ドラマル

『トレース~科捜研の男~』4話のネタバレ感想!相楽の『嘘が下手だなぁ~』に号泣

2019年1月28日に放送されたドラマ『トレース~科捜研の男~』4話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

関連記事

『トレース~科捜研の男~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『トレース~科捜研の男~』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』4話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『トレース~科捜研の男~』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範)の兄・浩司(やべきょうすけ)が遺体で発見される。発見場所は浩司のアパートで、第一発見者は、アパートの大家から浩司と連絡が取れないとの連絡を受けて訪れた相楽だった。死因は、頸動脈を切られたことによる失血死で、凶器は部屋にあった包丁だった。また、室内は荒らされており、財布や預金通帳等がなくなっていた。真野(錦戸 亮)とノンナ(新木優子)は、臨場要請を受け現場に向かった。そこで虎丸(船越英一郎)は、遺体に首以外の傷がないことから、強盗に見せかけた顔見知りの犯行だと主張する。

真野たちの鑑定によれば、室内から被害者以外のDNA型は見つからなかった。だが真野は、収納ボックスの引き出し内に付着した一滴の飛沫血痕が気になっていた。虎丸が主張するように、犯人が浩司を殺してから強盗に見せかけて部屋を荒らしたのなら、引き出しの内側に血痕がつくはずはないからだ。

事情聴取で相楽は、浩司とは何年も会っていないと話す。浩司は嘘を並べて家族や友人から金を借りており、相楽自身も300万円ほど貸したままだという。アイツは殺されても仕方のない嘘つき野郎――相楽はそう言い放つ。

浩司は、金を借りた相手と金額を書き残していた。そのリストを元に犯人を絞り込もうとする虎丸たち。同じころ、浩司が3000万円の定期生命保険に入っており、今月で保険期間が終了することが判明する。虎丸たちは、受取人になっていた浩司の元妻・千尋(瑛蓮)に疑いの目を向けた。しかし、千尋が証言した通り、見つかったのは古い保険証券で、受取人は浩司の叔母に変更されており、その叔母も3年前に他界していた。

ノンナは、事情聴取から戻った相楽に、犯人が最初に部屋を荒らしていたことを報告する。だが相楽は、鑑定依頼もない作業をしている真野とノンナに苛立ち、余計なことはするなと怒りをぶつける。

そんな折、浩司の携帯電話履歴から、事件の3日前、相楽に何度も電話していたことが判明する。しかもその日、ふたりが会っていたこともわかり…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/story04.html

『トレース~科捜研の男~』4話に出演する主要キャスト

  • 真野礼二(錦戸 亮)
  • 沢口ノンナ(新木優子)
  • 相楽一臣(山崎樹範)
  • 水沢英里(岡崎紗絵)
  • 猪瀬祐人(矢本悠馬)
  • 沖田 徹(加藤虎ノ介)
  • 沢口カンナ(山谷花純)
  • 海塚律子(小雪)
  • 市原 浩(遠山俊也)
  • 江波清志(篠井英介)
  • 壇 浩輝(千原ジュニア)
  • 虎丸良平(船越英一郎)

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』4話の感想※ネタバレあり

40代女性

マリ

普段から真野礼二(錦戸亮)を毛嫌いしている相楽一臣(山﨑樹範)の兄(やべきょうすけ)の死の真相を突き止めようとする真野の姿から、相楽にどんなに嫌われていようと真実を見つけようとする執念みたいなものを強く感じました。

相楽が真野を直接怒鳴った一触即発のシーンから彼の苛立ちがうかがえ、対照的に常に冷静な真野が素敵でした。

さらに相楽が真野を殴ったシーンにはビックリ!突然だったので驚きました。でも殴るだけの理由があり、なるほどと納得。

沢口ノンナ(新木優子)が真実のかけらを集めに河原にお札を拾いに行くと真野もいて、後から他のメンバーも駆け付けた時に真野がほほ笑んだのがすごく印象的でした。いつも暗い顔が多いから、とってもレアでした。

相楽の兄(やべきょうすけ)ががんの痛みを抑えるために大麻を使っていたとは想定外、明かされた真実に驚きでした。

最後に相楽が真野を飲みに誘った時、真野が笑顔になったのも見ていて嬉しくなりました。結局真野は行かず、それも彼らしくて面白かったです。

30代女性

マキ

第4話は同じ科捜研の相楽さんの兄が殺害されたと言う内容の事件でした。兄は嘘つきで借金まみれで相楽さんにとってはみんなに隠して置きたい存在でした。なのに主人公真野は兄の秘密を科学の力で暴いてしまいます。暴かれた相楽さんは真野に殴りかかります。相楽さんは兄の死について知ろうともしません。それでも真実を明らかにする真野、最後にお兄さんの思いに辿り着き相楽さんへ伝えます。相楽さんの兄は殺されたのではなく弟の相楽さんの為に自殺しました。

嘘ばっかりついていたので相楽さんに信じて貰えません。そこで殺害されたように偽装し保険金を相楽さんに渡るようにします。自分の為に自殺をしたと知った相楽さん。最後はお兄さんの思いに触れ相楽さんも救われた気がします。もっと早く分かり会えればなど複雑な思いになりました。最後は優しいお兄さんに戻って良かったです。

