ドラマル

『TWO WEEKS』1話のネタバレ感想!子役の稲垣来泉(はなちゃん)が可愛いと話題!

2019年7月16日に放送されたドラマ『TWO WEEKS』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、娘の青柳はな(稲垣来泉)の命を救うため、結城(三浦春馬)の逃亡劇が始まる!
父性に目覚めた結城は、愛する娘の命を救えるのか?

関連記事

『TWO WEEKS』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『TWO WEEKS』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』1話のあらすじネタバレ

殺人未遂で服役した過去を持つ結城大地(三浦春馬)は、自分に希望を見出だせず、真っ当な生活をしていませんでした。
ある日、昔の恋人・すみれ(比嘉愛未)から、自分に娘がいることを知らされます。

8年前に大地に別れを告げられたすみれは、一人で娘のはな(稲垣来泉)を産み育てていました。
そして現在、はなは白血病に冒されていて、骨髄移植をするためのドナーを探している状況であることを伝えます。
突然の話に驚く大地に、すみれは「実の父親なら適合するかもしれない」と話します。

すみれとの思い出が甦り、胸を痛めた大地は、病院で検査を行います。はなには父親は死んだと言ってあるすみれは、大地に娘を会わせようとしません。すみれには内緒ではなを探していた大地の目の前に、偶然にもはなが現れます。笑顔のはなと接するうちに、大地は父性を感じるようになります。

今までにはない温かい感情にひたる大地に、柴崎(高嶋政伸)から呼び出しが入ります。実業家として活躍する柴崎は、大地とは古くからの付き合いがあります。自分が目を掛けているホステス・愛(立花恵理)が、大地の働く質屋に頻繁に出入りしていることを知った柴崎は、大地に愛には近づかないよう釘を刺します。

一方、愛は裏で、検事である月島楓(芳根京子)に情報を流すために行動していました。愛は、楓がとある事件を独自で捜査するために潜り込ませたスパイだったのです。柴崎に近づく愛は、柴崎の悪行をカメラで撮影しようとします。

後日、大地がはなのドナーに適合したことが分かります。医師から「手術は2週間後」と聞かされた大地は、はなのために必ず受けに来ることをすみれに伝えます。

病院を出て、喜びを噛みしめる大地のもとに、職場の部下から急きょ連絡が入ります。
在庫確認を頼まれて作業していた大地は、背後から近づいてきた何者かに襲われてしまいます。

意識を手放していた大地が目を覚ますと、すぐそばには腹部を刺された愛が横たわっていました。死んでいる愛を目にして混乱する大地のもとに、通報を受けたという警察官が駆けつけます。大地はその場で、殺人容疑により逮捕されてしまいます。

昼間、愛から「柴崎の証拠を掴んだ」と連絡を受けていた楓は、その数時間後に愛が殺されていた事をニュースで知り、ショックを受けます。悲しみと怒りに震えながら、「愛の敵をとる」と決意を固めました。

事件の翌日、事情聴取を受ける大地は、自分はやっていないと必死に訴えますが、状況証拠と自身の過去の経歴により、警察に信じてもらえません。
「また罪をかぶらないといけないのか」と絶望する大地は、留置場ではなのことを思いだしていました。

ドナーとしてはなを助けることを諦めかけていた大地でしたが、警官達と一緒に乗り込んだワゴン車が突如、衝突事故に見舞われます。ボロボロの車内から、ガラスが砕け散ったドアの向こう側を見た瞬間、ふと、はなの笑顔が頭をよぎりました。

「一度で良い。人間らしく生きたい」
はなのために、ここから逃亡する覚悟を決めた大地は、現場にあったバイクに乗って走り出しました。

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』1話のネタバレ感想

20代女性

sao30

どことなく寂しそうな目をしていた大地が、はなに出会ってからは優しい目をするようになっていたり、ドナーになれることを心から喜んでいる様子を見て、胸をうたれました。次に会うまでぬいぐるみを預かってほしい、という約束を交わす場面もとても良かったです。

大地も有馬も、お互いがはなに関わっていることをまだ知らない段階なので、事実を知ったとき、とくに有馬はどんな感情を抱くのかが気になります。

楓の家族の事件に柴崎が関わっているようだし、今後どのような展開を繰り広げていくのか楽しみです。

子役の稲垣来泉(はなちゃん)が可愛いと話題!


https://twitter.com/take_ayumi_/status/1151131675788582912

三浦春馬さんがカッコいいし、芳根京子さんや比嘉愛未さんが綺麗だけど、それよりなにより、結城とすみれの娘で白血病を患う青柳はなを演じた稲垣来泉ちゃんの可愛さが目立ちましたね。

稲垣来泉ちゃんは、『アンナチュラル』『ラジエーションハウス』『コウノトリ』『ブラックペアン』『この世界の片隅に』など、数々の人気ドラマに引っ張りだこなだけあり演技も上手でした。

三浦春馬さん演じる結城大地が、数分あっただけで胸が痛くなって、娘のために命を懸けて逃亡するのも、娘が可愛い稲垣来泉ちゃんだから説得力がありますよね?

『TWO WEEKS』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『TWO WEEKS』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

殺人未遂容疑で服役した過去を持つ結城大地(三浦春馬)は、ある日、元恋人の青柳すみれ(比嘉愛未)から、白血病を患った8歳の娘がいると告げられ、自分がその子の父親であることを知らされる。
さらに検査の結果、娘の青柳はな(稲垣来泉)と骨髄が適合し、正式にドナーとなるが、その矢先、ある人物の策略によって、結城は殺人の濡れ衣を着せられ、逮捕されてしまう。
はなへの移植手術は2週間後――、結城は警察のふいを突いて護送車から脱走する。

一方、結城が殺害したとされるホステスの柏木愛(立花恵理)を協力者として、実業家の柴崎要(高嶋政伸)を内偵させていた検事の月島楓(芳根京子)は、彼女の死の真相を探ろうとしていた。
するとひょんなことから、愛の遺品の中に、以前渡したはずのデジカメがないことに気づき、そこに柴崎の弱みが隠されているのではないかと考える。
やがて、政治家である久我早穂子(黒木瞳)の口利きで、新米ながら今回の事件の担当検事に抜てきされた楓は、愛がデジカメを質入れしたと思われる結城の質店を捜索。
しかし結局見つけることはできず、楓は何としても結城にたどり着かなければと躍起になる。

その頃、検問をかいくぐって逃亡したものの、有馬海忠(三浦貴大)たち警察に追い詰められ、行き場を失った結城は、人気のない場所に身をひそめながら8年前のことを思い出していた。
「あいつがまた俺を身代わりにしようとしてる……?」結城の脳裏に、ある男の顔が思い浮かぶが、次の瞬間、巡回中の警備員に見つかり、結城は息つく間もなく、はなとの約束を胸に再び駆け出して……。

出典:https://www.ktv.jp/twoweeks/story/02.html