ドラマル

『TWO WEEKS』10話(最終回)のネタバレ感想!イケメンパパと激カワ少女に魅了された2週間!

2019年9月17日に放送されたドラマ『TWO WEEKS』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

10話では、柴崎が結城に元恋人と娘、どちらを助けるか選べと迫る!
娘・はなのため、2週間にわたり逃亡してきた結城に待つのは幸せな未来か…。

関連記事

『TWO WEEKS』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『TWO WEEKS』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』最終回のあらすじネタバレ

大地(三浦春馬)は有馬(三浦貴大)から連絡を受け、事情を説明し、それぞれに手分けをしてはな(稲垣来泉)とすみれ(比嘉愛未)を助けに行くことになります。

大地ははなのもとへ向かい、柴崎(高嶋政伸)と対峙します。柴崎は大地だけでなく、はなの命も奪うつもりでした。自分はどうなってもいいからはなの未来だけは奪わないでほしいと懇願する大地を嘲笑い、柴崎は灰谷(磯村勇斗)にはなの始末を命じます。
しかし、灰谷ははなを殺すことを拒否します。苛立つ柴崎は、「昔、拾ってやった恩を忘れたのか」と冷たく言い捨てます。灰谷は、柴崎の昔の愛人との間に生まれた実の息子だったのです。感情に揺さぶられる灰谷を邪魔だと感じた柴崎は、灰谷をナイフで刺します。
そのまま柴崎ははなに襲いかかりますが、灰谷が柴崎を押さえます。大地ははなを連れて脱出しました。

柴崎が誘拐容疑で指名手配され、マスコミから追われる久我(黒木瞳)はホテルに身を隠していました。
楓は柴崎の秘書に交渉し、手に入れた動画のコピーを久我に見せます。言い逃れのできない状況に追いこまれた久我は口をつぐみ、楓は「罪を認めてほしい」と説得します。
それでも難病の息子のためにプロジェクトを成し遂げたいと話す久我の言葉を、楓が制します。
「息子さんは、一年前に死んでますよね」
久我のマネーロンダリングの件から、久我の息子が亡くなっていたことが判明していたのです。
息子を亡くした悲しみから目を背け続けようとする久我に、楓は「大切な人を失う悲しみから逃げてはいけない」と叱責します。そして「一緒に乗り越えていきたい」と話します。
楓の言葉を聞いた久我は、その後自首をしました。

衰弱しているはなを抱え、休息を得るために近くの小学校に忍びこんだ大地でしたが、一夜明け、柴崎がまたも執拗に追い回して来ます。しばらくして楓と警察達が駆けつけて来ると、階段から転落した柴崎が脚に突き刺さっているナイフを指しながら、「逃亡犯の結城大地にやられた!」と喚きます。
無様な柴崎の姿を見下ろしながら、楓は柴崎逮捕を言い放ちます。
その後、大地とはなは病院へ運ばれます。

そして、はなの移植手術当日。
大地は念願の手術を受けることができました。大地の骨髄は無事にはなに移植されます。

さらに2ヶ月後。
柴崎と灰谷は同じ刑務所に入っていました。すれ違う二人に会話はありませんが、柴崎は灰谷の後ろ姿を無意識に目で追うようになっていました。
そして、一度は検事を辞めることを決意していた楓でしたが、上司の計らいにより、その後も検事を続けることができるようになっていました。

はなの退院日に、有馬はすみれとはなから離れることを決意しました。大地と一緒に居ることを願うはなを見て、身を引くことにしたのです。病院から出て、元気いっぱいに大地に駆け寄るはなに、有馬は優しく微笑みます。

これからは人生を見つめ直す時間が必要だと考えているすみれに、大地は自分の気持ちを打ち明けます。
「辛いときに頼れる父親になりたい。いつか準備ができたら、その時ははなに会いに行ってもいいかな?」
大地の言葉に、すみれは頷きます。
そして、大地と一緒に居たがるはなにも、思いを伝えます。
「パパは今まで、たくさん間違えてきた。だから、はなに誇ってもらえるようなパパになるまで時間が欲しい」
寂しさを感じるはなは涙を流しますが、大地の言葉をしっかりと受けとめます。
「どんなことがあっても、パパはずっとはなのパパだよ」
大地は愛する娘をそっと優しく抱き締めました。

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』最終回のネタバレ感想

20代女性

sao30

柴崎の鬼畜ぶりがあますことなく露呈されていたので、逮捕されたときは心の底からスカッとしました。逮捕の言葉を口にしたのが楓だったという点も良かったと思います。楓は久我を許し、悲しみを一緒に乗り越えていこうとしているので、実は強い女性だったんだなと気づきました。きっと今まで以上に良い検事になりますね。

すみれ達から身を引き、はなを優しく見つめる有馬もとても素敵でした。
はなにとって誇れる父親になってからまた会いに行きたいという大地にも、深い父性愛を感じました。

ハラハラしたり、親子愛を感じたり、人情を感じたり、たくさんの気持ちに気づかせてくれる、魅力的なドラマでした。大役を見事にやりきった三浦春馬さんと稲垣来泉ちゃんがとても素敵でした!

イケメンパパと激カワ少女に魅了された2週間!

父娘の愛に魅了された2週間(ドラマ)でしたね。

主人公・結城大地を演じる三浦春馬さんのカッコよさ・色気が爆発したドラマだったのではないでしょうか?

そして、大地の娘・青柳はな役の稲垣来泉が可愛すぎた!
演技も上手だし、今後の活躍が楽しみですね。

まとめ

何はともあれ、『TWO WEEKS』は、三浦春馬さんに魅了されてしまった人が多かったドラマだったのではないでしょうか?
三浦春馬さんの肉体美、表現・表情の豊かさが光りましたね。

また、脇を固める月島楓(芳根京子)、青柳すみれ(比嘉愛未)、青柳はな(稲垣来泉)、有馬海忠(三浦貴大)、柴崎要(高嶋政伸)、灰谷(磯村勇斗)も、演者たちの力もあり、それぞれの人物に魅力を感じられました。

特に有馬さんは、優しくて男らしい人物で魅力的でした。
最終回にキャンプシーンがあったのは、そんな有馬を演じた三浦貴大さんが、次クールで『ひとりキャンプで食って寝る』というキャンプドラマの主演を務めるはなむけでしょうか?
関係ないかな…。