ドラマル

『アンサング・シンデレラ』1話のネタバレ感想!石原さとみ復活!全キャストが絶妙で面白い

2020年7月16日に放送されたドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、葵みどり(石原さとみ)が、新人の相原くるみ(西野七瀬)の指導をすることに!
そんな中、患者のためにストイックに仕事をこなす葵みどりの活躍とうなじに注目です。

関連記事

ドラマ『アンサング・シンデレラ』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』1話のあらすじネタバレ

1型糖尿病の渡辺奈央ちゃん(安藤美優)と同じ1型糖尿病の森本優花ちゃん(永瀬莉子)。
切迫早産の疑いで入院している矢島詩織さん(西原亜希)。
「皆んな病院の外にはそれぞれの大切な日常があって、これからもそれぞれの未来が続いて行く。それを守っていくのが私達、薬剤師の仕事だ」
(冒頭ナレーション)

スズメバチにさされたと言う50代の男性が運ばれて来ました。
萬津総合病院薬剤部副部長・瀬野章吾(田中圭)と救急センターの医師・豊中瑠衣(臼田あさ美)が処置をします。

次々患者が運ばれて来ます。
瀬野は「葵、手伝え」と言います。
「はい」と言って薬を用意する葵みどり(石原さとみ)。
豊中医師は葵に記録を取る様指示します。
薬剤部部長・販田聡子(真矢みき)が新人薬剤師・相原くるみ(西野七瀬)と話しながら歩いています。
嫌になったら直ぐに辞めると言うくるみ。
病院薬剤師が必要とは思っていない様子です。

階段を降りる販田に「エレベーター使わないんですか?」と聞くくるみ。
「基本的に優先順位は、患者さん、医師、看護師、その次が薬剤師って感じなのよね」と販田は言います。

1人の患者が心停止になり、慌ただしくなる中、販田とくるみがやって来ました。
「あの人が教育担当になる薬剤師の葵みどりさん」と心臓マッサージをしている葵を見ながら販田は言います。
「薬剤師ってあんな事もするんですか?」と驚くくるみ。

葵は心臓マッサージを代わってもらい患者の体を触ります。
ズボンのポケットに何か見つけた葵。
「先生。グルガゴンお願いします。ベータブロッガー服用の可能性あります」と葵は言います。
豊中医師は葵に「持って来て」と指示します。
病院を走る葵。

薬を取り豊中医師に渡します。
すると患者の心音が戻りました。

くるみが「薬剤師も患者さんの命を救う事あるんですね」とくるみが言うと、「違う。救ったのは医師だ」と瀬野は言います。

患者の家族がやって来て豊中医師に容態を聞きます。
命の危機を脱したと聞き、泣きながら医師に感謝する家族。
それを見たくるみは「何で薬剤師には何も言わないんですか?あの薬のおかげですよね?」と葵に聞きます。
「相原さんは感謝されたいの?」と葵。
「それはそうですよ」とくるみは言います。
「じゃあこの仕事向いてないかな」と言う葵。

小児科の医師・久保山竜也(六角慎司)が渡辺奈央ちゃんの血糖値の動きが良くないと葵に言います。
葵は「薬が効いていないかもしれないので確認します」と言います。
その隣でメモを取るくるみ。
葵が居なくなっている事に気付き慌てて追いかけます。

「相原さん、1型糖尿病の勉強したよね?血糖値のコントロールが出来ていれば健康な人達と変わらない様に見えるけど生涯に渡って、毎日インスリンの注射をしなくちゃいけない」と葵が説明します。

病室で賑やかにしている奈央と優花。
「高校1年生の森本優花ちゃんと中学2年生の渡辺奈央ちゃん」と2人をくるみに紹介します。
葵はインスリンの注射が正しく出来ているかどうかチェックさせてと葵が言います。
優花は大丈夫と言いますが「でも優花ちゃん半年に1度ぐらいで病院に戻ってきてない?奈央ちゃんもなかなか数値安定してこないし」と言います。
そこに奈央の母がやってきました。