50代男性

科捜研のどら

4話は科捜研の相楽一臣(山崎樹範)の兄が自宅で亡くなっていた事件だった。指紋や重要な証拠となるものが何も出て来ない完全犯罪かと思われた。どう見ても他殺としか思えない状況に見えた。

虎丸刑事(船越英一郎)はいつものごとく刑事の勘で動く、今まで事件の解決の糸口をつかんでくれていた科捜研の真野礼二(錦戸 亮)の言葉を聞いていない。

事件は最後まで諦めない真野と沢口ノンナ(新木優子)がそれぞれの現場を調べる。「遺族は真実を知る事で前に進むことが出来る」この言葉がふたりの原動力になっているだと思う。

そして、相楽を呼び自殺だった事を証明する。自殺に至った経緯がせつなかった。出来の良くない兄がガンの痛みをこらえて働いたお金で返す。それを受け取ってもらえなかったから保険金で返そうなんて、兄弟愛に泣けた。

40代男性

ひろ

このドラマは錦戸亮さん演じる真野と新木優子さん演じるノンナが科捜研で鑑定を行いながら事件を解決していくもので、今回は科捜研の同僚の相楽の兄・浩司が殺害されるお話です。

借金を踏み倒す兄を嫌う相良が容疑者に挙げられながら真野とノンナは証拠の少ない中で鑑定を進めていき、地道で大変な作業ののちに事件が保険金目当てでの自殺だったことが判明します。
そこで相良は、兄が借金を抱える相良のためを思って仕組んだ犯行だったことを知らされました。のちに相良は真野に感謝を伝えて多少のわだかまりは解くシーンがあったのですが、そこが最高でした。
色々と思うところはあったはずなのに、真剣に仕事をした結果に辿り着いた自分にとっては不本意な結末で、しかももともと真野のことはスタイルの違いから好ましく思っていないにもかかわらず、ちゃんと思いを伝えれるというのはなかなかできることでもなくて、素晴らしいと思いました。

真野自身の抱える過去のトラウマが今後どうなっていくのかや、真野の思いで周囲が徐々に感化されていく様子など、今後も目が離させない展開が期待できそうで楽しみです。

40代女性

雲男

修羅場が多くてギスギスしたストーリーで、相楽一臣(山﨑樹範)の兄(やべきょうすけ)の死の真相がせつなかったです。
でも、相楽一臣(山﨑樹範)がどうしてあんなに真野礼二(錦戸亮)を毛嫌いしていたのか、ちょっと謎が解けました。
最後には和解して、相楽が真野を飲み会に誘っていたのがよかった。
真野が一瞬笑顔を見せたり、せっかくの誘いをすっぽかすのも彼らしくて面白かった。今後、科捜研のメンバーがまとまり、和気あいあいの雰囲気になっていくだろうと期待します。

40代女性

スモモ

錦戸亮くん目当てでこのドラマを見てます。錦戸くんって物悲しい目をしているので、このドラマの様な過去に哀しい出来事を背負っている役がぴったりだなぁと、勝手につくづく感じています。
周りの事はお構いなしの様な振る舞いの真野礼二(錦戸亮)が、過去の哀しい事件を背負いながら、真摯に各事件の「真実のカケラ」を見つけていく。この柱は原作漫画と変わらないですが、他は結構ドラマ用に変わってる印象です。私はドラマの方が好きです。
毎回、結構切ないストーリーですが、今回の第4話は、個人的には特に切なく感じました。
科捜研の同僚の相楽一臣(山崎樹範)の兄が何者かに殺害されたと思われていたが、実は弟の相楽一臣(山崎樹範)が借金を背負っているのを知って、保険金目当てに他殺に見せかけた自殺だった。
もちろん保険金目当てはダメですが、問題を起こしてきた兄が、間違ってはいるが弟の事を思ってした自殺。自殺しちゃダメですが、その弟を思う気持ちが切ない。こじれにこじれた家族関係の末、こんな家族関係の終わり方は悲しい。
今回の第4話では、真野礼二(錦戸亮)と同僚の関係が深まった感と、ラストで壇浩輝(千原ジュニア)が真野礼二(錦戸亮)の写真を塗りつぶすシーンが出てきて、この二人の関係と今後の展開が気になります。

20代女性

ami

てっきり麻薬がらみの殺人事件だと思い込んでいたので、まさかの結末にとても驚きました。
いくら胃がんで余命三ヶ月だったとしたって、相良(山崎樹範)を助けるために自殺するなんて悲しすぎます。
死ぬ前に、もっと兄弟で腹をわってしっかり話し合えていたら、また違う未来があっただろうにと、とても胸が痛くなりました。
また、ノンナ(新木優子)が川でお金を探しているところに、真野(錦戸亮)が手を差し伸べるシーンは、キュンときました。
ノンナ(新木優子)の頑張りに、真野(錦戸亮)が少しずつ心を開いていっているんだろうなと思いました。

『トレース~科捜研の男~』4話のTwitterrでの反応まとめ

死が近づいて、弟の危機を知り、滅茶苦茶いい兄でしたよね。

この真野がノンナに手を差し伸べるシーンは、今回の物語以上に泣ける?良い場面でしたね。

うん。虎丸さん今日も静かでしたね。もっと大暴れしてほしいですね。

真野のマスク越し笑顔に惚れる