ドラマル

『TWO WEEKS』4話のネタバレ感想!春川の裏切りに「許さん」の声殺到!

2019年8月6日に放送されたドラマ『TWO WEEKS』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、楓が、結城の婚約者だったすみれの存在にたどり着く!
一方、結城の身辺を調べていた有馬は、結城がはなのドナーではと疑いを抱き始め…。

関連記事

『TWO WEEKS』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『TWO WEEKS』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』4話のあらすじネタバレ

有馬(三浦貴大)とはち合わせ、急いで逃げ出す大地(三浦春馬)。楓(芳根京子)はサトル(森永悠希)が殺害された現場へ行きます。そこで、大地とサトルが育った施設の園長だった女性と出会います。
話を聞き出し、8年前に大地に婚約者がいたことを知った楓は、相手が誰なのかを調べ始めます。

公園で夜をしのいだ大地は、そこで若い男達からの暴行を受ける春川(柿澤勇人)を目撃します。見過ごすことができず、大地は春川を助けてやります。

大地を捕り逃した有馬は、大地と同じ店で働いていたスタッフからの目撃情報を思い返し、すみれ(比嘉愛未)と大地の関係を疑うようになっていました。
そして、はな(稲垣来泉)のドナーは誰なのか?血縁者なのではないか?と気にし始めます。

事態がどんどん悪化していくことに頭を抱える大地は、春川が住居としている雑居ビルに潜伏していました。新聞記事で大地が指名手配犯であることを知ったという春川に、焦る大地でしたが、春川は「凶悪犯には見えない。助けてもらって嬉しかった」と話します。
春川から離島行きのフェリーのチケットを貰った大地は、フェリーで逃亡することを決意します。

大地の元婚約者がすみれであることが分かり、はなの存在を知った楓は、大地との深い繋がりがあるかもしれない、と察します。
そして同じ頃、柴崎(高嶋政伸)もすみれとはなの居場所を突きとめていました。

楓は、はなの主治医を尋ねます。そこで、はなが白血病であり、骨髄移植のドナーがはなの父親である大地だということを聞きます。

フェリーの乗り場へ向かう大地でしたが、病院の近くまで来た際、ふとはなのことが頭をよぎります。はなに会いたい大地は、こっそりと病院の中へ入ります。
そして、エレベーターの中から開いた扉の向こうに目を向けたとき。偶然、車椅子に乗ったはなと対面します。はなは、大地を見た瞬間、とびきりの笑顔を向けました。扉が閉まるまでずっとはなを見つめ続けていた大地は、心を動かされ、涙を流します。

病院を出て、フェリーの乗り場へ向かうために歩き続けていた大地でしたが、そこには警官達が待ち伏せていました。

必死に逃げる大地を、スマホを持った春川が撮影し続けていました。春川は大地に恩義を感じて逃亡の手助けをしていたのではなく、大地をネタにして稼ごうとしていたのです。

春川の裏切りにより、大地は今まで以上に警察に追いつめられてしまいました。
橋の上で左右から警官に囲われ、目の前には拳銃を持った有馬が立ちふさがります。

それでもなんとか逃げ出したい大地は、欄干から身を乗り出します。
その瞬間、有馬は大地に発砲。大地は海へ転落してしまいます。

『TWO WEEKS』4話のネタバレ感想

20代女性

sao30

今回、視聴した人は皆「春川め!」と思ったことでしょう。春川の裏切りには正直、イラッとしましたが、よく考えてみれば世の中そんなに善人ばかりじゃないし、春川みたいに人を利用する人間なんていくらでも居ますね。大地の逃亡を撮影する春川のゲス顔には腹がたちましたが、良い表情だったと思います。

病院での対面は、言葉をかわすことはなかったけれど、大地とはながお互いを大切に思いあっていることが分かる、良いシーンでした。逃亡中の身なのでうかつに近づくことが出来ず、エレベーターの中から顔を見つめることしかできない大地に、笑顔でサインを出すはなも、精一杯のサインを返す大地も、二人とも可愛かったです。

有馬が大地に発砲してしまいましたが、その時は一体どんな感情だったのかな?と気になりました。すみれと大地の関係を疑うことから沸き上がってきた嫉妬心?発砲したあとの有馬の表情も印象的でした。

春川の裏切りに「許さん」の声殺到!

結城(三浦春馬)の逃げながら春川(柿澤勇人)を見る表情が怒りに満ちていましたね。

春川の裏切りには、結城だけでなく視聴者からも「絶対に許さない!」と怒りの声が聞こえてきました。あのドヤ顔が憎かったですね。

一瞬でもいい奴だと思ってしまったことが情けない…。かっきーめ!

『TWO WEEKS』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『TWO WEEKS』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

有馬(三浦貴大)の発砲により、結城(三浦春馬)が海へ転落した。警察は逮捕のチャンスとばかりに必死になって行方を追うが、翌日になっても足取りはつかめず、水死の可能性も視野に入れ始める。一方で、楓(芳根京子)や柴崎(高嶋政伸)、すみれ(比嘉愛未)もまた、結城の行方をめぐり、それぞれ焦りと不安を覚える。

港に打ち上げられ、なんとか命拾いした結城は室岡峻治(村上淳)・晴人(鳥越壮真)親子に助けられる。目を覚ました結城は、ケガの手当てをしてくれた室岡に礼を言うが、その顔を見てハッとする。男は、9年前に柴崎の元から逃げ出し、結城が服役するきっかけを作った人物だったのだ――!

その頃、結城の安否が分からず絶望するすみれのもとに、楓が訪ねてくる。「真実を解き明かしたい」という楓の力強い言葉にわずかな望みをかけたすみれは、結城が電話で無実を訴えていたことを明かし、はな(稲垣来泉)のために、結城を助けてほしいと懇願。すみれの話から、結城の言葉の信ぴょう性が高いと判断した楓は、結城が逃げながら冤罪を晴らそうとしているのではないかと考えて……。

出典:https://www.ktv.jp/twoweeks/story/05.html