そして葵がチェックをします。
インスリンの注射器をじっと見つめる奈央。

薬剤師の主な仕事は入院患者が薬をしっかり飲んでいるかどうか確認して回る事。
くるみを連れて患者さんの所を回ります。
歩くのが早い葵について行くのがやっとのくるみ。

そして調剤室に向かいます。
ドアの前で「ここはいつも戦争だから気をつけて。皆んな仕事に追われて殺気だってるの」と葵は言います。

沢山の薬があり、皆んな慌ただしく動いています。
薬剤部主任・刈谷奈緒子(桜井ユキ)が「うちは薬剤師の数が足りないから調剤室担当じゃなくても手の空いた人から調剤に加わる総力戦方式」と言いながら凄いスピードで書類に判子を押します。
くるみが驚いていると「そう。調剤のプロフェッショナル刈谷主任。この部屋だったら目を瞑ってでも調剤出来る」と羽倉龍之介(井之脇海)が言います。

刈谷は「葵は1人1人の患者さんに関わり過ぎ。相原さん。うちは病床480。1日の処方箋外来500、入院300。薬剤師の仕事は目の前の仕事をさばいてさばいてさばききってなんぼだから。葵のやり方絶対に真似しないで」と言います。
「葵さんは新薬が出ると味見する薬オタクの変態だから、その辺も真似しない様に」と羽倉は言います。

そして羽倉は荒神寛治(でんでん)と言う調剤の魔術師がいる事を話します。

葵は林先生を探しに食堂に行くと言います。
驚く刈谷達ですが葵はくるみに一緒に来る様に言います。
どこに行くのかと尋ねるくるみ。
「疑義照会」と葵は答えます。
くるみは「疑義照会って処方箋の間違いを医師に確認するやつですよね?結構あるんですか?」と聞きます。
「1日で全国で処方される処方箋はおよそ220万枚。その内の6万枚を超える処方箋に疑義照会がかけられている。その内の7割は処方変更」と葵は言います。

数の多さに驚くくるみ。

食堂で医師を見つけ、声を掛けます。
こんな所で疑義照会?と驚く医師。
投げやりに変更しておく様言います。

くるみはよく我慢できますね?と葵に言います。
「とにかく私達は患者さんに正しい薬を届けられればよし。薬剤師は患者を守る最後の砦だから、見落としや失敗はゆるされない」と言います。

奈央のお母さんが血糖値の値を奈央に聞きます。
「基準値」と笑顔の奈央。
母は何故安定しないのか不思議に思います。
奈央の母は優花に何か言われてないかと心配します。
奈央は否定します。

妊娠している詩織が偏頭痛で眠れないと言っている為薬が処方されます。
看護師がそれを取りにきました。
葵は疑問を覚えます。

そして瀬野に電話をする葵。
瀬野はまず医師に確認しろと言います。

すると産科から連絡があり詩織の薬を変更して欲しいと言う連絡でした。
他の症状を聞くと、胃が痛いと言っていると伝える医師。
それを聞いた葵は偏頭痛じゃないかもしれないと言います。

葵は産科の病棟へ。
そして看護師に偏頭痛ではないから点滴の準備をしてほしいと頼みます。
詩織の元に向かうと容態が悪くなっていました。
お腹をさすった看護師が点滴の準備をしますと言います。
帝王切開になってしまう為担当医師を呼ぶ様に、当直の医師に伝える葵。

担当医師・林雅樹(飯田基祐)がやって来ました。
患者を診察していいのは医者だけだと言って怒ります。
医師は胃潰瘍と診断したと言いますが、葵が嘔吐した事を告げると顔つきが変わりました。
葵が医師に「マグセント、流しますか?」と聞きます。
医師は何も答えません。
もう一度葵は聞きます。
葵からマグセントを奪い、当直の医師にマグセントを流す様指示します。

