ドラマル

『TWO WEEKS』8話のネタバレ感想!灰谷とは?チェインストーリー見て更に謎深まる!

2019年9月3日に放送されたドラマ『TWO WEEKS』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、黒幕・早穂子からの圧力がかかり灰谷が釈放される!
八方ふさがりとなった結城は、柴崎の片腕の久留和に罠を仕掛ける…。

関連記事

『TWO WEEKS』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『TWO WEEKS』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』8話のあらすじネタバレ

身柄を拘束された灰谷(磯村勇斗)は、柴崎(高嶋政伸)に関して何一つ口を割ろうとしません。それに加えて久我(黒木瞳)が手を回し、証拠不十分として灰谷は釈放されてしまいます。

大地(三浦春馬)は質屋に忍びこみ、以前に仕掛けておいたボイスレコーダーの録音を聞きながら、次の作戦を練り始めます。
大地が頭を悩ませる中、はな(稲垣来泉)から電話がかかってきます。すみれのスマホをこっそりと使っているというはなと会話をして、大地はつかの間の幸せを感じていました。

柴崎の部下・久留和(池田鉄洋)を利用することを思い付いた大地は、久留和に連絡をします。
大地から「俺がこのまま捕まらなければ、俺の身代わりとして今度はお前が目をつけられる」と ゆさぶりをかけられた久留和は、一気に焦り始めます。

謹慎処分を受けた楓(芳根京子)は8年前に起きた医療器具の事故に関して、独自に調べていました。
そして、当時の事故に関して怪しんでいた楓の父親を処理するよう、久我が柴崎に依頼していたことが分かります。久我との決別を固く心に決め、楓は大地のもとへ向かいます。

久留和の話をボイスレコーダーで録音していた大地は、柴崎がデジカメ動画のコピーを所持していることを知ります。
なぜ柴崎達は焦って大地を殺そうとするのか…確実に殺したいのなら、はなの手術日に病院に現れた大地を狙えば良いはず…
考えを巡らせていた楓が、 とあることに気づきます。
久我が進めているプロジェクトの認可が下りる日と、はなの手術日が同じ日だったのです。
認可が下りるまでに大地の口から事件のことが漏れれば、柴崎は窮地に立たされ、久我にも致命的な痛手となることが分かります。

さらに、事件を調べ直していた有馬が、柴崎の映っている監視映像を見つけだします。柏木愛(立花恵理)殺害の同時刻に、マンションを出入りしている柴崎の姿が映しだされた映像をもとに、柴崎を警察署へ連れて行きます。

有馬が柴崎を取り調べている間、大地は動画のコピーを手に入れるために柴崎の自宅に忍び込みます。

なかなか発見できずに焦る大地のもとに、警察署へ行っていたはずの柴崎が戻って来てしまいました。

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』8話のネタバレ感想

20代女性

sao30

久しぶりに大地とはなの会話シーンがあったので、癒されました。大地からのヘアクリップを嬉しそうに付けるはながとても可愛いかったです。
はなの中では有馬よりも大地の方が存在が大きくなっているようなので、そのことが微笑ましく思える半面、有馬がかわいそうだな…と思ってしまいます。はなが知らない間に有馬も頑張っているんだということを、誰か伝えてあげてほしいです。

楓の父親の事件に関して久我が絡んでいたということが分かり、衝撃的でした。楓がかわいそう過ぎるなと思います。久我との決別を決めたときの楓の表情はとても良かったです!

灰谷とは?チェインストーリー見て更に謎深まる!


https://twitter.com/_3kxp2_/status/1168900680892997634

磯村勇斗さん演じる謎の殺し屋・灰谷とは一体何者なんでしょうかね。ここまで見てきても感情を全く表に出さないので、何を考えているのかわかりません。

チェインストーリーで素顔の灰谷が見れると思いましたが、より謎が深まるばかり。全く何を考え、何を目的として生きているのかわかりません。

原作(韓国版)での灰谷とされるキム先生(ソン・ジェリム)は、子供の頃に海外に拉致され、フランス外人部隊に入隊、その後に、ムン・イルソク(日本版:柴崎要)の養子となります。

日本版では、若干設定が違いますので、灰谷がどのような経緯で柴崎に従うのか、どんな境遇から殺し屋になったのかはまだ分かりません。

恐らく、フランス外人部隊にいたというのは、チェインストーリーで軽く触れられていたので、原作と同じ設定になると思います。が、柴崎との関係性はまだ確定はできません。

さて、何故すみれにぶつかったのでしょうか?
また、チェインストーリーのペンダントは何なのか気になりますね…。

『TWO WEEKS』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『TWO WEEKS』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

柴崎(高嶋政伸)が事情聴取を受けている隙に、デジカメ動画のコピーを盗み出そうと自宅に忍び込んだ結城(三浦春馬)。しかし、早穂子(黒木瞳)が手を回したことで柴崎は早々に釈放され、結城は戻ってきた柴崎と鉢合わせてしまう。ところが予想に反し、結城は無傷のまま部屋を出ることを許される。去り際に柴崎がつぶやいた「お前が一番苦しむ方法で殺してやる」という不気味な一言が気になるも、急いで部屋を後にする結城。

灰谷(磯村勇斗)の一件といい、黒幕・早穂子の権力の強さをまざまざと見せつけられた結城。楓(芳根京子)から、早穂子に重度の心臓病を患った息子がいると聞いた結城は、楓の力を借りて早穂子と直接交渉することに。その結果、早穂子との間である取引を成立させるが、その様子を何者かが見ていて……。

一方、すみれ(比嘉愛未)は、病床で父親を恋しがるはな(稲垣来泉)の姿に複雑な思いを抱いていた。8年前の事情を知った今となっては、これまで通り結城を憎むことなどできるはずもなかったが、自分たちを助けてくれた有馬(三浦貴大)への恩も捨てられない。そんなことを考えていた矢先、病院を出たすみれの前に、久留和(池田鉄洋)たち柴崎の部下が立ちふさがり……。

出典:https://www.ktv.jp/twoweeks/story/09.html