ドラマル

2019年3月18日

『トレース』11話(最終回)のネタバレ感想!千原ジュニアが怖すぎ!人間脱落者のオンパレード

2019年3月18日に放送されたドラマ『トレース~科捜研の男~』11話のネタバレ感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

ついに最終回、真野家を襲った悲劇の真相は明らかになるのか?
鍵を握るベールに包まれていた刑事部長・壇(千原ジュニア)の正体が明らかになる!

関連記事

『トレース~科捜研の男~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『トレース~科捜研の男~』11話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『トレース』最終回のあらすじネタバレ

元担任教師の早川尚文(萩原聖人)の情報によれば、兄、義一(倉悠貴)のイジメグループであり、そして、姉、仁美(夏子)をレイプしたとされる3人の名は、壇浩輝(千原ジュニア)、新妻大介(伊藤高史)、佐保優作(袴田吉彦)でした。

そんな中で、まず、失踪していた新妻が河川敷の変死体で発見されています。次いで、テニス実業団チームオーナー(四葉食品社長)になっていた佐保が新商品発表会場のボイラー室で爆死しています。

なお、最終的に、壇は直接的には一切手を出していないことが分かります。命じていただけで、直接的にはイジメにも加担していません。早川の偽情報でした。

殺害された当時、真野礼二(錦戸亮)の姉は妊娠していましたが、姉の胎児の絨毛のDNA鑑定により、死んだ2人が、姉の子の父親ではないことは明らかになります。
また、両親と姉の3人の血痕が付着していた軍手内側に残されていたDNAと姉の胎児の絨毛のDNAを鑑定し、そこには親子関係が認められました。姉が宿した子の父親が、真野の家族を殺したという可能性が広がりました。

さて、佐保が爆死したボイラー室で、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見します。そこから皮膚片が採取され、これが25年前の「武蔵野一家殺人事件」で使用された血染めの軍手内側付着物のDNAと一致します。
佐保の死が事故でないとすれば、この爆殺犯こそが「武蔵野事件」の真犯人です。そういうことが分かりかけた時、真野の元に壇刑事部長がやって来ます。
そして、真野のほか、沢口ノンナ(新木優子)、海塚律子法医科長(小雪)が見守る中、口腔内粘膜を採取して真野に渡します。血染めの採取棒を差し出し、「これが欲しかったんでしょう」と言って壇は去ります。その際、科捜研訪問の記念だと言って真野の机上のペンを持ち去ります。採取棒解析の結果、壇も姉の子の父親でないことが判明します。

後日、喫茶店で早川と会った真野は、早川が口にしたコップとストローをビニール袋に入れて持ち帰ります。それで、DNA鑑定の結果、早川こそが姉の子の父親という結果が出ます。虎丸と真野が早川の元に向かうと、彼は2ヶ月前に既に職場を辞めていて、自宅アパートには「死んでお詫びします」という遺書が残されています。義一の「遺書」の筆跡と同じです。

場面が急転換し、ナイフを壇に突き付ける真野がいます。科捜研のペンを使って書いた遺書の発見で、壇が黒幕だと確信した真野。全て壇が仕組んだことと確信した真野は、壇を押さえ壇家の別荘へ。その別荘に虎丸が到着し、窓ガラスを割って潜入。しかし別荘には誰もいません。
車に携帯電話を残して真野と壇は消えています。
真野と壇のいる場所は、閉館されて久しい映画館です。「ここなら誰にも邪魔されることはない。早川は、もう日本にはいない」と、壇。新妻と佐保を殺したのは早川で、それを命じたのは壇でした。

そもそものキッカケはアーチェリーでした。クラスの人気者だった兄の義一は、アーチェリー選手としても優秀でした。友達が多く、そして、笑顔の絶えなかった義一。しかし、その「笑顔」を見るのが、はなはだ苦痛だった壇。歪み切っている壇の心には、屈託のない義一の「笑顔」と「眼差し」が大の苦痛だったのです。
それで、まず、佐保と新妻を呼び付けて、兄に対するイジメを命じました。すると、仁美が壇に接近して来ます。てっきり、兄のイジメを止めてくれということかと思っていると、「兄のことなど、どうでも好い」と仁美は言い、兄だけでなく早川先生をイジメろと壇に言ったというのです。

不倫の末、子供ができたと知った途端、あっさりと仁美を捨てた早川先生。仁美は壇に、早川先生をイジメるよう頼み込んだのでした。それで、佐保と新妻が早川をイジメ倒してました。授業中、黒板に向かっている早川の後頭部に生卵をぶつけたりしていました。それで、早川は精神的に完全に追い込まれていました。