その様子を廊下から見ている瀬野。

詩織は緊急手術をし無事赤ちゃんを出産。
葵が見立てた通りだった様です。
良かったと皆んなが言うと「全然良くない。産婦人科の林先生からクレームが入った。もうトラブルはやめてぇ。医療安全委員会の議題にするって」と販田が言います。
「何ですか?それ」とくるみが聞きます。
「医療事故につながる様な事案があった時にそれを改めて検証する会議の事」と羽倉が言います。
「産婦人科医は人数が少なくて貴重な存在だから病院側も無視出来ない。ね。覚悟しといて」と販田は葵の肩を叩き言います。
「そんなの酷くないですか?」とくるみは言います。
「分かる。もしもの時は私が守るから」と販田は言います。
「販田部長」と葵が言うと「いや。今回は無理よ。こっちも連帯責任で危ないのよ。うちは旦那の稼ぎが少ないし、子供受験だし、しかも双子だし。出来る限りの事はする。だからこれ以上余計な問題持ち込まないで」と販田は言います。

薬剤師副部長・七尾拓(池田鉄洋)が「葵さんの行動は生産性に欠けるよね。患者の事も大事だけど薬剤師は薬と向き合うのが仕事。病気を治すのは我々ではなくて薬だ」と言います。

奈央はやはり血糖値が下がっていない様子。
看護師が「私達が注意して見ている時は安定するけど暫くすると上がっています」と話します。
くるみは自分でちゃんと打てていないんですかね?と言います。

その時、優花が廊下を歩いています。
葵が声を掛けると奈央がいないと言います。
皆んなで手分けをして探す事に。

「大変です。辰川秀三(迫田孝也)さんがお待ちしております」と羽倉は言います。

辰川は有名な外来患者で待たせると激ギレする。と言います。
辰川が怒り出しました。
その時、荒神が現れ「いやあ。お呼ばれしたみたいで」と言います。
「おじいぽん?」とくるみは言います。

怒り席を立った辰川に「辰川さん。お元気ですか?風邪には気を付けて下さいよ。コホンと咳が出たときには用心です。ゴホン」と荒神が言います。
手にはハトの人形。
そしてマジックを見せる荒神。
すると「辰川さん収まりました」と羽倉が言います。

葵は倒れている奈央を発見。
奈央の母は朝ご飯の前に何故インスリンを打たなかったのか聞きます。
「奈央ちゃん。間違えたのわざとだよね?わざと時間を変えて打って血糖値を悪くしてたんだよね?」と葵が聞きます。

泣き出す奈央。
お母さんは怒ります。
「そんなに皆んなで責めないでよ」と優花が言います。
「あなた。あなたが何か入れ知恵したの?」と言います。
「いい加減にして」と怒り出す奈央。
「奈央、この人らに何言っても無駄だよ。インスリン打ってれば普通と変わらないなんて思ってる人達に何言ったって分かんない」と優花は泣きながら言います。

「奈央ちゃんは小学校の時、友達に言われた言葉にショックを受け中学は担任以外、病気の事を打ち明けられなかったそうです。それで注射を打つ為に隠れて保健室に行ってるうちにクラスメイトとだんだんと距離が離れて行ってしまったそうです。
だけど病院だと、病気を隠さなくていいから。気持ちが楽だし、何より心を許した友達がいたからわざと退院を遅らせていたそうです」と葵は言います。

そして葵は何も知らなかった自分を責めます。

葵が中華料理店にいます。
ラーメンを運んでくれた人。
辰川さんでした。
葵は萬津総合病院の薬剤師だと言います。
辰川は慌てて「どうぞ、ごゆっくり」と苦笑い。

すると近くに座っていた男性・小野塚綾(成田凌)が「薬剤師さんですか?」と聞いて来ました。
小野塚は何故病院で働いているかと聞いて来ました。
「昔からの夢だったから」と話す葵。
昔薬剤師さんに救われたと葵は言います。
「何かいいですね」と小野塚は言います。
「今でもずっとその人に感謝しています」と葵は言いました。

