ドラマル

『TWO WEEKS』5話のネタバレ感想!黒幕は久我早穂子(黒木瞳)?

2019年8月13日に放送されたドラマ『TWO WEEKS』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、海へ転落した結城を有馬たち警察が必死に行方を追う!
一方、楓や柴崎、すみれも結城の行方を探すが…。

関連記事

『TWO WEEKS』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『TWO WEEKS』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』5話のあらすじネタバレ

海に転落した大地(三浦春馬)は、港に打ちあげられていました。大地を発見した室岡(村上淳)と、その息子の晴人(鳥越壮真)に助けられます。

室岡の顔を見て、ハッとした大地は9年前のことを思い出します。
室岡は、悪どいことに染まっていく柴崎(高嶋政伸)と手を切るため、妻と共に逃亡しました。目の前で誰かが死ぬのが嫌な大地は、室岡達の手助けをしました。室岡が逃げきった後、大地は楓(芳根京子)の父親を刺した事件の身代わりになり、服役することになったのです。

室岡は現在、晴人を一人で育てていました。大地は、自分にも大切な娘のはな(稲垣来泉)がいることを話します。娘の手術日まで身を隠したい大地と、柴崎に追われている大地から離れたい室岡は激しく衝突。大地の強い思いと、大地になついている晴人が間に入ったことにより心を動かされた室岡は、自宅の一室に大地が留まることを許します。

大地はすみれ(比嘉愛未)に連絡をとります。無事であることが分かり、ホッとするすみれが大地に出頭を勧めますが、大地は出頭を拒否。心配するすみれは「何があっても生きていて。あなたははなの父親なんだから」と話しました。

はなの主治医からは「有馬(三浦貴大)に知られるのも時間の問題」と言われるすみれでしたが、大地からは「警察には絶対に言うな」と止められているため、本当のことを有馬に話せません。
「やっぱり今は言えない。はなの手術が終わったら全て話す」と言うすみれに、有馬も事情を聞き出すことが出来ません。

楓はすみれに会い、大地が無実を訴えていることを聞き、「結城大地は自身の冤罪の証拠を掴もうとしているのでは?」という考えに至ります。
そして、久我(黒木瞳)にも大地が冤罪かもしれないと話します。
「敵がどこにいるか分からないから、情報を不用意に広めない方がいい」と久我から警告を受ける楓でしたが、その後すぐに警察の捜査情報を入手し、現場へ向かいます。

海から大地の帽子を引き上げたことをきっかけに、警察が港付近を調査し始めます。室岡の家が怪しいと感じた有馬が忍び込みますが、室岡親子が機転を利かせてくれたため、大地は警察から逃げることに成功しました。

室岡親子への感謝の思いで胸が熱くなっていた大地でしたが、一人になった途端、背後から近づいて来ていた灰谷(磯村勇斗)に捕まってしまいます。

拘束された大地は、柴崎と対峙。今までの事件や8年前の身代わりのことは大地が勝手にしたことだ、と冷たく吐き捨てる柴崎に、怒りがこみあげます。
さらに、柴崎ははなの存在や移植のことも知っていました。

柴崎にナイフを突きつけられた大地は、とっさに取引をもちかけます。
「デジカメは預けてある。俺にもしものことがあったら、デジカメの内容が各所に流れるようになっている」と嘘をつき。さらに「そうなったら困るのはお前だけじゃないんだろ?」と言葉を続け、柴崎を揺さぶります。

その後、大地は外に連れ出されます。
すると突然、横にあった鉄材が柴崎達めがけて倒れてきました。その隙に大地は逃げ出し、灰谷が追いかけます。

両手首を拘束されたままの大地は、船体の陰に隠れます。少しずつ迫り寄ってくる灰谷に焦る大地でしたが、背後で大地の縄をほどく人物が現れます。
驚いた大地がふりかえると、そこには楓の姿がありました。
大地の腕を引き、灰谷から逃げるための道を誘導してくれる楓に驚きながらも、大地はまた走りだしました。

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』5話のネタバレ感想

20代女性

sao30

室岡親子の優しさや、 はなのぬいぐるみを見つけ出して貰えたことに感謝し、涙ぐみながら安堵する大地の表情がとても素敵でした。父親としてはなの約束を守りたい、という気持ちがよく伝わってきます。

第5話で、柴崎に情報を流している内通者がいることが分かりました。警察か、検事側か?柴崎の後ろ楯とは誰なのか?新たに気になる点が出てきました。
楓に警告する久我も何か隠しているような雰囲気だったので、その点も気になるところです。

黒幕は久我早穂子(黒木瞳)?

柴崎要(高嶋政伸)が何者かから電話で情報を得ていることから、どうやら黒幕がいるということが明らかになりました。

さっそくネットでは、黒幕が誰かつぶやかれており、黒木瞳さん演じる国会議員の久我早穂子が怪しいとみている人が多いです。そして、東京地検港南支部の支部長の岩崎恭二(神尾佑)が内通者という見立てが多勢です。

原作(韓国版)通りならば、黒木瞳さんが黒幕となるのですが、日本版ではひねりを加えてくるでしょうか…今後の展開が楽しみですね。

『TWO WEEKS』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『TWO WEEKS』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

結城(三浦春馬)の身柄を拘束し、はな(稲垣来泉)の名前をチラつかせてデジカメを脅し取ろうとする柴崎(高嶋政伸)。結城は隙を見て逃げ出すが、背後にはナイフを手にした灰谷(磯村勇斗)が! 再び窮地に陥った結城を助けたのは、駆けつけた楓(芳根京子)だった。

楓は、自らが8年前に結城が殺害したとされる被害者の娘だと明かし、検事の自分を信用してほしいと訴える。しかし、楓が柴崎への復讐を目論んでいることを知った結城は、自分がその計画に利用されることを懸念し、楓を信用しない。一方、楓が結城と接触したことを知り、デジカメが検察に渡ることを恐れた柴崎は、ある人物に電話を。楓もまた、柴崎の行動から、警察や検察に内通者がいるのではないかとにらむ。

翌日、結城が病院にいるすみれ(比嘉愛未)の元に現れる。楓から、8年前の結城の決断が、恋人の自分を守るためだったことを聞かされていたすみれは、不器用な生き方しかできない結城を責めるが、一方で、その優しさをもう一度信じると決め、デジカメを手に入れるために協力してほしいという結城の頼みを聞き入れる。しかしそこへ、はなの様子を心配した有馬(三浦貴大)がやって来て……。

目の前に結城がいることに気付いた有馬と、すみれの婚約者が自分を追う刑事だと知った結城。そのとき、すみれは……!?

出典:https://www.ktv.jp/twoweeks/story/06.html