そこで、壇はもう一押し、「仁美は子供を産むつもりです。あの女は何をしでかすか分かりませんよ」と早川を焚き付けました。子供は間違いなく人知れずオロすものと思っていた早川は焦り、源家(真野の旧姓)を急襲しました。まず、仁美を刺します。両親が帰って来たところで、この2人も刺します。

早川は自首をするつもりでいます。佐保、新妻、壇が現れ、義一に「無理心中」を強要します。仁美と早川先生の不倫、そして、仁美による数々の悪意(悪行)も伝えられて、義一は、その罪を一身に背負うことにします。
それに乗っかるようにして、「悪いけど、自殺してくれる?」と壇に詰め寄られます。最後は、「弟の礼二を残して、死ぬわけにはいかない」と言いますが、結局、佐保と新妻が電気コードで義一を絞め殺します。そして、首吊り自殺の偽装工作をしました。「君は、家族の罪を背負って死んでゆくんだよ」と言うのが、壇が義一に最後に贈った言葉でした。

廃墟となっている映画館跡「シネマone」に虎丸とアンナが到着します。Nシステムにより、その場が特定されたのでした。

廃墟の中での会話が続いています。殺しに関して、直接的には何もしていない壇。「君は兄の義一と同じ眼をしているな。そういう眼を見ると、痛めつけたくなる」と言う壇は、自分の手にしている拳銃を真野に渡します。「こんなチャンスは2度とないぞ。やれよ」と、言います。しかし、真野、壇を撃てません。
「お前の完敗だ、ざまあみろ」と壇。そこに、壇の手筈で海外に逃亡したはずの早川が飛び出して来て、壇の腹部をナイフで刺します。数度、横たわってしまっている壇の体にナイフを突き立てます。
その後、自殺を図ってナイフを大きく振り上げます。それが早川自らの身体に振り下ろされるのを真野が止めます。虎丸とノンナが駆け付けます。

早川、殺人容疑で送検。一方の壇は、辛うじて死を免れ、こん睡状態です。目覚めるかどうかさえ不明の状態で病院のベッドに横たわっています。

橋上で「ありがとうございました」と言う真野に虎丸が握手を求め、それに真野が応じます。2人の気持ちが完全に重なりました。

科捜研内では、真野の音信不通状態が続いている中、「来ます、大丈夫です」と、沢口ノンナ。やってきた真野、何時もと変わらない職場での日常が始まります。

病院では、壇がベッド上で、突然、カッと眼を見開きます。新たに、何かが始まる予感がします。

スポンサーリンク

『トレース』最終回のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

近親相姦絡みだろうと予測していましたが、違いました~。仁美が悪党だったのですね。大検受験を目指して深夜まで勉強している兄に、夜食を作っていた妹という設定だったはずで、そういう大検に向けての勉強の様子を真野礼二は見ていたはずです。
それで、大検受験を目指している兄が自殺するはずがないということで、礼二は、義一の死を疑っていたはずです。

兄の為に夜食を作る優しくて好い人だと思っていた礼二の姉、仁美が、相当のワルだったというのがストーリーの帰着点でした。
屈託のない笑顔を見せていたはずの仁美ですから、この展開は、ちょっと意外過ぎて読めませんでしたね。
そもそも、これでは兄の義一としたら、可愛がっていた妹に裏切られたということになって可哀そうすぎます。

でも、まあ裏切られつつも、家族の一員としての妹の「不正(ワル行為)」を隠蔽する為、死を受け入れたということになるのでしょうかね。それにしては、結局、佐保と新妻に電気コードで首を絞められたという終わり方ですから、純粋に自ら死を選んだということでもなさそうです。それで単に、壇の暴力に負けたことになってしまいますと、ストーリーの着地点としては、面白くありませんが…。電気コードのくだり、無かった方が良かったかなと思いました。

ともあれ、早川先生が仁美の子の父親であり、新妻と佐保を殺したであろうことは、割合早くからネット上では予測されていましたから、早川のことについては、殆ど想定内でしたね。そういう意味では、一応、落ち着きのある完結だったという印象になりましょうかね。