医療安全委員会が始まりました。
産婦人科医、林は葵が勝手に診断、薬を投与しようとしたと言います。
林は全て葵のせいにしようとしています。

販田が葵をかばいますが林は連帯責任を取る覚悟があるのかと聞きます。
販田は厳しい処分が何なのかと聞きます、
「1ヶ月の謹慎」と林が言います。
販田が厳し過ぎると言っていると、「私からも1つ提案よろしいですか?」と瀬野が言いました。
「葵みどりは解雇でいいんじゃないでしょうか?命を預かる医療現場では命令系統の乱れが重大な事故につながりかねません。林先生がおっしゃる通り、医者に対して自分の意見を言う薬剤師は邪魔で危険な存在です。患者さんに迷惑が掛かる前にクビにするべきでしょう。葵みどりは患者の為になるなら医師にでも提案をする薬剤師です。そう言う人間が事故の原因になると言うなら、病院にとって害でしかないですよね」と言います。
看護師が「私はあの場に立ち合っていましたが、薬剤師さんの行動に問題があったとは思いません」と言いますが、林に言い負かされてしまいます。

救急センターの豊中が「問題となっている女性薬剤師の気付きによって先日1人の患者を救う事ができました。私は医者てして責任を持って患者と接しています。だから薬剤師の意見を鵜呑みにしていいか一瞬迷いました。だけど今は患者が助かって良かったと思っています。我々医師はもう少し薬剤師の意見に耳をかたむけてもいいのではないでしょうか」と言います。

林先生はバツが悪くなった様子で処分はなくて言いと言い出しました。

葵は詩織に呼ばれ病室を訪ねます。
「先生からお聞きしました。私とこの子を救ってくれたのは薬剤師の葵さんだって」と言いお礼を言います。
目に涙を浮かべ言葉が出てこない葵。

奈央が退院します。
優花は全く奈央を見ません。
病室を出て行く奈央。

葵は優花に背中を合わせ座ります。
「昔、良くこうしたよね。優花ちゃんが寂しい時。本当は気付いてたんでしょう。奈央ちゃんがわざと血糖値を悪くしてたこと。それに優花ちゃんもわざと注射おろそかにして入院繰り返してるよね?日常から逃げる為に」と葵は言います。
「そうだよ。奈央がわざと血糖値悪くしてる事わかってて黙ってた。だって奈央には退院してほしくなかったから。一緒にいて救われてたのは奈央じゃない。むしろ私の方だよ。ずっとそう。小学生の頃から嫌な事があるといつもここに逃げてた。ここで同じ病気の子と喋って誰の目も気にせず注射打って救われてた。いけない?私にはもうここにしか居場所がないの。葵さんには分からない」と優花は泣きながら話します。

「分からないけど放っておけない。優花ちゃんはインスリンを打たないと合併症のケトアトドーシスを引き起こして、脱水や意識障害に陥り昏睡状態取り返しの付かない事になる。小学四年生で初めて会った時から何度も何度もどんなに大切かって伝えてきたよね。優花ちゃんはこれから先もずっとインスリンと付き合って病院の外に日常があって大人になってからも病院の外で働いて行かなくちゃいけない。逃げ続ける事は出来ないんだよ。だから、この薬とちゃんと向き合ってほしいの。ちゃんと使って手に入れて欲しい。それはとても大変なことかもしれない。だけど優花ちゃんには分かり合える友達がいるよね?その子と一緒なら頑張れるはずだよね?これから先もずっと」と葵は言います。

優花は病院の外に出て奈央を呼びます。
「私、もう奈央とは病院て会わないって決めた。これからは病院じゃなくて外で会おう。元気になって普通に外で会っていっぱい喋ろう。それでいつか大人になったらお花見とかしてお酒飲んだりしていっぱいいっぱい笑おう」と優花は言います。
そして2人は約束と言って小指を握ります。

刈谷がその様子を見て微笑みました。
くるみは「病院薬剤師が必要って言うのは分かりました」と販田に言う。

優花は葵にこれからも色々教えてと頼みます。
「入院中も退院してからもずっと一緒だから」と言って桜の下で微笑む2人でした。

奈央と優花はそれぞれ自分の道を進み歳を重ねて行きます。
大人になりあの時の約束通り桜の下にいる2人。
笑顔の2人は幸せそうな素敵な女性になっていました。

スポンサーリンク

『アンサング・シンデレラ』1話のネタバレ感想

40代女性

なか

このドラマを見て今までは普通に薬剤師さんから薬を頂いていました。
病院の中の薬剤師さんなので少し違うのかもしれませんが、あんなに忙しくしている人達だとは知らず驚きながら見ていました。

