って言う言い方ね」と悔しさを我慢しながらラー油をお皿に入れる葵。
販田は人それぞれ考え方が違うからねと言うと「薬剤師さんって熱いんですね」と小野塚綾(成田凌)が声を掛けて来ました。
葵が挨拶すると、くるみがどう言う関係なのかと素早く聞きます。
販田は一緒にと言うとくるみは「私の隣にどうぞ」と素早く言います。
小野塚は「さっきの人の話、ある意味1番患者さんの事考えていて感動しました」と言います。

刈谷は帰り道、真央が礼央を抱きながら電話している所を見かけます。
買い物の荷物を取ろうとする真央を手伝う刈谷。
「抱っこ大変そうですね」と刈谷が言うと「うちすぐそこなんで」と言って立ち去ってしまいました。
ジュースに薬を入れ礼央に渡す真央。
やだと言ってコップを投げ、嫌だ、苦いと言います。
礼央は「ママ嘘ついた」と大きな声で言いました。
ため息をつく真央。

真央は粉薬を嫌がると医師に相談します。
錠剤は小さい子は飲み込み難く器官に詰まる事もあると言われてしまいます。
親子3人で歩く家族を見つめる真央。

ボーっと座る真央に薬が出来ていると声を掛ける刈谷。
粉薬を嫌がると刈谷に話す真央。
「苦手意識が出来るとなかなか飲まなくなりますがもう少し」と言い掛けて「頑張れですよね」と真央は言います。

病院を出ようとする真央を呼び止める刈谷。
そして葵に「久保山先生から服薬指導の依頼が入った。こういうのはあんたの仕事でしょう?はい」と言って袋を渡します。
中身を見て「あれ?これって」と言う葵に早く行く様言う刈田。

礼央に出している薬の味見を勧める葵。
甘い味がついていると言う真央。
「元々かなり苦味が強いお薬なので甘味料でコーティングしてあるんです。子供の味覚は敏感で嫌な味が気になってなかなか飲んでくれません」と葵が言います。

礼央もそうだと、ジュースに混ぜてもダメだと話します。
それを聞いた葵は「あー。やっぱり。では」と言ってオレンジジュースに薬を入れます。
それを飲む真央。
苦いと言います。
「クラリスロマイシンは酸性のものと一緒に入れるとコーティングが剥がれて強い苦味が出てしまうんです」と葵が説明します。

礼央に謝る真央。
「で、オススメがこれです」とチョコアイスを取り出す葵。
アイスに薬を入れ混ぜます。
それを食べた真央は、チョコの味しかしないと言います。
「それ、先輩が教えてくれたんです。その人も礼央君ぐらいの息子さんがいて去年マイコプラズマになって薬を飲ませるのに色々試したらこれに行き着いたって。その人はシングルマザーで働きながら子供を1人で育てていて、本当に大変そうです。でも薬剤師としてより多くの患者さんの為になる様にいつも全力で頑張っています。
山口さんも頑張っていらっしゃると思います。どうか1人で溜め込まないで何でも相談して下さい。その為に薬剤師はいますから」と葵が話します。

涙を流しありがとうございますと言う真央。
終わったと刈谷に報告する葵。
「で?葵はこのまま自己満足で終わりなの?1人1人の患者にいちいち踏みこんで生活まで背追い込むのがあんたのやり方なんでしょう?やるんだったら患者の為にとことんやりなさいよ」と刈谷が話します。

大宮の病室を訪ねる葵。
葵は薬の話をしに来たと言うと、前の病院で聞いているんでしょう?と言います。
大宮は骨肉腫でした。
そして抗がん剤を使用、その副作用で下痢を、それを抑える為に下痢止めを使用している。
その事をどうして教えてくれなかったのかと聞きます。
何も答えない大宮。
「麻利絵さんに知られたくなかったからですか?」と葵は聞きます。

「本当は家をでてからも妻とは連絡を取っていました。運動会入学式のたびに見に来ないか?って。でも今更どの面下げて会えるんだって断っていつも遠目に見てました。だから麻利絵に結婚式に出てくれないかって言われた時、色んな思いが込み上げて、とにかく嬉しかった。俺はもうコイツを切らなきゃいけないって分かってたから」と自分の足を触りながら言います。
「骨肉腫って事だけは知られたくなかった。今まで何も面倒見て来なかったのに今更余計な心配や迷惑はかけられないでしょう」と大宮が話します。
すると麻利絵がやって来ました。