20代女性

sao30

第11回目で最終回になります。家族の死の真相を探るために行動を続ける真野(錦戸亮)でしたが、協力してくれていた早川(萩原聖人)のとある一言から、彼が自分の姉と関係があったことを突き止めます。早川の言葉に戸惑いの色を見せながらも、その場では追及せず、鑑定のためにストローを取る表情が切なかったです。
これまでずっと鑑定した結果が全てだと言い切ってきた真野の、科捜研研究員としてのプライドと、裏切られていたことに対してショックを感じていることが分かる瞬間でした。
一番衝撃的だったのは壇(千原ジュニア)のキャラクター性です。こんなに狂気的な人だとは思いませんでした!
DNA鑑定キットを口の中に入れて、血を流しながらも擦り続ける姿と、「これが欲しかったんでしょう?」と言う表情が怖かったです。月9でこんなにヤバい人が出てくるとは思っていませんでした。
その後壇と二人きりになった真野に、壇が家族の死の真相を語っていくときに、彼がこれまで心の中にあった静かな異常性がもはや隠されることなく全快になっていて、目が離せませんでした。
最終回は8割ほど暗くて重い展開の連続でしたが、真野が最後には笑顔になっていて、その笑顔がとってもかっこいいです!続編があるならぜひ見たいです。

40代女性

haruki

最後まで見終わって、このドラマ月9では見たくなかったなと思ってしまうくらい、最終回は特に残酷でした。
壇浩輝(千原ジュニア)は初めから見るからに怪しかったので捜査線上に上がった時は、もう一人の怪しいと思っていた早川(萩原聖人)は本当に良い人だったんだと思ってホッとしました。なのに、それもトラップで結局早川も壇も事件に関わっていて最悪の真相にもう絶句!
壇の真野礼二(錦戸亮)の兄に対する身勝手な支配欲とサイコパスぶりが本当に不快でした。
ドラマ当初には怒鳴り散らしてばかりのキャラがありえないと感じた虎丸良平(船越英一郎)が、真野のために泣いてまで彼を救おうと事件の真相を暴こうとした姿にはさすがにジーンとしました。

40代女性

maitama

やっと、真野礼二(錦戸亮)の家族の事件”武蔵野一家殺人事件”の真相が分かります。ここまで来るのに長い長い道のりでした。色々な事件を臨場し解決し、やっとです。

何話かにあった、ホームレス殺人事件の時から兄の高校の担任だったと言う早川(萩原聖人)が準レギュラーのように登場しました。そう、早川が犯人でした。だからいつも出ていたのか!

そして指示を出していたのが刑事部長の壇(千原ジュニア)でした。今まであまり登場しなかった壇でしたが、最終話にロングセリフなどあり出っぱなし!しかも行動も顔も怖い。私はDNAキットを口に入れて試すシーンで血が出るほど頬を擦るところは映像もですが、音がグチャグチャって聞こえて、見ることができませんでした。怖くてキモかったです。

最終回で最も話題になった出来事

千原ジュニアが怖すぎ!人間脱落者のオンパレード

最終回の前からいってましたが、千原ジュニアさん演じる壇浩輝のいかれっぷりはヤバかったですよね。ジュニアさんの刺された時の演技!「えっすご!」って思ってしまいました。

それにしても、妊娠していた姉・仁美(夏子)、早川尚文(萩原聖人)、そして壇浩輝と人間脱落者のオンパレード!醜悪至極!

壇によって崩壊させられたといっても、早川先生も大概でしたよね。よく一家殺人して、その生き残りにのうのうと会えるもんだなっと。かなり壊れてますよね。早川には絶対に刃物を持たしちゃいけませんね。

まとめ

映画館跡で、壇に対峙して銃を構える真野。撃てませんでしたね。「前に進むために、真実を探して来た」だけの真野には、復讐を完結させる為に引き金を引くというのは、出来なかったんですね。

そして、早川先生の苦悩を知って、彼の自殺を止めるシーンが、最終話の見どころかと思います。仁美を妊娠させたうえに、それを知って捨てるという男としてあるまじき行為が仁美を「ワル」に変貌させたわけで、それも事件のキッカケだとすれば、早川というのは許しがたい男です。が、それなりにこれまで苦悩を重ねて来た心情に思いが至り、真野は、早川に死ぬのを思い留まらせたということになるのでしょうかね。

さて、月9でこの重たい物語。ネットでは「胸糞悪い」など批判的な声も見受けられますが、わたしは、キャストが皆、いい演技をしていて見応えあったと思いました。

ストーリーとしては、「あれれっ」と思うようなハチャメチャな展開も何話か見受けられましたが、錦戸亮さんはもちろん、新木優子、萩原聖人、船越英一郎、千原ジュニアさんと皆さんの演技に引き込まれるドラマでしたね。

それはそうと…結局、事件として解決したのかな?