患者さんの変化に気付き、医師に意見を求め、命を救う事にとても尽力している薬剤師さん。
でも患者さんや家族からお礼を言われるのは医師だけで。
くるみが何故医者だけ?と言った時、感謝されたいならこの仕事は向いていないと言ったところが印象に残りました。
見返りなど求めずただ助ける為にだけと言う強い信念がある様な気がして凄いなと思いました。

優花の話をお姉さんの様に聞いてあげたり葵は素敵だなと思いました。

部長の販田さんが、分かるぅと何度か言うのですが、可愛くて好きです!

石原さとみ復活!全キャストが絶妙で面白い

石原さとみ復活!
といったら失礼かもしれませんが、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の葵みどり役を演じる石原さとみさんは、それほどに魅力的でした。
そして、うなじも美しすぎた!

好みは分かれるかと思いますが、石原さとみさんは、まっすぐに仕事に向かう感じの役(アンナチュラルのミコトなど)を演じる時、最高に輝いている感じがします。
仕事に対してストイックな地がでているのかな…(想像です)。

1話を見た感想は「やられた~」という感じですかね。
ストーリーは王道でしたが、テンポが良く、葵みどり(石原さとみ)はもちろん、各キャストを知る導入回として非常にバランスが良かった。
今後、各キャストがどんなドラマを展開していくか非常に興味深くなる魅力的な見せ方で、2話以降も期待しかありません!

笑顔が素敵なミステリアス瀬野章吾(田中圭)。
成長が楽しみな可愛い相原くるみ(西野七瀬)。
クールでカッコイイ刈谷奈緒子(桜井ユキ)。
肝心なところで部下を守る素敵上司な販田聡子(真矢ミキ)。
存在が癒しな荒神寛治(でんでん)。
場の盛り上げ役・羽倉龍之介(井之脇海)。
清原翔さんの代役に手を挙げたカッコよすぎる成田凌さん。
と、豪華キャストによるこんなスカッとするメンバーが織りなすドラマ。
最高になるに決まっています!

あと、産婦人科医の林(飯田基祐)は最低でしたが、医師の豊中瑠衣(臼田あさ美)のキャラもよかったですね。

とにかく、面白くなる上昇幅が計り知れない!
ちょっと期待しすぎかもしれませんが、久しぶりに気持ちが熱くなるドラマでした。

『アンサング・シンデレラ』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

葵みどり(石原さとみ)はこの日も、入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬)とともに病棟を回る。販田聡子(真矢ミキ)に早く調剤室に戻ってくるよう釘を刺されたみどりは、患者と話す時間を少しでも多く作るため、いつもより早足で病室を巡っていくなかで、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と何やら言い争いをしている。2人の口論を止めた後、みどりは入院前に飲んでいた薬はないか大宮に聞くも、「知らないよそんなこと」と吐きすて、大宮はポーチを持ってトイレへと立ってしまう。困ったみどりは麻利絵に大宮の最近の体調を尋ねるが、麻利絵もわからない様子。みどりが麻利絵に大宮との関係を尋ねると、“父親”だと答えるが何か事情がありそう。

調剤室では、販田聡子(真矢ミキ)が走り込んで来て何やら慌てた様子。販田は、薬剤部一同に向かって、厚生労働省の麻薬取締官が医療麻薬の管理調査に来ると告げる。病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているかの確認のためだ。刈谷は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。販田は他の保管状況を調べるため、工藤虹子(金澤美穂)たちを連れ出した。

そんな中、病室の外が騒がしくなる。みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れていた。みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添う。救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたるが、大宮の容態は重篤に陥る。

一方、麻薬管理室を調べていた販田たちは、薬剤の数が足りない事に気づく・・・。

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/story/index.html