ドラマル

『TWO WEEKS』2話のネタバレ感想!殺し屋・灰谷(磯村勇斗)登場に「ジルベール」想起!

2019年7月23日に放送されたドラマ『TWO WEEKS』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、柏木愛を殺した真犯人が明らかに!
そして、逃亡する結城の前に、謎の殺し屋・灰谷(磯村勇斗)が現れ…。

関連記事

『TWO WEEKS』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『TWO WEEKS』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『TWO WEEKS』2話のあらすじネタバレ

護送車から逃亡した結城大地(三浦春馬)は、警察の目をくぐり抜け、街中に潜伏します。大地は指名手配されることになります。

楓(芳根京子)とは以前から親しくしている、国会議員の久我(黒木瞳)は、楓(芳根京子)が検事として担当できるように手助けをします。
殺された愛(立花恵理)の遺品の中にデジカメが無いことに気づいた楓は、柴崎(高嶋政伸)の弱味を撮影したであろうデジカメを、大地が所持しているのではないかと推測します。

逃亡中、大地は柴崎との過去のやり取りを思い返していました。
8年前にとある事件を引き起こした柴崎は、自分の身代わりになるよう大地を脅していました。当時の恋人だったすみれ(比嘉愛未)には手を出さない約束を取りつけさせて、大地は柴崎の罪を被って服役していたのです。
愛を殺した犯人が柴崎であることに気づいている大地は、自分がまた身代わりにされようとしている状況に憤りを感じていました。

その後、目撃者の通報により、大地は警官達に囲まれてしまいます。あと少しで捕まってしまいそうな瞬間、はな(稲垣来泉)と「また会う」という約束を思い出します。
決死の思いでビルの屋上から飛び移ろうとした大地は、着地に失敗。真下にあった段ボールの山がクッションとなり、奇跡的に無事でした。

大地の行方を追う警部・有馬(三浦貴大)は、忙しい合間を縫って、婚約者であるすみれと、移植手術を受ける準備をするはなに会いに来ます。有馬は、大地がはなの父親であることも、ドナーであることも知りません。はなの手術日までに捜査を終わらせ、早くすみれ達のそばに居られるようにしたいと思っていました。

大地が逃亡したと聞いても、柴崎はいたって冷静でした。ただ、愛が所持していたはずのデジカメが見当たらないことだけが気がかりとなっていました。
大地がどこかに隠し持っている、と考えている柴崎は、全てが片付いたら大地を始末しようと企んでいました。

行く先々で警察に追われる大地は、雑木林の中へ逃げ込みました。
現場には担当検事として、楓も立ち会います。有馬も加わり、大地は今まで以上の大人数の警官達に囲われてしまいます。
窮地に追いこまれている大地でしたが、突如目の前で爆発が起こります。警官達が怪我をしてパニックになっている状況の中で、背後から大地に「こっちだ」と声をかけてくる、謎の男が現れます。
謎の男・灰谷(磯村勇斗)の指示に従い、警察から離れることが出来た大地。
「助けてくれたのか?」とと問いかける大地に、無言の灰谷がナイフをちらつかせながら、迫り寄って来ました。

『TWO WEEKS』2話のネタバレ感想

20代女性

sao30

大地が柴崎の身代わりになった経緯が少し明かされたので、より一層、物語に深みが増したと思います。結果的には失敗しているものの、ビルの屋上からジャンプした瞬間の大地はカッコ良かったです。これぞ逃亡劇だ!とワクワクしました。

大地と出会ったことはすみれには話していないものの、大地の優しさを感じとっていて、また会うことを楽しみにしている様子のはながとても可愛かったです。

柴崎のサイコパスぶりにはゾッとしました。恐ろしいほど執着心が強い男です。警察以上に、柴崎から逃れる方が大変そうです。

殺し屋・灰谷(磯村勇斗)登場に「ジルベール」想起!

『きのう何食べた?』でジルベール役として話題をあつめた磯村勇斗さんが、今度は謎の殺し屋・灰谷として登場して話題になりました。

「ジルーベール」「ジルベール」と喜びの声が!
『今日から俺は』の相良役も良かったけど、やっぱり直近のジルベールの印象が強く、その役の振れ幅に驚きの声も上がりました。

それにしても、灰谷はいつ地雷を設置したんでしょう…。
無線やGPSで警察の動きを探知していたようですが、よくあそこに警察や結城が来るってわかりましたよね。

磯村勇斗さんは見ない日がないと思うほどの活躍!
カッコいい灰谷を見てファンになっちゃった方は、イケメン蒸し男として広い肩幅がカッコいい裸姿を見せてくれるドラマ『サ道』もおすすめです。

『TWO WEEKS』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『TWO WEEKS』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

雑木林で警察に追い詰められた結城大地(三浦春馬)は、謎の男・灰谷(磯村勇斗)に窮地を救われる。傷を負いながらも、なんとかその場から逃げ出した結城は、やがて一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着く。結城の顔を見て、世間を騒がせている逃亡犯だと気づいた義江は……。
そのころ、結城の行方を追っていた月島楓(芳根京子)は、雑木林で灰谷に遭遇し、見覚えのあるその顔に表情が凍りつく。一方で警察は、何者かに結城の捜索を妨害されたことから、逃亡を手助けする協力者の存在を疑い始める。

移植手術を控える結城の娘・青柳はな(稲垣来泉)の看病をしていた青柳すみれ(比嘉愛未)は、結城が殺人を犯し、そのうえ護送車から脱走したというニュースを知り、がくぜんとしていた。助かるはずだった娘の命が再び死の危機にさらされ、絶望の淵に沈むすみれ。するとそこへ、警察の追手から逃げる結城から電話が。憤りを抑えきれないすみれに対し、結城は「俺の無実を証明する証拠を必ず見つける」と約束。

今回の事件の鍵が、殺された柏木愛(立花恵理)のデジカメに隠されていると悟った結城は、同居人のサトル(森永悠希)に連絡をし、受け渡しのために会う約束をするがー。

出典:https://www.ktv.jp/twoweeks/story/03.html