「麻利絵さんにも聞いて欲しかったのでお呼びしました。麻利絵さんも青翔医科大学の先生から病状について既に説明を受けています」と葵は言います。
単なる薬剤師が勝手な事するなと言う大宮。
「薬剤師だからしているんです。大宮さんは下痢止めを大量に摂取した影響で不整脈を起こし、心臓が止まる直前まで行きました。本当に危険な状態だったんです。もしかしたら取り返しがつかない事になっていたかもしれません。私は薬剤師としてそんな風に薬を適当に扱って命を危険に晒すような患者さんを絶対に見過ごす訳に行きません」と葵は言いました。

麻利絵がベッドの机にアルバムを置きます。
「大宮さんの家でこんなもの見つけました。こんな写真1人で見て勝手に思い出に浸って病気の事もなんでも勝手に1人で決めてなんなのよ。気持ち悪い。いい加減にしてよ。家出て行った時だってお母さんに誘って貰った時だってかっこ悪い姿見せたくなかっただけでしょう?こんないい思い出のままにして置きたかったでしょう。結婚式だってさ、無様な姿見せたくなかっただけじゃん。いつも逃げてばかり。逃げないで、片足でもなんでもそのまんまの姿で良いからちゃんと見届けなさいよ。私には大宮さんしかいないの。しょうがないけど大宮さんが私のお父さんなんだって」と泣きながら話す麻利絵。

「どうしようもねーな。俺の娘は」と大宮も涙を流します。

葵は足を切断した後、抗がん剤の治療が始まると話します。
苦しいリハビリも待っています。
1人だけでは大変です。
だから2人できちんと向き合って下さいと頼む葵。

薬剤部に戻り落ち込む葵。
刈谷は声を掛けます。

葵は踏み込みすぎたと反省します。
くるみも言い過ぎだと言います、

「自己満足の為?それとも患者さんの為?」と刈谷が聞きます。
「患者さんの為です」と葵。
「ならいいんじゃない」と刈谷は言います。

瀬野がやって来て、大宮が転院を希望していると話します。
担当医師も決まっていないが薬剤師を指定して来たと言います。

くるみが指定された薬剤師が誰か聞きます。
「俺」と答える瀬野。

「嘘だよ。葵みどり。これからもお前に薬の相談をしたいって」と言います。

驚く葵。
「また余計な面倒ばっかり引っ張り込むね。あんたは」と刈谷が言います。
「迷惑かけない様に頑張ります」と葵。
「取り敢えず手を動かす」と刈谷。
「はい」と葵は言いました。

「あの2人全然違うタイプだけどいいコンビですね」とくるみ。
「分かる。相原さん。いよいよ分かって来ちゃった?ここの良さ」と販田は言います。
「合わなければいつでも辞めます」と言うくるみでした。

純白のドレスを着た麻利絵。
バージンロードを片足のない大宮と一緒に歩きます。

麻利絵に支えられながらリハビリをする大宮。
そして薬の入った袋には葵の名前の印がありました。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』2話のネタバレ感想

40代女性

なか

今回、私もくるみと同じで、葵が薬を舐めて味を確かめた所を見て驚きました。
葵だけみたいですけど、仕事に対する意識が凄いなと感心してしまいました。

大宮が倒れた時20年振りに再会した父親が命の危険があると言われた時、麻利絵が凄いパニックみたいになり、話す所はいきなりすぎてどうしていいか分からない感情が凄く伝わって来ました。
それでも一生懸命に助ける為、自転車を漕いで行く所は親子なんだなと思いました。

そして、刈谷に対して私も患者さんに対して冷たい人で、仕事をただこなすだけと言う感じの人かと思っていましたが、今回そうじゃないんだと気付きました。
真央に声を掛けたり、葵に薬が飲みやすい方法を指導する様に頼んだり、凄く良く見ている人なんだと思い、次回からは少し違う目線で見れそうな気がしました。

最後の大宮と麻利絵のバージンロード、とても感動的でこれから親子のやり直しが出来るんだなと微笑ましかったです。

「わかる~」が口癖の販田聡子(真矢ミキ)が面白い!

1話からですが、「わかる~」と共感からコミュニケーションを深めていこうとする薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が面白い!

何だかポンコツな面もありますが、1話でも締めるところは締めていたし、今後どんなリーダーシップを発揮するのか楽しみ。

一見、事なかれ主義・自分の保身が全てのダメ上司にも見えるが、実は凄い上司な気がしますね。

『アンサング・シンデレラ』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

みどりはくるみと新田に服用薬を教えてもらうと大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。みどりたちが新田の病室を出ると、ひとりの児童がいる。新田の教え子らしいが、声をかけると帰ってしまった。

錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。躊躇しながら店内に入り、薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)だった。薬剤師だった事と電話で新田の薬について応対も小野塚だった事に憤るみどり。どうやら、小野塚は病院薬剤師を嫌っている様子で…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/index.html